2019年06月24日

エジンバラ、Ryrie’s Bar にベイシティローラーズの記念プレートを見に行きました。

エジンバラのRyrie’s Barにベイシティローラーズの記念プレートを見にひとりで行きました。プレートについては下記の記事をご覧になってください。
ベイシティローラーズの記念プレート、エジンバラの“Ryries Bar”に!!

20190623 1-1.jpg

Haymarket駅のすぐそばにRyrie’s Barはあります。
2014年にデレクの勤務先の病院を一目見たくて、立ち寄ることになったスタバと隣接していました。その時に記事です。エジンバラ Royal Infirmary へ行きたい @

20190623 1-3.jpg

入口は2つあり、スタバと反対側から入りました。カウンターで若い男性スタッフにカプチーノをオーダーし、「私はベイシティローラーズのファンです。あそこに座っていいかしら」とおつりの一部をチップに渡しました。「もちろん!楽しんでください」と言ってくれました。

20190623 1-4.jpg

プレートの前にはお花が置かれていました。ガラスの花瓶には”Don't Let The Music Die” と書かれていました。アランの一周忌でファンの方が来られたのでしょうか。それともお店がされていることかもしれません。

20190623 1-5.jpg

プレートの贈呈、お披露目の時に、アランとデレクがリムジンから降りてきて、たくさんのファンに囲まれている様子をライブビデオで見ていました。長い期間ファンの前に出てなかったデレクが登場に、驚きで食い入るようにパソコンを見ていました。

20190623 1-6.jpg

2016年優しく頼りになるアランがいたから、デレクがこの場に来たのだと思います。あの幸福な日の記憶がアランがいなくなった寂しさを強くしました。2014年のデレクの勤務先を一目見たいけれど、反対方向のバスに乗って心細く切なかった思いがよみがえってきました。ふたつの思いで、涙がでてきました。
posted by jirokayo at 07:59| Comment(2) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
香代子さん みなさんこんばんわ

 美しいプレートです。
 今もなお、香代子さんが2014年ファンフェスタの後に、デレクの病院に行かれた時の思い出話を、鮮明に覚えています。
 私もいつか必ず、Ryrie’s Barに行き、このプレートを見てみたいと思います。
 いつまでも、大事に飾られていることを願います。
 素敵な写真をありがとうございました。
 
Posted by macorin at 2019年06月25日 22:34
みなさん、こんばんは

macorinさん、ありがとうございます。
プレートの両サイドにテーブルがあるのですが、この時はどちらもお客さんがいました。私が座ったテーブルのそばに注意書きがありました。日本で言ったら、「ここでは他のお客さまに迷惑にならないようにお過ごしください」、というような内容でした。世界中からファンが見に来ているのだと思います。本当に美しいプレートで感激する気持ち分かります。macorinさんもぜひ見ていただきたいです。
Posted by かよこ at 2019年06月28日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。