2022年05月14日

大阪ラサスケートリンクの跡地めぐり☆1977年のベイシティローラーズ公演会場(2022年5月)

先日 大阪の淀川へ行きました。1977年9月にベイシティローラーズのコンサート会場「ラサスケートリンク」の跡地をお友達と見に行きました。

20220505 yodogawa1.jpg

阪神電車の淀川駅です。ホーム自体がカーブしていて傾きがあります。

20220505 yodogawa2.jpg

ホームはとてもきれいになっていますが、45年前はさびれた感のあるさみしい駅でした。

20220505 yodogawa4.jpg

階段の窓から外を覗きました。下水処理場の匂いがしました。これは覚えています。でも当時は9月の蒸し暑い時で、もっと強い匂いでした。

20220505 yodogawa6.jpg

この駅には2017年10月にもきました。その時は夕方でした。
ブログ記事(阪神淀川駅、下水処理場の周りの風景(1977年ベイシティローラーズ大阪公演の場所)

20220505 yodogawa5.jpg

その時には下水処理場の匂いは感じませんでした。ひとつ思い出せて良かったです。

20220505 yodogawa7.jpg

淀川駅です。

20220505 yodogawa9.jpg

南にでても、北にでても淀川方向にでることはできません。

20220505 yodogawa10.jpg

どこから懐かしい土手を見ることができるのだろうと探しましたが、淀川左岸線工事をしていいて土手にでてでることはできませんでした。

20220505 yodogawa11.jpg

下水処理場です。入口は反対側、南側にあります。

20220505 yodogawa12.jpg

下水処理場も工事中です。7月に入口が変わるようです。

20220505 yodogawa13.jpg

淀川は下水処理場の向こう側を流れています。

20220505 yodogawa14.jpg

1977年にもこちら側の道があったのでしょうか。

20220505 yodogawa15.jpg

下水処理場の入口は南側あります。土手に向かう道、東西の道沿いです。

20220505 yodogawa16.jpg

下水処理場の南側にマンションが建っています。

20220505 yodogawa17.jpg

高い建物もあります。

20220505 yodogawa21.jpg

土手にでました。写真は南を向いています。

20220505 yodogawa20.jpg

工事の看板がありました。淀川左岸線(2期)トンネルをつくっています、令和5年10月31日までの予定。
どんな工事か気になったので調べてみました。
淀川左岸線(2期)事業について大阪市のサイト:https://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000159842.html
4ページ(事業計画図)(PDF形式, 754.50KB)がわかりやすいです。https://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000159/159842/4keikakuzu.pdf

20220505 yodogawa19.jpg

淀川駅、北側からの歩いた土手です。

20220505 yodogawa18.jpg

通行止めになっています。

20220505 yodogawa22.jpg

土手側からみた下水処理場です。この風景は覚えがあります。



淀川が映っています。

45年前のこと、思い出したくても思い出せないことばかりです。
レスリーが急逝した後、気持ちの整理がつきませんでした。私が昔大好きだったベイシティローラーズがなくなったように思いました。夢中になっていた1977年、ラサスケートリンクでのコンサートが一番の思い出でした。デレク、エリック、レスリー、ウッディの4人のベイシティローラーズが私の中のベストなのかもしれません。そのメンバーでの公演、会場の記憶が何も思い出せませんでした。ある方の写真でラサのことを少し思い出すことができました。
アルバム 1966年 昭和41年〜 あの頃の写真 少年期

今回は下水処理場の匂いを感じました。

4月20日はレスリーの一周忌でした。レスリーと一緒に歌ったDon’tLet The Music Die をスコットランドのラジオ番組にリクエストしました。DJのDaveさんはメッセージを読んで、1977年の武道館のライブバージョンをかけてくださいました。

来年、2023年10月末に淀川左岸線の工事が終わってから、また訪れたいと思います。
ご一緒いただいたお友達に感謝いたします。ありがとうございました。また再訪もよろしくお願いいたします。
posted by jirokayo at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベイシティローラーズのウッディがフィーチャー出演☆ Kenny Lee Roberts “Turn The Music Up”

ベイシティローラーズのウッディがKenny Lee Robertsさんの新曲 “Turn The Music Up”にフィーチャー出演しています!

Turn The Music Up (ft. Stuart 'Woody' Wood) - Kenny Lee Roberts




よい曲ですね! ウッディの演奏が聴けて嬉しいです!
楽曲はダウンロード購入できます。
Turn the Music Up (feat. Stuart ‘Woody’ Wood) - Single Kenny Lee Roberts


posted by jirokayo at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月04日

藤井フミヤ コンサート 十音楽団 @大阪オリックス劇場 2022年5月3日

昨日 5月3日 大阪オリックス劇場で開催された『藤井フミヤ コンサートツアー 2021-2022 十音楽団』に行きました。

20220504 concert2.jpg
旧名称は大阪厚生年金大ホール
地下鉄の四橋線の本町駅から歩きました。

20220504 concert1.jpg

この公演は2月6日の振替公演で、チケットは完売になっていました。振替になったのでチケットを払い戻しできたのですが、抽選で当たったものだったので大切に持っていました。振替日がゴールデンウイークになるとは思っていませんでしたが。。
3階の席に着くと、お友達とは席がひとつ空いていました。コロナコロナまん延防止期間だったからでしょうか。新たにチケットを買われて方は間隔を空けてないようでした。

B_1-1.jpg
Fumiya Fujii コンサートツアー情報より
藤井フミヤ演出・脚本による、“一人芝居の舞台”と“演奏”を融合させたコンサート「十音楽団(とおんがくだん)」。
ボーカルに弦を含む9人の演奏家を加えた10人編成で、歌と言葉による全6章の舞台を紡いでゆきます。
各地で話題を呼んだ人気公演の第二弾、今回のテーマは“青いレーベル”。
タイトルの記されていない青いレーベルのレコード、それは一人ひとりの持つ“人生”そのもの。
針を落とすと、どんな曲、どんな物語が流れてくるのでしょう?
藤井フミヤの総合芸術とも言える上質なコンサート、ぜひ生で体感ください。

【 十音楽団 / MEMBERS 】
藤井フミヤ(Vocal)/有賀啓雄(Bass)/田口慎二(Guitar)/
岸田勇気(Piano)/藤井珠緒(Percussion)/吉田翔平(Violin)/
藤家泉子(Violin)/清田桂子(Viola)/林田順平(Cello)/
かわ島崇文(Sax,flute)


20220504 concert3.jpg
パンフレット 表紙
コンサートがどんな内容か確認していませんでしたが、ストリングスの奏でる音と、藤井フミヤさんの伸びの良い歌声がとても心地よく聴き入っていました。

20220504 concert4.jpg
パンフレット
青のレーベル、レコードに納められたのは嬉しい、悲しい、でも楽しい人生。最後はありがとう、と感謝で終わりたい。。

藤井フミヤさんのにわかファンなので、曲をあまり知らなくて申し訳ないですが、True Love、Another Orionは名曲で心に染み入りました。
「涙のリクエスト」の前にみなさん立ち上がりました。この青のレーベルのストーリーをファンの方々はよくご存知なのだと思いました。声はだせないですが、拍手と手振りでとても盛り上がりました。
本編2時間。アンコールは3曲ありました。

20220504 concert6.jpg

この振替公演でこのツアー「藤井フミヤ コンサートツアー 2021-2022 十音楽団」は終了でした。藤井フミヤさんたちが記念撮影をした後、「みんなもスマホだして良いよ」と言ってくれました。

20220504 concert5.jpg

私はスマホの電源を切っていたので間に合わなかったのですが、お友達が撮ってくれました。ありがとうございます!お友達にはお世話になりました。

藤井フミヤさんは7月11日の誕生日に日本武道館で還暦コンサートを行います。チケットの一般販売は6月4日からです。きっと盛り上がるでしょう。一緒にお祝いしたいです。素敵なエンターテインメントをありがとうございました。ますますのご活躍を祈っています。

posted by jirokayo at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月27日

【録音のリンクあり!】Shang-A-Lang Radio Show にリクエスト☆ベイシティローラーズ特集(2022年4月27日 25時〜)

ベイシティローラーズ特集、DJ DizzyことDaveさんのShang-A-Lang Radio Show が4月27日にに放送されます!

イギリス時間で4月27日(水) 17〜19時、日本では25時〜27時(28日 1時〜3時)になります。
放送局は今回は書いていないので、前回と同じではないかと考えます。
放送局:2 bays radio www.2baysradio.co.uk
ストリーミング:http://falcon.shoutca.st:8570/stream 
https://twobaysradio.radioca.st/stream

4月23日までに少なくとも25件のメール、リクエストが必要とのことです。
リクエスト送り先: djdizzyradioshow@gmail.com

20220320.jpg

Daveさんからのメッセージ
Good evening everyone. The next Shang-a-Lang Bay City Rollers Radio Show will be on Wednesday 27th April 5pm - 7pm UK time . You can leave your requests on this post or email them to djdizzyradioshow@gmail.com . Closing date for requests is 23rd April . KOR and spread the word ........... we need at least 25 requests to put a show together


----------------------------------
追記
Daveさんが番組の録音をアップしてくださいました。
https://archive.org/details/shang-a-lang-the-bay-city-rollers-show-on-wednesday-27th-april-2022

夜中だったので私も聞けませんでした。アップいただいて、とても嬉しいです。ありがとうございます!!


posted by jirokayo at 23:53| Comment(7) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月25日

レスリーの最後の日本ツアーをフォトブックに!! クラウドファンディング始動しました!

レスリー・マッコーエン(ベイシティローラーズ)の2020年2月の日本ツアーがフォトブックになるプロジェクトが進んでいます。イギリスのクラウドファンディングが始動して、資金を集めているところです。詳細は下記のサイトに書かれています。日本語文も掲載されています!
Les McKeown’s Bay City Rollers: The Last Tour (Photobook)

キャプチャ.JPG

Les McKeown’s Bay City Rollers: The Last Tour (Photobook) サイトから
2020年2月、レスリー・マッコーエン(Leslie Mckeown)は日本各地で10公演のソールドアウト公演を行いました。そして結果的に、このツアーが彼が完走した最後のツアーとなりました。 「The Last Tour」は、レスリー・マッコーエンが日本で最後に開催したツアーの模様をおさめた写真集です。編集を務めるのは、長年レスリーの日本ツアーをアレンジしてきたサム・モクターリ(Sam Mokhtary)。
本書には、プロのフォトグラファーが撮影した未公開写真の他、ライブの模様をおさめた写真、宣材、オフステージでの素顔を捉えた写真などが含まれ、さらにサム・モクターリによる注釈として、レスリーと過ごした日々やツアーの洞察、貴重なエピソード、レスリーとファンとの関係、そして無残にも途絶えてしまった将来の計画などを記載予定です。
全ベイ・シティ・ローラーズ(Bay City Rollers)ファン必見の内容となっています!
レスリーとの思い出を蘇らせるために、プロジェクトへの支援をお願いします。


posted by jirokayo at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする