2017年04月08日

トマシュ・ベトカ&横山起朗のピアノコンサート、旧グッゲンハイム邸(2017年4月7日)

ポーランド在住ピアニスト、トマシュ・ベトカさんと横山起朗さんのコンサートが、神戸塩屋の旧グッゲンハイム邸で4月7日に催されました。

20170407 concert1.jpg

この公演に来るきっかけになったのは、旧グッゲンハイム邸についての書籍をお友達のmiyaさんが紹介してくれたことと、ポーランド在住のピアニストの演奏が聴けるということでした。

20170407 concert2.jpg
あちこちに傷のあるグランドピアノ。

20170407 concert3.jpg

ポーランドはショパンの母国。音楽はとても盛んで質が高いと思っているのですが、期待どおりお二人の演奏は素晴らしかったです。グッゲンハイム邸の建築の効果なのか、演奏家の技量なのか、最初の一音を聴きその美しさに驚きました。

20170407 concert7.jpg

演奏曲はそれぞれのアルバム曲から選ばれたもので、演奏前に説明がありました。横山さんは普段は英語、ポーランド語で曲説明をしているので、今日はとても話しやすいと言われてました。
横山さんのお友達の江田ヤマトさんが、バイオリンで参加し合計3曲、アンサンブルの演奏も聴かせていただきました。

20170407 concert6.jpg

トマシュ・ベトカさんは控えめで穏やかな感じの良い方です。演奏を聴きながら、数年前のポーランド旅行のことがいろいろと思い浮かんできました。“ジンクエン”、ポーランド語のありがとう、を思い出しました。ポーランドの人たちは押しつけがましくなく、さりげなく親切な人が多かったです。

20170407 concert5.jpg

横山さんは宮崎出身で、言葉のアクセントがなかなか抜けないと言いながら曲説明されました。コンサート後「今日はどうもありがとうございました」、と気さくに丁寧に声をかけていただいて恐縮しました。が、すぐに厚かましくなり、ベトカさんとのツーショットを撮らせていただきました。(お話ししているところ割り込んで、すいませんでした!)

20170407 concert4.jpg

音楽の専門知識も良い耳もない私ですが、演奏者の人柄が美しい音を作るのはわかります。パソコン漬けの日々に癒しをいただきました。素敵な演奏、ありがとうございました。

この“Cherry Blossom Japan Tour 2017”は神戸が皮切りに、全国9か所で行われます。多くの方に聴いていただけますように!お二人の演奏はツアーのホームページで聴けます。

Cherry Blossom Japan Tour 2017
詳細:http://www.suku2089.com/
4/7.金 神戸 旧グッゲンハイム邸
4/8.土 奈良 sonihouse
4/15.土 東京 sonorium
4/16.日 金沢 shirasagi/白鷺美術
4/18.火 盛岡 岩手県公会堂21号室
4/19.水 秋田 "studio"
4/20.木 静岡 淡島ホテル
4/22.土 宮崎 Salle Mandjar
4/25.火 福岡 Benir Cafe

20170407 concert8.jpg


ラベル:音楽 ポーランド
posted by jirokayo at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かよこさん、みなさん、こんばんは。
毎日登場してすみません。

かよこさん、行ってこられたのですね!
自分が行けないものだから、お忙しいかよこさんに、書籍を紹介してしまい、後で気になっていました…

お好きな音楽とのタイミングが合ったとのことで、ちょっと安心しました。

私の方こそ全く音楽的知識が無いので、粋なコメントが出来ないのですが、ベトカさん、男前ですねー(笑)

夜の外観も素敵です。
お写真みせていただいてありがとうございました。
Posted by miya at 2017年04月08日 21:00
みなさん、こんばんは

miyaさん、毎日登場していただいて嬉しいです。ありがとうございます(*^^*)

旧グッゲンハイム邸の書籍を紹介いただいて、それをそのまま主人に転送してしまいました。読書が苦手なので、すいません。
http://www.nedogu.com/blog/archives/17672

一度行ってみたいと思っていたので、タイミングよくコンサートの案内を見つけて、本当に良かったです。夜8時からのスタートで、着るものも気にせずに一人で出かけました。神戸の湘南と言われてる塩屋、そんな粋な駅で降りるのは初めてで、グッゲンハイム邸の行き方わからず遠回りしてなんとか開演前にたどり着きました。

木張りの床、椅子、調度品すべてレトロでした。グランドピアノもあちこちに傷があり歴史を感じました。演奏者の繊細な演奏に聴き入っていると、電車の音もよく聞こえます。ありゃ、と思うのですが、それもそのうち慣れてきて、電車音も邸宅コンサートの一部なのだと思えました。

ベトカさん、横山さんは自分たちで作った曲を披露されたのですが、いずれも美しくて聴きやすい良い曲でした。ベトカさんの曲はジャズの雰囲気を取り入れたものもあり、楽しめました。横山さんは宮崎出身で、お話しの仕方や雰囲気が、お友達のChiakiさん、おのちゃんさんを思い出して嬉しかったです。宮崎はあたたかく優しい方が多いのだと思いました。このツアーの最後は九州なので、地元の方は喜ばれますね。

miyaさん、いつもいろいろな情報教えていただいて、ありがとうございます。また素敵な出会いがありました(*^^*)
Posted by かよこ at 2017年04月08日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック