2017年08月30日

フランス、ブルターニュで貴重な「ピカソ展」開催中です☆

フランス、ブルターニュ地方のランデルノー(Landerneau)で「ピカソ展」が催されています。200点もの絵画、デッサン、陶器作品はピカソの最期の妻、ジャックリーヌ・ロックが所有していたものです。今はジャックリーヌの長女のカテリーヌ・ウタ−ンに継がれていて、この展示会に初めて一般公開になるもの、滅多に出品されない作品が並んでいます。

20170830 picasso5.jpg

ランデルノーの“Fonds Hélène Et Edouard Leclerc” で2017年11月1日まで開催されています。

20170830 picasso1.jpg

ビデオを見ましたが、今までに見たことがない作品が並んでいて新鮮です。

20170830 picasso2.png

20170830 picasso6.jpg

最期の奥さん、ジャックリーヌを描いた作品。
ジャクリーヌはギリシア系で、黒髪をだったそうです。

20170830 picasso8.PNG

展示会の説明のビデオに作品がいろいろ映っています。
ランデルノーはブリュターニュの端、簡単に行けないので、映像で展示会の様子がわかり嬉しいです。


Expo Picasso à Landerneau

関連記事
Les surprenants Picasso de Picasso à Landerneau
Exposition. Picasso à Landerneau, qui l’eût dit ?
Une exposition exceptionnelle propose de plonger dans l’intimité de Picasso

Fonds Hélène Et Edouard Leclerc の公式サイト

ラベル:フランス 美術
posted by jirokayo at 01:09| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

日曜美術館「ブリューゲル×大友克洋」バベルの塔-8月20日再放送

8月20日(日) 20時からNHK Eテレで、日曜美術館「ブリューゲル×大友克洋」の放送があります。漫画界に革命を起こした大友克洋先生が、ブリューゲルの『バベルの塔』について語ります。初回放送は5月28日でした。

20170819 otomo2.jpg

大友先生はブリューゲルは好きな作家で、得に細密な画風に影響を受けられたそうです。
私も大好きな画家で、以前ブログの記事に書かせていただきました。フランドルの画家 ブリューゲル(父)-Le peintre Flamand Brueghel l'Ancien 大友先生がとても近くなったように思いました。

20170819 otomo5.jpg

「バベルの塔」は日本に来ていて、東京の展示会を終え、今大阪に巡回しています。

20170819 otomo6.jpg

大友先生が描かれたバベルの塔の内部、細部が細かく描かれていて、ブリューゲルに負けていません。先生は遠近法や力学法を考えて全てを描くと辻褄が合わない、自由がいったそうです。

20170819 otomo7.jpg

バベルの塔で働いている人達の生活を考えられたそうです。

20170819 otomo3.jpg

「大きな魚は小さな魚をくらう」、ブリューゲルの版画の下絵です。

20170819 otomo4.jpg

大友先生が影響を受けて描かれた、かばバージョンです。

本物のバベルの塔以上のものが見れました。大友先生と番組スタッフに感謝します
番組ホームページ
ラベル:美術
posted by jirokayo at 22:57| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ブリューゲル「バベルの塔」展、大阪国際美術館で開催中☆

大阪国際美術館でブリューゲル「バベルの塔」展が7月18日から催されています。先日お友達のmiyaさんが行かれたと、写真を送ってくださいました。

20170813 painting.jpg

ブリューゲルは16世紀のフランドル地方の画家です。この作品はオランダ、ロッテルダムのボイマンス美術館の所蔵です。

20170813 painting4.jpg

1999年3月にボイマンス美術館で、このバベルの塔を観ました。

20170813 painting3.jpg

当時はまだデジカメを持っていませんでした。欧州の美術館はフラッシュなしなら、写真を撮れるところが多いです。

20170813 painting1.jpg

ボイマンス美術館は2005年に再訪しましたが、いずれも人が少なくゆっくりと観ることができました。

20170813 painting2.jpg

最近はすぐに何でも忘れますが、このボイマンス美術館でのことはよく覚えています。1999年3月は家庭にパソコンが普及していない時です。美術館のショップに所蔵作品を収録しているCDが置いてありました。スタッフに「パソコンで再生できるか?」 と聞くと、「フィリップの専用機でなけらば再生できない」、と言われました。今はなんでもデジタル化でパソコンがなくても、スマホで簡単に絵画が見れて幸せです。
miyaさんの写真を見て、いろいろな思い出がよみがえってきました。ありがとうございました

ブリューゲル 「バベルの塔」展
10月18日まで大阪 国立国際美術館で開催中
公式サイト



ラベル:美術
posted by jirokayo at 02:52| Comment(8) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

華麗なるミュシャ 祖国への旅路 パリ・プラハ 二都物語(3月16日)

ミュシャの特集番組、これは楽しみです!

ラベル:美術
posted by jirokayo at 02:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

ナビ派全体の回顧展、東京・三菱一号館美術館で開催中☆

ナビ派全体の回顧展が東京で開催中です。ナビ派は好きなので行ってみたいです。


ラベル:美術
posted by jirokayo at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする