2018年11月24日

ボジョレーヌーボー2018、神戸ちょいゴチ ワインバーでいただきました☆

神戸三宮、ダイエーの1Fにある「ちょいゴチ ワインバー (Choi Gochi Wine Bar)」で、ボジョレーヌーボーをいただきました。

20181124vin6.jpg

1階の広いエリアにワインお酒、簡単な食事が楽しめるようになっています。

20181124vin4.jpg

チョイゴチディナーセット、980円というメニューがあります。300円のワインが付いているのですが、ボジョレーはセットにできないということだったので単品にして、ボジョレーを注文しました。

20181124vin2.jpg

ボジョレーのリスト。一番上のオーガニックのものにしました。

20181124vin1.jpg

ワインだけ先にもらい、お料理は後から運んでもらいました。

20181124vin3.jpg

ビーフのカタロースステーキ、美味しかったです。

20181124vin5.jpg
ワインとお酒のリスト
夫が食事会があっていなかったので、こちらに来ました。気軽にゆっくりとくつろげて良かったです。

ラベル:ワイン グルメ
posted by jirokayo at 17:44| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

映画 「ボヘミアン・ラプソディ」ーフレディ・マーキュリーの物語

クィーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。クィーンファンでないけれど、作品の評価の高さに魅かれて映画館に行きましたが、想像以上の素晴らしい作品でした!!

20181121 film1.jpg

フレディの生い立ち、純粋で優しい性格に驚き、クィーンのメンバー、ブライアン、ロジャー、ジョンとの友情と絆にも感動しました。

20181121 film2.jpg

名曲ができる過程も興味深かったです。

20181121 film3.jpg

数々のステージのシーン、引き寄せられます。得にラストの「ライブ・エイド」のシーンはライブ会場にいるようでした。

20181121 film6.jpg

フレディ、ブライアン、ロジャー、ジョンを演じた4アクターに拍手喝采です。

20181121 film5.jpg
ラミ・マレック(フレディ)、 グウィリム・リー(ブライアン)、ベン・ハーディ(ロジャー)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン)

20181121 film4.jpg
ブライアン・メイとグウィリム・リー

解説(映画.comより)
世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。




  

ラベル:英国 音楽
posted by jirokayo at 12:07| Comment(9) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

オランダ、アウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) アフリカゾウ編

オランダ、レーネンのアウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) にはアフリカゾウがいます。

20181016 zoo oli1.jpg

象舎の入口。オランダ語で象のことは「オリファント」と言います。

20181016 zoo oli2.jpg

寝室は新しい設備で、夕ご飯が置かれていました。

20181016 zoo oli3.jpg

干し草、野菜、ブラウンのパン。とてもヘルシーそうです。
象の紹介があり、全部で3頭いるかと思いました。

20181016 zoo oli4.jpg
Aja、1971年生まれ

20181016 zoo oli6.jpg
Tembo、1990年生まれ

20181016 zoo oli5.jpg
Duna、1996年生まれ

象舎と運動場は繋がっているのですが、運動場の見学場所は象舎と離れたところになります。

20181016 zoo oli7.jpg

雌が3頭いると思ったら、雄象もいました! 合計4頭です。

20181016 zoo oli10.jpg
Tooth、25歳、雄。

20181016 zoo oli11.jpg

雄のToothは、Temboと同居中でした。隣にAjaとDunaがいます。

20181016 zoo oli12.jpg

Toothは隣のDunaに鼻を伸ばしています。

20181016 zoo oli13.jpg

Dunaは22歳、一番若い雌象です。

20181016 zoo oli15.jpg

Toothと同居中のTemboは28歳。

20181016 zoo oli16.jpg
Tembo

20181016 zoo oli18.jpg

寝室に戻る時間が迫っているようで、ToothもTemboも寝室の入口前で待機してました。

20181016 zoo oli20.jpg

一番年上のAjaは47歳。若いDunaと一緒です。

20181016 zoo oli19.jpg
Aja
Ajaは水飲み場に行きます。

20181016 zoo oli14.jpg

美味しそうに飲んでいました。

アウエハンツ動物園のことを調べていたら、動物園のニュースを見つけました。2018年1月にDunaが出産した女の子が、3日後に亡くなりました。3年間の人工授精の試み後に妊娠し、2年間にわたって専門チームが携わってきた出産で、ヨーロッパでは初めての人工授精に成功した事例でした。母親のDunaが急変し、子供を攻撃しはじめ、チームは3トンもある母から子供を救うことができませんでした。脊髄を損傷した赤ちゃんは、安楽死させられました。
なんて残念な話でしょうか。象を一頭無事に出産し、育てることは本当に難しいことなんだと痛感してます。
記事:Pasgeboren olifantje overleden

20181016 zoo oli19 foto.jpg
写真:Ouwehands Dierenparkのサイトから

Ouwehands Dierenpark
Grebbeweg 111, 3911 AV Rhenen
ホームページ
ラベル:ぞう オランダ
posted by jirokayo at 01:26| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

オランダ、アウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) パンダ編

2018年10月16日にオランダ、レーネンのアウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) を訪れました。こちらにパンダがいる、とTwitterのお友達に教えていただき、急遽行くことに決めました。この日はユトレヒト郊外にある軍事博物館を訪れるためにドライバーを頼んでいたので、その延長で行っていただきました。

20181016 zoo 1-1.jpg

Ouwehands Dierenpark、動物園の入口

20181016 zoo 1-2.jpg

「シン・ヤ」と「ウー・ウェン」が迎えてくれました。

20181016 zoo 1-3.jpg

マップでパンダと象のエリアを確認しました。

20181016 zoo 1-4.jpg

パンダ御殿? に到着。

20181016 zoo 1-5.jpg

2つの建物に分かれていて、奥がウー・ウェンの住まいで、2階にパンダショップがあります。

20181016 zoo 1-10.jpg

観覧側からウー・ウェンの住まいは見下げるようになります。

20181016 zoo 1-11.jpg

動き回っていて、お顔が見えませんでした。

20181016 zoo 1-7.jpg

シン・ヤの住まいは見やすくて、良いところで寝ていました。

20181016 zoo 1-8.jpg

室内の装飾が可愛すぎて、シン・ヤも縫いぐるみかと思いました。

20181016 zoo 1-9.jpg

動いた! ので本物とわかりました。

20181016 zoo 1-12.jpg

回廊を上り、ショップに回るようになっています。

20181016 zoo 1-13.jpg

2017年4月にシン・ヤとウー・ウェンは来園しました。

20181016 zoo 1-14.jpg

ウー・ウェン側の建物から撮影です。

20181016 zoo 1-15.jpg

パンダづくしのショップでした。

20181016 zoo 1-16.jpg

かわいい!?

20181016 zoo 1-6.jpg

入口の反対側も立派な門がありました。

Ouwehands Dierenpark
Grebbeweg 111, 3911 AV Rhenen
ホームページ
ラベル:パンダ オランダ
posted by jirokayo at 10:47| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

アロージャズオーケストラ結成60周年記念コンサート、神戸国際会館(2018年11月16日)

11月16日 神戸国際会館で、「アロージャズオーケストラ結成60周年記念コンサート」が開催されました。クラニネットの北村英治さん、トランペットの日野皓正さん、ヴァイオリンに寺井尚子さん、歌手の 渡辺真知子さんがゲスト出演されました。

20181116 concert.jpg

1958年、ピアニスト・北野タダオをリーダーとして、当時、大阪キタの最高級のナイトクラブ「クラブ アロー」の専属バンド「北野タダオ&アロー ジャズ オーケストラ」として結成されました。結成60年! 今も結成当時のメンバーがおられます。残念ながらリーターの北野タダオさんは今年の10月3日に他界されました。
コンサートは4部構成で、それぞれゲストが出てきて、北野タダオ氏追悼に思い出の曲をひとつ演奏しました。トランペッターの日野皓正さんは76歳! クラニネット奏者の北村英治さんは89歳! とのことで、本当に驚きました。音楽の力でしょうか。アローとともに素晴らしい演奏を聴かせていただきました。

アロージャズオーケストラは母が大好きだったので、一度聴きに行きたいと思っていました。とても楽しくて、母も一緒に聴いていてくれているような気がしました。嬉しかったです。
アロージャズオーケストラのライブ、また行きたいです。益々のご活躍をお祈りいたします! ありがとうございました
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 09:50| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする