2014年11月30日

イギリスドラマ 「ダウントン・アビー2」、今日11月30日から放送です!

「ダウントン・アビー2」が今日から毎週日曜日 23:00〜 NHK総合で放送されます。
番組のホームページに詳細が掲載されています。

20141130 tv4.jpg
クリックで拡大します。

20141130 tv3.jpg

第一次世界大戦開戦の2年後からドラマは始まります。
すれ違ってしまったメアリーとマシューがどうなるか楽しみです。

20141130 tv2.jpg
ダウントン家の長女、メアリー。莫大な遺産を相続できるのか。

20141130 tv1.jpg
ダウントン家の相続人、マシュー。メアリーに好意を持っていたのだが。。

posted by jirokayo at 11:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「美しき青きドナウ」の歌詞、2007年 NHK「ハイビジョン特集 ハプスブルグ帝国」より

ブルーレィディスクに初めて録画した番組、2007年放送のNHK「ハイビジョン特集 ハプスブルグ帝国」。
三回のシリーズでハプスブルグ帝国の起こりから崩壊までを、マクシミリアン一世、マリア・テレジア、フランツ・ヨーゼフを主人公にして描いた番組。どうやってハプスブルグ家が他民族を率いる大帝国を作っていったのか、本当によく分る。真に迫ってくるように流れる音楽が、帝国の繁栄と悲哀の最高の効果音になっている。

20141130 bl 1.jpg
オーストリア=ハンガリー帝国になったときのハンガリーでの戴冠式の絵

数々のエピソードが紹介されているが、「第3回 美しく青きドナウ」はフランツ・ヨーゼフの統治から帝国崩壊を描いていて、今見るとこれが一番心に残った。
「美しく青きドナウ」は1866年の普墺戦争で大敗し、失望の底に沈んだウィーン市民を慰めるために、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したワルツで、当時は今と違う歌詞がついていた。

美しく青きドナウ
政治家、批評家の先生たちも
分別くさげに輪になって踊る
一見小粋に見えるけれど
そのくせ全然動かない
あの連中のワルツでは
浮いた気分をこわすだけ
どんなに短く楽譜を書いても
いつも調子っぱずれ
休まず踊れ
刹那を上手に利用しろ
幸せは二度と戻ってこない
今日手に入れたものならば
さっさとつかってしまえ
時の経つのははやいもの
喜びのバラはあせるもの
されば踊れよ さあ踊れ

あの美しいワルツにこんな歌詞がついていたとは驚きだ。人々は帝国の落日に向かっていることを知っていた。
10年以上前に私は2回ウィーンを訪れたが、特に好きな街ではなかった。立派で大きな建造物が沢山あって、彫刻がやたら多い。音楽の街だけれど、ワルツは華やかでどうも馴染めない。そんな自分の小さな先入観でしか見ることができなかった。ヨーロッパを周ってきたが、ハプスブルグ家に影響を受けていない国はないように思う。この番組を今見直して、またウィーンに行きたくなった。今度訪れたらもっと違った目で、ハプスブルグ帝国が残したウィーンの街を見れると思う。

ハイビジョン特集 ハプスブルグ帝国
第1回 双頭の鷲(わし)の下に
ハプスブルグ家はもとはスイスの領主だった。15世紀、マクシミリアン一世によって、フランドルの先進的な制度や文化を取り入れ、インスブルックを拠点に繁栄を築いていくまでを描く

20141130 bl 02.JPG

第2回 女帝マリア・テレジア
多くの障害を乗り越えて権威を確立し、シェーンブルン宮殿など絢爛たる文化を花開かせていくとともに、帝都ウィーンを発展させていった過程を描く。

20141130 bl 03.JPG

第3回 美しく青きドナウ
1848年の即位直後から、民族独立運動の台頭にさらされた皇帝フランツ・ヨーゼフが必死に帝国を束ねようとしながら第一次世界大戦に突入、やがて帝国の崩壊を招く過程を追う。皇妃エリザベートや、ウィーンに花開いた新しい文化を交えて描く。

20141130 bl 04.JPG
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 03:32| Comment(12) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

ハンガリー、グドゥルー宮殿-エリザベートが好んだ離宮

ハンガリーを愛したエリザベート(オーストリア皇后)が特に好んだ、ブダペスト郊外の「グドゥルー宮殿」。

20141128 cas 4.jpg

エリザベートが暗殺された後はハプスブルグ家の者がこの城を訪れることもなく、ふたつの世界大戦中は国家元首の別荘として使われた。戦後はソ連兵の兵舎として使われ、一時は廃墟のように荒れはてたが現在は修復作業が続けられ、見学できる箇所が増えている。

20141128 cas 9.jpg
宮殿入り口

大平原トラベルの現地ツアーに参加して、グドゥルー宮殿を訪れた。ガイドのカタリンさんから宮殿について、エリザベートについて沢山の説明を聞いた。2007年に放送されたNHK「ハイビジョン特集 ハプスブルグ帝国」を当時は繰り返し見ていたので、ハプスブルグの歴史はざっくりと覚えていた。

20141128 cas 8.jpg

エリザベートとフランツ・ヨーゼフの母親は姉妹で、二人は従弟だった。親同士はエリザベートの姉とフランツ・ヨーゼフを結婚させる約束をしていたが、顔合わせの場所に後から遅れていったエリザベートをフランツが気にいって、エリザベートを結婚することになった。

20141128 cas 6.jpg
宮殿の礼拝所、今は結婚式にも遣われる。

バイエルンで伸びやかに育ったエリザベートは、堅苦しいウィーンの宮廷生活に耐えられなかった。厳格な姑(叔母)に生活を管理され、子供はあなたには育てられないでしょう、と言われ取り上げられたそうだ。心身共に疲れ果て療養のために旅に出たり、ハンガリーを訪れていた。

20141128 cas 7.jpg
エリザベートの部屋

ハンガリーに自由と安らぎを感じたエリザベートは、ハンガリーの人々の自由への思いも理解する。皇帝フランツにハンガリーに時事権を与えることを進言し、皇帝はそれを受け入れ、オーストリア=ハンガリー二重帝国となった。

20141128 cas 2.jpg
19世紀半ばの宮殿

20141128 cas 5.jpg
皇帝、エリザベートと子供達

20141128 cas 3.jpg
プロシアとの戦争時には病院にもなった。

宮殿の中には大理石でできた部屋がある。マリア・テレジアがブダペストを訪問したときに宿泊した。ブダの王宮に泊まらずグドゥルーに滞在したことを大変名誉に思った城主は、100年間この部屋は使わないと決めたそうだ。ソ連軍の兵舎になったときに、マリア・テレジアやエリザベートが遣ったベッドなどは、マキとして燃やされたそうです。

宮殿内は撮影が禁止されています。

グドゥルー宮殿
Gödöllői Királyi Kastély
Gödöllő, Grassalkovich-kastély, HRSZ: 5852, 2100 Hangary
ホームページ

ラベル:ハンガリー
posted by jirokayo at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンガリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

ハンガリー、ブダペスト国立美術館

ハンガリー旅行を決める前にブックオフで見つけた「La muse ブダペスト国立美術館」、1993年の発売の美術雑誌。中を見て驚いた。ゴヤとドニの絵が美しい!10年前にブダペスト国立美術館を訪れているが、まったく見覚えがないし、雑誌でも見たことがない。現地で小さなガイドブックを買ったと思うが、今手元になくてわからない。まぁ、無理もない。10年前は時間がなくて美術館を走るように回って、夫の好きなエル・グレコの絵を探した。

20141128 painting1.jpg

2014年10月末から2015年2月中旬までブダペスト国立美術館は、「レンブラントとオランダ絵画の黄金時代」を開催している。私達が行った11月6日(木)、特別展は驚くような人が来ていた。プダペストでもこれだけオランダ絵画が人気があるのだと感心した。フェルメールの絵もルーブル美術館、シュテーデル美術館などから4点出品されているが、フェルメールの絵の前に人は居なかった。

20141128 painting7.jpg

常設展はフォトチケットを購入すれば写真が撮れる。が、中欧のフォトチケットシステムをすっかり忘れていて、チケット売り場までの道のりが長く飽きらめることにした。
絵はLa muze からです。

20141128 painting6.jpg
ブリューゲル(父)
洗礼者ヨハネの説教
1566年、95x160.5cm
1912年に美術館は16世紀のフランドルの巨匠、ブリューゲルの絵の寄贈を受けた。

20141128 painting2.jpg
エル・グレコ
オリーブの園での祈り
1610〜14年、170x112.5cm

グレコは良い作品が何点ある。グレコ好きの夫はうれしそうだった。

20141128 painting3.jpg
ゴヤ
水汲み少女
1810年、68x50.5cm
マドリードの宮廷画家として活躍した後、市井の人々の生活を描いた傑作を数多く残している。
この作品は労働者のたくましい生命力を讃えている。

20141128 painting4.jpg
ドニ
母の喜び
1895年、81x65cm
芸術は精神の創造物である、という理念を貫き人間の内面を表現する絵画を追及したドニ。
25歳の時のこの作品は豊かな母性に溢れている。

20141128 painting5.jpg
マネ
ジャンヌ・デュヴァルの肖像
1853年、90x113cm
詩人ボードレールの愛人、創作の源になった女性。「黒い悪女」と言われた女性をマネは荒々しく冷ややかな魅力を描いている。

ブダペスト国立美術館
Budapest, Dózsa György út 41, 1146 Hungary
公式サイト
ラベル:ハンガリー 美術
posted by jirokayo at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンガリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

スロヴァキア、ブラチスラヴァの思い出(2004年12月)

スロヴァキアの首都ブラチスラヴァ、今月7日にブダペストから日帰りで訪れた。大平原トラベルの現地ツアーで、列車の切符、ガイドを手配してくれる。(スロヴァキア旅行記

ブラチスラヴァは2回目。2004年12月にプラハからブダペストに行くツアーで、途中昼食のためにブラチスラヴァに立ち寄った。食後少し自由時間があったので町を散策した。ドナウ川に沿った道をブラチスラヴァ城の麓を目指して歩いただけだったが、不思議なぐらい楽しかった。

12月でクリスマスマーケットの屋台が並んでいて、欲しいものがあった。バスの中でチェコとスロヴァキアのお金は5:3で、1対1なら販売してくれるかもしれない、と教えてもらっていた。「あれが欲しい」と、東方三博士の礼拝の壁掛を指差した。表示されている価格より持っているチェココルナの方が少なかったが、「これだけしかない」、とお金を見せた。「いいよ」、と長身のハンサムなお兄さんは気持ちよく売ってくれた。これで楽しさ倍増したのかもしれない。

20141127 bura1.jpg
クリスマスオブジェのマーケット

20141127 bura2.jpg
東方三博士の礼拝、別宅に飾ってあります。

20141127 bura4.jpg
ドナウ川沿いの道

20141127 bura3.jpg
ブラチスラヴァ城、修復前で壁は茶色

20141127 bura5.jpg
12月のブラチスラヴァ、寒かったけどとても楽しかったです。


posted by jirokayo at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スロヴァキア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする