2018年12月13日

ネットで一番聞かれている20世紀の歌「ボヘミアン・ラブソディ」

ネットで一番聞かれている20世紀の歌「ボヘミアン・ラブソディ」、というフィガロの記事を見つけました。
Bohemian Rhapsody de Queen devient la chanson du XXe siècle le plus écoutée en ligne
ざっと読んだだけですが、気になった2つのビデオをリンクさせていただきます。

1992年に公開されたアメリカ合衆国の映画、『ウェインズ・ワールド』(Wayne's World)はクイーンやアリス・クーパーなど、1970 - 80年代に活躍したミュージシャンの楽曲が挿入歌として使われ、ロックに関する小ネタも多いコメディ映画です。ボヘミアン・ラブソディが歌われているシーンです。


  


2017年、ロンドンのハイドパークで行われた「グリーン・ディ」のコンサート。ライブが始まる前、65000人が歌うボヘミアン・ラブソディです。


  


ラベル:英国 音楽 映画
posted by jirokayo at 01:07| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。