2019年12月18日

ふくちゃん、はじめまして!!福山市立動物園のボルネオゾウ(2019年12月14日)

先日、広島の福山市立動物園に行きました。こちらには日本で唯一のボルネオゾウ、ふくちゃんがいます。ふくちゃんはボルネオのジャングルで群れとはぐれているところを保護され、その後、推定3歳の時に日本に来ました。小柄で顔が大きく、鼻が短くて尻尾が長いのがボルネオゾウの特徴で、親しみやすく可愛いです。ぶくちゃんが日本で有名なのはそれだけではなく、結核と闘っているゾウとして知られています。2016年3月に結核に感染していることがわかり、命が危ぶまれる状態に陥りました。飼育員さん、獣医さん、スタッフの懸命な働きがあり、ふくちゃんの命が守られてきました。

20191214 fuku 01.jpg

少し前に「みんなで守れ! ふくちゃんのいのち-結核にかかったボルネオゾウ-」を読んで、ふくちゃんに会いに行きたいと思っていたら、機会がやってきました。夜に世羅でクリスマスディナーライブがあり、夫も行ってくれることになしました。神戸、三宮から車で約3時間で福山市立動物園に着きました。

20191214 fuku 06.jpg

ふくちゃんのためのクラウドファンディングが目標額に達したお礼が書かれていました。結核の検査キッド、暖房費、エンリッチメントなどにかかる沢山の費用をまかなうためのファンディングでした。

20191214 fuku 02.jpg

入口でふくちゃんへの差し入れ、リンゴと落花生をお預けしました。事前に電話で、差し入れができるのか、どこで渡すのかを聞いていました。ゾウ舎は入口の近くで、すぐわかりました。

20191214 fuku 08.jpg
ボルネオゾウの紹介

20191214 fuku 07.jpg

はじめまして! ふくちゃん!

20191214 fuku 10.jpg

飼育員さんがおやつを持って来られました。

20191214 fuku 14.jpg

ふくちゃんが食べるものを説明してくださいました。


  
動画:おやつの説明
飼育員さんがテンポよくお話し、ふくちゃんに号令をかけていました。号令はタイ語です。
リンゴやバナナをたくさん食べそうだけれど、実はほんの少しで、今ならサトウキビが主である、ということでした。

20191214 fuku 05.jpg

ゾウ舎の前に自動販売機があります。「ボルネオへの恩返しプロジェクト」の資金に貢献できる販売機がありました。写真は園の入口にあるものです。

20191214 fuku 13.jpg

30分ほどすると、飼育員さんが再び登場しました。今度はふくちゃんがどのようにおやつ、ごはんを食べるかの説明がありました。ふくちゃんのお口を開けて歯を見せてくれました。


動画:食べ方の説明
ふくちゃんひとりでいると退屈してしまい、同じところを回るという常同行動を取ることになり、ホルモン的にもよくなく免疫力も下がるので、できるだけ退屈させないようにしているそうです。

20191214 fuku 15.jpg

2階の窓からおやつを渡す、ふくちゃんが取りにくい場所にわざとセットします。工夫して餌を取る、考えることが良いそうです。飼育員さんが何度もおやつをおいていました。


動画:タイヤの片付け
寝室に戻る前にタイヤと、ホースで編んだサイコロを片付けていました。2時間ちかくふくちゃんを見てましたが、タイヤで体重を支えている時が一度ありました。


動画:トレーニング
15時までふくちゃんは運動場に出ていると電話で聞いていました。寝室に戻るのを見届けようと待っていました。15時に飼育員さんがふくちゃんに号令をかけて動きだしました。初めてなので何が起こるかと見ていたら、「動くのが大変でなければ、あちらの窓に行ってみてください」と飼育員さんに言われました。この時ふくちゃんを見ていたのは私だけでした。窓ガラスにカットしたバナナをくっつけて、ふくちゃんが食べるところを見せてくれました。


動画:健康チェック
トレーニングの後、「今から体重を測かり、足を洗って、体を洗って帰ります」と説明がありました。ふくちゃんが体重を測るところが見れました。平坦な鉄板の上に載ると体重が表示されました。

20191214 fuku 04.jpg

2690kg! 軽いですね。王子のズゼは4908kgでした。ふくちゃんはタイヤをしまってから、トイレタイムでたくさん柔らかそうな💩をしていました。おなかこわしてないかな、と心配しました。

20191214 fuku 09.jpg

胴回りも図ってもらい、足を洗ってもらっていました。お水はホースから直接飲んでいます。

20191214 fuku 12.jpg

最後に体を洗ってもらうところまでいました。別のところにいた夫から電話があり「寒いから帰りたい」と言われ、お部屋入るところは見れませんでした。が、元気で過ごしているふくちゃんに会えました。飼育員さん、獣医さんたちが愛情をかけてふくちゃんをお世話されているのを見て感動しました。お気遣いいただいて、ありがとうございました。遠くからですが、ふくちゃんをずっと応援しています。また会いにいきますので、よろしくお願いいたします。

20191214 fuku 03.jpg

売店で買ったふくちゃんのグッズです。バッジの袋の裏側の言葉です。
ふく (ボルネオゾウ) みんなに励まされながら つらい治療も笑顔で乗り越える がんばり屋さんのゾウ。


ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 22:13| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。