2019年04月13日

ゾウの小椅子!?

先程三宮のOPA2で見つけました。ゾウさんの椅子です。

C4E4B9F9-1C27-473C-BE46-74136ED5220B.jpeg

収納できます。

C49B5BE1-C42C-4831-9B05-444C2F609340.jpeg

カバさんもあります。

2436ECF9-E258-4D5F-B79A-FCF2FE11F159.jpeg

また肌寒い日が続いています。どうぞお気をつけてお過ごしください。
ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

あしながチャリティーソング「Thank you for the song」K★Bオールスターズ

「あしなが育英会」を支援を続けています。「あしなが育英会」は病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。
売上の一部があしなが育英会への寄付となるK★Bオールスターズによる楽曲「Thank you for the song」が、2019年3月20日(水)にポニーキャニオンより発売となりました。 YouTubeで聞くだけでも寄付になります。どうぞよろしくお願いいたします。



  
posted by jirokayo at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

お花見写真はまだですが。。

今日、4月1日から新年度が始まりました。新年号「令和」の発表で盛り上がった一日で、夫も号外を持って帰ってきました。
昨日からの寒の戻りで体調を崩して、予定してたお花見ができず、まだ桜の写真が撮れていません。今日は動物園に行きシャッターを何十回も切ったのに、SDカードを入れ忘れる大ボケをしてしまいました。ということで、今日は手元にある写真を掲載します。

20190401 sakura1.jpg

ゾウのズゼのカレンダー、4月は桜が背景のものです。今年は短期滞在中のみどりちゃんがこちらの運動場にいるので、同じ構図で写真は撮れそうにないです。

20190401 sakura2.jpg

3月早々に神戸国際会館の地下入口前に飾られていた桜です。まだ寒い時期にこんなに桜がどこにあるのか? ととても不思議でした。

20190401 sakura3.jpg

明日も寒いそうで、ゆっくりお花見気分ではなさそうです。どうぞみなさま、ご自愛してお過ごしください。


posted by jirokayo at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

阪急 夙川駅の桜、待ち遠しいです。

阪急沿線の夙川は桜美しくて有名です。

B348BD81-CDC6-4AF6-9CF2-CB9BB7F0D914.jpeg

今日はまた寒が戻って寒いです。

66D6CD26-D536-4FED-92E8-C7A780FDE4C9.jpeg

桜のツボミはまだ固そうでした。美しい花を咲かせてね🌸
季節の変わり目、どうぞご自愛してお過ごし下さい。



posted by jirokayo at 12:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

「太陽の塔」の内部見学、miyaさんが行かれました☆

「太陽の塔」の内部をmiyaさんが見学されて、お写真と説明を送ってくださいました。とても美しく神秘的です!! miyaさん、貴重なお写真送っていただいて、ありがとうございます
以下はmiyaさんのお話しです。

DSC_2097.JPG

岡本太郎氏プロデュースの太陽の塔は、4つの顔を持ち、前上部から未来「黄金の顔」前中心部、現在「太陽の顔」後ろの過去「黒い太陽」そして内部の人間の精神世界「地底の太陽」で、それぞれの世界を象徴しているそうです。

DSC_2203.JPG

内部の「地底の太陽」は、当時博覧会終了後の撤去作業の際に行方不明になり、今も見つからないそうで、同じように作られたレプリカだそうです。

DSC_2218.JPG

DSC_2219.JPG

DSC_2220.JPG

撮影は、再生された「生命の樹」の1階部分からのみOKで、2階3階と説明を受けながら登り、アメーバから魚、爬虫類、恐竜などから人類へと進化の過程が表されていて、とても神秘的でした。

DSC_2234.JPG

DSC_2232.JPG

DSC_2231.JPG

太陽の塔の両腕部分まで上れて、腕の内部も見学でき、おそらく当時は見られなかったであろう内部の再生を見れて感動し、改めて岡本太郎氏の偉大さを実感しました。

DSC_2238.JPG

DSC_2252.JPG



posted by jirokayo at 23:59| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする