2018年12月04日

ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」

今日12月3日はフランス印象派画家、ピエール=オーギュスト・ルノワールが亡くなった日です。1919年、78歳でした。たくさんの作品を制作し、その作風は変化していきました。私が一番好きな作品は「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」Bal du moulin de la Galette 、オルセー美術館所蔵です。1876年、ルノワール35歳の時に描かれました。

1280px-Pierre-Auguste_Renoir,_Le_Moulin_de_la_Galette.jpg
ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会

22年前、初めて訪れたオルセー美術館で、一番印象に残った絵でした。初めてのパリ、楽しくてワクワクしてる気持ちがこの作品に重さなりました。懐かしい思い出です。
ラベル:フランス
posted by jirokayo at 00:08| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする