2024年05月18日

デンマーク、コペンハーゲンに移動しました☆

デンマーク、コペンハーゲンに移動しました。早朝からアムステルダムを出発して忙しかったので、お昼は街を散策してゆっくり過ごしました。
ファンデーションも忘れましたが、ベルトを持ってくるのも忘れしまいました。

24051714503109 b1.jpg

物価の高いデンマークでお買いものは躊躇してしまいますが、ユニクロがありました。
中に入ると神戸三宮店に最近オープンした店舗と配置がよく似ていましたが、ベルトを探すのにスタッフ何人にも尋ねました。

240517125119171.JPG

おこさまアイテムコーナーにありました。レゴで作ってあります! デンマークといえばレゴランドですね。

240517121541622.JPG

コペンハーゲン市役所のホールです。
結婚式が行うカップル、ご家族がホールにおられて、幸せな笑顔が広がっていました。

みなさまも良い週末をお過ごしください。

posted by jirokayo at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月14日

ヨーロッパ旅行中です☆2024年5月13日〜5月30日

昨日 5月13日 関空からミュンヘンを経由してオランダに来ました。ライデンに滞在中です。この後、デンマーク、ハンガリー、オーストリアを周り、5月30日に帰国します。

メールのアドレスは @live.jpの方で、よろしくお願いいたします。

20240513 kankuu.jpg

関空、久しぶりにルフトハンザ機です。
posted by jirokayo at 15:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月07日

チェコ、ズーリン動物園でアフリカゾウ、天使 Zyqarriにも会いました☆(2022年10月15日)

2022年10月、チェコのブラチスラバ動物園を訪れた後、ズーリンに移動しました。市街中心部から約10km離れたところに、プラハ動物園に続いて来園者が多い「Zoo ZLIN」があります。

20221015 zoo1-2.jpg

入園口の門の半円形の瓦が可愛い、ズーリン地方の様式とのことです。

20221015 zoo1-5.jpg

ハロウィーンのカボチャが飾ってありました。

20221015 zoo1-1.jpg

園内は相当広そうです。ゾウのエリアは2つあります。

20221015 zoo1-0.jpg

アフリカゾウを推しのようで、大きな看板がありました。3頭の雌ゾウと昨年生まれた雄の子どもです。

実はこの日、私は体調を崩していて、動物園に到着する時間が予定よりも大幅に遅れていました。動物園を諦めて直接プラハまで移動することを考えましたが、ゾウさんだけは見ておきたいとZoo ZLINに出向きました。

20221015 zoo1-6.jpg

入園口は2つあるようです。動物のいるところまで少し歩きました。

20221015 zoo1-3.jpg

敷地の中にレシュナ城があります。
ゾウのエリアに行くまで、アシカ、カワウソ、鳥類、ジャガーを見ました。

20221015 zoo1-4.jpg

丘の斜面がサルの放飼場になっていて、その下にゾウの姿が見えました。

20221015 zoo2-1.jpg

特徴のある屋根の建物がゾウ舎でした。

20221015 zoo2-2.jpg

中に入ると生暖かくて、独特の香りがしました。アフリカゾウの説明です。

20221015 zoo2-3.jpg

ゾウさんたちは外にでています。階段を下りて、ゾウ舎の外にでました。

20221015 zoo2-4.jpg

いました! 3頭の雌と子ゾウさんです!

20221015 zoo3-1.jpg

ズーリン動物園のゾウの歴史は2003年に南アフリカから来園した3頭の雌ゾウから始まりました。
Kali (1994年生まれ)
Zola (1995年生まれ)
Ulu (1996年生まれ)


20221015 zoo4-1.jpg

2021年6月6日にKaliが男の子を出産しました。人工授精です。Zyqarri と名付けられました。アフリカで「天使」の意味です。

20221015 zoo3-4.jpg

Zyqarri、可愛いです。

20221015 zoo3-3.jpg

Kaliママだけではなく、ZolaとUluにも甘えていました。

20221015 zoo3-2.jpg

気分が良くなくて座り込んでいたので、夫が撮影を頑張ってくれました。私もゾウさん好きのお友達に見せてあげたいと、スマホを持って放飼場のロープのところまでいきました。すると、ゾウさんたちが動きだしました。



2022.10.15 チェコ、ズーリン @ (Zoo ZLIN)
雌が3頭、雄の子ゾウ(1歳)が近くまで来てくれました。
びっくり仰天しましたが、ゾウさんに真近で会えたことがとても嬉しく、気力がでてきました。

20221015 zoo2-5.jpg

土浴びをしているところです。

20221015 zoo3-7.jpg


20221015 zoo3-6.jpg


20221015 zoo2-6.jpg

ママの役交代にきました。



2022.10.15 チェコ、ズーリン A (Zoo ZLIN)
土浴びをしているシーンもあります。

20221015 zoo3-8.jpg

上の道から見下ろすようになり、ゾウ舎の入り口も見えます。

20221015 zoo3-10.jpg

そろそろごはんの時間なのか、みんな集まっていました。

20221015 zoo3-9.jpg

Kali, Zola, Uluは一歳づつ違いますが、体の大きさにも違いがあります。

20221015 zoo6-1.jpg

見分けが今ひとつつかないのですが><


2022.10.15 チェコ、ズーリン B ゾウ舎 (Zoo ZLIN)
雌が3頭、雄の子ゾウ(1歳) ゾウ舎で食事中のところです。

20221015 zoo5-1.jpg

真ん中にKariとZyqarriがいます。

20221015 zoo5-3.jpg

たぶん奥の入り口近くがZolaで

20221015 zoo5-2.jpg

手前にUlu だと思うのですが。。

20221015 zoo3-11.jpg

ゾウさんがお部屋で食事中に、女性飼育員さんがひとりで💩を集めていました。

20221015 zoo4-2.jpg

動物園のマップではゾウのエリアが2つあります。今まで見ていたのが㉔のエリアです。広い方はどこかというと

20221015 zoo4-4.jpg

道に交差する通路があります。

20221015 zoo4-8.jpg

案内があります。13:00-15:30の間、この通路をゾウが使う。

20221015 zoo4-5.jpg

人が通れるように柵が畳まれていますが、時間がくれば柵が広げられてゾウさんの道ができ、広いエリアへと通じていきます。

20221015 zoo4-6.jpg

新しいエリアは先なのですが、とても広そうです。新しいゾウ舎ももうすぐできるそうです。
++++++++++++++++++++++++++++

2024年5月の今、もう既にズーリン動物園の新しいゾウ舎は完成しています。
公式サイト:Sloni si již užívají nový pavilon v Karibuni
広いゾウ舎の中に4頭が集まっている写真が印象的です。
近代的な施設で特別に内部のガイドツアーを行っているそうです。見てみたいです><

2023年9月 雄ゾウのJackが来園しました。
公式サイト:Samce Jacka už uvidíte ve výběhu
Kali, Zola, Uluとの繁殖が期待されます。

20221015 zoo3-12.jpg

もうこの旧のエリアは使われていないかもしれません。広いエリアで過ごしていても、Kali, Zola, Ulu, Zyqarriの4頭は仲良く集まっているのではないかと想像します。また機会ができて、みなに会える日が来ますようにと願っています。

20221015 zoo6-7.jpg

素晴らしい環境のZoo ZLIN、ズーリン動物園を訪れることができて本当に良かったです。ガイドの邦子さん、ドライバーのサラさんにお世話になりました。ありがとうございました。

20221015 zoo4-7.jpg

帰りは汽車の乗り物に乗って退園口までいきました。

++++++++++++++++++++++++++++
夫が撮影した放飼場での動画です。



2022.10.15 チェコ、ズーリン C (Zoo ZLIN)



2022.10.15 チェコ、ズーリン D (Zoo ZLIN)

++++++++++++++++++++++++++++
※追記
ヨーロッパでのアフリカゾウの人工授精について
プロジェクト‘Frozen Dumbo’が遂行されていて、アフリカで繁殖力が高い雄ゾウを探し、精子の採取し冷凍して欧州(フランス、Beauval動物園)に運んでいます。
Project ‘Frozen Dumbo’ helps boost dwindling African elephant populations

私の知っている人口受精のケース
・シェーンブルン動物園、 Ighwa (2013年生まれ)、Kibali( 2019年生まれ)
Ighwaは人工授精で初めて誕生しました。
Kibaliは2021年7月に2歳の誕生日直前に亡くなりました。心臓発作が原因と考えられています。
関連記事:シェーンブルン動物園のアフリカゾウたちに会いました☆(2022年10月10日)

・オランダ、アウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) 、 Binti(2018年生まれ)
母親Dunaが出産後2日目にBintiを攻撃しました。Bintiは重症を負い、安楽死させられました。
関連記事:オランダ、アウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) アフリカゾウ編
DunaはTuskerと自然交配し、2021年8月に男の子、Bintiを出産して順調に育てています。

・チェコ、ズーリン動物園 Zolaの女の子(2018年 死産)、Zyqarri(2021年生まれ)
3頭の雌ゾウ、Kali, Zola,Uluは訓練を受け、その中で一番協力的だったZolaに2016年に人工授精が行われました。2018年7月に生まれた女の子は死産でした。(Zolaは2024年2月にジャックとの交配が確認されています)
記事https://elefanten.fandom.com/wiki/Zola
一番年長のKaliがZ2021年6月にZyqarriを出産しました。
関連記事:チェコ、ズーリン動物園でアフリカゾウ、天使 Zyqarriにも会いました☆(2022年10月15日)

posted by jirokayo at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園・動物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唐川真さんの「サウンド見聞録」で『ベイシティローラーズ Dedication』 そのA!☆(2024年5月7日)

唐川真さんの「サウンド見聞録」で『ベイシティローラーズ Dedication そのA』が放送されます!
初回は今夜!5月7日 20時半からです。
唐川さん、いつも本当にありがとうございます!!

唐川さんのブログから
https://karakawamakoto.themedia.jp/posts/52347418

いよいよ混沌のB面!
実は70年代当時から英米のレコード盤は違っていた!
ショックな内容…皆様も是非!

20240507 karakawasan.jpg

「サウンド見聞録」。
→★FMくしろ。http://www.fm946.com/
→★ネットでサイマルラジオ。http://www.simulradio.info/asx/FmKushiro.asx
→★スマホ(リスラジ)。http://www.fm946.com/listening/

posted by jirokayo at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月06日

チェコ、オストラバ動物園に北アイルランド、ベルファスト生まれのゾウさんに会いに行きました☆(2022年10月13日)

2022年10月に3年ぶりにヨーロッパに行きました。ウィーンからスロバキアのガイドの邦子さんに同行してもらい、スロバキアとチェコの幾つかの街を周りました。チェコにぜひ訪れたい動物園がありました。オストラバ、ポーランド近くに位置する街です。

20231013 zoo 1-2.jpg
(2022年10月13日、オストラバ動物園)

※オストラバ動物園を訪れたかった理由は少し長くなります。
2018年10月にオランダから大阪に帰る便で、映画を観ました。
【詳細:映画 「Zoo」☆ベルファスト動物園のゾウを救った物語

20190728.jpg

第二次世界大戦の時、北アイルランド、ベルファスト動物園も政府の命令で猛獣たちは殺処分になりました。その時に飼育員さんが子ゾウを連れて帰りかくまって、子ゾウは殺処分を免れました。その事実をもとにこの映画『ZOO』が作られました。日本未公開の作品ですが、偶然にも飛行機の中で観てとても感動し、ベルファスト動物園に行ってみたいと思いました。

2019062620zoo201-01.jpg
(2019年6月26日、ベルファスト動物園)

翌年2019年6月にベルファスト動物園を訪れることができました。

2019062620elephant2016-32104.jpg
(2019年6月26日、ベルファスト動物園)
ここには2頭の年輩アジアゾウがいました。サーカスや動物園で働き、いじめ等の後遺症が残っているゾウさんたちでした。ベルファスト郊外の切り立った山の斜面にあり、海が見えて自然豊かな環境の動物園です。

2019062620elephant2001.jpg
(2019年6月26日、ベルファスト動物園)
ゾウさんたちの放飼場も広く、土が一杯あり、エンリッチメントも工夫されていました。若いゾウさんはいませんでしたが、幸せに過ごしている2頭のゾウさんに会えて、とても嬉しかったです。

北アイルランドの旅行から戻り、Twitterでベルファスト動物園をフォローし始めました。そこでベルファスト動物園で生まれた、アジアゾウが繁殖プログラムのためにチェコのオストラバに移動していたことを知ったのです。

20221013 ele ou2.jpg
(2022年10月13日、オストラバ動物園)
2008年4月、母Johti(Jody、1968年生まれ)子Vishesh(1997年生まれ)が一緒にオストラバに移動しました。

ベルファスト動物園はヨーロッパの繁殖管理、EAZA(the European Association of Zoos and Aquaria )に加盟しています。
※EAZAに加盟している動物園のゾウの飼育、役割分担
@繁殖可能な雌ゾウのグループ、成熟した雄ゾウ
A若い雄ゾウのグループ
B年配雌ゾウのグループ

ベルファスト動物園はJohti(40歳)とVishesh(11歳)の若い親子を転出し、翌年2009年に年輩のゾウを3頭受け入れました。直接ゾウを誕生させることはなくても、ヨーロッパのアジアゾウの繁殖計画をベルファスト動物園も担っています。
いつかベルファスト生まれのゾウ、Visheshとその母Johtiに会いにチェコに行くことが私の目標、願いになりました。
++++++++++++++++++++++++++++

そうして2022年10月、コロナで海外旅行の日本への入国処置が緩和されてすぐに願いは叶いました。

20231013 zoo 1-4.jpg

オストラバ動物園はとても広いです。広く乗り物に乗りたかったのですが、行きは乗せていない、帰りに乗るように言われました。

20231013 zoo 1-5.jpg

長い道のりを歩いていきました。

20231013 zoo 1-3.jpg

飼育されている動物はたくさんいて、とても周りきれそうにありません。
が、ライオン、ヒョウ、カバは見ることができました。

20231013 zoo 3-1.jpg
ゾウ舎を探しました。

20221013 ele ou3.jpg

ゾウの絵がありました。

20221013 ele ou1.jpg

ここか!と建物の中に入りました。

20221013 ele in 1-1.jpg

全5頭がゾウ舎の中にいて、ごはん中でした。

20221013 ele in 1-4.jpg

ゾウ舎の中は3つに区切られています。

20221013 ele in 1-5.jpg

大きな部屋はロープで区切られていて、それぞれに2頭がいました。

20221013 ele in 1-2.jpg

ゾウの紹介です。

20221013 ele in 1-3.jpg

Johti(1968年生まれ)
Vishesh(1997年 ベルファスト生まれ)
Rashmi(2011年 オストラバ生まれ)
Chandru(2017年 オストラバ生まれ)
Maxim(1998年 ロッテルダム生まれ)


20221013 ele zoo2.jpg
(2022年10月13日、左 娘Vishesh、右 母Johti)
北アイルランド、ベルファストからきた親子です!
母Johtiと娘Visheshはそれぞれの子どもと一緒でした。
こどもたちの父親はCalvin (Chanda) 、2009年5月にライプツィヒからオストラバに移動してきました。

20231013 el 1-3.jpg

Johtiは娘、Rashmiを2011年生まれ。Johtiは43歳で出産しました。

20231013 el 1-1.jpg
Johti
写真は2年前、54歳の時、若々しいです。

20231013 el 2-1.jpg
Rashmi
11歳の時、丸くふくよかです。

20231013 el 3-2.jpg
(VisheshとChandru)
1997年ベルファスト生まれのVisheshは息子、Chandru(2017年生まれ)と一緒にいました。
Visheshは2011年(Sethi)、2014年(Sumitra)を生みましたが、どちらもヘルペスウイルスで幼いうちに亡くなりました。

20231013 el 3-1.jpg
Vishesh
お母さんのJohtiと良く似ています。25歳の時です。

20231013 el 4-1.jpg
Chandru
5歳の時です。Visheshの3頭目の子どもです。上の2頭は亡くなりました。
Chandruの父親のCalvinは2015年10月に死亡していますので、ChandruはCalvinの忘れ形見になります。

20231013 el 5-1.jpg

区切られたところに、若い雄ゾウがいます。Maxim、1998年にロッテルダムで生まれました

20231013 el 5-2.jpg
Maxim
24歳の時です。お顔が大きくて迫力があります。



2022.10.13 チェコ、オストラバ動物園 アジアゾウ(5 elephants in Ostrava Zoo)
15時前後 5頭のアジアゾウがゾウ舎にいる様子です。

20221013 ele ou7.jpg

ガイドの邦子さんが飼育員さんに尋ねてくれました。
「ゾウさんは外に出ないのか?」「 15時に外に出るよ」
という事で、外にでて待っていました。

20221013 ele ou10.jpg

放飼場の見学するには上から見下ろすような構造になっています。まわりに草木がたくさんあり、ベンチもいくつもありました。

20221013 ele ou4.jpg

放飼場の前にある案内です。

20221013 ele ou5.jpg

オストラバ動物園の歴代のゾウの紹介です。

20221013 ele ou11.jpg

私は放飼場の見晴らしの場所でベンチに座って、お友達にメールをしました。JohtiとVishesh親子に会えたことが嬉しくてたまりませんでした。
そしてその間に雄ゾウのMaximとChandruが放飼場にでていました!全然気が付きませんでした。幸い夫が撮影してくれていましたが、夫がいることも気が付かない、草や木がいっぱいで座っていると見通しが良くありませんでした。



2022.10.13 チェコ、オストラバ動物園 アジアゾウ(2 elephants in Ostrava Zoo)
15時 2頭の雄のアジアゾウが放飼場にでてきました。
Maxim(1998年 ロッテルダム生まれ)
Chandru(2017年 オストラバ生まれ)

20231013 el 5-3.jpg
Maxim

20221013 ele 3-1.jpg
Chandru
Chandruは今年7月で7歳になります。2か月前にオストラバ動物園のゾウ舎にコンテナがトレーラーで降ろされました。若い雄ゾウは群れからでて行く時期がきます。Chandruはコンテナに入る練習を繰り返してして、移動に備えます。
EAZAのアジアゾウの繁殖計画の概要を読みました。若い雄ゾウ(数頭)は成熟した雄ゾウ(一頭)と一緒に暮らします。そこで成熟した雄ゾウから色々学ぶそうです。

20221013 ele 3-3.jpg
Chandru
オストラバ動物園もVisheshの3子目、可愛い雄ゾウ、Chandruを旅立たせる時がきました。
ベルファスト動物園から繁殖のために移動してきた親子は子孫を残し、繁殖に貢献しています。Chandruも後を繋いでいくでしょう。
どうかChandruの移動が無事に行われますように。

20221013 ele 2-2.jpg
Johti
Vishesh、RashmiとMaximの繁殖が順調に進むこと、高齢になったJohtiがすっと元気でいてくれることも心から願います。

20231013 zoo 1-1.jpg

2022年10月の動物園を訪れたことを今ごろになって記事にして、遅すぎるのですが、次の旅行までにどうしてもまとめておきたいと思いました。次は雄ゾウばかりがいる動物園にも行く予定です。ヨーロッパ全体でアジアゾウの繁殖を管理しているところを実際に見たいと思います。

ラベル:#ゾウ
posted by jirokayo at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園・動物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする