2022年11月28日

チューリッヒ美術館☆イレーヌ嬢に会いました(2022年10月7日)

10月に訪れたチューリッヒの最終日は市立美術館に行きました。最初からその予定ではなく、お昼前にホテルに戻れる範囲で行けるところ、駅から近いZoological Museumを目指して歩いていました。スマホのGoogle Mapを見ながら歩くのですが、なかなかたどり着けなくて、夫が怒りだすかもしれないと焦っていました。少し先に Kunsthaus Zürich (チューリッヒ美術館)と書いてある白い建物が見えました。2014年にも市立美術館に行っているのですが、西洋絵画が好きな私にもう一度美術館を観た方がよいと夫が言いました。時間があと一時間もなかったのですが、思い切って行くことにしました。

20221007 1-2.jpg

Kunsthaus Zürich 歩いて見えたのは新館の方でした。2021年にオープンしました。

20221007 1-1.jpg

2014年の記憶があるので、新館より遠い本館を目指しました。チケットを買う時に何を観るか?日本で言う常設展か特別展か、と聞かれました。時間がないのでコレクション(常設展)だけと言いました。コレクションの展示は新館の方で、地下の通路を渡って新館に行くように、コインロッカーに荷物を入れるように言われました。よくわからなかったのですが、なんとか新館の最上階に着きました。すると一番に目に入ってきたのはルノワールでした!

20221007 1-3.jpg
『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』
ビュールレ・コレクションのこの名画が見れるなんて!「お義母さんが連れてきてくれた!」と夫に言ってしまいました。義母はルノワールの絵が大好きでした。私もこの「小さなイレーヌ」がずっと観たかったのですが、以前はチューリッヒのビュールレ低に展示されていて、開館日、時間が限られていました。2015年にビュールレ低は閉館して、その間東京にビュールレ・コレクションが来日しましたが、タイミングが合わずに見逃してしまいました。その後このイレーヌを追うことがなかったので、今ここで会えるとはと驚き、喜びで飛びあがりそうになりました。

20221007 1-13.jpg

喜びにひたってゆっくり観たいところでしたが、お昼前にホテルに戻って空港に行かなければいけません。ウィーンに移動する日です。急いで周って気になる作品の写真を撮りました。

20221007 1-4.jpg

モネの大きな作品の部屋です。

20221007 1-6.jpg

美しいです。

20221007 1-5.jpg

パリのマルモッタン美術館を思い出します。

20221007 1-7.jpg

私の母はモネの水連が好きでした。

20221007 1-8.jpg

スイスを代表する作家、ホドラーの部屋です。

20221007 1-9.jpg

2015年にチューリッヒ美術展が神戸で開催されました。その時にも来た作品だと思います。また観れて嬉しいです。

20221007 1-11.jpg

ゴッホの自画像。ゴッホの作品も何点もあります。

20221007 1-10.jpg

ゴッホ。南仏を描いた作品です。

20221007 1-18.jpg

クールベ。深い色合いが好きです。

20221007 1-14.jpg

カンディンスキー、抽象絵画の創始です。

20221007 1-12.jpg

ルノワール、幸せを描き続けた画家。

20221007 1-16.jpg

モディリアーニ。独自の画風、美しい女性です。

20221007 1-17.jpg

ピカソ。青の時代の作品。

20221007 1-15.jpg

ピカソ。抽象画に移行していきました。

20221007 1-19.jpg

ブラマンク。好きな作家です。

簡単ですが気になった作品を掲載しました。作品名調べてまた編集していきます。
チューリッヒは2014年、2017年、2022年と3度訪れましたが、チューリッヒ美術館は2度目。2021年に新館がオープンして、ビュールレ・コレクションもここで観れるようになりました。現地でそれを知って、驚きと興奮、贅沢な時間を過ごしました。本当に感謝感激です。ありがとうございました。

チューリッヒ美術館の公式サイト


posted by jirokayo at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月26日

『ラトビアディズ 2022 in 大阪』☆グランフロント大阪で開催中(11月25日〜11月27日)

大阪グランフロントでラトビアのイベントが開催されています。
『ラトビアディズ 2022 in 大阪』
開催期間は11月25日〜27日 の3日間でラトビアの名産品の販売、ステージイベントがあり、デニス・ヴァシリエフスさんのフィギュアショーも催されます。

20221125 blog4.jpg
グランフロント大阪うめきた広場(期間限定スペース)
初日の25日の夕方に行きました。

20221125 blog5.jpg

スケートリンクの奥側にブースがあり、こちらでラトビアの名産品が出展されています。

20221125 blog9.jpg

クリスマスツリーはラトビアが発祥の地とのこと、クリスマスの素敵なオーナメントも数々ありました。

20221125 blog10.jpg

ラトビアの有名なミトンは真ん中のブースにありました。

20221125 blog11.jpg

ハンドメイド・バスアイテム専門店【ラトビア・ヘイズ】さんからも出展、美しい石鹸が並んでいました。

20221125 blog12.jpg

ポストカードのそばにはポストがあり、切手つきのポストカードを購入してハガキを書いて投函するとラトビア経由で届くそうです。約1ヶ月で日本に到着するので、クリスマス&新年のご挨拶に喜ばれるますね^^

20221125 blog15.jpg

食品、食材のブースです。

20221125 blog16.jpg

クリスマスシーズンらしいブース。

20221125 blog17.jpg

シナモンクッキー、ドライフルーツの砂糖漬けが目をひきました!

20221125 blog18.jpg

Pure(プーレ)社のトリフチョコレート、いろいろなバージョンが並んでいました。

20221125 blog8.jpg

ラトビアの国旗🇱🇻、深紅と白のストライプ。

20221125 blog6.jpg

キッチンカーです!

20221125 blog7.jpg

ビーツのスープが美味しそうでした。

20221125 blog19.jpg

デニス・ヴァシリエフスさんのフィギャショー、18時半からリハーサルが始まりました。

20221125 blog13.jpg

遠目でしたが、美しく力強いスケーティングでした!

20221125 blog1.jpg

購入した食材とパンケーキフライ返し。

20221125 blog2.jpg

クランベリーとグーズベリーの砂糖漬け!

20221125 blog3.jpg

Pure(プーレ)社のチョコレート。

20221125 blog14.jpg

パンケーキ用のフライ返し。SUBARUさん出展です。

ラトビアは私の大好きなアジアゾウ、ズゼの生まれ故郷です。ラトビアの首都リガは神戸と姉妹都市で様ざまな交流を行っています。昨日はラトビア大使が神戸市長を訪れていました。その後こちらの会場にもお見えになっていました。ラトビアのアイスホッケーの監督もお見かけしました。日本在住のラトビア人の女性から食材の説明をしていただきました。少し世間話お話しもさせていただいて、嬉しかったです。
自然豊かで美しいラトビアの食、文化、芸術を感じることができる素敵なイベントでした。行かせていただいて、良かったです。ありがとうございました。

ラトビアディズ 2022 in 大阪のサイト


posted by jirokayo at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラトビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月15日

スイス Knies Kinderzoo のアジアゾウたち☆神戸王子動物園、マックのファミリー(2022年10月6日)

スイス、ラッパースビルのKnies Kinderzoo(クニー 子ども動物園)を訪れました。小さな動物園で子どもたちが喜ぶかわいい動物がたくさんいますが、なんと大きなアジアゾウが9頭も飼育されています。そしてここは神戸王子動物園のアジアゾウ、マックの生まれ故郷です。マックのお母さんClaudyは亡くなっていますが、異父妹のSandryとその子供たち、マックを知っている中高年のゾウさんたちがいます。

20221105 zoo1-1.jpg

5年前 2017年10月にマックの生まれ故郷がどんなところか知りたくて訪れていて一度訪れていました。

20221006 7-11.jpg
Himmapan elephant park、手前に雄ゾウ Thisiam、奥が雌のグループ

Knieさんは歴代サーカスを営んできた家系で、1803年にサーカスを立ち上げ、動物園は1962年に設立されました。長年ゾウと一緒にパフォーマンスを行ってきましたが、2015年に新しいエリア Himmapan elephant park を完成させ、ゾウをサーカスで働かせるのを止めました。ヨーロッパ絶滅危惧種計画 (EEP) に加入、ゾウの繁殖プログラムに取り組んでいます。

20221006 7-9.jpg
Himmapan elephant park、同居中のMekongとMa Palaj

今年 Knies Kinderzooは60周年記念です。そして5月7日に雄のアジアゾウ Kamonが生まれました。マックの甥にあたります。マックは今年6月に30歳になりました。30年ぶりにKinderzooに男の子が誕生しました。とても嬉しくて、写真や動画を見ていると、マックもこのように元気で活発な男の子だったんだろうなと想像し、Kamonくんにどうしても会いたい気持ちになりました。

20221006 7-17.jpg

ゾウのエリアはHimmapan elephant parkは橋がエリアを分割していて、橋を上ると2階になり、そこからゾウさんが見えるようになっています。キリンに近い側の狭いエリア、湖が見える側の広いエリアはロープ、電柵でふたつに区切られています。2階には週末営業のタイ料理のレストランがあり、1階はゾウ舎になっています。

20221006 3-1.jpg
キリン側からの橋

20221006 3-12.jpg
キリン側のエリア

20221006 3-6.jpg
2階に上がったところ

20221006 3-9.jpg
2階の通路

20221006 3-2.jpg
湖が見える側のエリア

20221006 5-2.jpg
2つに区切られた湖が見える側のエリア

20221006 3-8.jpg
1階はゾウ舎、2階にはレストランも

20221006 7-5.jpg
軒下のフィーダー
雌グループが仲良く食べていました。
-----------------------------------------

20221006 3-5.jpg
Knieさんのゾウの書籍 「100 Jahre Knie-Elefanten 1920-2020」
日本から購入しました。100年のKnieさんとゾウさんたちの写真、文書がたくさん掲載されています。辞書引きながら読むのは時間がかかるので、マック関連のところを探して読みました。Boy(マックのスイス時代の名前)は2歳9か月でKinderzooから出されたことは残念であった(意訳)。。と書かれていました。

20221006 mac1.jpg
ClaudyとBoy(マック)、王子動物園のブログ「マックがボーイだったころ」より

マックのお父さんはチューリッヒ動物園の Maxiで、お母さんのClaudyは繁殖のためにチューリッヒ動物園に何度か滞在していました。マックが生まれる7年前 1985年に女の子 Lohimiを出産しましたが、ヘルペスウイルスで3歳の時に亡くなっています。異父妹のSandryは1999年生まれで、父親はハンブルグ動物園にいた Hussinです。

Claudy.jpg
2004年 ClaudyとのSandry、2016年 Knies KinderzooのClaudyの死亡記事「Elefantenkuh Claudy in Knies Kinderzoo gestorben」より
詳細はブログ記事 「マックのお母さん、スイスの動物園 Knies Kinderzoo にいました

202206132020boy.jpeg
Sandry(22歳)が出産、blue Newsより
2022年5月7日 にSandryの第2子が誕生しました。Kamonと名付けられました。父親はズゼ(王子動物園のマックのパートナー)の異母弟妹たちとも縁のある、エメン動物園にいたMekongです。
Claudyさんの孫、マックの甥っ子の誕生が嬉しくてたまりませんでした。
Kamonくん誕生祝いの手紙に書こう、そして27年前にスイスを旅立ったマックは立派に成長して、日本でたくさんの人たちに愛されていることをお伝えしよう、と旅行前に思いつきつきました。

20221006 0-2.jpg
マックの30歳祝いの自作ポストカード

20221006 0-1.jpg
王子動物園のオリジナルグッズ、フェイスタオル
手紙とポストカードとタオル、お土産を持っていき、チケット売り場に預けました。

20221006 7-20.jpg
Knies Kinderzooの入園口

Kamonくんのお祝い、Boy(マック)のこと、Claudyさんのこと、Sandryと娘Kalayaのこと、Mekongのこと等を手紙に書きました。
動物園をでて、夕方ラッパースビルの湖のそばを散策している時にメールが入りました。Knieさんの息子さんから手紙のお礼とお返事のメールでした。もうびっくりでしたが、本文を読んでまた感激しました。
手紙の内容は意訳して、「」内に太字で記載します。

20221006 mac2.jpg
ClaudyとBoy(マック)、王子動物園のブログ「マックがボーイだったころ」より

「。。(略)。。 Boy(マック)は子どもの時はとても活発で、トレーニングをすると優秀な生徒でした。Knie サーカスでの調教は動物園で飼育するためのものです。」

20221006 4-3.jpg
SandryがKamonを追っているところ

「Claudyは安らかに旅立ちました。私たちに素晴らしい娘 Sandryを残してくれました。Sandryは配慮のある優秀な母親でKalayaとKamonの模範となっています。」

20221006 7-22.jpg
MekongとMa Palaj

「Mekongはとても早くここにも私たちに慣れました。Mekongは本当に良い雄ゾウで、なんの心配もありません。」


-----------------------------------------

20221006 7-16.jpg

広いエリアの方に体重計があります。先日9頭のゾウの体重がFaceBookの投稿されていました。
Thisiam, 6850 kg
Mekong, 5340 kg
Sabu, 4545 kg
Sandry, 3920 kg
Ceylon, 3535 kg
MaPalaj, 3370 kg
Rani, 3350 kg
Kalaya, 3180 kg
Kamon, 396 kg
Total: 34486 kg


Himmapan elephant parkの2階の通路にゾウさんの紹介がありました。

1 ceylon 3.jpg
Ceylon

1 ceylon 2.JPG
52歳 1970年 、3535 kg
セイロン生まれ 、2015 Knies Circusより。静かでのんびり、自分の食べ物を取られないように守る。
-------------------------------------

1 rani 2.JPG
Rani

1 rani 1.JPG
40歳 1982年生まれ 、3350 kg
8歳の時にKnis Circusに来ました。しっぽの先が切れています。
-------------------------------------

1 sub 2.JPG
Sabu

1 sub 1.JPG
38歳 1984年生まれ、4545 kg
6歳の時にKnis Circusに来て20年を過ごしました。体が大きくてエネルギッシュ、独自のキャラクターを持っているそうです。
-------------------------------------

1 Ma Palaj 2.JPG
Ma Palaj

1 Ma Palaj 1.JPG
36歳 1986年生まれ、 3370 kg
2歳の時にKnis Circusに来ました。長いまつげ、耳毛が特徴。
-------------------------------------

1 Sandry 2.JPG
Sandry

1 Sandry 1.JPG
もうすぐ23歳 1999年 、3920 kg
Knies Circus生まれ。2009年-2012年まで母Claudyと一緒にベルギー、現Paris Daizaに滞在して、Kalayaを授かりました。思いやりのある母親でKalayaとKamonを育てています。
-------------------------------------

1 Kalaya 2.JPG
Kalaya

1 Kalaya 3.jpg
9歳 2013年 Kinderzoo生まれ 3180 kg
Sandryの娘でいろいろな世代の雌グループの中で育ちました。
-------------------------------------

1 Kamon 2.JPG
Kamon

1 Kamon 1.JPG
6か月 2022年 Kinderzoo生まれ 396kg
SandryとMekongの息子。Kalayaの異父弟。元気いっぱいに育っています。
-------------------------------------

1 Mekong 2.JPG
Mekong

1 Mekong 1.JPG
40歳 1982年 ベトナム生まれ 5340 kg
2020年5月にオランダ、エメン動物園より移動。スイスに来る前にライプツィヒ、プラハ、アムステルダム、エメンで7頭の子どもを作っています。
-------------------------------------

1 Thisiam 2.JPG
Thisiam

1 Thisiam 1.JPG
24歳 1998年生まれ、6850 kg
Paris Vienciennes生まれ、2015年8月 Kinderzooに来園、
Knis Circusで活躍したSiamの息子で、大きな雄ゾウです。
-------------------------------------

20221006 2-1.jpg

動物園のメイン通りにKnie サーカスとゾウの歴史が掲げてあります。

20221006 2-2.jpg

パネル2枚1組でスイス公用語のドイツ語とフランス語で書かれています。

20221006 2-3.jpg

内容の概略は記事;スイスの動物園“Knies Kinderzoo”とゾウさん達☆

20221006 3-4.jpg

パネルの雄ゾウSiamがボールに乗っているのだと思います。後ろに写っている雄ゾウがSiamの息子Thisiamです。Siamはスイスからパリに移って14頭の子どもを作りました。Thisiamは末っ子です。

20221006 6-1.jpg

ゾウのライディングがあります。

20221006 6-2.jpg

2頭のゾウがライディングを担当していました。

20221006 5-1.jpg

ライディングが終わると、Sandry、Kalaya、Kamonの親子がでてきました。

20221006 7-14.jpg

水浴びをしていたようで体が濡れていて、土あびを始めました。


土浴びをするKamon
Kamonの土浴びをRaniとCeylonがそばにいて見守っていました。雌のグループみなでKamonの世話をしているようでした。

20221006 7-2.jpg
KalayaとKamon
Kamonの姉Kalayaは9歳、Kinderzooで生まれました。Kamonが生まれるまで自分が最年少だったKalaya、まだみなに甘えていたいんだなと思うシーンをいくつか見ました。でもKamonと仲の良いお姉ちゃんです。

20221006 7-3.jpg
SandryとKalaya
Sandryのような良い母親にKalayaもいつかなることでしょう。

20221006 7-13.jpg
Kamon
Kamonは元気で動きまわりますが、この丸太が気にいっているようでした。

20221006 7-7.jpg
Kamon
グループの最年長 Ceylon(52歳)のところに来て、お鼻をくっつけていました。


KamonとCeylon
その時の動画です。


Kamonと飼育員さん
飼育員さんがくるとKamonは近寄っていき、体をなぜてもらっていました。

Kamonくんはとてもかわいい元気な男の子です。30年前マックもこのように雌グループの中で大切に育てられたのだと思いました。そして2歳9か月で神戸に来ました。
「Boy(マック)がラッパースビルを出る時はとても寂しかったと思います。もちろん皆さまも。KamonくんがSandry、Kalaya、仲間たち、皆さまと楽しく良い時を過ごすことを願っています。(略)。」
「心のこもったお手紙をいただいて、誠にありがとうございます。(略)。私たちは絶滅危惧種であるアジアゾウの飼育、繁殖に努めて参ります。(略)。」

若い雌が子どもを生んで、グループ全体で子どもを育てていく。子どもを生んでいないゾウさんたちも子育て参加の繁殖の役割があります。層が厚く絆が深い、そうしたゾウのグループ、群れを作ってきたKnie家、100年以上ゾウと共に歩んで来たからだこそだと思います。
今回Kinderzooを訪れて本当に良かったです。少しの滞在でしたが、前回よりずっとたくさん分かったことがありました。上手くまとめられなくて紹介しきれなくて残念です。撮影した動画はYouTubeにアップしていて、写真とともにまた見ていきたいと思っています。

20221006 7-23.jpg
雌のグループとKamon

今年2022年お祝いの年、Kamon誕生、マック30歳、Kinderzoo設立60周年。ラッパースビルを訪れてマックの家族、仲間だったゾウさんたちに会えて本当に良かった、嬉しいです。お天気もよくて最高の一日でした。お手紙のお返事もいただいて、ありがとうございます。Knies Kinderzooの繁栄とゾウさん、動物さんたち、スタッフみなさまの健康と幸せを心から祈っています。


YouTubeに動画
1- Knies Kinderzoo Ma Palaj, Mekong@
2- Knies Kinderzoo Sub, Ceylon, Rani
3- Knies Kinderzoo Thaisim,Sub, Kalaya, Kamon@(
4- Knies Kinderzoo Thaisim,Sub, Kalaya, KamonA(
5- Knies Kinderzoo Kamon, Sandry, Ceylon, Kalaya
6- Knies Kinderzoo Kalaya
7- Knies kinderzoo Kamon, Ceylon, Kalaya, Sandry, Sabu
8- Knies Kinderzoo Kamon, Sandry, Rani, Kalaya
9-Knies Kinderzoo Ma Palaj, MekongA
10- Knies Kinderzoo  Thisiam
11- Knies Kinderzoo Sandry Kamon Thisiam
12- Knies Kinderzoo Kamon Rani Ceylon


ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園・動物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月13日

Daveさんの 「The Sounds of the 70's Radio Show」でレスリーの曲がかかります☆(2022年11月13日 25時〜)

昨日 レスリー(ベイシティローラーズ)の67歳の誕生日記念にスコットランドのDaveさんが番組でレスリーの曲をかけてくださいます。

番組名: The Sounds of the 70's Radio Show
時間:2022年11月13日 25時〜27時 (UKtime 16時〜18時)
放送局:2bays Radio: www.2baysradio.co.uk

20221113 Daveさん.jpg

DaveさんのShang-A-Lang RadioShow の投稿より
On Sundays 1970s Radio show I will be playing some Les Mckeown / Bay City Rollers songs to remember what would have been his birthday on the 12th November. Listen at www.2baysradio.co.uk
posted by jirokayo at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月12日

レスリーの67歳のお誕生日(2022年11月12日)

今日 11月12日はベイシティローラーズのレスリーの67歳の誕生日になります。
そしてTerryさん、ちえみさんのお誕生日ですね。おめでとうございます!!

20221112 Leslie.jpg
2018年2月17日 東京公演


posted by jirokayo at 02:17| Comment(3) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする