2019年12月02日

シンポジウム「ボルネオの野生動物のために日本の動物園ができること」@神戸 2019年12月1日

12月1日 シンポジウム「ボルネオの野生動物のために日本の動物園ができること 〜SDGsにおける動物園の役割〜」が神戸で開催されました。

20191202 boru5.jpg

ボルネオ島はインドネシア・マレーシア・ブルネイの3か国の領土。ゾウやオラウータンなど、多くの野生動物が生息する世界で3番目に大きな島です。近年進んでいる森林伐採やアブラヤシ・プランテーションの開発によって野生動物が危機的状況に陥っています。シンポジウムではボルネオの状況、ボルネオへの恩返しプロジェクトの実績、進行中のボルネオ保全プロジェクトを4名の動物園の代表が話をされました。

20191202 boru1.jpg

シンポジウム主催は「神戸どうぶつ王国」。共催は「旭川市旭山動物園」「豊橋総合動植物公園」「福岡市動物園」「鹿児島市平川動物公園」「那須どうぶつ王国」、認定NPO法人「ボルネオ保全トラスト・ジャパン(=BCTJ)」

20191202 boru4.jpg

BCTJ理事で旭川市旭山動物園園長の坂東元さんが最初に登場。

20191202 boru13.jpg

ボルネオ島で生産されているパームオイルの必然性と、原料のアブラヤシ伐採、プランテーションのために森林が減り続けているお話しがありました。

20191202 boru8.jpg

動物園は動物を見せているだけで良いのか? ボルネオから来た動物達に報いることはないのか? という問いかけに、「ボルネオ恩返しプロジェクト」が立ち上がることになりました。

20191202 boru33.jpg
写真:ワナにかかった子共のゾウ
ボルネオでは野生動物を殺すことは禁じられているのですが、プランテーションを荒らす動物は放っておけません。オラウータンは空気銃で撃たれ、木の下に掘った穴に生きたまま埋められる。暗殺されるのです。

20191202 boru15.jpg
写真:ボルネオの野生動物
狩りは禁止されています。

20191202 boru10.jpg
写真:ゾウをジャングルに戻しているところ
ゾウ1頭をジャングルに戻す費用は日本円で約100万かかり、援助金なしでは到底まかなうことができません。

20191202 boru11.jpg

ジャングルにゾウを戻す作業は人間にもゾウにも危険が伴います。使っている檻、ゲージが脆弱なので、旭川動物園はゲージを作りました。資金には自動販売機のドリンクに「ボルネオ恩返しプロジェクト」の支援金がオンされました。

20191202 boru32.jpg

ボルネオのためにドリンクを買った子供たち、ゲージに入って喜んでいます。

20191202 boru12.jpg

日本から贈られたゲージがレスキューに使われて、現地の新聞にも掲載されました。

20191202 boru34.jpg
写真:レスキューセンター
次のプロジェクトは「野生生物レスキューセンター設立」。2014年に完成しました。詳細は旭川動物園のホームページ「ボルネオ恩返しプロジェクト

20191202 boru14.jpg

新たなステップ「ボルネオ保全プロジェクト」が2018年8月に発足しました。旭川市旭山動物園、豊橋動植物総合公園、福岡市動物園、鹿児島市平川動物公園、那須どうぶつ王国、神戸どうぶつ王国、 認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパンが協力し、環境保全や資金調達、教育普及活動のほか、ボルネオでゾウの保護施設建設などを取り組んでいます。

20191202 boru20.jpg
写真:豊橋動植物総合公園(のんほいパーク)の井戸掘り
レスキューセンターでゾウを保護するために必要な大量の水、これを確保するために井戸を掘るプロジェクトが遂行されています。のんほいパークは土木専門の職員が重機に頼らない、人の手による井戸掘りに挑んでおられます。

20191202 boru35.jpg
写真:鹿児島市平川動物公園の資料
国内でもたくさんの希少動物を保有する平川動物園、飼育係がボルネオ島を訪れ理解を深めておられます。ボルネオ島の野生動物の保全、資金調達でプロジェクトに貢献されています。

20191202 boru28.jpg

資金調達は自動販売機。WAONカード、チャージして使った金額の一部が保全活動に役立てられます。

20191202 boru2.jpg

WAONカードは会場で販売していたので、ゾウのバッチと一緒に買いました。

20191202 boru6.jpg

主催の神戸どうぶつ王国の佐藤哲也園長はボルネオ旅行記のような、楽しいお話しを聞かせていただきました。ボルネオを訪れて見てみたい、という気になりました。

これから動物園は保全活動を行わなければ成り立っていかない。保全を意識できる人を育てる、教育の場で伝えていく。ボルネオの野生動物のために、日本の動物園ができることを聞かせていただきました。ドイツやベルギーで見たボルネオゾウが印象に残っていること、愛らしい福山のボルネオゾウ、ふくちゃん、同じボルネオゾウのことなので今回のシンポジウムに参加したいと思いました。ボルネオの人たち、動物たちが穏やかに幸せに暮らしていけますようにと願わずにはいられません。書ききれないですが、貴重なお話しをたくさん聞かせていただきました。ありがとうございました。

認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパンの公式サイト


ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 13:07| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする