2018年03月06日

日曜美術館「イレーヌ ルノワールの名画がたどった140年」・ビュールレ・コレクション開催中

東京国立新美術館で「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」が開催されています。3月4日のEテレ「日曜美術館」で展示会の超目玉作品、ルノワールの『イレーヌ』を特集していました。

20180306 tv11.jpg
品川駅で撮影した展示会の案内

ピアニストで作曲家、西村由紀江さん、カメラマンの渡辺達生氏、多摩美術大学の西岡文彦教授がゲスト出演していました。子供のころからこの大好きだったと言う、西村由紀江さんは『イレーヌ』のイメージ曲を披露されました。

20180306 tv1.jpg

ルノワールの代表作『イレーヌ』は裕福なユダヤ人富豪の令嬢、イレーヌ・カーン・ダンヴェールを描いた肖像画。愛らしいこの作品には激動の物語が秘められています。

20180306 tv3.jpg
イレーヌの母、ルイーズ・カーン・ダンヴェール (カルリュス・デュラン作)

印象派の表現を取り入れたこの作品をイレーヌの母、ルイーズは気に入りませんでした。新古典主義的な手法が肖像画にふさわしいと思っていたのです。イレーヌの肖像画は屋敷の片隅に飾られました。

20180306 tv4.jpg
イレーヌの妹、アリスとエリザベス (ルノワール作)

妹のアリスとエリザベスの肖像画をそれぞれに描く予定だったのに、イレーヌの肖像画が気に入らなかったので2人一緒に描くことになりました。「もう二度とあの家の仕事はしない」、と思ったほど収入にならなかったルノワールは怒りました。

20180306 tv5.jpg

イレーヌは2度結婚することになり、肖像画は長女のベアトリスが持っていました。ヒトラー政策、ユダヤ人迫害と美術品収集(美術館を作る目的)のため、肖像画は没収され、娘の一家は強制収容所へ送られました。

20180306 tv6.jpg

戦後肖像画は奇跡的にパリに戻ってきました。戦争を生き抜いたイレーヌに返還されます。91歳まで生きたイレーヌは帰って来なかった子供や孫の話を一切することはなく、肖像画は売却してしまいました。

20180306 tv7.jpg
チューリッヒの美術館、「ビュールレ・コレクション」
武器商人エミュール・ビュールレが戦争で儲けたお金で美術品を収集しました。

20180306 tv8.jpg

2008年に武装強盗団に4枚の絵が武装強盗団に盗まれる事件が起こり、幸い全作品が見つかり返還されましたが、結果2015年5月に美術館は閉館され、2020年にチューリッヒ美術館に移管されます。

20180306 tv9.jpg

「ビュールレ・コレクション」の美術館はチューリッヒ湖が見渡せる美しい場所にあるそうで、一度行ってみたかったです。

20180306 tv10.jpg

『イレーヌ』、雑誌や教科書でも見る美しい絵です。展示会は東京の後、福岡、名古屋に巡回します、どこかでイレーヌに会えますように。。

番組は3月11日 20時から再放送があります。
番組ホームページ:日曜美術館「イレーヌ ルノワールの名画がたどった140年」
展示会公式サイト:至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

ラベル:美術
posted by jirokayo at 01:57| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

神戸市立博物館 「ボストン美術館の至宝展」

神戸市立博物館で「ボストン美術館の至宝展」が今日、2月4日まで開催されています。
チケットをいただいて嬉しかったのですが、うっかりしていて会期が終わる寸前に慌てていくことになりました。

20180202 musee5.jpg

古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス美術、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術の7つのチャプターに分かれていて、全80点が展示されています。

20180202 musee1.jpg

目玉作品はゴッホのルーラン夫妻の肖像画です。

20180202 painting3.JPG
ゴッホの「郵便配達人ジョゼフ・ルーラン」

20180202 painting2.JPG
ゴッホの「子守唄、ゆりかご揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン」

20180202 painting1.JPG
英一蝶の「巨大涅槃図」。
大きな絵で釈迦が入滅するまわりの人たち、動物が細かく楽しく描かれていて、素晴らしい作品でした。

20180202 musee3.jpg

中国の「九龍図巻」、これも圧巻でした。

会期の終盤で平日でもたくさんの人が来られていて、ゆっくり作品を見入っておられました。
展示会の図録、グッズ等がいろいろとあったのですが、レジも並んでいたので何も買いませんでした。
この展示会は次は名古屋に巡回します。
ボストン美術館の至宝展

ラベル:美術
posted by jirokayo at 02:22| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」、1月14日まで神戸で開催☆

「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」が1月14日まで、兵庫県立美術館で開催されています。
機会があって昨年2回、この展示会を観に行きました。展示は6つのセクションで構成されています。
1.イタリア:ルネサンスからバロックへ
2.フランドル:バロック的豊穣の時代
3.オランダ:市民絵画の黄金時代
4.スペイン:神と聖人の世紀
5.フランス:古典主義的バロックからロココへ
6.ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で

オランダの風俗画、スペインの宗教画が好みに合いました。

20180110 painting 5.jpg
ジャン=バティスト・シメオン・シャルダン
「食前の祈り」
1744年頃

フランス絵画です。ずっと前に月刊誌「ふらんす」で紹介されていました。

20180110 painting 8.jpg
フランス・ハルス
「手袋を持つ男の肖像」
1640年頃

オランダ絵画、市民を描いた作品。堅苦しくないハルスの絵は好きです。

20180110 painting 1.jpg
ヘラント・ファン・ホントホルストイ
「陽気なリュート弾き」
1624年

こんな笑顔を見たら、演奏前から楽しいです。

20180110 painting 2.jpg
レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン
「運命を悟るハマン」
1660年

旧約聖書の話がドラマチックに描かれています。

20180110 painting 7.jpg
ヤン・ステーン
「怠け者」
1650年

この怠け者と私はとても似てる!、と笑いが出てきました。

20180110 painting 6.jpg
ピーテル・デ・ホーホ
「女主人とバケツを持つ女中」
1661-1663年

フェルメールと同じ時代の作品。背景にオランダの建物、構図がフェルメールの作品と似ています。

20180110 painting 3.jpg
フランシスコ・デ・スルバラン
「聖母マリアの少女時代」
1660年頃

厳しい宗教画のイメージがあるスルバラン、この作品はとてもかわいいです。

20180110 painting 4.jpg
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ
「羊飼いの礼拝」
1650年

ムリーリョの描く女性は可憐で美しいです。

20180110 painting 9.jpg
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ
「幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ」
1660年

イエスと聖ヨハネ、まるで天使のようです。

お友達のrinoさんの義父様がお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈りいたします。

大エルミタージュ美術館展の公式サイト

posted by jirokayo at 03:26| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

リカちゃんがパリの「オランジュリー美術館」に!!

くまモンとリカちゃんがが2017年のフランス観光親善大使です。フランス各地の写真をSNSで見てきましたが、このオランジュリー美術館の写真はモネの「水連」を背景にして大変美しいです。写真の撮り方の勉強になります。



ラベル:フランス
posted by jirokayo at 03:00| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

大エルミタージュ美術館展、12月1日までエカテリーナ2世の肖像画が撮影OKです!!

神戸の兵庫県立美術館で開催されている「大エルミタージュ美術館展」、エカテリーナ2世の肖像画の写真が12月1日まで撮影可能です。

2011121 musee1.jpg

日本の展覧会で写真撮影が可能!? 信じられなかったのですが、写しても怒られなかったです。

2011121 musee2.jpg

この展示会は再度行く予定があるので、絵の紹介は次回にさせていただきます。

2011121 musee3.jpg

大エルミタージュ美術館展
会場:兵庫県立美術館
会期:2017年10月3日ー2018年1月14日
展覧会の公式サイト


posted by jirokayo at 23:14| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする