2021年04月04日

美都さん、50歳 おめでとうございます! 京都市動物園A(2021年3月28日)

2021年3月10日、京都市動物園でアジアゾウ、美都さんの50歳のお祝いがありました。美都さんは1977年にマレーシアで捕獲され、2年後の1979年に京都に来園しました。正確な誕生日がわからないので、3月10日を「みと」の日と決めて毎年誕生日をお祝いされるそうです。今年は50歳のくぎりの年。コロナ対策で盛大なお祝いは控えて、当日9時からお祝いの様子がライブ映像で発信されました。そして4月4日まで、ゾウ舎のプール前にポスター展「美都のこれまで そしてこれから」が催されています。

20210328 1-6.jpg

美都さんにお祝いを言いたくて、このポスター展を見たくて京都に来ました。

20210328 1-12.jpg
美都さん
お会いするのは初めてで、姿を見つけた時、ドキッとしました。美しいゾウさんです! ゾウさん好きの方々から美都さんのお話しはよく聞いていました。

20210328 1-1.jpg

プール前の柵に美都さんのことを詳細に説明されたポスターが何枚も掲げられています。

20210328 1-3.jpg

美都さんは京都に来園して40年以上、一緒にいた年下のゾウさん、古都ちゃん、友ちゃんと仲良くしていたのに、どちらにも若くで亡くなってしまいました。13年以上ひとりでいたのですが、2014年11月にラオスから小ゾウが4頭来園しました。仲間が急に増えたのです。その1か月前、10月20日に新ゾウ舎に美都さんは引っ越しをしました。引っ越しと新しいお部屋、小ゾウさんたちの来園が続いたこと、大きく環境が変わったことが原因で美都さんは2年間、引きこもってしまい外に出ませんでした。

20210328 1-2.jpg

美都さんの経歴、来園の経緯が書かれています。

20210328 1-5.jpg

「美都の性格がよくわかる話」です。熱心に読みました。美都さん、見かけによらずイタズラ好きなのですね。

20210328 1-4.jpg

「健康で長生きするために」、ゾウの寿命は60年と言われ、推定50歳の美都さんは高齢期に入ってきました。健康で長生きできるように、美都さんにあった健康管理がなされています。

20210328 1-8.jpg

ゾウ舎前の美都さん型のボードです。

20210328 1-7.jpg

裏には心のこもった美都さんへのメッセージがたくさん貼られていました。

20210328 1-9.jpg

美都さん、柱のをかじるようなポーズを取っていました。「美都さん、はじめまして! 50歳、おめでとうございます! 日本に来ていただいて、ありがとうございます。これからも元気で過ごしてくださいね」、と心の中で美都さんに話しかけました。

20210328 1-13.jpg

美都さんの前にはプールがあり、小ゾウさんたち3頭が楽しそうに遊んでいました。

20210328 1-18.jpg

2014年11月にラオスから来園したゾウさんたちは、春美カムパート、夏美ブンニュン、秋都トンカム、冬美トンクンです。日本名にはそれぞれが美都さんのお名前から一文字をいただいています。

20210328 1-11.jpg
冬美トンクン
小ゾウさんたちのリーダーです。プールには入っていませんでした。

20210328 1-15.jpg
春美カムパート、夏美ブンニュン
プールが好きで楽しそうに入っていました。プールから出てもふたりで遊んでいました。仲が良くて、いつも一緒で見分けがつかないのですが、右耳に裂けめが入っているのが夏美ブンニュンです。

20210328 1-14.jpg
秋都トンカム
まだ幼さが残る雄ゾウです。プールに入っていましたが、すぐにあがりました。

20210328 1-17.jpg

プールに入って楽しそうです。



美都さんは後ろで土かけをしていました。小雨が降っていました。



夏美ブンニュンが先にプールに入っているところです。



プールで足をバシャバシャさせる夏美ブンニュン、春美カムパート。気持ち良くプールに入っています。美都さんは柱をくわえるようなポーズをしていました。



春美カムパートが夏美ブンニュンの背中にお鼻をのせています。どうなるかと思ってい見ていました。



美都さんと冬美トンクンがお鼻を合わせていました。後半は春美カムパートと夏美ブンニュンです。

20210328 1-28.jpg

ゾウ舎のまわりを歩きました。こちら側は将来雄ゾウ、秋都トンカムの放飼場になる予定です。

20210328 1-29.jpg

説明が書かれています。

20210328 1-31.jpg

1923年に建てられた、旧ゾウ舎のレリーフが残されて紹介されています。

20210328 1-20.jpg

寝室よりの建物、コンタクトコーナーでしょうか。壁にレリーフがあります。

20210328 1-21.jpg

秋都トンカムの姿が見えました。

20210328 1-22.jpg

寝室が見たかったです。お部屋には16時前に戻るのでしょうか。

20210328 1-24.jpg

寝室のマップ。1-4が雌で5が雄です。水飲み場もあり、エサかごもあります。

20210328 1-26.jpg

夕ごはんが準備されていました。

20210328 1-23.jpg

「日々のトレーニングを通して快適な生活をささえます」

20210328 1-25.jpg

ハズバンダリートレーニングについての説明も分かりやすく書かれています。

20210328 1-35.jpg

4頭の小ゾウさん達はこれから繁殖を目指していきます。

20210328 1-12.jpg

美都さんはリーダーとして、成長を続ける小ゾウさんたちを見守っていただきたいと思いました。美しい京都の四季を40年以上を過ごしてきた美都さん、お会いできて本当に嬉しかったです。これからもどうぞお元気で過ごしてください。また来させていただきます。ありがとうございました。

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 13:34| Comment(2) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めての京都市動物園@(2021年3月28日)

先週 3月28日に京都市動物園を初めて訪れました。神戸から車で約1時間半、お昼前に着き、動物園の近くの岡崎公園の駐車場に車を置きました。周りには平安神宮、南禅寺、美術館があります。

20210328 zoo1.jpg

動物園の場所はすぐわかりました。高さのない茶系のシックな建物で、チケット売り場もエントランスも建物の中にあります。チケットは自動販売機で購入し、スタッフにスタンプを押してもらいました。「再入園の際はこのチケットをお持ちください」、と言われました。

20210328 zoo41.jpg

トラとシロテテナガザルの写真入りチケット、日付も入っていて記念になります。

20210403 kyoto.jpg

園に入ると、桜の木の側にマップがあります。向かって右手の建物にレクチャールーム、2階に剥製の展示室、レストランがあります。

20210328 zoo2.jpg

夫が参加する「動物園DEサイエンストーク 」は14時から始まるので、それまで園を周って、食事をする予定です。

20210328 zoo4.jpg

平地で歩きやすく、建物の色、地面に敷かれているタイルから、閑静な住宅地を歩いているような感じがしました。

20210328 zoo5.jpg

ゾウの森を目指しました。途中に慰霊塔が見えました。

20210328 1-19.jpg

ゾウが見えました! 5頭のアジアゾウがいます! ゾウさんのことは別記事に書かせていただきます。

20210328 zoo7.jpg

ゾウの森から進むと東エントランスがあり、そこから琵琶湖疎水が見えます。

20210328 zoo6.jpg

桜が美しく咲いていました。あいにくの雨ですが、趣がありました。

20210328 zoo8.jpg

風景に見とれていたのですが、ゴリラのおうちに来ました。

20210328 zoo11.jpg

モモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウ、キンタロウの4頭がいます。こちらでは個体の名前が数か所に表示してあり、分かりやすいです。

20210328 zoo9.jpg

横になっているのはお父さんのモモタロウ? 長男のゲンタロウ?

20210328 zoo10.jpg

お母さんのゲンキさんとキンタロウちゃん。かわいいです。

20210328 zoo12.jpg

マンドリルです。ゴリラ舎の側にサル舎が並びます。ワオキツネザル、テナガザル等に会えました。

20210328 zoo13.jpg

アカゲザルの放飼場は円形です。

20210328 zoo14.jpg

毛づくろいをしていました。アカゲザルはここに12頭いて、高齢の3頭は別のお部屋にいました。

20210328 zoo18.jpg

猛獣ワールドに戻ってきました。コロナ対策で近づいて見ることができないのですが、パリから来園したオオヤマネコのお顔もチラッと見えました。

20210328 zoo16.jpg

トラのオク、雄です。京都市動物園生まれ、今年11歳になります。

20210328 zoo19.jpg

ジャガーのアサヒ、天王寺動物園生まれ、6歳です。

20210328 zoo17.jpg

ジャガーのミワ、神戸王子動物園生まれ、7歳。お父さんは王子のアトスです。

20210328 zoo23.jpg

レッサーパンダ舎、野外の展示場は高い木があります。この日はコトがでているはずでした。

20210328 zoo21.jpg

もうひとつの展示場にいた、ウーロン。

20210328 zoo24.jpg

有名なヤブイヌに会いました!

20210328 zoo25.jpg

現在はデンマルとダイモンの2頭がいます。

20210328 zoo26.jpg

ロバのハルです。

20210328 zoo27.jpg

オオバタンのオージロー。

20210328 zoo28.jpg

キバタンのオキバ、美しいです

20210328 zoo29.jpg

ミーアキャット、お部屋にいました。

20210328 zoo33.jpg

フラミンゴは3種類。

20210328 zoo34.jpg

中には50歳を超えたご長寿もおられます。

20210328 zoo30.jpg

そしてキリン舎、上からも見れます。2月10日にキリンの赤ちゃんが誕生しました。お母さんはメイさんです。

20210328 zoo32.jpg

近い! 間近にお顔が見えて感激です!

20210328 zoo31.jpg

ミライさんは神戸王子動物園の嵐くんのお母さんです。

20210328 zoo35.jpg

東エントランスにある「ミライショップ」はキリンのミライさんをリスペクトしたショップと想像しました。こちらには職員さんが描いたイラストで作ったグッズがあると教えていただきました。

20210328 zoo36.jpg

お土産を買いました。生八つ橋はこちらのショップオリジナルとのことです。オオヤマネコはお顔が見えなかったので、マグネットを買いました。

20210328 zoo40.jpg
レトロな観覧車

20210328 zoo38.jpg
剥製の展示室

20210328 zoo39.jpg

レストランのアイスクリームにゾウさんもある?

20210328 zoo3.jpg
貯水池
1903年の開園当時からあるそうです。

雨のためお部屋に入っている動物もいました。傘をさしていてうまく撮影できなかったですが、たくさんの動物、鳥たちに会えました。お友達に見どころを教えていただきました。ありがとうございました。バリアフリーで美しく、愛らしい動物が揃っている京都にまた来たいと思いました。今度はもっと時間を取って周りたいです。

posted by jirokayo at 06:29| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする