2017年10月05日

「謎の変奏曲」橋爪功、井上芳雄の二人芝居、サンケイブリーゼ(2017年9月30日)

9月30日に大阪サンケイブリーゼの催された芝居、「謎の変奏曲」を観ました。
出演は橋爪功さん、井上芳雄さんの二人で、どんな展開になるのか、どきどきして過ごしました。原作のエリック=エマニュエル・シュミットは「100歳の少年と12通の手紙」原題 Oscar et la Dame rose の作者で、以前このブログにも掲載しました。(記事:http://kayokodiary.net/article/387856939.html
どちらも手紙をツールに使う物語、うまい作品です。橋爪功さん、井上芳雄さんの素晴らしい演技はもちろん、ユーモアもカーテンコールで見せていただきました。

20170930 piece.PNG

謎の変奏曲
作:エリック=エマニュエル・シュミット
翻訳:岩切正一郎
演出:森新太郎
出演:橋爪功、井上芳雄


公演のホームページより
この作品は『エニグマ変奏曲』(原題:「VARIATIONS ENIGMATIQUES」)として1996年フランス・パリにて初演されました。フランス演劇界注目の作家エリック=エマニュエル・シュミット作、アラン・ドロン主演での上演は大好評を博し、以来世界各国で上演されています。シュミットは、イギリスの国民的作曲家サー・エドワード・エルガー作曲「エニグマ変奏曲」の未だ解明されていない二つの主題の“謎”を巧みにモチーフとして使い、二人の男たちによる見事な会話劇を完成させました。
物語:ノルウェー沖の孤島で、一人暮らしをしているノーベル賞作家アベル・ズノルコの許へ、地方新聞の記者と名乗るエリック・ラルセンという男がやってくる。ズノルコの最新作、恋愛小説「心に秘めた愛」についての取材のためだ。ラルセンは、屈折したズノルコに手を焼きながらもインタビューにとりかかる。
ある男と女の往復書簡に実在のモデルは存在するのか? なぜ突然ぷっつりと、この手紙のやりとりは終わってしまったのか? 記者嫌いのズノルコが特別にラルセンの取材に応じた理由とは? ズノルコにとっての愛とは?
すべてが謎であった。
まさに白夜が終わり、夜の季節に移り変わろうとするその日の午後、こうしたラルセンの意味ありげな質問は続き、やがて二人をめぐる衝撃的な真実が次第に明かされていくのであった。

posted by jirokayo at 22:56| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

『デュランデュラン』大阪公演の写真です☆(2017年9月22日)

9月22日、オリックス劇場で開催された『デュランデュラン』のコンサート。お写真をmiyaさんが送ってくださいました。ありがとうございます!! 青文字はmiyaさんのお話しです。

9月22日オリックス劇場での『デュランデュラン』のコンサートに行って来ました。

20170922 concert miya1.jpg

20歳前後によく聴いていた『デュランデュラン』
9年ぶりの来日とあって大阪公演は、ソールドアウト。

20170922 concert miya2.jpg

30年以上経ったのに、メンバーも格好良くて、特にボーカルのサイモンは、渋みが加わり?ステキでした。

20170922 concert miya5.jpg

新旧色んな曲を織り交ぜて、舞台演出も素晴らしくて、また、ファンの皆さんの盛り上がりもすごくで、とっても元気になれた楽しいライブでした。

20170922 concert miya4.jpg

何より、当時聴いていたグループが、今も元気で活動していて、来日してくれることが、嬉しいです。

20170922 concert miya3.jpg

座席は、後ろに近かったのですが、本当に、楽しかったので、見にくいですが、雰囲気だけでも、少し写真お送りしますねー。




ラベル:音楽
posted by jirokayo at 23:52| Comment(9) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

芦屋サロンクラシック、安田英主さんピアノリサイタル(8月20日)

8月20日 芦屋サロン・クラシックで、安田英主(やすだ ひでかず)さんのピアノリサイタルが催されました。

20170820 concert3.jpg

演奏曲
マルチェロ:バッハ 協奏曲 ニ短調 BWV 974(マルチェロのオーボエ協奏曲)
バッハ: イタリア協奏曲 ヘ短調 BWV 971
プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番 変ロ長調 作品83 「戦争ソナタ」
アンコール
ヴィヴァルディ、カバレフスキーの曲


20170820 concert.jpg

安田英主さんの略歴
1989年生まれ 宮崎県宮崎市出身。桐朋学園に在学中、18歳でパリ国立高等音楽院(コンセルヴァトワール)に、首席合格され。 同音楽院学士課程を、国家資格のディプロマを取得して修了。 2011年秋より同音楽院修士課程在籍。 ジャック・ルヴィエ、青柳晋、松村英臣の各氏に師事されています。


20170820 concert2.jpg

サロンの空間で聴くピアノはとても贅沢で、安田さんの軽快に動く手元をじっくり見れました。プログラム前半は宮廷音楽を感じるイタリア風バロック曲、後半はプロコフィエフの「戦争ソナタ」にスターリン統治下のソ連に思いを巡らせました。安田さんは2日前にフランスから帰国されたそうですが、お疲れの様子もなく軽やかでかつダイナミックに奏でておられました。11月8日に東京、白寿ホールで文化庁芸術祭参加公演を行われるそうです。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 22:58| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

「おんな城主 直虎」コンサート 〜戦う花・直虎の愛〜(8月13日放送)

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を表現したコンサートが5月、浜松アクトシティで催され、8月13日にBSプレミアムで放送されました。

20170818 naotora2.png

小野政次役の高橋一生さん、幼いころの直虎・おとわ役を演じた新井美羽さん、直虎の大叔母役の花總まりさんが出演しました。ゲストに藤井フミヤさん、ピアニストの塩谷哲さんが登場し、〜戦う花・直虎の愛〜 というコンサートテーマ、直虎をイメージした曲を披露されました。セントラル愛知交響楽団の演奏、角田鋼亮氏が指揮でした。

20170818 naotora1.png

宝塚出身の花總まりさんはもちろん、新井美羽ちゃん、高橋一生さんも歌いました。楽しいいトークもあり、華やかなコンサートでした。

20170818 naotora3.PNG

小野政次の最期が近いのか? と、先週のドラマを観て思い悲しくなりました。5月に井伊家ゆかりの地を巡った時に、小野家の墓に行ってないことに気が付きました。その時は大きな案内がなかったのですが、政次役の高橋一生さんの好演で小野家は注目され、今は訪れる人が多いのではないかと思います。ドラマが盛り上がってきたところに、このコンサートが見れて良かったです。

浜松の井伊家ゆかりの地の記事:2017年5月 井伊家紀行 浜松 目次
二郎余話(紀行)カテゴリ;おんな城主直虎 紀行
おんな城主 直虎のホームページ
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 23:59| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

ざこば師匠、涙の復帰-新神戸オリエンタル劇場「桂ざごば・南光ふたり会」

7月29日 新神戸オリエンタル劇場で「桂ざごば・南光ふたり会」が催されました。5月に脳梗塞で倒れたざこば師匠ですが、舞台挨拶に来られました。

20170729 zakoba.JPG

舞台で一礼をして顔を上げた瞬間、涙がどーと流れてきました、と師匠が言われました。お客さまの前に出れることの幸せを痛感されているのだと思いました。31日に正式に退院され、本格復帰に向けリハビリを続けられるそうです。

SANSPO.com記事:脳梗塞から2カ月…桂ざこば、涙の仕事復帰!米朝襲名に名乗り?

20170729 rakugo.jpg

2人会の落語の内容は夫ブログに掲載しています。二郎余話:2017年7月29日(土)ざこば・南光ふたり会 昼の部

posted by jirokayo at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする