2019年08月14日

ベルギー動物園、Pairi Daiza @ 動物の楽園!? (2019年7月1日)

ベルギーの動物園、Pairi Daiza(ペリダイザ)に行きました。ブリュッセルから車で約一時間、電車でも行けるそうですが、早朝にロンドンから移動日だったので、効率よく周るために車を頼みました。

20190701 zoo2.jpg

ペリダイザは、ベルギーのエノー州ブルジェレットにある個人所有の動物園と植物園。 65ヘクタールの大型動物テーマパークは、シトー会のカンブロン修道院の跡地にあり、4,000を超える動物がいます。Pairi Daiza、名前はペルシャ語の楽園の源であるそうです。1993年に開業、数年前まではParadisio(楽園)という名前でした。

20190701 zoo3.jpg

入口付近に修道院の建物が残っています。
ベルギーは小さな国ですが、フラマン語(オランダ語に方言がある)、フランス語圏に分かれています。その他にドイツ語を話す地域もありますが、ペリダイザはフランス語圏です。

20190701 zoo1.jpg

園内マップ。地図ではわからない、実際に周るととても広いテーマパークです。

20190701 zoo4.jpg

表示をたどって歩きますが。。

20190701 zoo6.jpg

とても広くてどこに行けばよいか戸惑います。

20190701 zoo7.jpg

20190701 zoo11.jpg

夫が足が痛いので、とりあえず電車に乗って園内を様子を見ることにしました。

20190701 zoo13.jpg

鳥が見えます。

20190701 zoo12.jpg

大きな池?岸にアシカが横たわっています。

20190701 zoo14.jpg

この建物の中に動物はいるのでしょうか。

20190701 zoo15.jpg

サイです! 水辺を離れると動物が見えてきました。

20190701 zoo16.jpg

ロバが軒下にいました。

20190701 zoo17.jpg

アジアゾウ! が見えてきました。ここはゾウが20頭以上います。

20190701 zoo18.jpg

このグループは昨年ハノーファーから来たファミリーだと思います。ゾウとパンダは別記事に書きます。

20190701 zoo19.jpg

遠くたくさんに見えました。

20190701 zoo29.jpg

楽しく園内がまわれました。この後、夫はカフェで休んで、私ひとりで動物を見に行くことになりました。

20190701 zoo25.jpg

キリン、側で見れるようになっています。

20190701 zoo24.jpg

ゴリラ、少し怒っているように見えました。

20190701 zoo26.jpg

ホワイトタイガー、2頭いました。

20190701 zoo27.jpg

どちらも寝ていました。が、かっこよかったです。

20190701 zoo30.jpg

ラクダ、子供パンダがいるエリアにいました。

20190701 zoo28.jpg

夫と待ち合わせのカフェ、外の席まわりに鳥がたくさんいました。

20190701 zoo8.jpg

入口付近には鳥のエリアがあって、多種類がいます。

20190701 zoo20.jpg

コウノトリはわかりました。

20190701 zoo21.jpg

時間があったら、もっとゆっくり見たかったです。

20190701 zoo22.jpg

この鳥を見たのは初めてです。

20190701 zoo23.jpg

ゾウとパンダに時間を取ったので、他の動物はあまり見れませんでした。
動物園近くにホテルが建設中とのことです。滞在してゆっくり周りたい動物園でした。

Pairi Daiza
Domaine de Cambron, Brugelette 7940, Belgium
ホームページ
posted by jirokayo at 11:40| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。