2016年03月31日

レ・ミゼラブルの新潮社初版本-la édition ancienne les Misérables en japonais.

14回目のフランス語文です。ベルギーで起こったテロ事件の2日前に夫の実家で古い本を見つけた話です。いつものようにフランス語文を意訳しています。フランス語の先生にお世話になっています。ありがとうございます。
----------------------------------------------------------------
先週ブリュッセル、ヨーロッパの首都(EU本部がある)がテロリストに攻撃されました。小便小僧とチョコレート、たくさんの種類のビールがある穏やかな国だったのに、そう考えると本当に悲しいです。
私は今まで5回ブリュッセルを訪れ、最後が2015年、ワーテルローの戦い200年記念を観るためのものでした。ワーテルローに出発する前に、ビクトル・ユーゴが住んでいたグランプラスの建物をガイドが案内してくれました。ユーゴはたびたびワーテルローに行き、「戦い」のリサーチしていたそうです。この頃は「戦い」の生存者がいて、ユーゴは沢山のことを調査できたそうです。そして「レ・ミゼラブル」の「ワーテルロー」の章を書きました。このことを聞いてから、私はその「ワーテルロー」の章だけをずっと読みたいと思っていました。レ・ミゼラブルは分厚い本で全てを読むのは私には無理だからです。

最近住むものが居なくなった夫の実家を整理しています。応接間の本棚の中から古い本を見つけました。レ・ミゼラブル! 新潮社が1927年(昭和2年)に出版した初版のものです。最後のページに「岩井蔵書」という印が押してあります。夫と同様に両親も本を読むのが好きだったのです。
私はすぐにワーテルローの章を探し見つけました。でも読むのに苦労しました。小さな字、古い漢字を使っています。描写がこと細かに書かれてあります。ユーゴの書くことへの情熱を十分感じ取ることができました。全体の半分も理解できなかったですが。。いくつかの事柄が印象に残りました。死体がたくさん放り込まれた井戸、火事で燃えなかったキリストの木の像、等です。
いつかフランス語でこの章を読みたいと思います。そしてたくさんの豊かなものを残してくれた両親に感謝いたします。

La semaine dernière Bruxelles, la capitale de l'Europe a été attaquée par des terroristes. Je suis vraiment triste car la Belgique était un pays tranquille, le pays du Maneken Piss, du chocolatiers et de nombreuses sortes de bières.
J'y suis allée cinq fois et le dernier séjour, c'était pour assister au bicentenaire de la Bataille de Waterloo, en 2015. Avant d'aller à Waterloo, notre guide nous a montré le bâtiment sur la Grand-Place où Victor Hugo habitait. Le guide nous a dit que Hugo est souvent allé à Waterloo pour enquêter sur la bataille. À son époque il y avait encore des survivants de la bataille. Hugo a beaucoup appris d'eux avant d'écrire le chapitre sur Waterloo dans Les Misérables. Après notre visite sur la Grand-Place de Bruxelles, je voulais lire ce chapitre des Misérables, dont l'épaisseur me rebute.

Récemment nous faisons du tri dans les affaires de mes beaux parents, la maison étant maintenant inhabitée. J'ai trouvé une édition ancienne les Misérables dans un meuble. C'est la première édition en japonais, publiée en 1927 par Shinchosha.

20160328 libre1.jpg

Sur la dernière page il y a un sceau, 岩井蔵書 qui veut dire que ce livre fait partie de la collection de la famille Iwai (nom de famille). Mes beaux parents aimaient lire autant que mon mari.

20160328 libre2.jpg

J'ai cherché le chapitre Waterloo et l'ai trouvé tout de suite.

20160328 libre4.jpg

Mais la lecture était un peu laborieuse car le style est vieillot et les caractères sont petits. Les descriptions sont très détaillées. On ressent la passion qui animait Hugo quand il a écrit son roman, même si je n'ai pas bien compris la moitié du chapitre. Plusieurs éléments m'ont impressionnée, un puits dans lequel beaucoup de cadavres ont été jetés, une statue du Christ en bois ayant résisté au feu dans une église pourtant ravagée par un incendie...

20160328 libre3.jpg

Un jour je voudrais lire ce chapitre en français. Et je remercie mes beaux parents qui nous ont laissé tant de trésors.

ラベル:en français
posted by jirokayo at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かよこさん、皆さん、こんばんは。

かよこさんの御主人さまのご実家に レミゼラブルの初版本があるのですね。私の亡くなった父の好きな本が、
モンテクリスト伯とレミゼラブルなんです。父は、教師をしてましたので、実家には、たくさんの本がありその中に、岩波のレミゼラブルがありました。子どもの頃は、食事の時間に、必ず父が話をしてくれて、たとえ話にジャン.バルジャンが出てきました。姉と弟と、まただよと、よくあきれてました。小学生になり、道徳の時間に、銀の燭台 という話が出てきて、かなり経ってから、その話がレミゼラブルだということがわかりました。大学生のとき、帝国劇場で、レミゼラブルの舞台をはじめてみました。鹿賀丈史さんが主演でした。それがきっかけで、うちにある原作を読もうと手にとり、あまりの文字数、ページ数と、わかりにくい訳に唖然。そして、舞台になっているのは、ほんの一部だと父から聞きました。父は世界史にも詳しかったので、この物語の背景にあるフランスの歴史なども、よく話してくれました。かよこさん、この膨大な物語のワーテルローの戦いのところだけでも、フランス語で読んでみたいとは、素晴らしいです。私は、日本語でも、とっくに諦めてます。むしろ、レミゼラブルの舞台にはまってしまい、その後何回も観に行きました。話すと長くなってしまいますが、昨年は、娘と一緒に帝国劇場に行きました。映画化もされてますが、私は舞台派です。来年初演から30周年で、また新たな演出で舞台が始まります。機会があったら、ぜひ皆さんに観てほしいです。あっ、娘に聞いたら、現代風のわかりやすい訳のレミゼラブルがたくさん出版されてるそうです。コゼットが主人公の漫画?もあるそうです。
Posted by みなこ at 2016年04月02日 21:44
みなさん、こんばんは

みなこさん、コメントいただいて、ありがとうございます。
お父様がフランス文学、モンテクリスト伯とレ・ミゼラブルがお好きだったのですね。子供の頃からお父様にレ・ミゼラブルの話をお聞きになっていたなんて、とても幸せなことです。私は中学の頃に「ああ無情」、レ・ミゼラブルの抜粋版を読み、とても感動しました。40前からフランス語を勉強始めて、学習教材にレ・ミゼラブルがあり、フランス版のミュージカル音楽を知りました。レ・ミゼラブルの全体の話はフランスドラマを観て知りました。もちろん字幕ありです(笑)。実家のレ・ミゼラブルの本を見ると、気が遠くなります。フランス語の先生はレ・ミゼラブルを一度も読んだことがないと言ってました。みなこさんが言われるように、物語の部分はほんの少しだから、という理由でした。

日本のレ・ミゼラブルの舞台もとても良いそうですね!! 私の友達もとても感動していました。機会があれば私も観に行きたいと思います(*^^*)

Posted by かよこ at 2016年04月02日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック