2019年11月14日

レスリー、64歳のお誕生日おめでとう!(2019年11月12日)

11月12日はベイシティローラーズのレスリー、64歳のお誕生日でした。遅くなりましたが、おめでとうございます!!
ベイシティローラーズのファンのTerryさん、Chiemiさんも同じお誕生日です! おめでとうございます!! 健康で幸せな一年になりますように

レスリーの奥さんのツイートです。海を背景にツーショット 素敵ですね。
posted by jirokayo at 20:06| Comment(5) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

「Auli-進化するラトビア伝承音楽〜蘇るバグパイプとタイコ- 」@伊丹アイフォニックホール(2019年11月10日)

11月10日 「Auli-進化するラトビア伝承音楽〜蘇るバグパイプとタイコ- 」が伊丹アイフォニックホールで開催されました。

20191110 con1.jpg

Auli(アウリ)はバグパイプ&タイコのグループ で、2003年にラトビアの首都リガで結成されました。 6人のバグパイプ奏者、3人のドラマー、1人のベース奏者から構成されており、昔ながらの音楽要素と現代の感覚をミックスさせた独特な世界観を構築しています。今回が初来日です。

20191110 con7.jpg

関西日本ラトビア協会からコンサートのお知らせをいただきました。Auli(アウリ)のことは知らなかったですが、ラトビアは音楽が食事と同じぐらい生活に溶け込んでいる国、タイコとバグパイプの伝承音楽も期待できる! と行くことに決めました。

20191110 con17.jpg

演奏前に関西日本ラトビア協会、常務理事の溝口明子さんからラトビアについて説明がありました。北海道より狭い国土に半分が森である、とても自然豊かな国です。

20191110 con18.jpg

プログラムにセットリストです。2部の一曲目は「マリーニャの贈り物」は日本では「百万本のバラ」です。加藤登紀子さんで有名ですが、ラトビアの曲でした。

20191110 con19.jpg

メンバーは女性一人を含む、10名です。



  
日本ツアーのプロモーション

体で感じることができる音楽! リーダーが英語で曲の説明やお話しがありました。拳を上げ方や、体を動かすダンスの仕方、サビを歌うこと、奏者と一緒に楽しめるようにしてくださいました。

20191110 con11.jpg

古代から伝承されてきた曲かと思えばそうではなく、「ラトビアの“バグパイプ”と“打楽器”の研究から生まれた、伝承音楽」 で、アウリが演奏方法を感覚的に開発したそうです。ラトビア伝統音楽を根幹に置きつつ、アウリ独特のメロディーとスタイルを切り開いています。

20191110 con15.jpg

演奏後、CDを購入するとサイン会がありました。衣装がスターウォーズのジェダイのようでした。

20191110 con16.jpg

みなさん、情熱的な演奏とは違い控えめ、優しい笑顔でした。

20191110 con13.jpg

10名のサインです。お名前を写真とあわせてみたいです。ラトビアの力強いニュー伝承音楽、とても楽しめました。ありがとうございました!



  
タイトル: DINKIS(男性器)

アウリの公式ホームページ

ラベル:ラトビア 音楽
posted by jirokayo at 02:38| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

神戸阪急 イベント 「パンフェスタ」&「JAZZ FAN TIME」☆(2019年11月6日〜12日)

神戸阪急百貨店の「パンフェスタ」につられて9階の催事場に行きました。阪急からそごうに名称が変更になって1か月が過ぎました。館内は阪急らしいの温かさと品の良さを感じる雰囲気になっています。

20191108 jazz 3.jpg

パンフェスタ! と思っていたら、同時に「JAZZ FAN TIME」のイベントも開催中でした。

20191108 jazz 1.jpg

ジャズのミニライブが開催されています。

20191108 jazz 2.jpg

美味しそうなパンが並んでいます。

20191108 jazz 13.jpg

神戸の人がパンが大好きです。日本で一番パン消費量が多い街です。

20191108 jazz 5.jpg

17時前には商品がないところもありました。

20191108 jazz 4.jpg

本日完売! を見るとよけい欲しくなる? 王様のクリームパンはどんなのでしょうか。食べてみたいです。

20191108 jazz 6.jpg

パン売り場を抜けて奥に行くとJAZZのレコード、CDが並んでいました。

20191108 jazz 11.jpg

奥にはステージがあり、前にはバーテーブルが並んでいました。ちょうどライブが始まる前の時間でした。テーブルの上のメニューを見てたら、「何か頼まれますか?」とフランス人スタッフに声をかけられました。バーのフード、ドリンクは「カフェ ド パリ」の提供です。

20191108 jazz 7.jpg

雰囲気につられて、赤ワインとチーズを頼んでしまいました。バーテーブルのスペースが混んできたので、テーブル席に座らせてもらいました。

20191108 jazz 10.jpg

チーズは3切れあったのですが、写真を撮る前に食べてしましました。ワインはフルーティ、チーズもで美味しかったです。

20191108 jazz 9.jpg

ライブが始まりました! YOKO & ピアノトリオ

20191108 jazz 12.jpg

ニューヨーク生まれのシンガーSandi Blairさんにに師事された、YOKOさん。しっとりと情熱的に歌われました。

20191108 jazz 8.jpg

司会のクリスさん、FM COCOLOのDJです。

20191108 jazz 15.jpg

30分の時間があっと言う間に過ぎました。この後セカンドステージもあり、セットリストは違うものだったそうです。YOKOさんのファンの方が来られていてご挨拶をされていました。どちらも素敵だな、と見ていましたが、用事があったので帰りました。とても楽しい時間でした。偶然でしたがイベント会場に行って本当に良かったです。ありがとうございました。

ラベル:音楽 グルメ
posted by jirokayo at 12:30| Comment(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

「ぼくとわたしの阪神電車-2019 絵画コンクール-受賞作品」@神戸三宮駅

先日大阪に出た時に「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展示会に行くつもりだったのですが、別の用事で遅くなって行けませんでした。帰り道、阪神電車で神戸に戻ると三宮構内に絵を見つけました。

20191107 1-1.jpg

ぼくとわたしの阪神電車-2019 絵画コンクール-受賞作品。2283点の応募の中から選ばれた作品です。13作品が11月10日まで、大阪梅田、尼崎、神戸三宮で展示されています。

20191107 1-2.jpg

なんて自由な発想で阪神電車を描いているのでしょう。

20191107 1-3.jpg

新鮮な驚きでした。

73364339_2856193447748799_5492136898015002624_n.jpg
【佳作】井上 雅詞(いのうえ まさし)さん
電車はゾウやキリン、フラミンゴがいるアフリカを走っていて、中は人や犬、パンダがのっています。

20191107 1-4.jpg
【佳作】坂口 美咲(さかぐち みさき)さん
サクラと甲子園、電車がとても良いです。

20191107 1-6.jpg
【佳作】納富 諒(のうとみ りょう)さん
山、田んぼ、電車、ひまわり、はっきりと分かれていて、大きさがそれぞれ違うひまわりが好きです。

20191107 1-7.jpg
【佳作】小野 愛梨(おの あいり)さん
阪神電車の新型車両、中の人が見えて、背景に神戸の山、ユニークです。

クリムトとシーレは見れなかったけれど、ここで素敵な作品に出合えました。力強い子供たちの絵からエネルギーが伝わってきて、元気と明るい気持ちになりました。ありがとうございました。

阪神電車 2019 絵画コンクール-受賞作品のサイト



posted by jirokayo at 00:41| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

アジアゾウ、ズゼの体重を測るイベント(2019年11月3日)

今日 11月3日、神戸王子動物園のアジアゾウ、ズゼの体重を測るイベントが催されました。雨が降りだしそうなお天気でしたが、3連休の中日ということもあり沢山のお客さんが来られていました。イベントは14時から始まりますが、場所確保のために1時間前から行って立っていました。体重当てクイズがあり、ズゼの予想体重を書き応募箱に入れました。正解及び正解に近い10人に粗品が送られるということです。

20191103 zuze 4.jpg

13時 ズゼは運動場の北側にいました。いつものように穏やかで、時々お客さんの前にでてきてお顔を見せていました。

20191103 zuze 5.jpg

ズゼは29歳、ぽっちゃりした丸い体形をしています。昨年は4913kgも体重がありました。

20191103 zuze 7.jpg

雄ゾウのマックが南側にいて、こちらを見ていました。マックは27歳、日本で最大級のアジアゾウです。マックは大きすぎて体重を測ることができないそうです。

20191103 zuze 1.jpg

13時15分前ごろにズゼが寝室に入りました。それからハカリが運ばれました。ハカリは有名な「コーベコーキ」さんの提供です。飼育員さん達と一緒にハカリの設置されています。

20191103 zuze 2.jpg

ズゼが上る台と体重が表示される機器は離れていて、長いケーブルでつなぎます。

20191031 hakari.jpg
ハカリのセット
先日寝室にあったものを撮影したものです。今日は人が多いのと、急いでいたので写すのを忘れていました。

20191103 zuze 3.jpg

正しく設置できたか、テストしているところです。


 

ズゼが出てきて、体の高さ、お腹回り、体重を測るところ動画をYouTubeにアップしました。https://youtu.be/mPeh2x_VWws

20191103 zuze 10.jpg
体の高さ:2m64cm

20191103 zuze 9.jpg
お腹回り:4m99cm

20191103 zuze 8.jpg
体重;4908kg
昨年4913kgより減っていました。
5000を超えるとハカリで測定できない、と言われていたので心配していましたが、今年はグレイアップして6000まで測定できたそうです。コーベコーキさん、ありがとうございます。
用事があったので、ご挨拶もろくにできないまま直ぐに帰りました。ズゼの一大イベントが無事終わって本当に良かったです。ありがとうございました。

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 23:18| Comment(2) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラグビーワールドカップのテーマ曲『ワールド・イン・ユニオン』☆映画「インビクタス−負けざる者たち」バージョン


映画「インビクタス−負けざる者たち」のエンドロールに流れていた曲、「ワールド・イン・ユニオン」はジュピターに歌詞がつけられています。映画では和訳が書いてあり、またここで心が揺さぶられました。そしてこの曲はラグビーワールドカップのテーマ曲だったと知りました。


  


World In Union (Invictus)

There's a dream, I feel
so rare, so real
and the world in union,
the world as one

Gathering together,
One mind, one heart
every creed, every colour,
once joined never apart

Searching for the best in me,
i will find what i can be,
if i win, lose or draw,
there's a winner in us all

It's the world, the world in union,
the world as one,
as we climb to reach our destiny,
a new age has begun,

We may face high mountins,
must cross, rough seas
we must take our place in history,
and live with dignity,

Just to be the best i can,
sets the goal for every man,
if i win, lose or draw
it's a victory for all

It's the world in union,
the world as one,
as we climb to reach our destiny,
a new age has begun,

Whoahoa, Whoahoa-whoahoa

It's the world, the world in union
a new age has begun
posted by jirokayo at 04:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

映画「インビクタス−負けざる者たち−」☆ラグビーワールドカップ決勝、イングランドvs南アフリカ前に

今日2019年11月2日はラグビーワールドカップの決勝戦、イングランドvs南アフリカが行われます。どちらも応援したいですが、どちらかというと南アフリカに期待しています。それは日本が準々決勝で南アフリカに負けたので、彼らに頑張ってもらいたいという気持ちもあります。が、2011年に観た映画「インビクタス−負けざる者たち−」がとても印象に残っているからです。1995年のラグビーのワールドカップ、開催国の南アフリカが奇跡を起こした物語です。ブログ記事【映画 「インビクタス−負けざる者たち−」
細かい内容は忘れてしまいましたが、モーガン・フリーマンのネルソン・マンデラ大統領とマット・デイモンのラグビー代表チームキャプテンがとても良かったです。アパルトヘイトで有名な南アフリカ国の苦しみと光を見れた貴重な作品でした。もう一度観たい! 今アマゾンプライムで購入して半分まで観ました。続きは今日18時からの試合が終わってからにします。

今日の決勝戦が素晴らしい試合になりますように!

20191102 film.JPG

「インビクタス (Invictus)」は、マンデラ大統領が27年間の投獄中に心の支えにした詩の題名です。

インビクタス−負けざる者たち−
 ウィリアム・アーネスト・ヘンリー

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
私はあらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ
血を流しても
決して屈服はしない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが、長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ

INVICTUS - William Ernest Henley
Out of the night that covers me,
Black as the Pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds, and shall find, me unafraid.

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll.
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.

ラベル:映画
posted by jirokayo at 11:56| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

rinoさん、お誕生日おめでとうございます☆(2019年11月1日)

11月1日はお友達、rinoさんのお誕生日です。おめでとうございます!! 健康で幸せな一年になりますように!

20191101 rino1.jpg

二郎さんもお祝いを言っています!
エディンバラのレストラン、Fishersです。今年の6月に行きました。

20191101 rino2.jpg

魚介のメニューです。たらふく食べて、とても美味しかったです。

20191101 rino4.jpg

デザートはアイスクリーム。
エディンバラでとても美味しいお店です。いつかみんなで行ってたいですね〜、rinoさん

Fishers in the City
58 Thistle Street, Edinburgh EH2 1EN, Scotland
ホームページ


posted by jirokayo at 01:44| Comment(15) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする