2018年10月02日

福山市立動物園の結核にかかったゾウ「ふくちゃん」を救いたい!(クラウドファンディング)

広島県、福山市動物園に「ふくちゃん」という20歳になるボルネオゾウがいます。ふくちゃんは親とはぐれたところを保護され、推定3歳の時に福山やってきました。ボルネオゾウはマレーシアのボルネオ島にだけ住む小型のゾウで、鼻が短く、しっぽが長い特徴です。日本に一頭しかいないボルネオゾウ、ふくちゃんは結核にかかり闘病生活を送っています。この10月で約1年半にわたる薬の投与期間が終わるのですが、ふくちゃんの病気は完治することはありません。結核を発症させないためには、継続して検査を行い、健康管理に気をつけなければなりません。冬の暖房費、検査キッド、お薬などのたくさんの費用がかかります。ふくちゃんを救うためのクラウドファンディングが立ち上がっています。

福山市立動物園の結核にかかったゾウ「ふくちゃん」を救いたい!

20181002 fukuchan 3.JPG

クラウドファンディングのサイトにふくちゃんの詳細が書いてあります。
推定5歳のふくちゃん。かわいいですね!

20181002 fukuchan 2.png.jpg
(写真:ファンディングのサイトから)

今度福山に行って、ふくちゃんに会いたいです。応援してるよ〜、ふくちゃん!!

posted by jirokayo at 22:11| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。