2013年07月01日

「椿姫」 ハンガリー国立歌劇場、神戸文化ホール

6月30日、 ハンガリー国立歌劇場の「椿姫」 が神戸文化ホールで開催された。
あっと言う間に時間が経ってしまった。もっと観て聴いていたかった。そんな印象だった。ジョルジュ役のバリトンのアナトリー・フォカノフの歌は心に響いて、ソプラノのヴィオレッタ役 イリーナ・ドブロフスカヤのハーモニーが良かったです。ヴィオレッタ役のイリーナはカーテンコールと時に、もう精魂使い果たしたような様子だった。難役のヴィオレッタ、最後まで素敵でした。

Scan10010.JPG
ハンガリー国立歌劇場

20130701 1_1.jpg
ヴィオレッタ役 イリーナ・ドブロフスカヤ

20130701 1_4.jpg
ジョルジュ役 アナトリー・フォカノフ、アルフレード役 ペーター・バルツォ

2004年にブダペストを訪れた時、英雄広場まで行くバスの中から、ハンガリーの国立歌劇場が見えた。近くにリスト音楽院もあった。ハンガリーの欧州唯一のアジア系民族だが、ヨーロッパ諸国の仲間入りのためキリスト教を普及した国だ。音楽はリストを始め、ゴダーイ、バルトークなどの作曲家を出し、他の諸国に負けない音楽が盛んな国だ。

posted by jirokayo at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック