2017年10月14日

ブログ開設のお礼-en hommage à Monsieur Miki

約1年ぶり、20回目のフランス語文です。今年の7月でブログを始めて丸10年になりました。開設のきっかけになったお話です。つたない文章を先生に立派文章に直していただきました。ありがとうございます!日本文は仏文を意訳しています。
-----------------------------------------------------------------------
ソフト会社を退職した後ちょうど10年前、このブログを始めました。夫の友人で小さな会社を経営をされていた三木氏から、「ブログの開設の手順を教えて欲しい」と頼まれたことがきっかけです。三木さんの奥さんは乳がんで治療中でした。奥さんのお姉さんと妹さんも乳がんで、既に亡くなっていました。三木さんは癌治療についてブログに書きたかったのです。そしてそれは闘病されている癌患者の方の役に立つ、と思っておられました。この頃、私はブログについて全く知識がなくて、「500円でわかるブログ」という本を買い、それにそって試しにブログを作りました。三木さんに説明する前に、分かりやすいように手順書を作りました。1度か2度、それにそって説明したのですが、70歳を過ぎておられたので簡単には行きませんでした。まもなく奥さんが旅立たれ、三木さんのブログの開設と言う気持ちは無くなったようでした。

それから時間があった私は、時々ブログに記事を書きました。最初は簡単で短い記事だったのです。が、遠くに住んでいる友達がブログを見てくれるようになり、私の近況を知っていると思うと楽しくなってきました。ブログネタを探すようになりました。とても怠け者なのですが、興味を持ったことは積極的にやるようにしました。映画を観る、カフェに行く、音楽を聴く。等々をして、充実してる!と感じてきました。

私は移り気で関心のあることが変わっていくので、10年の間にたくさんの事柄について書いてきました。
ベイシティローラーズ(十代の時に大好きだったスコットランドのグループ)、このカテゴリーのおかげで、たくさんの友達を持つことができました。そしてこのお友達の知識や経験に刺激を受けてきました。
そして夫も私のブログ記事に影響を与える存在です。夫はヨーロッパの東の国や小さな国を巡るのが好きで、今年の6月はバルト三国を訪れました。リガで「ラトビアのゾウが神戸にいます」、と美しいガイドさんから教えてもらいました。この日まで私はゾウに全く興味はなかったのですが、この小さな欧州の国から神戸に渡ったゾウを是非見たい!と思ったのです。そして今、定期的に王子動物園に行きこのゾウをゆっくり眺めています。もちろん、写真はブログにアップしていて、ゾウさんの可愛いさを見てもらえます。
夫は私よりも楽しんでいて、3つのブログ、食べ歩き、旅行記、何でもありの余話、を書いてます。夫はエネルギーも知識も多いので、ブログの開設を私が勧めました。

夫の友人、三木さんは今年の始めに亡くなりました。がんが発見された2か月後でした。「がんが見つかるなら、初期か末期がええで」、とよく言っておられました。三木さんは仕事もよくされましたが、遊びもたくさん、スキー、ゴルフ、山登り、釣り、麻雀などをして人生を楽しんでおられました。そして私たちにブログのきっかけをくれました。あらためて三木さんに敬意と感謝をお伝えしたいです。

J'ai créé mon blog il y a 10 ans, après avoir quitté mon emploi dans une entreprise de logiciels. Un ami de mon mari, Monsieur Miki, qui était patron d'une petite entreprise, m'avait demandé de lui montrer comment créer un blog. Il voulait parler de traitement contre le cancer. Sa femme luttait alors contre un cancer du sein. Deux sœurs de sa femme sont décédées de la même maladie. Il pensait que sa connaissance des traitements pouvait servir à ceux qui luttent contre le cancer. À cette époque, je ne savais rien sur les blogs. Donc, j'ai acheté un livre qui s'appelait  ≪ comprendre avec 500 \ ≫. J'ai alors créé un blog, selon les explications de ce livre. Avant d'expliquer comment faire à Monsieur Miki, j'ai fait un plan avec les instructions essentielles pour devenir un parfait blogueur. Je lui ai montré une ou deux fois comment mettre en ligne un article. Mais il fallait du temps, car il avait plus de 70 ans. Bientôt, sa femme est parti. Il n'avait plus qu'une envie, créer son blog. J'ai mis des articles de temps en temps sur mon blog, car j'avais du temps. Au début, mes articles étaient simples et courts. Puis des amies qui habitaient loin de moi ont consulté mon blog, c'est devenu intéressant de tenir un blog. Elles pouvaient avoir de mes nouvelles. J’ai commencé à chercher des sujets pour mes articles. Je suis paresseuse mais j'essaye de faire le maximum de choses auxquelles je m'intéresse, voir des films, aller au café, écouter de la musique, etc… Je me sens vivante.

Pendant 10 ans, j'ai beaucoup écrit sur des sujets variés car je suis capricieuse et mes centres d'intérêt changent facilement. 
≪ Bay City roller ≫ (j'étais folle de ce groupe écossais pendant mon adolescence), c'est une page de mon blog grâce a laquelle je me suis fait beaucoup de copines. Je suis stimulée par leurs connaissances et leurs expériences.

20140212 bcr.jpg
(Une copine m'a envoié cette photo et un disque)

Et mon mari influence aussi mes choix d'articles. Il aime voyager en Europe de l’Est et découvrir les petits pays d’Europe. Nous sommes allés dans les pays baltes en juin dernier. À Riga, notre jolie guide nous a dit qu'un éléphant de Lettonie habitait à Kobe. Jusqu'à ce jour là je ne m'intéressais nullement aux éléphants, mais j'ai eu envie de voir cet éléphant qui venait d'un petit pays européen.

20171012 juliasan.jpg
(Mon mari et la guide à Riga,Julia)

Maintenant, je fréquente régulièrement le zoo de Ogi et je vois l'éléphant à loisir. Bien sûr, j'ai mis des photos sur mon blog. Vous pouvez voir comme il est charmant.

20171009  l zoo5.jpg
(à zoo de Ogi, Elle s'appelle Zuze)

Mon mari aime beaucoup ses blogs, plus que moi. Il en a trois, il y parle de restaurants, de voyages et de sujets variés. C'est moi qui lui ai conseillé de faire un blog car il a beaucoup d'énergie et de connaissances.

L'ami de mon mari, Monsieur Miki est décédé au début de cette année. C'était deux mois après qu’il a appris qu'il avait un cancer. Il nous a souvent dit: ≪ quand on a un cancer, c'est mieux qu'il soit diagnostiqué très tôt ou en phase terminale ≫. Il a beaucoup travaillé et bien profité de la vie, il skiait, faisait du golf, de l'alpinisme, de la pêche, jouait au mah-jong … Il a vécu pleinement. Puis c'est grâce à lui que nous tenons des blogs. Je voulais lui rendre hommage et lui dire merci.

20171012 mikisan.jpg
(Monsieur Miki)



posted by jirokayo at 04:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
この文章を読んで 涙が出ました。
私など全く関係ないのに 感動したと言うか…胸がギューッとされました。
私たちが楽しませて頂いてるブログには そんな秘話があったのですね。
しかし、素晴らしい🙏💕フランス語、ドイツ語、英語
とお勉強されてる香代子さんを 改めて尊敬しますm(_ _)m
Posted by ヒロヨ at 2017年10月20日 11:37
みなさん、こんにちは

ヒロヨさん、ありがとうございます。
お友達の三木さんが亡くなった時、主人はとてもショックを受けていました。まるで身内をなくしたようでした。それに比べて私は仕事や雑用で忙しく、そのような深い悲しみを感じることができなかったのです。三木さんが残してくださったものに心から感謝したいと思います。

今年、勉強はさぼってばかりでした。もうドイツ語はあきらめた方が良いのですが。。でもスイス動物園の情報はドイツ語だったので、習っていてよかったと心から思いました。勉強は自分の助けになる、とその都度思うのですが、怠けものなのでなかなか努力できないですね(笑)
Posted by かよこ at 2017年10月22日 13:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。