2018年11月09日

今日は一日 “クイーン” 三昧-NHK ラジオFM(11月11日)

11月11日、NHK ラジオFMでクイーンの特集番組があります

今日は一日 “クイーン” 三昧
[FM]11月11日(日)...

NHKさんの投稿 2018年11月9日金曜日
ラベル:英国
posted by jirokayo at 22:36| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラド美術館展−ベラスケスと絵画の栄光ー 2018年 兵庫県立美術館

2018年2月〜10月まで、東京と兵庫で「プラド美術館展−ベラスケスと絵画の栄光ー」が催されました。私は10月5日に兵庫県立美術館に観に行きました。

20181010 paiting8.jpg

スペイン、バロックの巨匠、ベラスケスは大好きな画家で、この展示会をとても楽しみにしていたのですが、観にいったのは会期終了の10日前でした。

20181010 paiting7.jpg

展示会場は三階で、このフォトポイントは一階のホールにありました。

20181010 paiting9.jpg

ベラスケスの作品は7点が来ていました。

20181010 paiting6.jpg

図録の表カバーは「王太子バルタサール・カルロス騎兵隊象」です。

20181010 paiting2.jpg
ベラスケス:東方三博士の礼拝(1619年)
ベラスケスが宮廷画家になる前に故郷、セビージャで描かれた作品。若い王はベラスケス自身、聖母が妻のファナ・パチェーコ、イエスは娘のフランシスカ、年老いた王はベラスケスの師匠であり、妻の父であるフランシスコ・パチェーコと考えられています。
私はこの作品が大好きで、神戸で見ることができて、大感激でした。プラド美術館は2度行きましたが、この作品は観ていないと思います。色使い、光の当て方、構図、素晴らしいと思いました。

20181010 paiting1.jpg
ベラスケス:メニッポス(1636年
古代ギリシャのキュニコス派の哲学者、メニッポスを描いています。この作品は2002年パリ、オルセー美術館の「マネとベラスケス展」で観ました。これも大好きな絵で、携帯の待ち受け画面に使っていました。

20181010 paiting3.jpg
ムリーリョ:小鳥のいる聖家族(1650年)
聖書に描かれていない一場面が描かれています。
初めてムリーリョ見る作品で、珍しい構図で目を引きました。

20181010 paiting4.jpg
トマス・イエペス:卓上の二つの果物皿(1642年)

20181010 paiting5.jpg
ヤン・ブリューゲル:視覚と聴覚(1620年ごろ)

プラド美術館展示会 公式サイト


ラベル:スペイン 美術
posted by jirokayo at 02:26| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする