2019年11月01日

rinoさん、お誕生日おめでとうございます☆(2019年11月1日)

11月1日はお友達、rinoさんのお誕生日です。おめでとうございます!! 健康で幸せな一年になりますように!

20191101 rino1.jpg

二郎さんもお祝いを言っています!
エディンバラのレストラン、Fishersです。今年の6月に行きました。

20191101 rino2.jpg

魚介のメニューです。たらふく食べて、とても美味しかったです。

20191101 rino4.jpg

デザートはアイスクリーム。
エディンバラでとても美味しいお店です。いつかみんなで行ってたいですね〜、rinoさん

Fishers in the City
58 Thistle Street, Edinburgh EH2 1EN, Scotland
ホームページ


posted by jirokayo at 01:44| Comment(15) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

エディンバラのレストラン「Whiski Rooms」でランチ☆(2019年6月24日)

お友達の憲子さんが昨日エディンバラに到着しました。ブリティッシュエアウェイズのストライキを心配していたのですが、帰国便もスト予定の日ではないそうです。良かったです! 憲子さんに久しぶりのエディンバラを楽しんでいただきたいです!
と、いうことで私達が6月に訪れたエディンバラのレストラン、「Whiski Rooms」のご紹介です。

20190624 lunch11.jpg

プリンセスストリートからエディンバラ城に向かう坂道ノースバンク・ストリートに「Whiski Rooms」はあります。6月24日、朝から雨が降っていて、エディンバラ城観光の時は大雨になりました。夫が足が悪いので濡れた石畳みの城内をまわるのを諦めて、早めに帰る時に見つけたお店です。

20190624 lunch1.jpg

立地も雰囲気も良いです。入ったところはパブ、奥がレストランになっています。ランチは12時からなので、しばらくパブの席で待たせてもらいました。

20190624 lunch2.jpg

時間になると呼んでくれて、レストランのテーブルにつきました。ウィスキー・ルーム。ウィスキーの飲み比べをするメニューもあります。

20190624 lunch13.jpg

メニューはお肉、お魚などいろいろとあります。前日の夜は魚介類だったので、夫にステーキを薦めました。

20190624 lunch12.jpg

お得なランチメニュー。前菜、メイン、デザートの3つの中から2つを選ぶことができます。本日のスープはマシュルームなので、前菜とメイン(魚のパイ)を選びました。

20190624 lunch5.jpg

マシュルームスープ、濃厚そうです。スープの大好きな夫は喜んでいました。

20190624 lunch3.jpg

単品のラムステーキ、焼きプティトマトがのっていて、ポテトもお洒落においてあります。

20190624 lunch4.jpg

赤身で美味しそうですね。

20190624 lunch6.jpg

魚のパイ。予想していたのと違いますが。マッシュポテトがたくさんのっています。

20190624 lunch7.jpg

中はクリームベースで、サーモンが入っていました。雨に濡れて寒かったので、あたたかくて、とても美味しくいただきました。

20190624 lunch8.jpg

笑顔いっぱいです。

20190624 lunch10.jpg

レシート。飲み物、コーラとランチ、ステーキで43.35ポンド、約5800円。

20190624 lunch9.jpg

給仕担当の方名前が入ったカードをいただきました。「ルーカス、あなたの名前ですね」と言うと、「ポーランド語ではルーカシュだよ」と言われました。「ポーランドの出身ですか、私達もポーランドに行ったことがありますよ」「僕はクラクフ近くの街の出身です」、としばらくお話ししました。英国では英語の次にポーランド語が多く話されていると聞いたことがあります。ポーランドから多くの人たちが働きに来ていると、ここで再認識しました。楽しく美味しく過ごせました。ありがとうございました。

Whiski Rooms
4-7 N Bank St, Edinburgh EH1 2LP
ホームページ



posted by jirokayo at 11:15| Comment(2) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

スコットランド、ビスケットとアールグレイでお昼ごはん☆

今、兵庫芸術文化センターのカフェにいます。

6DDE4A80-924F-43C8-9E48-D262D3FCE44B.jpeg

コンサート前にカフェで昼食? スコットランドのビスケットとアールグレイティーを取っています。

F7631B2E-1B93-4D9F-A6C5-66FDB3B30255.jpeg

年末から食べ過ぎなので、丁度良いですね。

B738B71D-28D2-4F1C-B066-4EC07DA5C867.jpeg

ビスケットはバターが濃厚で美味しいですが、一枚で充分。あと一枚は休憩の時にいただきます。

posted by jirokayo at 13:42| Comment(2) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

スコットランドからの贈りもの「タータン展」ー神戸ファッション美術館

11月11日まで神戸ファッション美術館で開催されている、「-スコットランドからの贈りもの- タータン展」に行きました。

20181109 musee8.jpg

会期終了の3日前になり、あわてて行きました。
偶然エレベーターで一緒になった女性に、「招待券があまっているから」、と言っていただきました。ありがとうございます!!

20181109 musee12.jpg

展示品の撮影はできないので、詳細はサッシと公式サイトを参照ください。ファッション美術館 タータン展

20181109 musee1.jpg

展示構成
第1章  「タータンとは」     タータンの製造工程の解説
第2章  「タータンの受難と復興」 19世紀の風刺画家ジョン・ケイの作品などから歴史をひも解きます。
第3章  「タータンの種類」    門外不出とされる王室専用など、目的や用途によって分類されるタータン各種を紹介
第4章  「多様化するタータン」  伝統を守りながら新しい試みをなす現代作品
第5章  「タータンと日本」    日本人とタータンの関わり
関連展示 「神戸タータン」


20181109 musee7.jpg

フォトポイントがあります。

20181109 musee6.jpg

銅版画家、ジョン・ケイの作品特集がおもしろかったです。これは気球飛行家 ヴィンセント・ルナルディを描いています。

20181109 musee15.JPG

ドレス、現代デザイナーの作品も良かったです。

20181109 musee13.JPG

タータンと日本のコーナー、ベイシティローラーズのレコードジャケットが何枚か展示されていました。

20181109 musee14.JPG

展示場前のホールに展示されていた、神戸タータンです。

20181109 musee2.jpg

神戸タータンは海のブルー、街に多く見られる白亜の建築物や真珠の、ポートタワーや神戸大橋の、六甲山の で表現されています。

20181109 musee3.jpg

播州織の神戸タータン。

20181109 musee5.jpg

記念品にも使われています。

20181109 musee4.jpg

タータングッズもありました。

20181109 musee9.jpg

タータン関連の書籍です。

20181109 musee10.jpg

20181109 musee11.jpg

明るい色彩、元気がでるタータンをたくさん見れて良かったです。

posted by jirokayo at 00:22| Comment(2) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

キルトで華やかに伝統スポーツ大会、女王と皇太子も 英スコットランド(AFPニュース)

AFPニュースでスコットランドの面白い伝統スポーツの記事を見つけました。

キルトで華やかに伝統スポーツ大会、女王と皇太子も 英スコットランド
2018年9月3日 9:28 (AFPニュース)

20180903 eccose.JPG

【9月3日 AFP】英スコットランド中部ブレマー(Braemar)で1日、毎年恒例のブレマー・ギャザリング(Braemar Gathering)が開催された。ブレマー・ギャザリングはスコットランド地方の伝統的なスポーツ大会で、始まりは1745年の蜂起までさかのぼる。1848年以降は、女王を始め英王室メンバーが毎年参加している。写真を見る

posted by jirokayo at 12:13| Comment(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

『スコットランドからの贈りもの タータン展』☆神戸ファッション美術館(9月15日〜11月11日)

六甲アイランドの神戸ファッション美術館でタータン展が開催されます! 見に行きたいです。

神戸ファッション美術館『スコットランドからの贈りもの タータン展』神戸市東灘区
kiss PRESS より
神戸ファッション美術館(神戸市東灘区)で9月15日より、「タータンチェック」をテーマにした展示会『スコットランドからの贈りもの タータン展』が開催される。 11月11日まで。
スコットランド北西部に位置するハイランド地方で発展した織物・タータンは、世代や性別を超え世界中で広く愛用され、日本でも衣服や小物、菓子のパッケージなど様々な用途で使用されている。スコットランドとゆかりのある神戸では、昨年神戸開港150年を記念して神戸のイメージカラーを凝縮した「神戸タータン」も開発され、様々なグッズが販売されている。
全文を読む

20180720 kobe.JPG



ラベル:ファッション
posted by jirokayo at 17:28| Comment(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

miyaさんが行かれた「英国フェア」-阪急うめだ店(10月17日まで)

阪急うめだ店で開催中の「英国フェア」。miyaさんが行かれて、お写真を送っていただきました。食べ物が中心の私とは違います。やはり英国フェアは、王室、ユニオンジャック、タータンに注目するべきですね。miyaさん、ありがとうございました
青字はmiyaさんのお話しです。

20171016 britishfair2017 01.jpg

今日も時間が30分位しかとれなかったのですが、英国フェア行って来ました。
たくさんの人が、来られていて、特に、フードコーナーは、買いたくても買えませんでした。
1番奥のスコットランドコーナーの写真だけは、撮ってきました。
小物とか、とっても、可愛いいものばかりで、ラサの頃なら全部買ってしまったかもです。


20171016 britishfair2017 04.jpg

20171016 britishfair2017 05.jpg

20171016 britishfair2017 06.jpg

20171016 britishfair2017 07.jpg

20171016 britishfair2017 09.jpg

20171016 britishfair2017 10.jpg

20171016 britishfair2017 11.jpg
posted by jirokayo at 23:51| Comment(5) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

BS朝日『感動の世界遺産』「エディンバラの旧市街と新市街・ロンドン塔〜イギリス」、9月25日放送


posted by jirokayo at 08:16| Comment(2) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

名曲アルバム「スコットランドの勇者」

8月29日 BSプレミアムで放送された「名曲アルバム」は、『スコットランドの勇者』でした。番組は5分の間に名曲とゆかりとなった地を紹介していて、BSとEテレで放送しています。

20170831 1-1.jpg

「スコットランドの勇者」はベイシティローラーズ、レスリーの公演でステージ登場前に流れる曲です。miyaさんが番組をお知らせくださいました。ありがとうございます!

20170831 1-2.jpg

バグパイプの音色、独特の響きがあります。

20170831 1-3.jpg

ローモンド湖、美しいです。「ロッホ・ローモンド」の曲も有名です。

20170831 1-4.jpg

スコットランドのお祭り。これは力を競う競技です。

20170831 1-5.jpg

スコッチウィスキーの蒸留所

20170831 1-6.jpg

スコットランドの大地からウィスキー作りにかかせない、ピート(泥炭)が生まれます。

20170831 1-7.jpg

エジンバラの夏のイベント、ミリタリー・タトゥー。

20170831 1-8.jpg

名曲アルバム、お薦めです。ホームページに放送曲(過去の放送を含む)を掲載しています。
名曲アルバムのホームページ
放送:BSプレミアム 5:55〜 Eテレ 10:55〜

posted by jirokayo at 01:19| Comment(4) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

ヨーロッパ・チャンピオン50周年、スコットランド「Celtic」

ベイシティローラーズのレスリーが、グラスゴーのサッカーチーム「Celtic」のイベントに出る? なんのイベント? Lisboa? 50? とツィッターを追いかけてやっと分かりました。1967年にリスボンで開催されたヨーロッパ大会決勝でCelticが優勝した、その50周年記念のイベントが大々的にグラスゴーで行われました。



イギリスのチームがヨーロッパチャンピオンになったのはCelticが初めて。これは本当に凄いことだと思います。スコットランドの英雄ですね。

20170526 celtic5.JPG
ベイシティローラーズ、レスリー出演。

私は2007年にスターリングのセルティックShopで、お土産にユニホームを買いました。

20170526 celtic1.jpg

左下、カウンターのところに1967年 リスボンの優勝の写真が貼ってあります。

20170526 celtic3.jpg

ユニホームにはポルトガル語、25 Maio 1967 Leões de Lisboa 40°Aniversário(1967年5月25日、リスボンのライオン、40周年)

20170526 celtic2.jpg

リスボンで優勝したからポルトガル語なのでしょうか。お土産で渡したので、何が書いてあるか全く気にしてなかったです。私たちがグラスゴーで泊まった時もセルティックの試合があり、夜中まで盛り上がっていました。翌朝新聞を見たら劇的に勝利したようでした。当時日本の中村選手がセルティックで活躍していて、日本から観戦に来られる方も多かったようです。セルティック、強く人気のあるチームだったと今日改めて知りました。このユニホームをまだ持っているか、明日友達に聞いてみようと思います。

posted by jirokayo at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする