2015年09月30日

日本語訳です!A BBC Rollermania: Britain's Biggest Boy Band☆

9月20日 BBCのRollermania Britain's Biggest Boy Bandの日本語訳の第二弾です!6分47秒〜10分28秒までです。送っていただいたお友達に感謝します。ありがとうございます!!



日本語訳@はここをクリックしてください。

(6分47秒からです)
レスリー:『1973年のある夜、タムが「バンドにシンガーが必要なんだ」と言ったんだ。「バンドはベイシティローラーズだょ。」と。僕が「なぜ?」と聞いたら「シンガーが脱退したから」とタムが言ったんだょ。』
デレク:『タムはレスが他のバンドでライブをしているのを見たことがあったんだ。タムはレスを僕等のバンドに取り込むのに夢中だったんだょ。でも、タムは人や物事を巧みに操作したり操る人物だった。』
レスリー:『「本格的なアウトフィットで、ローラーズは独特なギアを着ている。独自の報酬(給料)があって、roadie(車かな〜?バイクかな〜?全く違うかなあせあせ (飛び散る汗))も有るんだ。ローラーズはたくさんライブもやっているし、君に週に10ポンド(感覚的に2000円ちょっとかな)を支払うょ。」とタムが言ったんだ。どうしてそれを僕がNOって言う?(笑)…それで僕はローラーズに入ろうと決めたんだ。
フィル:『レスリーは本当に素晴らしい歌唱力だ。彼が全ての状況を一変させてくれたんだ。』

ロングミュアー兄弟と、ギタリストのエリック・フォークナーに加え、ニューフェイス の16歳のスチュワート・ウッドが加わりました。
ウッディー:『僕は本当に驚いたんだ!え?なに?ローラーズに参加?なに?ってね。だって、一年かそこらしかギターを弾いてなかったんだ。たぶん…5つか6つのギターのコードしか知らなかったんだからね。』

一番伝統的なラインナップで(今までのローラーズの曲で一番人気があった色んな曲の事かな ?)、レスリーが歌を覚えて、ボーカル部分が再録音されました。
レスリー:『ローラーズは家に僕を連れて行って、ピアノを弾いて、僕に合ったキー(音域)を探して、僕が歌えるようにしたんだょ。』
ビル:『シャング・ア・ラングが僕が一番好きな曲だょ。』
フィル:『ドック、ドン、ドン、ドン…』
レスリー:『ダダダダ、アンアン、カットァ』
フィル:『とても力強い鼓動のようなものだったょ。』
レスリー:『「レス、僕の言っている事が分かるかい?バンバンと手を叩くんだ。」ってね。』
ビル:『僕等はハンドルのついた2つのボードを持ってクラッパーみたいに使ったものだょ。凄い音が出たんだ。誰もそんな音を出したことが、かつてなかったんだ。』
ビル:『僕の母は、もし僕が汚い言葉を話すと僕を叩いたんだょ。汚い言葉を使うのは許されなかった。それで僕は“シャング・ア・ラング”と言うことにしたんだょ。母が「なに?それ…」と聞いてきたので、僕は「自分の汚い言葉を止めさせるためにただ言っている言葉だょ。」と答えた。で、それを聞いたフィルが「それ、使おうょ!」と言ったんだょ。』
フィル:(シャング・ア・ラングを口ずさむ)
『ゴーバンやグラスゴーには当時、たくさんのギャング(不良少年グループ)がいたんだ。たくさんね。カミソリのギャング、ブルーのスウェードの靴のギャング…とか。』
フィル:『シャング・ア・ラングはプュアだったょ。純粋な五十年代の。』
ビル:『ポップスのピュレをぐるぐるかき混ぜたようなものだった。』
作家 スチュワート・コスグローブ:『彼等は学校のラグビーのチームの人たちと走っていなかった。彼等はギャング(不良少年グループ)と走っていた。彼等が関わっていたギャングは彼等の身近なギャングだった。スコットランドの工業の労働者階級のギャングだった…。60〜70年代始めのギャング。シャング・ア・ラングは、とてもパワフルな曲だったよ。』
曲:シャング・ア・ラング
ビル:『ローラーズのシャング・ア・ラングはスコットランドの国民的な聖歌、賛歌になるべきだょ。Dirge of Scotlandよりずっと良いょ。Dirge of Scotlandは、とてもくだらない。』
1974年にリリースされたシャング・ア・ラングはチャートの2位まで登りつめました。
それはロケットのような現状でした。
タムがローラーズの英国コンサートツアーを入れた事で、彼等のチャートでの成功は決定付けられました 。
(6分47秒〜10分28秒)
posted by jirokayo at 22:43| Comment(7) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベイシティローラーズ特集(9月30日)、リクエストはBCRアドレスへ!

9月30日 24時からスコットランド放送局、Buchan Community Radioでベイシティローラーズの特集があります。リクエストはラジオ局まで!!
リクエスト先: requests@bcrfm.com
Buchan Community Radio:http://www.bcrfm.com/

--------------------------------------------
追記(10月1日 2:15)
昨夜は日本の方からのリクエストたくさんかかりました。ハルミさん“Love Me Like I Love You”、ヒロさんの “Let's pretend”、お名前が違ったらすいません。ayumiさんの“Love Power”、yumikoさんの“I Only Want To Be With You”、Miyukiさんの“Rock'n Roller”が聞けました。心のこもったメッセージも、ありがとうございましたぴかぴか(新しい) 
前半でプロデューサーのAnneさんが、ローラーズの再結成を祝ってローラーズの曲は終わらないと言われ、Don't Let The Music Dieをリクエストされました。
番組中にレスリーがライブビデオを流していて、私は見てませんがRonnieさんは長い中継だったと言ってました。
posted by jirokayo at 19:12| Comment(4) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ映画「飛ぶ教室」Das fliegende Klassenzimmer

ドイツ映画を検索したら、「飛ぶ教室」Das fliegende Klassenzimmer(2003年公開)が出てきた。「二人のロッテ」の児童文学作家、エーリッヒ・ケストナーの作品を映画化している。

20150930 film2.JPG

物語が進むにつれて引き込まれて見入ってしまった。主人公ヨナタンと4人のルームメイトの奇想天外な行動と友情は、大人達の人生も変えてしまう。「二人のロッテ」を見たときも思ったが、ドイツの児童文学作品、ひたむきな子供達の行動をあたたかく元気に描いていて、すがすがしい気持ちになり心に残る。

20150930 film1.JPG

あらすじ(Wikipediaよ)
ドイツのライプツィヒの少年合唱団で有名な聖トーマス校の寄宿舎に入ることになった、少年ヨナタン。しかし彼には寄宿学校を6つも替え、いずれも逃げ出したという前歴があった。今度こそは、とヨナタンの養父である「船長」と約束したが、やはりここも長くはいられないと感じるヨナタン。しかし、合唱団の指揮者であるベク‘正義’先生は優しくとても理解がある先生で、ルームメイトのマルティン、マッツ、ウリー、セバスティアンの4人たちとも意気投合し、次第にヨナタンはここが大好きになった。しかし、この学校には優等生であるマルティン等の「寄宿生」とモナをはじめとする「通学生」との抗争があり、新入生であるヨナタンもいろいろな事件に巻き込まれ……

ラベル:ドイツ語 映画
posted by jirokayo at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

レスリーの She's A Lady、ドイツのヒットパレード(1988年)

お友達からいただいたビデオにレスリーのソロ曲、 She's A Ladyが入ってました。司会者がドイツ語を話しているのに反応して画面を見入ったら、演奏中の映像効果が楽しく好みにあいました。もちろん曲も素敵です。レスリーのソロ時代を知らないのでとても新鮮に感じます。ありがとうござました!




posted by jirokayo at 23:57| Comment(10) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows8.1からWindows10にアップグレード

パソコン好きで何台も使っている。用途で使い分けているが、Windows8.1のパソコンは慣れなくていつも舌打ちしそうになっていた。マイクロソフトが無償でアップグレードサービスを行っていて、パソコンを起動するとWindows10へのアップグレードを促すメッセージが表示される。アップグレードには順番があるようで、Windows7のパソコンにはいち早くメッセージが表示された。私のWindows8.1パソコンに表示が出たのは昨日だった。使いこんでないので失うものはない、少しでも使いやすくなるはずだ、とすぐにアップグレードした。

20150929 windows10.JPG
Windows10のディスクトップ
操作はWindows7と8.1を混ぜたようになっていて、違和感なく使える。

20150929 eage.JPG

ブラウザが“Internet Explorer”から“Ege”に変わっているが、アイコンが似ているので気が付かなかった。スクリーンショットを任意の領域で取れ編集して保存する機能があって、使いこなせれば便利だ。Windows8.1でワードパット(テキスト編集ソフト)が複数起動できなくて不便だったのが、それは出来るようになている。それだけでもアップグレードしてよかった。Windows7はそのまま使うつもりです。

posted by jirokayo at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする