2018年06月28日

バルト三国、象徴主義「野生の魂 Âmes sauvages」展、オルセー美術館で開催中☆

パリのオルセー美術館でバルト三国、象徴主義「野生の魂 Âmes sauvages」展が7月15日まで催されています。バルト三国、リトアニア、ラトビア、エストニアの独立100周年の記念に企画され、19世紀の作品が集められ、作曲家でもある有名なリトアニアのミカロユス・チュルリョーニス(Mikalojus Konstantinas Čiurlionis)以外は、国外で初めて取り上げられる作品だそうです。4月にイギリス旅行に行く前にパリによってこの展示会を見たかったのですが、「パリでみなくても本国で見たらええやん」と夫に言われ諦めました。今は後悔しています。

20180628 musee1.JPG
オルセー美術館、 Âmes sauvages. Le symbolisme dans les pays baltes企画展

20180628 musee4.JPG
Johann Walter(リトアニア):若い農婦 Jeune paysanne

20180628 musee3.JPG
Ferdynand Ruszczyc (リトアニア):秋の風 "Le Vent d’automne"

20180628 musee5.JPG
Janis Rozentāls (ラトビア): アルカディア Arcadie

20180628 musee6.jpg
Vilhelms Purvītis(ラトビア): 冬 Hiver

20180628 musee2.JPG
Kristjan Raud (エストニア) :犠牲 Sacrifice

「野生の魂」という展示会名がどうなのか? そこまで野生的な作風ではないという記事を見つけました。
Les symbolistes baltes, des âmes pas si sauvages
斜め読みしただけですが、西ヨーロッパの影響され、ホドラー、ムンク、ゴーギャンなどの作風に通じるものが見られると書いてあります。

展示会の案内ビデオ


  


posted by jirokayo at 23:10| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。