2022年12月29日

浜田省吾 【ON THE ROAD 2022 LIVE at 武道館】☆40年前と同じセットリスト(2022年12月29日)

今年も残すところあと3日、思っていたことの何分の一しかできていなくて気ばかりが焦ります。少しリラックスしようと先日購入した浜田省吾さんの「ON THE ROAD 2022 LIVE at 武道館」をかけています。

20221229 hamda2.jpg

40年前 1982年の武道館ライブと同じセットリストで今年2022年1月に催されました。 これは私にはとても嬉しいです! 40年前の武道館ライブには行ってませんが、1982年当時の曲はみな知っているからです。

20221229 hamda1.jpg

浜省さんを良く聴いていた十代後半のこと、コンサートに行った日のことが蘇ってくるのですが、40年以上前のことで記憶があいまいで、思い出したくても思い出せなくてイライラしています。でも好きな曲のイントロが流れると引き込まれ心を掴まれて、何も考えられない状態になっています。「路地裏の少年」「ミッドナイトブルートレイン」が大好きでした。音痴なのに窓を開けて大きな声で歌って、ご近所迷惑だったと思います。

浜省さんが話をしていることに驚きました。1982年の武道館ライブを目指すことになったエピソード、1980年の姫路公演の打ち上げで「夢番地」(関西のプロモーター)の社長さんが「今の浜田省吾を観れるオーディエンス(観客)は実に幸せだ。もっとたくさんの人に観てもらおうよ。武道館でやろう!」、と言われたそうです。そのコンサートは1600人収容できる姫路文化センターで行われましたが、半分も会場はう埋まっていませんでした。なので浜省さんは「この人何を言っているの?」と思ったそうです。
私はその会場にいました。一歳年上の姉と一緒でした。がらがらしているので、前に走っていってステップ踏んで歌っていました。

2年後の武道館(収容人数約14000人)ライブはチケット発売時から数時間でチケットが売り切れたそうです。うそ?信じっれない夢のような話です!
浜省さんはコンサートの時に空席がると「この会場がいっぱいになるまで、何度でも来ます!」と言っていました。一度「いつもは会場が一杯になるまでまた来るからと言うのだけれど、今日はみなが来てくれたことで充分、嬉しいです。ありがとう」と話したことがありました。それがこの姫路公演だったのではないかと思います(間違っていたらごめんなさい)

1980年の姫路公演後、浜省さんたちが楽しい打ち上げ会だったのですが、私はバイトがあるので神戸まで急いで帰らなければいけませんでした。姫路文化センター(2021年に閉館)は交通の便がよくなくて、バスで姫路駅に向かい、少しでも早くとJRに乗りました。新快速ではなく特急券のいる列車でした。検札に来たときに姉が特急券代1200円(二人分)をだしてくれました。姉は社会人一年生で、私は高校生でした。姫路までの交通費、コンサート代で出費がかさんでいました。そんなに稼いでいるわけでもない姉に申し訳なかったなと今も思います。
でもこの日、浜省さんのコンサートに行けたことは私たち姉妹には本当に幸せなことだったのだと、42年経って知りました!
姉にも武道館ライブをぜひ観てもらいたくて、先日プレゼントしました。

さっき浜省さんについて調べていたら、なんと今日12月29日は浜省さんの70歳の誕生日でした!!
おめでとうございます!!
これからも健康で、ますますのご活躍してください!
本当に大勢の人たちに影響を与えてきた、素晴らしいシンガーソングライターに敬意を払って、心からお礼と感謝を言いたいです。浜省さん、ありがとう!!

私が大好きな曲、「ミッドナイトブルートレイン(寝台特急車)」、この列車はもうないですが、この曲のように私も人生を走り続けていると今も思います。

(ミッドナイトブルートレイン)の歌詞
飛び去ってゆくレールの上で
時は過ぎてく瞬く間に
描いた夢と 叶った夢が
まるで違うのに やり直せもしない
もう帰ろう みんな 投げ捨てて
でもどこへ
一体どこへ
Midnight Blue Train 連れ去って
どこへでも行く
思いのまま
走り続けることだけが生きることだと
迷わずに答えて



ラベル:#浜田省吾
posted by jirokayo at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月21日

浜田省吾コンサート ON THE ROAD 2022☆ 神戸国際会館 こくさいホール (2022年12月16日)

先日12月16日 神戸国際会館 こくさいホール で開催された 「浜田省吾 ON THE ROAD 2022」に行きました!

2022.12.16_KOBE INTERNATIONAL HOUSE KOKUSAI HALL_2.png

浜省さんががON THE ROADツアーを始めて40周年の記念すべきツアーで、9月10日 群馬から始まり来年1月21日に大阪フェスティバルホールで千秋楽です。ツアー情報(ON THE ROAD 2022 Welcome Back to THE ROCK SHOW “EVE”ホールツアー)

2022.12.16_KOBE INTERNATIONAL HOUSE KOKUSAI HALL_1.png

アンコールを入れて全22曲、休憩を挟んで約3時間の公演でした。
セットリスト

キャプチャ.JPG

浜省さんのコンサートは大人気でチケット購入は抽選になります。お友達が一緒に申し込んでくれました。前回は落選でしたが、今回はなんと私の地元神戸で当選しました。お友達は県外在住なのですが、神戸を優先してくださいました。

221217185355052.JPG
神戸国際会館こくさいホール
ここでは2日間の公演で、17日のコンサート中に行って撮影しました。

221217185344332.JPG

グッズの販売です。売り切れているものもありました。私はコンサート当日にパンフレットとバンダナを買いました。

コンサートはとてもとても楽しくて、感動しました。知ってる曲はマスクの中で一緒に歌いました。
1979年にリリースされた「風を感じて」はカップヌードルのコマーシャルで大ヒット、サングラスをかけて浜田省吾さん知れ渡りました。私と年子の姉もそんなブームに乗り、浜省さんのアルバムを買い、コンサートに行きました。それまでベイシティローラーズや洋楽を聴いていたので、歌詞がわかるって良いな嬉しいなと思いました。高校生だった私は思春期のいろいろなやるせない思いを沢山抱えていて、浜省さんの歌に自分に気持ちをのせて吐き出していました。20代前半まで神戸、姫路でコンサートがあれば行っていました。コンサートホールがガラガラの時もありました。
1986年にリリースされたアルバム「JBOY」まで大好きでした。それ以降自分の生活の変化、関心事に変化で浜省さんを積極的に聴くことはありませんでした。7年前に浜省さんが大スターになっていたことを知ってとても驚きました。

なぜもう一度コンサートに行くことができたか、それはお友達との出会いのおかげです。最近の私はアジアゾウのズゼに会いに動物園に通っているのですが、そこでたくさんの方々にお会いします。その方は県外から来られていて、王子動物園のサポーターになって応援されているということで話が弾みました。お会いして何回目かの時、その方が何十年もの浜省さんのファンであることを知りました。すごく驚きました!そして今の浜省さんのことをいろいろと教えていただき、私もまたぜひコンサートに行きたい!と思ったのです。

私には約40年ぶりのコンサート、素晴らしかったです。感激しました。お友達に心から感謝します。
家に帰ってからAmazonで2022年1月に行われた武道館ライブのディスクを注文しました。
この続きは別記事に書きます。



posted by jirokayo at 11:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

松田聖子さんの「あなたに逢いたくて」☆

松田聖子さんの「あなたに逢いたくて」。数ある聖子さんのヒット曲の中で心に残る歌です。素敵な動画をアップしていただいた方に感謝します。



 

posted by jirokayo at 18:24| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

元気が出た曲☆Can't Stop Loving You-Van Halen☆

5月6日までの「Stay Home」だと思っていたのですが、そう一遍に自粛解除にはならないそうです。コロナウイルスと闘っている方々のことを思えば、どんな不平も不満も言えません。そうでない方も今はみな何かに耐えて過ごされています。
今日は落ち込んでいた時にテレビから流れた曲、ヴァン・ヘーレンの“Can't Stop Loving You”で元気がでました。


    

映りは良くないですが、英語とポルトガル語で歌詞が表示されています。映画かドラマの挿入歌になったのでしょうか。
posted by jirokayo at 02:06| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

小曽根真さんが岡江久美子さんに捧げた、I Only Want To Be With You

小曽根真さんがリビングルームライブを配信し、先日コロナウイルス感染症のため亡くなった岡江久美子さんに曲を捧げました。ベイシティローラーズの 「I Only Want To Be With You」、岡江久美子さんが17年間務めた「はなまるマーケット」のオープニング曲でした。ジャズバージョンの素敵なアレンジ、心がこもった演奏です。コロナウイルスと闘っておられる医療従事者への感謝と、岡江さんのことを日本語、英語で話されていることにも胸が熱くなりました。
岡江久美子さん、美して明るくて優しくて素敵な女性で大好きでした。本当に残念です。ご冥福を心からお祈りいたします。
(演奏を教えていただいたminachanさん、ありがとうございました)

Welcome to Our Living Room #17

Makoto Ozoneさんの投稿 2020年4月25日土曜日
posted by jirokayo at 02:50| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

クリストフ・コワンアルペジョーネを弾く クリストフ・コワン アルペジョーネを弾く☆NHK クラシック倶楽部

コロナウイルス感染拡大防止で全都道府県に緊急事態宣言が発令されました。コロナ関連のニュースや番組をこのところずっと見ていましたが、少し気持ちを切り替えたいと録画してあった番組を見ました。NHK クラシック倶楽部「クリストフ・コワン アルペジョーネを弾く」。出演はクリストフ・コワン, ジェローム・アコカ, 金子陽子、古楽器の名手たちです。

20200417 nhk.jpg
2018年4月19日 武蔵野市民文化会館 小ホールの演奏
ナヴァラ、アーノンクールに学んだ古楽の雄、クリストフ・コワンの演奏で「アルぺジョーネ・ソナタ」をお送りする。現存するアルペジョーネの音色を聴く貴重な機会番組紹介から

アルペジョーネは1823年から1824年にウィーンのギター製造者ヨハン・ゲオルク・シュタウファーJohann Georg Staufer, 1778–1853)により発明された、6弦の弦楽器です。シューベルトがアルペジョーネ・ソナタを発表した時にはこの楽器はもうなかったそうです。なのでこのソナタ演奏のでは、チェロやヴィオラ、コントラバスで代用されてきました。

アルペジョーネ奏者 クリストフさんはチェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバの世界的に有名、他の楽器でも良い演奏ができるが、アルペジョーネが一番
このソナタに合っていると語っていました。金子陽子さんのフォルテピアノとのデュオ、懐かしさを感じる古楽器の音色、アルペジョーネの奥行ある豊かで哀愁漂う音に心惹かれました。

posted by jirokayo at 00:56| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

「QUEEN IN THE PARK クイーンと遊ぼう」@銀座 Sony Park ☆miyaさんのお写真です☆

先日 お友達のmiyaさんが銀座Sony Parkに行かれて、「QUEEN IN THE PARK クイーンと遊ぼう」を見て来られました。お写真を送っていただきました。miyaさん、いつもありがとうございます!

20200216 sony1.jpg

1月22日〜3月15日までイベントは開催されています。

20200216 sony3.jpg

Sonyの素晴らしい音響システムでクィーンの曲が聞けるのでしょうか。

20200216 sony6.jpg

20200216 sony2.jpg

20200216 sony4.jpg

20200216 sony5.jpg

aiboがクィーンに!!

QUEEN IN THE PARK クイーンと遊ぼうのホームページ

posted by jirokayo at 10:38| Comment(5) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

唐川真さんの「サウンド見聞録」でカーペンターズ特集!( 2020年1月16日)

今日、1月16日 19時半から、唐川真さんの番組「サウンド見聞録」は、「知らなかったカーペンターズ その2」です。
唐川真さんのブログより

20200116 karakawa makoto.jpg

ある人からの「カーペンターズを聴いてほしい」というご要望を受け、苦手意識を克服すべく「全アルバムを聴き尽くしていこう」という特集。その2回め!ブレイクのきっかけになったセカンドアルバムから。
よく知られたメジャーヒット曲ではなく、リチャードのオリジナル曲や密室ポップ系コーラス多重作品など、ストイックなソフトロック系の曲を中心に聴いていきます。「こんなオタクな人たちだったのか!」と驚く作品ばかり。聴き応えあります!


毎週火曜20時半〜。木19時半〜。「唐川真のサウンド見聞録」。→FMくしろ。ネットやスマホで!サイマルラジオ→クリック。★iTunes このURL ←を貼る ★アプリ→アプリ



posted by jirokayo at 10:57| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2020」☆元旦放送

元旦に放送された「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2020」、録画で観ています。黄金のホールで奏でられるワルツやポルカは華やかで、新らしい年に胸が弾む、わくわくした気持ちになります。

20200101 concert.JPG

今年の指揮者はラトビア、リガ出身のアンドリス・ネルソンス氏、初登場です。41歳のネルソンス氏はライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団とボストン管弦楽団のシェフを務めています。
生誕250年のベートーヴェンの曲が初めてニューイヤーコンサートで演奏されました。「12のコントルダンスWoO 14より 第1・2・3・7・10・8曲」。ハイリゲンシュタット(ベートヴェンの遺書で有名) で撮影されたバレエの映像が流れました。ベートヴェンらしい曲想に感激しました。
現地特設スタジオのゲストは俳優の草笛光子さんと中谷美紀さん、解説はウィーンフィルの第一バイオリン奏者、ヴィルフリート和樹ヘーデンボルクさんがされていて、大変分かりやすかったです。
中谷美紀さんはウィーン国立歌劇場管弦楽団のビオラ奏者、ティロ・フェヒナーさんと結婚されていました。驚きです。

演奏曲
1. オペレッタ「放浪者」序曲★(ツィーラー)
2. ワルツ「愛の挨拶」作品56★(ヨーゼフ・シュトラウス)
3. リヒテンシュタイン行進曲作品36★(ヨーゼフ・ストラウス)
4. ポルカ「花祭り」作品111(ヨハン・シュトラウス2世)
5. ワルツ「シトロンの花咲く国」作品364(ヨハン・シュトラウス2世)
6. ポルカ・シュネル「警告なしで」作品132★(エドゥアルト・シュトラウス)
7. オペレッタ「軽騎兵」序曲(スッペ)
8. ポルカ・フランセーズ「キューピッド・ポルカ」作品81★(ヨーゼフ・シュトラウス)
9. ワルツ「もろびと手をとり」作品443(ヨハン・シュトラウス2世)
10. ポルカ・マズルカ「氷の花」作品55★(エドゥアルト・シュトラウス)
11. ガヴォット★(ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世)
12. 郵便馬車の御者のギャロップ作品16の2★(ロンビー)
13. 12のコントルダンスWoO 14より 第1・2・3・7・10・8曲★(ベートーヴェン)
14. ワルツ「楽しめ人生を」作品340(ヨハン・シュトラウス2世)
15. トリッチ・トラッチ・ポルカ作品214(ヨハン・シュトラウス2世)
16. ワルツ「ディナミーデン」作品173(ヨーゼフ・シュトラウス)
17. ポルカ・シュネル「飛ぶように急いで」作品230 ヨーゼフ・シュトラウス:作曲
18. ワルツ「美しく青きドナウ」作品314 (ヨハン・シュトラウス2世)
19. ラデツキー行進曲 作品228 ヨハン・シュトラウス父
★9曲はニューイヤー・コンサート初登場


posted by jirokayo at 22:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

アカデミー賞2019、クイーン&アダム・ランバート のオープニング・アクト必見!?

2019年のアカデミー賞は司会不在。アダム・ランバート feat. クイーンによる圧巻のパフォーマンスでオープニングが一気に盛り上がりました。披露したのは「ウィー・ウィル・ロック・ユー/We Will Rock You」と「伝説のチャンピオン/We Are The Champions」。日本ではWOWOWで生中継されましたが、ABCの公式YouTubeチャンネルで公開されています。



  


そして主演男優賞、ラミ・マレック !『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーを演じました。初ノミネート初受賞という快挙。

20190228 acter.jpg

ラミ・マレックのスピーチ(ELLE Shop サイトより
スピーチは冒頭で「信じられない! お母さん大好き!! 」と叫ぶと、「明らかに主演をはる人間ではなかったかもしれません。私よりも遥かに才能のある人たちが、周りにいてくれたからこそ、大きな作品に関わることができました……。自分の声を見出そうとした(フレディは)ゲイで移民でも自分らしく生きようとした、その物語を共有できました。私はエジプト系アメリカ人です。この映画で私自身の物語も語れたのです」と語ると、移民問題で大きく揺れる米国の映画賞だけあって、移民の俳優や歌手が多く出席している会場では、涙する人が続出。
ラベル:音楽 映画
posted by jirokayo at 11:30| Comment(7) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする