2016年07月06日

アイルランドの人たち- Les Irlandais

17回目のフランス文です。これは6月22日、Euro2016のドイツvs北アイルランド戦の後に2日かけて書きました。フランス語の先生に添削、変更していただいた文を日本語に意訳しています。
---------------------------------------------------------------
このところ欧州サッカー大会、Euro2016をテレビで観戦しています。私はサッカーの大ファンではないですが、欧州が大好きで毎年旅行をしているので、欧州のサッカー大会は特別に観たい気になります。今大会はアルバニア、スロバキア、ウェールズ、北アイルランドのような小さな国が出場しています。昨夜はドイツ対北アイルランドの試合がありました。ドイツが大差で北アイルランドに勝つ、とみな思ってました。が、実際はたった1点でのドイツの勝利でした。アイルランドが全力を尽くし戦ったからです。「殴られても殴られても、立ち上がってくるボクサーのようだ」と、日本の解説者がアイルランド選手を表現してました。「ドイツと戦えることは僕らの喜びなんだ」と、北アイルランドの選手が言っていたそうです。そしてたくさんのサポーターが歌って、踊って熱く応援していました。パリのスタジアムに居ることがとても嬉しい、たとえチームが負けても。。北アイルランドのサポーターはそう語っているようでした。

4年前に「アイルランド・ストーリーズ」という本を買いました。現在最高の作家のひとりと言われる、ウィリアム・トレヴァーの短編が12作収まっています。なぜこの本を買ったか? 翻訳家の 栩木伸明氏が短編集の一作品「聖人たち」を、イタリアルネッサンスの絵画を用いて新聞に紹介していたからです。栩木氏はギルランダイオの絵を観にトスカーナに行くそうですが、「聖人たち」の主人公はアイルランドを離れ、女性とワインとイタリアルネッサンスを愛して、長くトスカーナで暮らしています。母国のことを完璧に忘れていたのですが、奇跡的な力が主人公をアイルランドに帰すことになります。私はこの作品だけ読みたい!と思ったのです。

1年後、アイルランド、ダブリンに夫と旅行に行きました。街はこじんまりと美しく、人は感じが良くて優しく、居心地よく過ごせました。現地ツアーで「ニューグレンジ」「タラの丘」に行きました。アイルランドについて日本人ガイドが沢山話してくれたのですが、アイルランドの歴史を全部は理解できませんでした。
この旅行と栩木氏のアイルランド史の解説を読んだ後、「アイルランド・ストーリーズ」の「聖人たち」以外の小説も読みました。どの話も複雑な人生に問題を抱えた人たちを描いていますが、栩木氏の解説と自分のアイルランド旅行のおかげで、登場人物たちをイメージできます。細かい描写がされていて、たまに悪意を持った人物がいますが、心の底には良い性分を持っているのです。それはアイルランドの人たちは信仰と共に生きている、それと島国の人たちは少しお人よしのところがある、と思うのです。

アイルランドは2つの国に分かれていて、英連邦王国に属している北アイルランドにはまだ行っていません。2つのアイルランド国がこのEuro2016に出場していて、ついさっきアイルランドがイタリアに勝ちました。その結果、両国とも初めて決勝トーナメントに進出することが決まりました。すごいことです! アイルランドの人たちは最高のお祭り騒ぎをしている、絶対そうです!

Ces derniers temps, je suis l'Euro 2016 à la télé. Je ne suis pas une grande fan de foot mais l'Europe m'attire depuis toujours et j'y voyage chaque année, j'ai donc envie de regarder ce grand rendez-vous du foot européen. Cette fois de petits pays comme l'Albanie, la Slovaquie, le Pays de Galles et l'Irlande du nord y participent. Hier soir il y avait un match entre l'Allemagne et l'Irlande du Nord. On pouvait croire que l'Allemagne gagnerait avec un écart de points important mais en fait elle a gagné avec seul but parce que les Irlandais se sont battus jusqu'au bout. Un commentateur japonais a dit qu'ils étaient comme un boxeur qui se relève toujours même s'il reçoit des coups continuellement. "On est content de jouer contre l'Allemagne" a dit un joueur d'Irlande du Nord. Et leurs nombreux supporters les ont encouragés chaleureusement en chantant et en dansant. Ils avaient l'air content d'être au Stade de France à Paris bien que leur équipe ait perdu.

20160706 irlande4.JPG
l'Allemagne vs l'Irlande du nord

Il y a 4 ans j'ai acheté un livre qui s'appelle "Ireland Stories", 12 nouvelles de l'écrivain Irlandais William Travor qui est reconnu comme l'un les des meilleurs écrivains contemporains. Pourquoi je l'ai acheté? J'ai lu dans le journal un article du traducteur Nobuaki Tochigi qui présentait une nouvelle de Travor, "Saints", en l'illustrant de peintures de la Renaissance Italienne. Il va en Toscane pour voir des peintures de Ghirlandaio. Le héros de "Saints" a quitté son pays, l'Irlande il y a longtemps et vit en Toscane. Il adore les femmes, le vins et la peinture de la Renaissance italienne. Il avait complètement oublié son pays natal quand une force miraculeuse l'a fait retourner en Irlande. Je ne voulais lire que cette nouvelle.

20160706 irlande1.PNG
Ireland Stories

Un an après, je suis allée à Dublin avec mon mari. Nous avons passé un agréable séjour. La ville est plutôt petite et belle. Les gens sont sympathiques et attentionnés. Nous avons fait une excursion à "Newgrage" et "Hill of Tara". Notre guide japonais a beaucoup parlé de l'Irlande mais je n'ai pas tout compris de l'histoire de l'Irlande.

20160706 irlande2.jpg
Hill of Tara

Après ce voyage et les explications du traducteur, j'ai lu les autres nouvelles de "Ireland Stories". Chaque histoire parle des problèmes de gens à la vie compliquée. Je peux m'imaginer la vie des personnages grâce aux explications du traducteur et à mon voyage en Irlande. Les personnages sont décrits en détails, s'ils ont parfois de mauvaises intentions, ils gardent un bon fond. Je pense que les Irlandais vivent avec la foi en Dieu. Les gens de pays insulaires sont plutôt bons enfants.

20160706 irlande3.jpg
dans un magsin de souvenirs à Dublin

L'île est divisée en deux pays et je ne suis pas encore allée en Irlande du Nord qui fait partie du Rayaumu Uni. Les deux Irlandes participent à l'Euro 2016 et tout à l'heure l'Irlande a battu l'Italie. Les deux Irlandes joueront donc la phase finale pour la première fois. C'est extraordinaire. C'est sûr que les Irlandais ont fêté l'événement comme ils savent si bien le faire.

20160706 irlande5.JPG
l'Italie vs l'Irlande
ラベル:en français
posted by jirokayo at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック