2018年02月12日

耳はそっくり! マックとお父さんのマキシィ(チューリッヒ動物園のアジアゾウ)

チューリッヒ動物園のアジアゾウ、マキシィは王子動物園のマックのお父さんです。昨年10月にチューリッヒ動物園に行った時にマクシィは展示場に出てなかったのですが、写真やDVDを見てマックと比べてみました。

20180212 film9.JPG
マキシィ、(チューリッヒ動物園)
身長 2.8m 体重 約5トン
立派な牙に、大きなおなかです。

20180212 film14.jpg
マック、(王子動物園)
日本で最大級のアジアゾウ、大きすぎて測ることができません。
牙が片方折れています。身長は高く、足が長くてスマートです。

20180122 1 elefant 12.jpg
マキシィ
ポストカードです。

20180122 1 elefant 14.jpg
マック
お父さんと同じ構図。耳の形がそっくりです!

20180212 film12.jpg
チューリッヒ動物園の2005年制作のDVD、Farha、Fahim und Familie
小さなもめごとはあっても、雌と子供たちで穏やかに過ごしている中に、マキシィが入っていきます。王様が通るかのような音楽が流れ、「どけ、どけ! 邪魔だ!」、と小さな子供たちを蹴飛ばしていきます。

20180212 film4.JPG
インディとファーヒム、チャンドラの親子、父親はマキシィ

20180212 film5.JPG

マキシィがファーヒムを角で突いて、空中に飛ばしています。

20180212 film6.JPG

「あんた! 何してくれんのよ!」、とインディが体を張って息子を守っていると、娘のチャンドラも全速力で走ってきて弟をかばいます。他の雌ゾウたちも一斉に移動して、インディ親子を守る様子でした。マキシィ、ちょっと怖いお父さんです。

20180212 film8.JPG

かと思うと、一家で仲良く砂浴びしている和やかな場面もありました。やっぱり家族ですね。
王子動物園は雄のマック、雌のズゼがいて、2頭の子供、雄の結希は市原ぞうの国で育ててもらっています。結希は耳の形は違いますが、背が高く足が長くてマックにそっくりです。成獣するとマックなみに大きくなると思います。

20180212 film13.jpg
結希、3才
2017年7月、王子動物園に里帰りしてました。

2014年にチューリッヒ動物園は絶滅危惧種のゾウのため、タイの国立公園を再現したゾウ舎を作り、いつでも自然に戻せるような飼育方法を取っています。新しいゾウ舎への引っ越しのビデオが下のリンクにあります。
Bulle Maxi bekommt einen Nebenbuhler
(Redaktorin Zürich 20.03.2014)
まもなくマキシィの娘たちお相手に若い雄ゾウが来る、マキシィのライバルが現れる、と記事に書いています。


ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 14:39| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。