2019年07月29日

映画 「Zoo」☆ベルファスト動物園のゾウを救った物語

2017年制作の映画、「Zoo」を昨年KLMの機内の中で観ました。家族向けのカテゴリーにあった作品、案内にゾウの絵があったので、日本語の吹き替えも字幕もなかったのですが、つい選んでしまいました。

20190728.jpg

1941年の北アイルランドのベルファスト動物園が舞台。ドイツの空爆に備えて、猛獣たちが殺処分されました。

20190728 film3.jpg

主人公、トムの父は飼育員で動物園に特別愛着を持っていました。得に動物園に来たばかりの小ゾウ、Busterをこよなく可愛がっていました。父親が徴兵され、母親は看護師として働き、トムも学校で対空爆に備える日々を送っていました。そんな中で、友達のジェーンとぺートと共にBusterを殺処分から救う、動物園から逃がす計画を立て決行します。

20190728 film4.jpg

動物を愛する風変りな婦人、デニーズの家にBusterを連れていき囲まってもらいます。動物園からの捜査が入っても何とか切り抜けますが、Busterは持病があり薬が必要なため、仕方がなく動物園に返すことになりました。連合軍の反撃でドイツの空爆は終了し、そして終戦を迎えます。が、友達のジェーンは大空爆を受けた夜に亡くなりました。

20190728 film2.jpg

この作品はベルファスト動物園の'Elephant Angel' と言われている、デニーズ・オースティンの話をベースに作られました。実際のデニーズは映画よりもずっと若く、ベルファスト動物園で最初の女性飼育員でした。ある夜に小ゾウのSheilaを動物園から連れ出して、自分のセカンドハウスに連れて帰りました。

20190728 film5.jpg
映画のデニーズ
ペネロープ・ウィルトンが演じています。

20190728 film5.png
デニーズ・オースチン、母親、ベアトリスと一緒
ベルファスト動物園の記事、Our elephant angel から

庭でゾウを世話していたデニーズと小ゾウの話は反響を呼び、劇やオペラになり、書籍も書かれました。1997年に亡くなったデニーズのお墓にはゾウの石像があるそうです。

この映画は日本未公開だったので吹き替えも字幕もありませんが、ストーリーは分かりやすいので英語が理解できなくても話はわかります。もう一度観たかったので、アメリカのアマゾンからDVDを買いました。良い作品なので、もっとたくさんの方に見ていただきたく、関心があれば、詳しくお話しできるので声をかけていただきたいです。


  
映画予告編

主人公のトムを演じるのはアート・パーキンソン、アイルランド生まれです。夫の大好きなゲームオブスローンズに出演していました。

この作品のおかげで、ベルファスト動物園には先月訪れることができました。とても自然豊かなところで、動物達が大切に飼育されていると思い感激しました。

IMdbの「Zoo」のサイト



posted by jirokayo at 03:01| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

サントリー 「ペプシ ジャパンコーラ パイナップル 」

先日、サントリー 「ペプシ ジャパンコーラ パイナップル 」をイオン系スーパーで買いました。88円でした。

20190728 pepsi.jpg

コーラにパイナップルのテイストが入って、好きな味でした。日本はコカコーラが人気ですが、海外ではペプシコーラのシェアが高いとも聴きます。夏の暑い日、コーラでリフレッシュ、元気だしたいです。



posted by jirokayo at 01:12| Comment(0) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

大雨のエディンバラ動物園Aペンギンとゾウ!?(2019年6月24日)

エディンバラ動物園はペンギンで有名です。北半球で初めてペンギンを展示し、オウサマペンギンの繁殖に初めて成功しました。1951年から毎日ペンギンの行進を行っています。ヨーロッパで一番大きなペンギンのプールを持ち、オウサマペンギン、ジェンツーペンギンの繁殖プログラムに取り組んでいます。

20190624 zoo17.jpg

ペンギンエリアの入口は2か所? よく分からなかったのですが、柵の扉をあけて入りました。

20190624 zoo16.jpg

雨が強くて撮影が難しかったです。

20190624 zoo18.jpg

外周りの壁にペンギンの絵が並んでいます。ペンギンの種類はこんなにあるのかと思いました。

20190624 zoo19.jpg

20190624 zoo25.jpg

20190624 zoo24.jpg

20190624 zoo26.jpg

14時過ぎにペンギン・パレードが始まります。飼育員さんがお話しされ、お客さんに並んでバリケードを作ってくれといわれました。

20190624 zoo22.jpg

雨の中、みな傘もささずに並びました。

20190624 zoo23.jpg

ペンギンの準備ができるまで少し時間がかかりました。



  

一瞬のパレードでしたが、とても可愛かったです。

20190624 zoo14.jpg

ペンギン舎前に像があります。ゾウの形にペンギンが描かれています。今現在エディンバラ動物園に象はいません。

20190624 zoo20.jpg

Elephant Pride プロジェクト は象の彫刻にオリジナルな絵を描き販売、野生象の保護を世間に広めるためと、売上の20%が募金になります。このペンギン、Heart of the Zoo はプロジェクトに協賛したエディンバラ動物園の作品。アーティストはエジンバラ在住Clare Brownlowさんです。

20190624 zoo21.jpg

地雷で足を痛めた小象の話から描かれています。左足にスコットランドの国旗、セント・アンドリュー・クロスが連なっています。

20190624 zoo32.jpg

このようなアーティスティックな象を描く、Elephant Pride の活動を支援下さい、ということも書かれていました。

20190624 zoo30.jpg

ペンギンの象が欲しいとお土産売り場でスタッフに尋ねてみたら、残念ながらもうないということでした。

20190624 zoo31.jpg

入場する時にレセプション付近においてある象の置物を見て、「なんで象がいない動物園なのに、象の置物を置いてるんや? 」と夫に言われてスタッフに尋ねました。「それは話のひとつです」と言われました。

20190624 zoo29.jpg

15時過ぎに大雨のために動物園は閉園になりました。再訪の時のための無料チケットをいただきました。9月末までです。それまでには行けないですが、また機会があればぜひ訪れたいです。動物はあまり見れなかったですが、勉強になり楽しかったです。ありがとうございました。

RZSS エディンバラ動物園
ホームページ

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 19:03| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雨のエディンバラ動物園@ パンダを見ました(2019年6月24日)

6月24日の午後、エディンバラ動物園に行きました。プリンセス・ストリートからバスに乗って、動物園前で降りた時は雨が一段と強く降っていました。

20190624 zoo01.jpg

ペンギンで有名なエディンバラ動物園。バス停の目の前に入口があります。

20190624 zoo02.jpg

雨が凄かったので、パンダはどこにいるか? 室内見学できるか所はどこか? とスタッフに聞きました。私の園内マップに丸をしてくれて丁寧に教えてくれました。

20190624 zoo04.jpg

これは夫の園内マップ。私のは雨に濡れてボロボロになりました。

20190624 zoo05.jpg

外に出るのに勇気がいるぐらいの雨でしたが、ここまできたならパンダとペンギンだけは見なければと思い進みました。

20190624 zoo10.jpg

園内は丘陵地にあって、坂道が続きます。

20190624 zoo08.jpg

鳥のエリアを通りました。たくさんいるようですが、見たのはわずかでした。

20190624 zoo09.jpg

レッサーパンダ舎。

20190624 zoo12.jpg

かわいいお名前のレッサー、ひと目見たかったですがいませんでした。

20190624 zoo11.jpg

お庭が美しいです。

20190624 zoo06.jpg

見入っている状況でもなく

20190624 zoo07.jpg

やっとペンギンエリアに到着。ペンギンカフェで夫に休んでいてもらい、その間に見学にいくことになりました。

20190624 zoo37.jpg

ペンギンは別の記事で書きます。

20190624 zoo25.jpg

パンダ舎に到着。パンダ舎はこの6月に新しくなり移転するとホームページに書いてありました。

20190624 zoo26.jpg

が、まだ旧パンダ舎にいました。

20190624 zoo27.jpg

少し狭いです。見るのに予約がいるかもという理由がわかりました。

20190624 zoo28.jpg

雌のパンダ、甜甜がいました。

20190624 zoo29.jpg

近くにいて大きく見えました。

20190624 zoo30.jpg

ぬいぐるみか? と思ったのですが、お茶目な寝相がみれました。Twitterと同じ動画です。



  


雄パンダの陽光はでていませんでした。

20190624 zoo31.jpg

新パンダ舎に2頭の紹介がありました。

20190624 zoo32.jpg
陽光(ヤングアン) 2011年来園

20190624 zoo33.jpg
甜甜(ティエンティエン) 2011年来園

雨の強さは変わらず、室内展示の猿を見にいきました。

20190624 zoo24.jpg

部屋全体に木がひかれていて、ジャングルのように湿度と気温が設定されていました。カメラのレンズがくもり、撮影できませんでした。

20190624 zoo35.jpg

夫が休んでいるカフェに行くと、若者でいっぱいになってました。雨宿りとおやつタイムでした。外は益々の雨で見学困難なので、帰ることにしました。

20190624 zoo36.jpg

カフェの前の下り道、川のように水が流れていました。

20190624 zoo34.jpg

鳥類のエリアに入って写真を撮りました。

20190624 zoo13.jpg

チケット・お土産売り場まで戻ってきました。近くのフラミンゴの写真を撮りに行こうとしたらスタッフに止められました。「雨で危ないので閉園します。再訪問の無料チケットを良かったらもらってください」

RZSS エディンバラ動物園
ホームページ


posted by jirokayo at 10:39| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

「印象派からその先へ‐世界に誇る吉野石膏コレクション」-兵庫県立美術館

7月21日まで兵庫県立美術館で「印象派からその先へ‐世界に誇る吉野石膏コレクション」展が開催されています。このコレクションは山形美術館が寄託されたもので、建築資材で知られる吉野石膏株式会社が1980年代後半から収集したフランス近代絵画です。

20190721 painting 10-1.jpg

1997年に山形に行った時にこのコレクションを見ました。日本にこれだけのフランス近代絵画があるということで、とても興奮して見てまわりました。その前年にパリのオルセー美術館を訪れたことを思い出すワクワクした気持ちになりました。それから20年以上が経ち、また違った気持ちで作品を眺めました。

20190721 painting 10-2.jpg

ルノワールの「庭で犬を膝にのせて読書する女」、1874年、が広告になっています。

20190721 painting 10-3.jpg

この絵のポスターをルノワールが好きだった義母に買って帰りました。今も実家においてあります。
印象に残った絵を掲載します。

20190721 painting6.jpg
ルノワール、「幼年期(ジャック・ガリマールの肖像)」、1891年
このポスターも持っています。

20190721 painting4.jpg
モネ 「サン・ジェルマンの森の中で」、1882年
このポスターは職場に飾っていました。

20190721 painting3.jpg
マネ、「イザベル・ルモニエ嬢の肖像」、1879年

20190721 painting2.jpg
クールベ、「ジョーの肖像、美しいアイルランド女性」、1872年

20190721 painting5.jpg
ルノワール、「箒をもつ女」、1889年

20190721 painting9.jpg
ゴッホ、「静物、白い花瓶のバラ」、1886年

20190721 painting8.jpg
ブラマンク、「大きな花瓶の花」、1904-05

20190721 painting7.jpg
マティス、「静物、鼻とコーヒーカップ」

20190721 painting1.jpg
ピカソ、「帽子をかぶった女」、1939年
この絵のポストカードを飾っています。が、実物を見たのは初めてで感激しました。想像していたより大きくて明るい色彩でした。大好きな作品です。

この展示会は3か所、名古屋、兵庫、東京に巡回され。次は東京、10月30日-2020年1月20日間、三菱一号館美術館で開催されます。
兵庫県立美術館の公式サイト


posted by jirokayo at 03:45| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

スマホカバーはスコットランド国旗「セント・アンドリュー・クロス」☆エジンバラで買いました。

6月21日、スコットランドのスターリングでデレク(ベイシティローラーズ)に会いました。サインをもらうものを用意していなかったので、お友達からマジックを借りて、iPhoneのケースにしてもらいました。

20190621 derek5.jpg

スマホケースにしてもらったサインはだんだん薄くなってくる、とお友達のrinoさんから聞いていました。その通りで翌日にiPhneを握っていた掌にマジックがついていました。

20190717 case1.jpg

「おまえ、はよそのケース、取っとけ!」、と夫に言われたのですが、「iPhoneはケースがなかったら、何かあったら大変やから。高いから。。」。デレクのサインよりiPhoneが大切かと考えて、外すことにしました。
その日スターリングからエジンバラに移動し、夕方に買い物にいきました。プリンセスストリートのお土産店でスタッフに「スマホのケースを探してるんだけど。。」と尋ねると、売っているところを外に出て教えてくれました。スコットランドの人達は優しくて親切です。

20190717 case2.jpg

駅に隣接したショッピング街で見つけました。スコットランドの国旗「セント・アンドリュー・クロス」のiPhone カバー。10ポンドでした。

20190717 case3.jpg

いつも目立つように赤のアップルの純正ケースにしていたのでまだ慣れませんが、スコットランドを訪れた記念、デレクに会った記念?に買ったスマホケース。これも大切にしたいと思います。

posted by jirokayo at 00:00| Comment(4) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

スコットランド唯一のアフリカゾウ、Mondula−Blair Drummond Safari & Adventure Park A (2019年6月20日)

スコットランド、スターリングのBlair Drummond Safari & Adventure Park にアウリカゾウがいます。Mondula、雌、48歳、1998年にドイツのエアフルトから来ました。愛称はMondy、スコットランド唯一のアフリカゾウです。

20190620 mondula 01.jpg

外に広いゾウの放飼場、グランドがあるのですが、ごはんの時間でMoundulaはゾウ舎にいました。

20190620 mondula 02.jpg

広くて立派なゾウ舎です。

20190620 mondula 10.jpg

雨の多いスコットランドなので室内の設備を十分に整えているのでしょうか。

20190620 mondula 11.jpg

ゾウ舎の説明。

20190620 mondula 04.jpg

Moudula、左の耳がおれています。

20190620 mondula 05.jpg

大きな木を2本、柵ごしにもらって中に入れていました。

20190620 mondula 03.jpg

Moudulaと一緒に20年を過ごした2頭、Estrella(2013年死亡)、 Toto(2016年死亡)がいました。2年前にTotoが亡くなった後に孤独なゾウ、同居相手を探している、という報道が流れました。Sanctuary call for 'lonely elephant' at Blair Drummond Safari Park(BBC記事)

20190620 mondula 06.jpg

Moudulaの一緒に暮らせる仲間を探していますが、出身地、年齢、Moudulaがストレスなく過ごせる相手を見つけるのは難しいそうです。Moudulaを他の園に移動させるのは、48歳の高齢なので出来ないとパークの記事に載っていました。

20190620 mondula.jpg

仲間のTotoと一緒にあそんでいる様子がパークにありました。



  

Moudulaが木を取って食べている動画です。

20190620 mondula 07.jpg

ごはんを全部食べないで、Moudulaは外に出ていきました。

20190620 mondula 09.jpg

広い敷地、サッカーボールを蹴っている写真がありましたが。。

20190620 mondula 08.jpg

ここでひとりは寂しいですね。

20190620 mondula 12.jpg

この柵には窓がついていて、ゾウさんの健康チェックためのものです。

20190620 mondula 13.jpg
ケアの内容

20190620 mondula 14.jpg
足のケア

20190620 mondula 15.jpg
スキンケア

20190620 mondula 16.jpg

口の中は病気の兆候、症状がでるのでチェックするのはとても大切。同時に歯も見ます。

20190620 mondula 17.jpg

耳から採血ができます。

20190620 mondula 18.jpg

Moudula、とても大切にお世話してもらっています。

20190620 mondula 19.jpg

この立派な施設にMoudulaの仲間が来ることを心から願います。長く元気で過ごしてね、Mondy!!

ブレア・ドラモンド・サファリ・パークのMoudulaの記事です。
Finding out about Moudula: Meet Mondula, our female African elephant...
ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 01:14| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

スコットランドのサファリ-Blair Drummond Safari & Adventure Park @ (2019年6月20日)

スコットランド、スターリングの郊外にあるサファリパーク、Blair Drummond Safari & Adventure Park に行きました。1970年の開園で、約350種類の動物がいます。サファリなので車で周る方が良いのですが、バスでいきました。バス停から10分足らず歩くと入場ゲート、チケット売り場が見てきました。

20190620 safari2.jpg

チケット購入時に「車がない」と言うと、「ドライブサファリバスがあるから」とドライバーを呼んでくれました。

20190620 safari4.jpg

「ドライバーはすぐに来る」と言われたのに来ないので不安になり確認に行きましたが、間もなく来られました。

20190620 safari5.jpg

ドライバーは気さくな方で笑顔で園内の説明をしてくれました。ドライブサファリエリアは4つ、アフリカゾーン、ライオンゾーン、モンキーゾーン、アジアゾーンに分かれています。平地に緑が広がる美しいサファリパークです。

20190620 safari7.jpg

最初にアフリカゾーン。 動物が近くにいれば止まって説明してくれます。

20190620 safari8.jpg

白サイは雄、雌の3頭は違う場所にいるそうです。

20190620 safari10.jpg

次はライオンのゾーン。入る前に「窓を閉めないとね」、と言われました。

20190620 safari11.jpg

8頭のライオンがいます。真ん中の雄ライオンの子供たちが右側の3頭、白っぽい色だと教えてもらいました。

20190620 safari12.jpg

こんなに広いのに8頭かたまって寝ていて、不思議な感じでした。

20190620 safari25.jpg

次はモンキーゾーン。あちこちにいます。

20190620 safari13.jpg

運転も気をつけないといけません。

20190620 safari14.jpg

かわいい〜、と見ていると

20190620 safari15.jpg

バスの上にのってきました!

20190620 safari16.jpg

最後はアジアゾーン。中国や中東からの動物がいます。

20190620 safari17.jpg

勉強不足で動物の単語が分からないこともありましたが、楽しかったです。



  

短い動画。サファリの雰囲気です。

20190620 safari24.jpg

ドライバーさん。「日本から来た」と言うと「Lovely people」と言って、丁寧にいろいろ教えてくださいました。ありがとうございました!

20190620 safari26.jpg

ウォーキングサファリ。ゾウを見に行く途中で白サイを見ました。

20190620 safari18.jpg

ドライバーが言われていたとおり、3頭の白サイがこの放飼場にいて、飼育員さんが子供たちに説明していました。



  

フォーカスが白サイから外れていて残念ですが。。
この後ゾウを見に行きましたが、別記事に書きます。

20190620 safari22.jpg

ボートサファリ。「チンパンジーの島があるからボートに乗って見にいって」、とドライバーに教えてもらいました。

20190620 safari21.jpg

ボートに乗るのは気持ち良いですが、チンパンジーは網で見難かったです。スタッフがチンパンジーの説明をいろいろしてくださいましたが、あまり理解できなかったか、覚えてなくて残念です。

20190620 safari23.jpg

ボートからはお城の建物が見えました。

20190620 safari3.jpg

6月下旬なのに涼しい風が吹く日でした。お昼から行ったので時間が足りなかったですが、とても楽しくBlair Drummond Safari の見学ができました。ありがとうございました!!

Blair Drummond Safari & Adventure Park
ホームページ

posted by jirokayo at 01:42| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

「ベルサイユのばら」&「ブラック・ジャック」のカレー買いました☆

神戸そごうの新館5Fの「兵庫ふるさと館」のイベントで、「ベルサイユのばら」と手塚手塚治虫作品のカレーとサイダーが紹介されていました。

201907161-1.jpg

ベルサイユのばら、もちろん宝塚歌劇に因んでとのことで「兵庫ふるさと館」にあるそうです。

201907161-6.jpg

カレーは池田理代子先生監修でフランス産の赤ワイン、シャンピニオン、にんじんが入っている豪華版です。

201907161-2.jpg

3色サイダー。ベルばらファンに素敵なプレゼントです。

201907161-7.jpg

瓶に劇画の台詞が書かれています。

201907161-4.jpg

手塚治虫先生の「リボンの騎士」「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」のカレーがありました。

201907161-8.jpg

手塚治虫先生は5歳から24歳まで宝塚で過ごしました。サイダーは宝塚の水を使っているそうです。
ブラック・ジャックが好きな夫にカレーとサイダー、自分用にベルばらのカレーを買いました。いただくのが楽しみです。

posted by jirokayo at 22:09| Comment(2) | お薦め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

IO-DATA LANDISK HDL-AA4 の設置

2014年8月に設置したLANDISKの2台のうちのひとつが壊れました。2台はメイン用、バックアップ用として使っていて、壊れたのはメインのディスク。バックアップ用に毎日データをコピーしていたのが幸いでした。とはいえ壊れたら補充しないといけないので、IO-DATA LANDISK HDL-AA4 をアマゾンで購入しました。

20190715 NAS.JPG
IO-DATA LANDISK HDL-AA4

設定が以前のLANDISKとは違ったので、時間がかかってしまいました。当面はこちらをバックアップ用にし、いままでバックアップにしていたものをメインに使うつもりです。
ハードディスクの寿命は3年〜4年ぐらいとのことなので買い替えは仕方がないですが、クラウドサービスも上手くつかってデータが消失しないように心がけたいです。

posted by jirokayo at 05:28| Comment(0) | 機器設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする