2018年02月11日

ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)&クレメラータ・バルティカ(2018年2月 兵庫公演)

2月10日 「ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)&クレメラータ・バルティカ」公演が兵庫県立芸術文化センターで催されました。

20180210 concert.jpg

ヴァイオリン:ギドン・クレーメル
演奏:クレメラータ・バルティカ
ピアノ:リュカ・ドゥバルグ
プログラム
モーツァルト:アダージョとフーガ
ラスカトフ:モーツァルトの生涯から5分間 *
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第3番 *
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第12番(ピアノ:リュカ・ドゥバルグ)
モーツァルト:セレナーデ 第6番「セレナータ・ノットゥルナ」 *
*=クレーメル共演
アンコール曲
ソリスト
スカルラッティ:ソナタ ニ長調 K.491
クレメラータ・バルティカ
テディ・ボー博士:Mc Mozart Eine Kleine Bright Moonlight Nicht Music
クレーメル&クレメラータ・バルティカ
クライスラー/プシュカレフ編:愛の悲しみ


天才ヴァイオリニスト、クレーメル氏はラトビアのリガ出身。若い演奏家の育成・発掘に尽力し、クレメラータ・バルティカはバルト三国の若手演奏者を集めています。世界50数か国、600以上の都市で1000回以上のコンサートを行い、最高の室内合奏団のひとつとして評価されています。リュカ・ドゥバルグ氏はチャイコフスキー国際ピアノコンクールに上位入賞を果たした評価の高い話題のピアニストです。2018年、バルト三国は独立100周年になり、クレーメル氏とクレメラータ・バルティカはバルト三国(エストニア/ラトビア/リトアニア)の祝独立100周年文化大使です。

指揮者がいない室内合奏団の演奏は久しぶりでした。モーツァルトの「アダージョとフーガ」、陰欝な雰囲気でドラマチックに弦の音色が重なり、反発していてとても印象に残りました。「ヴァイオリン協奏曲 第3番」のクレーメル氏の演奏はとても繊細でしたが、「セレナーデ 第6番」はアレンジが面白く楽しく聴けました。リュカ・ドゥバルグ氏の「ピアノ協奏曲 第12番」はもちろん、アンコール曲の「スカルラッティのソナタ」も良かったです。

会場にCDの販売があり、たくさんの人が買っていました。私も欲しかったのですが種類が多くて迷ってしまい買えませんでした。サイン会はありませんでした。

クレーメル氏とクレメラータ・バルティカ、ドゥバルグ氏の公演は2月12日に広島、14日、18日に東京で行われます。
ラベル:ラトビア 音楽
posted by jirokayo at 01:50| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 〜ショパンと新世界〜(2018年1月6日)

1月6日、兵庫県立芸術文化センターで開催された「ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 〜ショパンと新世界〜」に行きました。

20180106 concert.jpg

指揮:ヤツェク・カスプシック
ピアノ: シャルル・リシャール=アムラン
管弦楽:ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
プログラム
パデレフスキ:序曲 変ホ長調
ショパン:ピアノ協奏曲 第1番
ドヴォルザーク:交響曲 第9番「新世界より」
アンコール
第1部:J.S.バッハ アリオーソ
第2部:ブラームス ハンバリー舞踊より 第1番 ト長調


行くのを迷っていたので、公演2日前にネットで4階の後ろから2列目の席を取りました。が、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団は2014年、大河ドラマ「軍師官兵衛」のサントラの演奏者だと知り、行く気満々になりました。「軍師官兵衛」は大好きで、サントラのCDも買って持っています。

期待以上に素晴らしい演奏でした。兵庫県立芸術文化センターのホールが木造りでとても良い響きなのですが、弦奏者が弓を動かした瞬間、その音に感動しました。

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団は1901年に設立され、1939年の第二次世界大戦勃発まで著名な作曲家や指揮者が招聘され、共演しました。が、第二次世界大戦中はヨーロッパ楽壇において名誉ある地位をほとんど奪われました。1955年にフィルハーモニーホールが再建され、ショパンやグレツキ、ルトスワフスキなど新旧の音楽の上演によって、ポーランド楽壇を洗練し磨きをかけ、権威あるレコード賞、グラミー賞を受賞するに至っています。

ピアニストのシャルル・リシャール=アムランさんはカナダ、ケベックの出身です。2015年ショパン国際ピアノ・コンクールで2位とベスト・ソナタ賞を受賞されています。同世代の中でももっとも重要なピアニストとして注目されています。

4階の後ろ中央よりの席から、シャルルさんの手、奏でる様子がよく見えました。淀みのない優しいぬくもり感じるショパン、ピアノ協奏曲でした。

公演後、一階の物販コーナーを見ると、CDが3枚しかありませんでした。買えばシャルルさんのサインが貰えるのですが、時間がかかりそうなので購入せずにホールを出ました。

20180106 charles san3.jpg

夫に公演が終わる頃に会場のある、西宮まで来てもらい夕食を一緒にすることになってました。以前から夫が行きたかった豚しゃぶのお店です。17時のディナータイムに合わせて店に入り、オーダーして座っていると、なんとピアニストのシャルルさんが入って来ました! とても驚きました! が、これはサインをいただかなければ、とプログラムとペンを持っていき、声をかけさせていただきました。

20180106 charles san.jpg

厚かましいので、写真も撮っていただきました。シャルルさんはケベック出身なので、フランス語でお話ししました。シャルルさん、とても優しくて素敵な方でした。「関西地方にまた来て欲しい」、と言うと「もちろん! 日本が大好きなので来ますよ」、と答えてくれました。一緒におられた日本人男性が「5月にシンフォニーホールで公演がある」、と教えてくださいました。

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団は札幌、愛知、福島、新潟、東京公演後、韓国に行きます。シャルルさんは8日、岡山でリサイタル、愛知でワルシャワフィルと共演後、東京でリサイタルです。

素晴らしい演奏、そしてサインをありがとうございました! 日本ツアーの大成功を祈っています!
ラベル:音楽 ポーランド
posted by jirokayo at 02:24| Comment(2) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

2017年 神戸国際会館 「第九コンサート」 

12月23日、神戸国際会館で開催された「第九コンサート」に行きました。

20171223 concert.jpg

<出演>
指揮:飯守泰次郎
演奏:大阪フィルハーモニー管弦楽団
独唱:秦茂子(ソプラノ)、竹本節子(アルト)、
   小貫岩夫(テノール)、片桐直樹(バリトン)
合唱:混声合唱団はもーるKOBE、Ensemble Aqua Pure、
   神戸室内合唱団、明石グリーンリーフ、宝塚混声合唱団、
   メンネルコール―好っきゃねん―、Ladies Vocal Society、
   神戸女学院大学有志合唱団、兵庫県立神戸高校合唱部OB合唱団、
   神戸国際会館合唱団(合唱指導:矢田正一)

<曲目>
ベートーヴェン/序曲「レオノーレ」第3番
ベートーヴェン/交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付」

アンコール:きよしこの夜

飯守泰次郎氏の指揮で大阪フィルの演奏、またいつもと違う第九と感じました。第九は合唱、コーラスの方が主役で、今年はさらに演奏とのバランスが良くてまとまっていたと思いました。素晴らしい演奏、ありがとうございました
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 11:58| Comment(6) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

福間洸太朗ピアノリサイタル、摂津響Saal(2017年12月15日)

12月15日 高槻市の摂津響Saalで、福間洸太朗さんのピアノリサイタルが催されました。これは翌日 16日の2公演が完売したため追加で催された公演で、19時半スタートの「クリスマス・ミニコンサート」でした。

20171215 concert1.PNG
摂津響Saal(ホームページより)

プログラム
J.S.バッハ カンタータ「主よ、人の望みの喜びを」(編曲:ヘス)
P.チャイコフスキー
バレエ組曲「白鳥の湖」より「序曲」「第1幕・情景」(以上編曲:福間)
「第2幕・ 情景」、「ワルツ」、「白鳥の踊り」、「モデラート」、「 ロシアの踊り」(以上編曲:ノアック)
バレエ組曲「くるみ割り人形」より「花のワルツ」(編曲:タネーエフ)


20171215 fukumasan concert1.jpg
コンサート終了後の質問コーナーの様子

福間さんのコンサートは毎年行かせていただいてます。今回の会場、摂津響Saalに行くのが初めてで躊躇ったのですが、行かせていただいて本当に良かったです。チャイコフスキーのバレエ組曲、素晴らしかったです。オーケストラの音をピアノだけで表現する、得に三拍子の「花のワルツ」は難しいと思うのですが。。繊細で丁寧、ダイナミックで知的な演奏でとても良かったです。アンコールは3曲、(曲名を忘れてしまいました)クリスマスの曲、ショパンの曲、そして「モルダウ」。

20171215 fukumasan concert2.jpg

福間さん編曲の「モルダウ」の楽譜が出版され、この日初めての販売ということで持ってきてくださいました。中央ヨーロッパ好きの私はチェコの作曲家、スメタナ「モルダウ」は大好きで、初めてのピアノの発表会で弾きました。ピアノは40歳半ばに数年習っただけで、今は音符もろくに読めませんが、楽譜を買わせていただきました。福間さんの「モルダウ」のCDを持っているのですが、生の演奏は勝っていて感動しました。この楽譜の数小節だけでも弾きたい、と今は思っています。今年も幸せな思いで会場を後にしました。追加公演をしていただいた主催者さま、福間さん、ありがとうございました。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 00:17| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

神戸国際会館、坂本冬美コンサート 2017-2018

11月18日 神戸国際会館の坂本冬美さんのコンサートに行きました。2年2か月ぶりの神戸公演で、久しぶりに冬美ちゃんの熱唱、明るいトークが聞けて、とても楽しかったです。詳細は夫ブログ「二郎余話」に掲載しています。
「人生の応援歌、隠れた名曲です」と言って、『風に立つ』で閉めました。



ラベル:音楽
posted by jirokayo at 01:56| Comment(12) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

3大協奏曲 〜次世代を担う未来の巨匠たち〜、シンフォニーホールし(2017年10月14日)

10月14日 大阪シンフォニーホールで「3大協奏曲 〜次世代を担う未来の巨匠たち〜」が催されました。

20171019 concert.PNG

[ヴァイオリン]松田理奈
[チェロ]横坂 源
[ピアノ]関本昌平

[指揮]飯森範親
[管弦楽]日本センチュリー交響楽団
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 op.104
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 op.23

友人の代わりに急遽行くことになりました。左前方のピアニストの手元がよく見える良い席でした。ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、それぞれ人気協奏曲をぜいたくに聴かせていただきました。シンフォニーホールの音の響き、得に弦楽器が美しさに感動しました
シンフォニーホールはこの日35周年記念で、ほぼ満席状態でした。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 02:34| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

「謎の変奏曲」橋爪功、井上芳雄の二人芝居、サンケイブリーゼ(2017年9月30日)

9月30日に大阪サンケイブリーゼの催された芝居、「謎の変奏曲」を観ました。
出演は橋爪功さん、井上芳雄さんの二人で、どんな展開になるのか、どきどきして過ごしました。原作のエリック=エマニュエル・シュミットは「100歳の少年と12通の手紙」原題 Oscar et la Dame rose の作者で、以前このブログにも掲載しました。(記事:http://kayokodiary.net/article/387856939.html
どちらも手紙をツールに使う物語、うまい作品です。橋爪功さん、井上芳雄さんの素晴らしい演技はもちろん、ユーモアもカーテンコールで見せていただきました。

20170930 piece.PNG

謎の変奏曲
作:エリック=エマニュエル・シュミット
翻訳:岩切正一郎
演出:森新太郎
出演:橋爪功、井上芳雄


公演のホームページより
この作品は『エニグマ変奏曲』(原題:「VARIATIONS ENIGMATIQUES」)として1996年フランス・パリにて初演されました。フランス演劇界注目の作家エリック=エマニュエル・シュミット作、アラン・ドロン主演での上演は大好評を博し、以来世界各国で上演されています。シュミットは、イギリスの国民的作曲家サー・エドワード・エルガー作曲「エニグマ変奏曲」の未だ解明されていない二つの主題の“謎”を巧みにモチーフとして使い、二人の男たちによる見事な会話劇を完成させました。
物語:ノルウェー沖の孤島で、一人暮らしをしているノーベル賞作家アベル・ズノルコの許へ、地方新聞の記者と名乗るエリック・ラルセンという男がやってくる。ズノルコの最新作、恋愛小説「心に秘めた愛」についての取材のためだ。ラルセンは、屈折したズノルコに手を焼きながらもインタビューにとりかかる。
ある男と女の往復書簡に実在のモデルは存在するのか? なぜ突然ぷっつりと、この手紙のやりとりは終わってしまったのか? 記者嫌いのズノルコが特別にラルセンの取材に応じた理由とは? ズノルコにとっての愛とは?
すべてが謎であった。
まさに白夜が終わり、夜の季節に移り変わろうとするその日の午後、こうしたラルセンの意味ありげな質問は続き、やがて二人をめぐる衝撃的な真実が次第に明かされていくのであった。

posted by jirokayo at 22:56| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

『デュランデュラン』大阪公演の写真です☆(2017年9月22日)

9月22日、オリックス劇場で開催された『デュランデュラン』のコンサート。お写真をmiyaさんが送ってくださいました。ありがとうございます!! 青文字はmiyaさんのお話しです。

9月22日オリックス劇場での『デュランデュラン』のコンサートに行って来ました。

20170922 concert miya1.jpg

20歳前後によく聴いていた『デュランデュラン』
9年ぶりの来日とあって大阪公演は、ソールドアウト。

20170922 concert miya2.jpg

30年以上経ったのに、メンバーも格好良くて、特にボーカルのサイモンは、渋みが加わり?ステキでした。

20170922 concert miya5.jpg

新旧色んな曲を織り交ぜて、舞台演出も素晴らしくて、また、ファンの皆さんの盛り上がりもすごくで、とっても元気になれた楽しいライブでした。

20170922 concert miya4.jpg

何より、当時聴いていたグループが、今も元気で活動していて、来日してくれることが、嬉しいです。

20170922 concert miya3.jpg

座席は、後ろに近かったのですが、本当に、楽しかったので、見にくいですが、雰囲気だけでも、少し写真お送りしますねー。




ラベル:音楽
posted by jirokayo at 23:52| Comment(9) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

芦屋サロンクラシック、安田英主さんピアノリサイタル(8月20日)

8月20日 芦屋サロン・クラシックで、安田英主(やすだ ひでかず)さんのピアノリサイタルが催されました。

20170820 concert3.jpg

演奏曲
マルチェロ:バッハ 協奏曲 ニ短調 BWV 974(マルチェロのオーボエ協奏曲)
バッハ: イタリア協奏曲 ヘ短調 BWV 971
プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番 変ロ長調 作品83 「戦争ソナタ」
アンコール
ヴィヴァルディ、カバレフスキーの曲


20170820 concert.jpg

安田英主さんの略歴
1989年生まれ 宮崎県宮崎市出身。桐朋学園に在学中、18歳でパリ国立高等音楽院(コンセルヴァトワール)に、首席合格され。 同音楽院学士課程を、国家資格のディプロマを取得して修了。 2011年秋より同音楽院修士課程在籍。 ジャック・ルヴィエ、青柳晋、松村英臣の各氏に師事されています。


20170820 concert2.jpg

サロンの空間で聴くピアノはとても贅沢で、安田さんの軽快に動く手元をじっくり見れました。プログラム前半は宮廷音楽を感じるイタリア風バロック曲、後半はプロコフィエフの「戦争ソナタ」にスターリン統治下のソ連に思いを巡らせました。安田さんは2日前にフランスから帰国されたそうですが、お疲れの様子もなく軽やかでかつダイナミックに奏でておられました。11月8日に東京、白寿ホールで文化庁芸術祭参加公演を行われるそうです。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 22:58| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

「おんな城主 直虎」コンサート 〜戦う花・直虎の愛〜(8月13日放送)

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を表現したコンサートが5月、浜松アクトシティで催され、8月13日にBSプレミアムで放送されました。

20170818 naotora2.png

小野政次役の高橋一生さん、幼いころの直虎・おとわ役を演じた新井美羽さん、直虎の大叔母役の花總まりさんが出演しました。ゲストに藤井フミヤさん、ピアニストの塩谷哲さんが登場し、〜戦う花・直虎の愛〜 というコンサートテーマ、直虎をイメージした曲を披露されました。セントラル愛知交響楽団の演奏、角田鋼亮氏が指揮でした。

20170818 naotora1.png

宝塚出身の花總まりさんはもちろん、新井美羽ちゃん、高橋一生さんも歌いました。楽しいいトークもあり、華やかなコンサートでした。

20170818 naotora3.PNG

小野政次の最期が近いのか? と、先週のドラマを観て思い悲しくなりました。5月に井伊家ゆかりの地を巡った時に、小野家の墓に行ってないことに気が付きました。その時は大きな案内がなかったのですが、政次役の高橋一生さんの好演で小野家は注目され、今は訪れる人が多いのではないかと思います。ドラマが盛り上がってきたところに、このコンサートが見れて良かったです。

浜松の井伊家ゆかりの地の記事:2017年5月 井伊家紀行 浜松 目次
二郎余話(紀行)カテゴリ;おんな城主直虎 紀行
おんな城主 直虎のホームページ
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 23:59| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする