2019年01月17日

阪神淡路大震災から24年、神戸・三宮「東遊園地」-2019年1月17日

今日、1月17日で阪神淡路大震災の発生から24年目になります。神戸市役所の側の「東遊園地」に「慰霊と復興のモニュメント」があり、毎年公園の中央に文字をかたどられた竹灯籠が並べられます。地震発生の午前5時46分、遺族をはじめたくさんの方が黙とうし祈りを捧げます。朝から夜まで訪れる人は絶えないですが、私はお昼過ぎに行かせていただきました。

20190117 higashiyuenchi 5.jpg
東遊園地
12時過ぎ、お昼休みの時間だったのもあり、たくさんの方が来られていました。

20190117 higashiyuenchi 1.jpg

竹灯籠が描く文字は「1995 つなぐ 1・17」

20190117 higashiyuenchi 2.jpg

今年はもう竹灯籠の提供ができなくなった、という街がいくつかあったそうです。

20190117 higashiyuenchi 3.jpg

震災から24年が経ち、117の意味が分からない世代も増えています。日頃は忘れていても、この日だけは震災当時に思いを馳せ祈りの心で過ごしたいです。

20190117 higashiyuenchi 4.jpg

私のようにひとりで来られている女性たちも多かったです。

20190117 higashiyuenchi 6.jpg
慰霊と復興のモニュメント
この地下に「瞑想空間」があり、震災で亡くなられた方々の名前が刻まれています。

20190117 higashiyuenchi 7.jpg

献花、記帳で菊の花をもらい、水がはられた中にお供えさせていただけます。

20190117 higashiyuenchi 14.jpg
希望の灯り
被災10市10町を巡って運んだ種火と47都道府県から寄せられた種火を一つにした灯りが灯されています。
1995年1月17日午前5時46分 阪神・淡路大震災
震災が奪ったもの命 仕事 団欒 街並み 思い出
・・・たった1秒先が予見できない人間の限界・・・
震災が残してくれたもの やさしさ 思いやり 絆 仲間
この灯りは 奪われた すべてのいのちと
生き残った わたしたちの思いを むすびつなぐ


20190117 higashiyuenchi 8.jpg
皇后陛下の平成18年(2006年)の歌会始めにおいて詠まれた歌
「笑み交わし やがて涙のわきいずる 復興なりし 街をいきつつ」

20190117 higashiyuenchi 9.jpg
雪地蔵
鳥取県江府町から雪をいただいて、神港学園硬式野球部が中心に作られました。

20190117 higashiyuenchi 13.jpg
津波の高さを表す足場
神戸の海抜4.6m、東日本大震災の津波は10m

20190117 higashiyuenchi 10.jpg

応援メッセージがお花の形になって並んでいます。

20190117 higashiyuenchi 12.jpg

時間があればひとつひとつ読んでいきたかったです。

20190117 higashiyuenchi 11.jpg

時が経っても決して忘れてはいけないことがあるのだと、今の年齢になって深く思うようになりました。

posted by jirokayo at 23:11| Comment(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。