2018年05月20日

いけばな小原流 「未来への扉 Reborn」-Memorial Exhibition の写真です☆

いけばな小原流の盛花記念センターで開催された「未来への扉 Reborn」に行きました。

20180519 ohara7.jpg

こちらの記念センター閉館のメモリアル・エクスビジョンで、長く小原流を続けてこられたお友達からご招待していただきました。

20180519 ohara6.jpg

神戸、阪急御影の山手にある盛花記念センターは1962年に建てられました。敷地には南国の植物、たくさんの木々が植えられています。山の地形に沿った建物、分厚いガラスが格子状にはめ込まれ自然のやさしい光が入ってきます。

20180519 ohara1.jpg

歴代家元の傑作を復元展示されていました。

20180519 ohara4.jpg

現代アートのような作品もあります。こちらは色が白、青、緑、赤に変化していきます。

20180519 ohara5.jpg

下に水たまりがあり、そこに作品が映し出されます。

20180519 ohara2.jpg

アジア、ペルシャのオブジェが並んでいました。

20180519 ohara3.jpg

ユニークな造形です。

20180519 ohara8.jpg

大きな作品、華やかです。

20180519 ohara9.jpg

可憐な小さな作品。

20180519 ohara11.jpg

北海道をイメージした作品。

20180519 ohara12.jpg

仏画を背景に作品が並んでいます。

20180519 ohara13.jpg

美しいです。

20180519 ohara166.jpg

センターの屋上、芝生に足が沈み驚きました。

20180519 ohara15.jpg

神戸の街が一望できます。

20180519 ohara14.jpg

小原流の美が詰まった、素晴らしい展示会に行かせていただきました。お友達に感謝します。ありがとうございました。
盛花記念センターは閉館になるそうで残念ですが、美の継承が続いていくこと間違いないと思いました。


posted by jirokayo at 23:07| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。