2018年09月30日

10月2日 神戸王子動物園は入園無料です☆

10月2日(火)、神戸王子動物園は入園料が無料になります。「KOBE観光の日」が10月3日(水)なのですが、動物園は休園日なので前日をフリーディにするそうです。

本日9月30日(日)は台風24号のため臨時休園になりました。

20180929 f blog1.jpg
タンタン
雨降りなのにタンタンの前にはたくさんの人がいました。

20180929 f blog2.jpg
シベリアオオヤマネコのアル
昨日は象以外の動物も少し見にいきました。

20180929 f blog4.jpg
カピバラの女子たち。

20180929 f blog3.jpg
出目男
カバの池のまわり、私だけでした。

20180927 f zuze blog1.jpg
ズゼ
お水のボタンをタッチしています。

王子動物園の公式サイト


ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 11:06| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

2024EUROはドイツに決定。ラーム氏「欧州全土で一緒にお祭りを盛り上げたい」(Footboll Channel)

2024年のEURO大会の開催地がドイツに決まったそうです!

2024EUROはドイツに決定。ラーム氏「欧州全土で一緒にお祭りを盛り上げたい」
Footboll Channel 2018年09月28日(Fri)7時40分配信

20180928_lahm_getty-560x373.jpg

現地時間27日、欧州サッカー連盟(UEFA)はスイスのニヨンで理事会を開き、2024年の欧州選手権(EURO)をドイツで開催する事を決めた。
ドイツサッカー協会(DFB)のラインハルト・グリンデル会長は「UEFAが我々にシンランを置いてくれたことに関して感謝している。期待に応えられるように全力を尽くしたい」と喜びを語った。
またアンバサダーとして誘致活動をしていた元ドイツ代表のフィリップ・ラーム氏は「我々は素晴らしいスタジアムやサッカーを愛するサポーターを持っている。また欧州の全ての国と一緒にこの大きなお祭りを盛り上げたい」と2006年のワールドカップ以来のビッグイベントを今から心待ちにしているようだ。
ドイツの他にトルコが立候補していたが1988年大会以来2度目の開催地に選ばれた。なおベルリン、ミュンヘン、ケルンなど10都市で51試合が予定されている。
ラベル:ドイツ
posted by jirokayo at 01:32| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

台風の備え,Amazonに注文

大型台風24号が迫っています。21号の時に停電、断水が起こり、たった4時間だけでも不自由でした。備えなければと思い、あわててAmazonで、携帯電話用のバッテリー、懐中電灯、携帯ラジオ、小さなヤカンを注文しました。水はペットボトルの買い置きがあります。
どうか大きな被害が出ませんように。みなさん、どうぞお気を付けてお過ごしください。
posted by jirokayo at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

2019年 ラグビーワールドカップのチケット応募しました☆

9月19日〜11月12日まで、2019年 ラグビーワールドカップのチケット一般抽選販売されます。神戸は御崎公園球戯場で4試合が開催されるので、9月30日のスコットランドvsサモア戦を応募しました。抽選に当たりますように!!

20180927 rugby.JPG

2019年 ラグビーワールドカップの日程表
チケット購入サイト
ラベル:ラグビー
posted by jirokayo at 23:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

ズゼ(象さん)の絵を描いたバック、買いました☆

ペットの絵を描けるバック、財布などを神戸そごうで販売していました。見本は猫や犬だったのですが、象も描けるということだったので、王子動物園のズゼの絵を描いてもらいました。

20180926 sac zuze.jpg

鞄は布製でポケットの部分がレザーで、そこにテキスタイル用の絵具を使って描いてもらいます。

20180926 sac zuze2.jpg

絵のもとになった写真です。背景はズゼが幸せな場所にしてほしい、ということでアジアの森の中になっています。瞳は赤っぽい色にしていただきました。

20180926 sac zuze foto.jpg

気に入っているのですが、もったいなくて使えません。作家さんからまたご案内を送ってくださるそうです。
ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 15:25| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

忍たま乱太郎OP「勇気100%」-光GENJI バージョン☆

今日たまたま見ていた、NHK「うたコン」は「映画・ドラマ名場面ヒット曲集」、アニメ忍たま乱太郎の「勇気100%」を聞きました。可愛いこのアニメと、元気がでるこのオープニング曲が大好きです。



  
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 21:27| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

映画「ヒトラーへの285枚の葉書」

映画「ヒトラーへの285枚の葉書」を録画で観ました。原作はドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録をもとに執筆した小説「ベルリンに一人死す」Jeder stirbt fur sich allein。映画は Alone in Berlin がタイトルの英語劇です。ペンと葉書を武器にナチス政権に抵抗したドイツ人夫婦の話で、主演は夫婦役にブレンダン・グリーソンとエマ・トンプソン、刑事役にダニエル・ブリュール。

20180920 film1.jpg

冒頭に兵士が追い詰められて森の中で亡くなる。最後の兵士の目線、高い木々と太陽の光を追う、その映像美しくてこのストーリーは何なのか? どうなるのか?と興味深くなりました。タイトルと俳優名に魅かれて録画をしただけで、内容は全く知らなかったのです。

20180920 film2.jpg

息子の戦死を聞いて落胆する夫妻。悲しみに暮れた日々に、夫がヒトラーに対する批判を綴ったポストカードを、密かに街中に置く。ささやかな活動を続けることで2人は生きる意味を見出していく。

20180920 film3.jpg

実力派俳優の演技に静かに感動しました。
WOWOWの7月8日の放送でした。良い映画が見れてよかったです。

ラベル:映画
posted by jirokayo at 23:09| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

ナポレオンの結婚式のケーキ☆「ガトー・ド・コンピエーニュ」

フランス大使館のツィートです。パイナップルとさくらんぼが可愛いケーキ、「ガトー・ド・コンピエーニュ」、美味しそうです。
レシピのサイト:Gâteau de compiègne





posted by jirokayo at 23:32| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

フランスパンの神様、フィリップ・ビゴさんが旅立たれました。

芦屋に本店があるフランスパン店「ビゴ」、美味しいバゲットで有名の人気店で、神戸、西宮、宝塚にも店舗があります。創業者のフィリップ・ビゴさんがお亡くなりになりました。
フランス大使からのお悔やみです。

20180919 ビゴ.png

NHKのWEBニュースです。



ビゴのバゲットをよく買っていました。美味しいです。
ビゴさん、美味しいフランスパンを日本に広めていただいて、ありがとうございました。どうぞ安らかにお休みになってください。

ラベル:フランス グルメ
posted by jirokayo at 21:14| Comment(2) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

「アムラン ショパンピアノ協奏曲1番&2番」-シンフォニーホール(2018年9月14日)

シャルル・リシャール=アルマン氏と大阪交響楽団の「ショパンピアノ協奏曲1番&2番」、9月14日 シンフォニーホールに聴きに行きました。

20180914 concert.JPG

[指揮]佐藤俊太郎
[ピアノ]シャルル・リシャール=アムラン
[管弦楽]大阪交響楽団
ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 op.11
ショパン:ピアノ協奏曲 第2番 へ短調 op.21
アンコール
ショパン:ノクターン20番 遺作


前半に協奏曲 第2月番が演奏されました。1829年の秋、ショパンが19歳の時に完成し、第1番より先に作られました。初恋の人への恋心が描かれ、ロマンティックな情念と創意にあふれた作品。アムラン氏は「ハートブレイキングな印象があり、とても美しい」と語っています。
後半の協奏曲 第1番は壮大なオーケストラの序奏に、ピアノが甘美で華やかな旋律を奏でます。1830年の秋、ショパンの告別演奏会でショパン自身のピアノで初演されました。愛する人への想いを打ち明けることなく、一か月後にショパンは祖国ポーランドを離れました。

アムラン氏の手元がよく見える、2階の最前列の中央で美しく切ないショパンを聴き入っていました。アムラン氏は2015年のショパン国際ピアノ・コンクールで第2位と同時にクリスチャン・ツィメルマン賞(ベスト・ソナタ賞)を受賞し、一躍世界の楽壇に登場。リリースしたアルバムは世界中から高い評価を受けていて、日本には今回が6度目の来日になります。今年1月、5月、この9月と私も3度、聴かせていただきました。1月にコンサート後にアムラン氏とレストランで偶然お会いすることができ、その気さくで優しいお人柄に感動しました。奏でる音は内面から出るのだと、納得しました。素晴らしい演奏を何度でも聴きたいです。次も関西で公演がありますように。。


posted by jirokayo at 23:59| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする