2018年11月19日

アロージャズオーケストラ結成60周年記念コンサート、神戸国際会館(2018年11月16日)

11月16日 神戸国際会館で、「アロージャズオーケストラ結成60周年記念コンサート」が開催されました。クラニネットの北村英治さん、トランペットの日野皓正さん、ヴァイオリンに寺井尚子さん、歌手の 渡辺真知子さんがゲスト出演されました。

20181116 concert.jpg

1958年、ピアニスト・北野タダオをリーダーとして、当時、大阪キタの最高級のナイトクラブ「クラブ アロー」の専属バンド「北野タダオ&アロー ジャズ オーケストラ」として結成されました。結成60年! 今も結成当時のメンバーがおられます。残念ながらリーターの北野タダオさんは今年の10月3日に他界されました。
コンサートは4部構成で、それぞれゲストが出てきて、北野タダオ氏追悼に思い出の曲をひとつ演奏しました。トランペッターの日野皓正さんは76歳! クラニネット奏者の北村英治さんは89歳! とのことで、本当に驚きました。音楽の力でしょうか。アローとともに素晴らしい演奏を聴かせていただきました。

アロージャズオーケストラは母が大好きだったので、一度聴きに行きたいと思っていました。とても楽しくて、母も一緒に聴いていてくれているような気がしました。嬉しかったです。
アロージャズオーケストラのライブ、また行きたいです。益々のご活躍をお祈りいたします! ありがとうございました
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 09:50| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

歴史秘話ヒストリア「将軍吉宗のわがまま!?江戸1300km象の旅」☆王子のズゼも登場☆再放送2018年11月17日

歴史秘話ヒストリア「将軍吉宗のわがまま!?江戸1300km象の旅」、2018年11月17日 午前10時5分〜にNHK総合で再放送されます! 初回放送は11月14日でした。番組ホームページ

20181114 tv1.jpg

江戸時代の日本を「享保の改革」で立て直した名将軍・徳川吉宗の時代、ベトナムから日本にやって来た象。長崎から江戸まで1300キロの道のりを歩きながら、日本中に“象フィーバー”をまき起こしました。

20181114 tv4.jpg

動物が大好きだった8代将軍徳川吉宗。江戸城に秘蔵されていた動物図鑑をながめては海外の犬や馬について調べさせていました。なかでも心ひかれたのは象でした!

20181114 tv3.jpg

映像の象は市原ぞうの国のゆめ花ちゃんです。

20181114 tv5.jpg

象が歩いた道。福岡県飯塚市の商店街。

20181114 tv6.jpg

カラクリ時計から象が登場!

20181114 tv10.jpg

長崎から江戸までの象を歩かせるために、21人のお世話係が結成されました。

20181114 tv8.jpg

各藩で象を迎える準備がされ、情報交換が行われました。
映像の象は王子動物園のズゼです!

20181114 tv7.jpg

藩の垣根を超え象を迎えるという目的のために、各藩は垣根を越えて協力しました。日本を統一国家にしたかった吉宗の狙い通りになりました。

20181114 tv16.jpg

各地で人々は象に熱狂し、絵が描かれました。

20181114 tv15.jpg

長崎出発から3か月半、吉宗は象に対面しました。江戸に来て12年間、象は大切に飼育されました。

20181114 tv12.jpg

象の膠(にかわ)で作った墨。象をしのんで奈良の角工房に注文されました。

20181114 tv13.jpg

エンディングは王子動物園が映りました。

20181114 tv14.jpg

ズゼが鼻を上げているところで番組は終わりました。
番組はよくまとまっていて、分かりやすかったです。ゆめ花ちゃんの出演は知っていたのですが、ズゼの映像が出てきて驚きました。とてもうれしかったです

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 02:29| Comment(2) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

「神戸 INK物語」で染めた☆カシミアマフラー☆

「神戸 INK物語」、ナガサワ文具と神戸そごうの限定コラボ商品、カシミアマフラーです。

20181115 m2.jpg

「神戸 INK物語」は現在69色の万年筆インク色があり、その6色を使って、カシミアマフラー・ストールを染めています。このピンクは「須磨離宮ローズ」、須磨離宮公園のバラ園から印象的なピンクローズを再現しています。

20181115 m1.jpg

「水道筋マルシェブルー」。美しい明るい青色です。3つの幅があり、30cm、40cm、50cm で、長さは2mです。

20181115 m4.jpg

神戸の街から「神戸愛」、「文具愛」、「万年筆愛」をベースにKobe INK物語を通じて「新しい手書き文化」を発信する、神戸 INK物語のプロデュースするナガサワ文具のコンセプトです。
神戸 INK物語のホームページ

20181115 m5.jpg

美しい冬の差し色にしたいですね。

ラベル:神戸
posted by jirokayo at 06:26| Comment(2) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

11月13日は印象派が誕生した日、モネ 「印象 日の出」Impression, soleil levant

モネの「印象 日の出」Impression, soleil levant は1872年11月13日に描かれました。この作品で印象派が誕生し、昨日が146年の記念日でした。

k 1280px-Claude_Monet,_Impression,_soleil_levant.jpg

ル・アーヴルで部屋の窓から、霧の中の太陽と、そそり立つ何本かのマストを前景に描いた作品です。

Pierre Schneider氏が作品の説明をしているビデオです。(1971年 パリ・マルモッタン美術館)



posted by jirokayo at 02:30| Comment(0) | フランス語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

ヴィッセル神戸vsサガン鳥栖(2018年11月10日)観戦しました☆

11月10日 ノエビアスタジアムのヴィッセル神戸vsサガン鳥栖戦が観に行きました。

20181110 footboll 1.jpg

ヴィッセルのイニエスタとサガンのトーレスが戦う! ということでチケットは完売、試合開始数時間前から会場周りはとても賑わっていました。

20181110 footboll 12.jpg

ヴィッセル神戸のファンクラブ会員なので優先的にチケットを購入できるのですが、出遅れてヴィッセル側の席は取れず、サガン鳥栖側、ミックスエリアの席になりました。

20181110 footboll 10.jpg

佐賀からもたくさんの方が応援に来られていました。スタジアムに向かうバスの中でも、佐賀の方と一緒でした。

20181110 footboll 11.jpg

サガン鳥栖側だったので、近くでアップしている様子がよく見えました。元スペインで代表のフェルナンド・トーレス、長身で一目で分かりました。

20181110 footboll 2.jpg

キックオフ前にはトーレスとポドルスキーがコイントスのために、中央に行きました。

20181110 footboll 5.jpg
本日の出場メンバー。

20181110 footboll 3.jpg
ヴィッセルのイレブンが記念撮影!

20181110 footboll 4.jpg
サガン鳥栖

20181110 footboll 7.jpg

前半、ヴィッセルは攻め込んでいました。

20181110 footboll 6.jpg

イニエスタ、ポドルスー、トーレス。近くでからんでいました!

20181110 footboll 8.jpg

イニエスタは相変わらず、足にボールがくっついているような素晴らしいプレーでした。トーレスも頑張っていました!

20181110 footboll 9.jpg
後半開始前のイニエスタとトーレス
元スペイン代表同士で戦えて、嬉しかったのではないかと思います!
結果は0-0の引き分けした。お祭りのような大試合を観戦できて、とても嬉しかったです
posted by jirokayo at 10:05| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする