2016年03月31日

パット、59歳のお誕生日、おめでとう!!

今日3月31日はベイシティローラーズのメンバーだった、パット・マッグリンの59歳の誕生日です。おめでとうございます!!

20160331 pat1.jpg

お人形のようにかわいかったパット。

20160331 pat2.jpg

今はもう59歳です。素敵な誕生日をご家族と過ごせますように! 幸せな一年になりますように!

posted by jirokayo at 21:47| Comment(9) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レ・ミゼラブルの新潮社初版本-la édition ancienne les Misérables en japonais.

14回目のフランス語文です。ベルギーで起こったテロ事件の2日前に夫の実家で古い本を見つけた話です。いつものようにフランス語文を意訳しています。フランス語の先生にお世話になっています。ありがとうございます。
----------------------------------------------------------------
先週ブリュッセル、ヨーロッパの首都(EU本部がある)がテロリストに攻撃されました。小便小僧とチョコレート、たくさんの種類のビールがある穏やかな国だったのに、そう考えると本当に悲しいです。
私は今まで5回ブリュッセルを訪れ、最後が2015年、ワーテルローの戦い200年記念を観るためのものでした。ワーテルローに出発する前に、ビクトル・ユーゴが住んでいたグランプラスの建物をガイドが案内してくれました。ユーゴはたびたびワーテルローに行き、「戦い」のリサーチしていたそうです。この頃は「戦い」の生存者がいて、ユーゴは沢山のことを調査できたそうです。そして「レ・ミゼラブル」の「ワーテルロー」の章を書きました。このことを聞いてから、私はその「ワーテルロー」の章だけをずっと読みたいと思っていました。レ・ミゼラブルは分厚い本で全てを読むのは私には無理だからです。

最近住むものが居なくなった夫の実家を整理しています。応接間の本棚の中から古い本を見つけました。レ・ミゼラブル! 新潮社が1927年(昭和2年)に出版した初版のものです。最後のページに「岩井蔵書」という印が押してあります。夫と同様に両親も本を読むのが好きだったのです。
私はすぐにワーテルローの章を探し見つけました。でも読むのに苦労しました。小さな字、古い漢字を使っています。描写がこと細かに書かれてあります。ユーゴの書くことへの情熱を十分感じ取ることができました。全体の半分も理解できなかったですが。。いくつかの事柄が印象に残りました。死体がたくさん放り込まれた井戸、火事で燃えなかったキリストの木の像、等です。
いつかフランス語でこの章を読みたいと思います。そしてたくさんの豊かなものを残してくれた両親に感謝いたします。

La semaine dernière Bruxelles, la capitale de l'Europe a été attaquée par des terroristes. Je suis vraiment triste car la Belgique était un pays tranquille, le pays du Maneken Piss, du chocolatiers et de nombreuses sortes de bières.
J'y suis allée cinq fois et le dernier séjour, c'était pour assister au bicentenaire de la Bataille de Waterloo, en 2015. Avant d'aller à Waterloo, notre guide nous a montré le bâtiment sur la Grand-Place où Victor Hugo habitait. Le guide nous a dit que Hugo est souvent allé à Waterloo pour enquêter sur la bataille. À son époque il y avait encore des survivants de la bataille. Hugo a beaucoup appris d'eux avant d'écrire le chapitre sur Waterloo dans Les Misérables. Après notre visite sur la Grand-Place de Bruxelles, je voulais lire ce chapitre des Misérables, dont l'épaisseur me rebute.

Récemment nous faisons du tri dans les affaires de mes beaux parents, la maison étant maintenant inhabitée. J'ai trouvé une édition ancienne les Misérables dans un meuble. C'est la première édition en japonais, publiée en 1927 par Shinchosha.

20160328 libre1.jpg

Sur la dernière page il y a un sceau, 岩井蔵書 qui veut dire que ce livre fait partie de la collection de la famille Iwai (nom de famille). Mes beaux parents aimaient lire autant que mon mari.

20160328 libre2.jpg

J'ai cherché le chapitre Waterloo et l'ai trouvé tout de suite.

20160328 libre4.jpg

Mais la lecture était un peu laborieuse car le style est vieillot et les caractères sont petits. Les descriptions sont très détaillées. On ressent la passion qui animait Hugo quand il a écrit son roman, même si je n'ai pas bien compris la moitié du chapitre. Plusieurs éléments m'ont impressionnée, un puits dans lequel beaucoup de cadavres ont été jetés, une statue du Christ en bois ayant résisté au feu dans une église pourtant ravagée par un incendie...

20160328 libre3.jpg

Un jour je voudrais lire ce chapitre en français. Et je remercie mes beaux parents qui nous ont laissé tant de trésors.

ラベル:en français
posted by jirokayo at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

Buchan Community Radioのベイシティローラーズ特集

今夜、3月30日 24時-26時まで、スコットランドBuchan Cummunity Radioでベイシティローラーズ特集があります。Anneさんプロデュース、RonnieさんがDJです。

Buchan Cummunity Radio
http://www.bcrfm.com/
http://tunein.com/radio/Buchan-Community-Radio-s198787/

20160330 bcr radio.jpg

今日はレスリーとペコさんの結婚記念日です。おめでとうございます!! いつまでも仲良くお幸せに
posted by jirokayo at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

映画 「リリーのすべて」

映画「リリーのすべて」原題:THE DANISH GIRL(2015制作)をミント神戸で観た。春休みのレディースディ、子供連れで大賑わいのシネコン、席を予約して飲み物持参で行って正解だった。少し落ち着いたので久しぶりに映画館に行きたくなり上演時間をみたらこの作品になったが、デンマークの画家の話、ということでぜひ観たくなった。

20160329 film4.JPG

コペンハーゲンの美しい街並と伝統的な建物が背景で、画家夫婦が住むアパートは簡素でいて品があり、デンマーク画家ハンマースホイの絵から抜け出たような部屋だった。パリやドレスデンと場面が変わり同様に撮影は美しい。女性化していく夫を見守る妻、決してこの時代に理解されなかったことを妻は許していく。夫婦のお互いを思いやる強い愛情、自然と涙があふれました。

20160329 film1.JPG

性同一障害に苦しむアイナー(リリー)を演じるトム・フーパー。繊細で切ない演技、アカデミー主演男優賞にノミネートされました。

20160329 film3.JPG

この作品のアイナーの妻役で、アカデミー賞の助演女優賞を獲得したスウェーデン人のアリシア・ビカンダー。素晴らしかったです。

20160329 book2.JPG

シネマトゥディの解説
世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。メガホンを取るのは、第83回アカデミー賞の4部門で受賞した『英国王のスピーチ』などのトム・フーパー。性別違和に苦悩する主人公には『博士と彼女のセオリー』でオスカー俳優となったエディ・レッドメイン、一番の理解者として夫を支え続けた妻を『コードネーム U.N.C.L.E.』などのアリシア・ヴィキャンデルが演じる。共演にはベン・ウィショー、マティアス・スーナールツらがそろう。


リリーのすべての公式サイト

posted by jirokayo at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 「スタンド・バイ・ミー」1986製作

映画「スタンド・バイ・ミー」、1986年製作のアメリカ映画。スティーヴン・キングの非ホラー短編で原題はTHE BODY「死体」。1986年製作で日本でも話題になり、私も友人と観にいった。4人の少年の冒険物語、筋は忘れてしまったが、最後はジーンと感動した覚えがある。昨日録画したものを中盤早送りで最初と最後の10分を観た。それだけでもこの映画のヒットの理由がわかった。4人の少年達が良い。特にクリスを演じるリヴァー・フェニックスの際立つ存在である。この映画の6年後、23歳の若さで亡くなってしまったリヴァー・フェニックス、映画の話と重なってエンディングの「スタンド・バイ・ミー」はより切なく聞こえた。



ベン・E・キングが歌う「スタンド・バイ・ミー」1の主題歌はリバイバルヒットしました。
ラベル:映画 音楽
posted by jirokayo at 01:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする