2018年11月11日

ブログのドメインアドレスが変わりました! Kayokosdiary.net です☆

ブログのドメイン・アドレスが変変わりました。
新しいドメインアドレス
http://kayokosdiary.net
どうぞよろしくお願いいたします。

kayokodiary.net → kayokosdiary.net
sが増えています!
ドメインの更新手続を忘れていて、失効してしまいました。
お手数おかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


posted by jirokayo at 23:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

スコットランドからの贈りもの「タータン展」ー神戸ファッション美術館

11月11日まで神戸ファッション美術館で開催されている、「-スコットランドからの贈りもの- タータン展」に行きました。

20181109 musee8.jpg

会期終了の3日前になり、あわてて行きました。
偶然エレベーターで一緒になった女性に、「招待券があまっているから」、と言っていただきました。ありがとうございます!!

20181109 musee12.jpg

展示品の撮影はできないので、詳細はサッシと公式サイトを参照ください。ファッション美術館 タータン展

20181109 musee1.jpg

展示構成
第1章  「タータンとは」     タータンの製造工程の解説
第2章  「タータンの受難と復興」 19世紀の風刺画家ジョン・ケイの作品などから歴史をひも解きます。
第3章  「タータンの種類」    門外不出とされる王室専用など、目的や用途によって分類されるタータン各種を紹介
第4章  「多様化するタータン」  伝統を守りながら新しい試みをなす現代作品
第5章  「タータンと日本」    日本人とタータンの関わり
関連展示 「神戸タータン」


20181109 musee7.jpg

フォトポイントがあります。

20181109 musee6.jpg

銅版画家、ジョン・ケイの作品特集がおもしろかったです。これは気球飛行家 ヴィンセント・ルナルディを描いています。

20181109 musee15.JPG

ドレス、現代デザイナーの作品も良かったです。

20181109 musee13.JPG

タータンと日本のコーナー、ベイシティローラーズのレコードジャケットが何枚か展示されていました。

20181109 musee14.JPG

展示場前のホールに展示されていた、神戸タータンです。

20181109 musee2.jpg

神戸タータンは海のブルー、街に多く見られる白亜の建築物や真珠の、ポートタワーや神戸大橋の、六甲山の で表現されています。

20181109 musee3.jpg

播州織の神戸タータン。

20181109 musee5.jpg

記念品にも使われています。

20181109 musee4.jpg

タータングッズもありました。

20181109 musee9.jpg

タータン関連の書籍です。

20181109 musee10.jpg

20181109 musee11.jpg

明るい色彩、元気がでるタータンをたくさん見れて良かったです。

posted by jirokayo at 00:22| Comment(2) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

今日は一日 “クイーン” 三昧-NHK ラジオFM(11月11日)

11月11日、NHK ラジオFMでクイーンの特集番組があります

今日は一日 “クイーン” 三昧
[FM]11月11日(日)...

NHKさんの投稿 2018年11月9日金曜日
ラベル:英国
posted by jirokayo at 22:36| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラド美術館展−ベラスケスと絵画の栄光ー 2018年 兵庫県立美術館

2018年2月〜10月まで、東京と兵庫で「プラド美術館展−ベラスケスと絵画の栄光ー」が催されました。私は10月5日に兵庫県立美術館に観に行きました。

20181010 paiting8.jpg

スペイン、バロックの巨匠、ベラスケスは大好きな画家で、この展示会をとても楽しみにしていたのですが、観にいったのは会期終了の10日前でした。

20181010 paiting7.jpg

展示会場は三階で、このフォトポイントは一階のホールにありました。

20181010 paiting9.jpg

ベラスケスの作品は7点が来ていました。

20181010 paiting6.jpg

図録の表カバーは「王太子バルタサール・カルロス騎兵隊象」です。

20181010 paiting2.jpg
ベラスケス:東方三博士の礼拝(1619年)
ベラスケスが宮廷画家になる前に故郷、セビージャで描かれた作品。若い王はベラスケス自身、聖母が妻のファナ・パチェーコ、イエスは娘のフランシスカ、年老いた王はベラスケスの師匠であり、妻の父であるフランシスコ・パチェーコと考えられています。
私はこの作品が大好きで、神戸で見ることができて、大感激でした。プラド美術館は2度行きましたが、この作品は観ていないと思います。色使い、光の当て方、構図、素晴らしいと思いました。

20181010 paiting1.jpg
ベラスケス:メニッポス(1636年
古代ギリシャのキュニコス派の哲学者、メニッポスを描いています。この作品は2002年パリ、オルセー美術館の「マネとベラスケス展」で観ました。これも大好きな絵で、携帯の待ち受け画面に使っていました。

20181010 paiting3.jpg
ムリーリョ:小鳥のいる聖家族(1650年)
聖書に描かれていない一場面が描かれています。
初めてムリーリョ見る作品で、珍しい構図で目を引きました。

20181010 paiting4.jpg
トマス・イエペス:卓上の二つの果物皿(1642年)

20181010 paiting5.jpg
ヤン・ブリューゲル:視覚と聴覚(1620年ごろ)

プラド美術館展示会 公式サイト


ラベル:スペイン 美術
posted by jirokayo at 02:26| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

【食パンの焼き方】美味しく焼くポイントは温度にあった!(ウチコトより)

今日パン屋さんで食パンを買って帰ったら、主人も食パンを買ってきてました。ダブった食パン、美味しく食べるコツを見つけました😃 明日は朝夕にパンをいただきたいと思います。



posted by jirokayo at 22:58| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする