2016年05月31日

「私を泣かせてください」ヘンデル歌劇「リナルド」のアリア

今日ベルギー映画「神様メール」を観ました。詳細記事は後にして、映画に使われていた曲、ヘンデル作曲「リナルド」のアリア、「私を泣かせて下さい」に感動しました。


ヘンデル:歌劇「リナルド」第2幕 第4場 アリア Lascia ch'io pianga

Lascia ch'io pianga
mia cruda sorte,
e che sospiri la libertà.
Il duolo infranga queste ritorte
de' miei martiri sol per pietà.

どうか泣くのをお許しください
この過酷な運命に
どうか自由にあこがれることをお許しください
わが悲しみは、打ち続く受難に鎖されたまま
憐れみさえも受けられないのであれば
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

Where Are They Now? The Reunions、英国番組でベイシティローラーズ・ドキュメンタリー

5月29日、英国itvの“Where Are They Now? The Reunions”という番組で、ベイシティローラーズのドキュメンタリーも放送されました。日本では見れないのですが、内容が番組のサイトに掲載されていました。
「今回の再結成がベイシティローラーズ、最後の章になるだろう」、とウッディが言っているのが印象的です。

20160529 tv.JPG

Where Are They Now? The Reunions
The Bay City Rollers
In the Seventies, the Bay City Rollers were the biggest thing in the charts since the Beatles, as Rollermania gripped the UK. The show joins the band in Edinburgh as they play an emotional comeback gig in their home city.
Bassist Alan Longmuir says: “We never realised how big it was going to be, we were just a wee band, it was great”.
However, after three years and nine top ten hits, the Bay City Rollers hit a dip and although to the outside world they were superstar millionaires, this was not the case for the five boys from Edinburgh.
The Bay City Rollers were in a dispute with their record label after they claimed they were owed millions of pounds in unpaid royalties. Speaking of the bands downfall, singer Les McKeown says: “It was a disaster, we all dried up. The payments from my house stopped and the next thing people were throwing me and my family out on the street, I had no money at all”.
By the mid 80’s, the band was no more. While drummer Derek Longmuir became a cardiologist, brother Alan fell back on the handyman skills he had learnt prior to finding fame.
Guitarist Eric Faulkner continues to perform and Stuart Wood also decided to stay in the music industry. Reflecting on his career, Stuart says: “I’ve never stopped playing music or been involved in the music industry, I’ve got a record label and I am always recording, I couldn’t do anything else”.
Singer Les McKeown decided to make a comeback in the early 80’s, however his attempts at forming a solo career were hampered by his personal struggles. Speaking of his experience, Les says: “I just went in to a kind of free-fall period, too much drinking which turned into extreme too much drinking, I barely got a good review back then and people just wouldn’t ever bother writing about you”.
After seeing a doctor, Les was informed he would not live until the end of the year, so he made the conscious decision to overcome his addictions. Les says: “I went to rehab and that’s the best decision I made, I stayed there for four and half months and got myself back together again”.
Life is very different now for the teen sensations from Edinburgh. However, last November a reunion was finally confirmed. Les, Alan and Stuart make their way to a venue in Edinburgh to play their comeback gig – it’s not just the band that are reliving their teenage years though as they are greeted by some dedicated fans. Guitarist Stuart says: “I think it was always going to happen and it just seemed the right time to do it, almost like the last chapter of the Bay City Rollers”.
posted by jirokayo at 11:47| Comment(6) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「エンド・オブ・キングダム」 を観て

映画「エンド・オブ・キングダム」原題:LONDON HAS FALLEN を観に行きました。

20160529 film london has hallen.JPG

シークレットサービス、マイク(ジェラルド・バトラー)が主役で、非情で無数の敵からアメリカ大統領を守る。前作の「エンド・オブ・ホワイトハウス」から規模、恐ろしさがバージョンアップしていて、ロンドンの街がボロボロにされてしまう。怖かった。ここまで極端でないにしても、いつか似たようなことが起こるかもしれない。簡単にセキュリティーを破り機密情報にアクセスできるシーンの映画が多い。どんなに備えても次から次えと破られ進化していく。敵を抑制するために最強武器は必要なのかと、オバマ大統領広島訪問の演説を思い出した。

関連記事;二郎余話 新「映画・エンド・オブ・キングダム」
エンド・オブ・キングダムの公式サイト


posted by jirokayo at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

昼下がりのモーツァルト、「カメラータ・シュルツ・ウィーン」

5月25日、兵庫県立芸術文化センターで「カメラータ・シュルツ・ウィーン 昼下がりのモーツァルト」が催されました。

20160525 concert.JPG

管弦楽 :カメラータ・シュルツ・ウィーン
クラリネット:アンドレアス・オッテンザマー
<オール・モーツァルト・プログラム>
レクイエム ニ短調 K.626より(ピーター・リヒテンタール編曲の弦楽四重奏版に基づく弦楽合奏版)
〜イントロイトゥス/キリエ/ディエス・イレ/トゥーバ・ミルム/レックス・トレメンデ・レコルダーレ/                            コンフターティス/ラクリモーザ(8小節目まで)
クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
交響曲 第40番 ト短調 K.550
[アンコール]
ヴィネル:2つの楽章より 第2楽章
ヨハン・シュトラウス:ラデツキー行進曲


演奏の前に指揮者が曲を通訳付きで説明してくれ、わかりやすかったです。室内楽オーケストラ、少人数の豊かな音は心地よく響きました。クラリネット奏者のアンドレアス・オッテンザマーさんは、天才であり、容姿も美しく観客をひきつけました。 演奏後のサイン会は女性で盛り上がっていました。迷ったのですが私はサイン会に行きませんでした。
2016年はモーツァルトの生誕260年です。いつでもどこかで流れているモーツアルトの曲を、じっくりと聴くことができて良かったです。

ウィーンの名門シュルツ家率いる室内オーケストラ「カメラータ・シュルツ・ウィーン」と、弱冠21歳でベルリン・フィルの首席に就任した天才クラリネット奏者アンドレアス・オッテンザマー。その両者の共演で聴く、モーツァルトのクラリネット協奏曲は、モーツァルト最晩年に書かれたとされる、唯一のクラリネット協奏曲であり、快活な中にも哀しい美しさが秘められた傑作です。冒頭には、モーツァルト最後の楽曲「レクイエム」を、そして締めくくりは、交響曲の中でも人気の高い第40番で、華やかに。(主催者サイトより)
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

オスロのノーベル平和センター(2013年10月)

ノルウェーのオスロにノーベル平和センターがあります。
ノーベル賞はスウェーデンで授賞式が催されますが、平和賞だけはこのオスロ市庁舎で行こなわれます。

20160527 novel piece4.jpg

市長舎のホール、絵が描かれています。

20160527 novel piece6.jpg

2009年、オバマ大統領の「核なき世界」に向けた国際社会への働きかけを評価され平和賞を受賞しました。

20160527 novel piece2.JPG

オスロ市庁舎の近くにノーベル平和センターがあります。

20160527 novel piece2.jpg

チケットは平和賞受賞者の名前を書いたシール。

20160527 novel piece5.jpg
2000年 金大中氏。 1999年 国境なき医師団(仏: Médecins sans frontières)は、1971年にフランスの医師とジャーナリストのグループによって作られた非政府組織 (NGO)

大きな部屋に葦のような先にタブレットがついたものが並んでいる。受賞者の紹介、神秘的な雰囲気の中で診れました。

20160527 novel piece3.jpg

オバマ大統領、ワンガリ・マータイさんが目に留まりました。

20160527 novel piece1.JPG

オスロ、世界に平和の見本を見せてくれているような、穏やかな街でした。

ノーベル平和センターのサイト

posted by jirokayo at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする