2024年01月17日

阪神淡路大震災 29年 東遊園地のつどい(2024年1月17日)。ゾウさんの本「ありがとう諏訪子さん」ありました。

今日 1月17日で阪神淡路大震災から29年が経ちました。お昼から東遊園地に行きました。

20240117 1-2.jpg

阪神淡路大震災 1.17のつどいは毎年三宮の南側、トアロード沿いにある東遊園地で行われます。

20240117 1-1.jpg

昨年2023年4月に東遊園地はリニューアルされて、アーバンな洗練された空間になりました。

20240117 1-3.jpg

沢山の人が来られていて驚きました。

20240117 1-4.jpg

竹灯籠の中で火が灯っていたようで、黒いものが多くありました。

20240117 1-17.jpg

私もロウソクを灯させていただきました。

20240117 1-5.jpg

「優」と書かれた竹灯籠。

20240117 1-8.jpg

竹灯籠、ロウソクにご協力いただいている方々のおかげで、毎年1.17のつどいが開催できます。

20240117 1-9.jpg

「1.17のつどい ともに」 は阪神淡路大震災の以降に起こった数々の大地震、被災地の復興と平和を祈っています。
とりわけ17日前、元旦に起こった能登半島地震を思います。

20240117 1-6.jpg
正面の高層ビルは神戸市役所

20240117 1-7.jpg

紙で作った灯篭は「ともに」の文字が模られています。

20240117 1-11.jpg

能登のみなさんに応援メッセージ、だれでも書けるようになっていました。

20240117 1-15.jpg
「希望の灯」
1995年1月17日午前5時46分 阪神・淡路大震災
震災が奪ったもの命 仕事 団欒 街並み 思い出
たった1秒先が予見できない人間の限界・・・
震災が残してくれたもの やさしさ 思いやり 絆 仲間
この灯りは 奪われた すべてのいのちと
生き残った わたしたちの思いを むすびつなぐ


20240117 1-14.jpg

「希望の灯」は各地に分灯りされています。

20240117 1-10.jpg

募金箱があちこちにありました。来年のつどいのための資金になります。

20240117 1-16.jpg

神戸市役所の24階からみた東遊園地です。
19日から始まるルミナリエのイルミネーションの設置もあちこちみ見られました。

++++++++++++++++++++++++++++

東遊園地にWEEKENDというカフェがあり、建物の東側に棚があり、本が並んでいます。
(昨年12月29日に花時計を見に行った帰り道に撮影)

20231229 1-1.jpg

こんなところに本があるのか、誰でも読んでいいのかな?

20231229 1-2.jpg

「みんなで育てるアウトドアライブラリー」
1. 想いのこもった一冊をひとり一冊寄贈してください。
2.公園内で自由に読んでください。(貸出はできません)


20231229 1-3.jpg

好奇心でどんな本があるのか見てみました。

20231229 1-4.jpg

ゾウさん! の表紙が見えました!
ありがとう 諏訪子さん」です!

20231229 1-5.jpg

諏訪子さんの本が想いのこもった一冊として、寄贈されていました。
私も持っています。王子動物園にいた諏訪子さんのお話をたくさんの方に読んでいただたら、とても嬉しいです。

諏訪子さんは52歳のとき阪神淡路大震災を経験しています。ゾウ舎にひとりで本当に怖かったと思います。
1995年1月17日の震災の後、王子動物園はしばらく休園していました。再開園の数日後 3月25日、スイスから2歳9か月の雄ゾウのマックが来園しました。

20240116 mac.jpg
(2024年1月16日撮影)
29年経ったマックは31歳。立派な牙を持つ日本最大級のアジアゾウに成長しました。
マックはお嫁さんと一緒に神戸に来るはずでしたが、震災で動物商が雌ゾウの手配がつかなくなってマックひとりで来園しました。諏訪子さんとマックはふたりで約1年半を暮らしました。

20240116 1537 zuze.jpg
(2024年1月16日撮影)
1996年9月 神戸の姉妹都市であるラトビアのリガ市が、震災で傷ついたこどもたちを励ますためならと大切な人工保育で育てた雌ゾウ、ズゼ(6歳)を神戸に寄贈してくださいました。
諏訪子さんはもちろんですが、震災後に来園したマックとズゼに沢山の方々が励まされ癒されてきました。

阪神淡路大震災で日本各地、世界各地からご支援応援いただきました。1月17日は震災で亡くなられた方のご冥福を祈り、被災された方々のお気持ちを思って過ごすし、ご支援いただいたことを感謝をする日になればと思います。

東遊園地から帰りに郵便局により、能登半島地震の義援金を振込させていただきました。郵便局の窓口なら義援金の振込手数料は無料です。
被災地の皆様が不自由のない平穏な暮らしを一日も早くむかえられることを心から祈っております。

ラベル:#ゾウ ゾウ
posted by jirokayo at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月19日

神戸の「山手バラ園」🌹 北野のパン屋さん 「Le Pain」 (2023年6月7日)

6月の初旬に「山手バラ園」に行きました。中山手幹線沿いで県庁の側にあり、車で西方面から戻ってくるとよく見えていたので気になっていました。

20230607 blog1.jpg

バラ園の近くにNHK神戸放送局があります。そこで「どうする家康」の展示会があり、夫と一緒に行った後に私だけバラ園に来ました。

20230607 blog2.jpg

小さいからか情報があまりなく、私のバラの知識もなくて残念なのですが

20230607 blog3.jpg

かわいいバラの花を見れてうれしかったです。

20230607 blog5.jpg

20230607 blog4.jpg

20230607 blog6.jpg

20230607 blog7.jpg

梅雨なのに晴れて暑い日でした。一眼カメラを持って歩きで家までもどるのはしんどかったので、通りかかたバスに乗ってしまいました。バスの定期を持っていて、どの路線も共通で乗れるのです。しかしそのバスは北周りで私の家の方向とは違いました。ひとつ先のバス停で下りたら、北野町の入口でした。暑い中の散策しながら歩きました。

20230607 le pn.jpg

「Le Pain」というパン屋さんを見つけました。神戸大丸では買ったことがあるのですが、本店は初めてです。

20230607 le pn2.jpg

2022年9月13日放送 「ごぶごぶ」で鈴木杏樹さん、浜田雅功さんが王子動物園を訪れてアジアゾウのマックと記念撮影をしました。その後北野ガーデンレストランでカフェ休憩し、その時に「Le Pain」の塩パンを絶品だと食べておられました。
https://www.youtube.com/watch?v=vTgmD7iJ93k
米粉をブレンドした生地に、フランス産発酵バターを巻き込み、淡路産自凝雫塩をトッピングしてあるそうです。

20230607 le pn3.jpg

塩パン、クリームパン、ラスク、キッシュを買いました。どれも美味しかったです。

20230607 le pn5.jpg

ケーキや焼き菓子もあるので、また行ってみたいと思います!



posted by jirokayo at 03:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月21日

阪神淡路大震災から28年が経ちました(2023年1月17日)

先日 1月17日で阪神淡路大震災から28年が経ちました。当日のお昼前に三宮、東遊園地に行きました。

20230117 kobe3.jpg

竹灯籠と紙の灯篭で「1995 むすぶ 1・17」の文字が象られていました。
高い建物が神戸市役所です。

20230117 kobe4.jpg

高校生の団体が来て灯篭に火を灯していました。

20230117 kobe5.jpg

風が強くて火がうまくつきませんでした。

20230117 kobe7.jpg

「希望」「絆」「未来」「心」。。の文字が書かれています。

20230117 kobe8.jpg

希望の灯です。被災10市10町を巡って運んだ種火と47都道府県から寄せられた種火を一つにした灯りが灯されています。

20230117 kobe9.jpg

1995年1月17日午前5時46分 阪神・淡路大震災
震災が奪ったもの命 仕事 団欒 街並み 思い出
たった1秒先が予見できない人間の限界・・・
震災が残してくれたもの やさしさ 思いやり 絆 仲間
この灯りは 奪われた すべてのいのちと
生き残った わたしたちの思いを むすびつなぐ


20230117 kobe13.jpg

慰霊と復興のモニュメントには水がはられていて献花が浮かんでいました。手を合わせてお祈りしました。

20230117 kobe6.jpg

来年の1.17のつどいのために募金させていただきました。
阪神淡路大震災からもう28年、いろいろな思いが巡ります。あの大震災で大勢の方が亡くなられたこと、今もなお苦しんでおられる方がおられること、決して忘れてはいけないのだとあらためて思いました。
-------------------------------------------------

20230117 kobe10.jpg

東遊園地から北に上っていくと、旧花時計跡に「神戸市王子動物園 ずーっといっしょ 70周年」があり、来園者から写真がたくさん貼ってあります。
パンダのタンタン、アジアゾウのズゼは震災で傷ついた人を励ますために神戸にきてくれました。

20230117 kobe11.jpg

タンタンのお誕生日の時の写真でしょうか。

20230117 kobe12.jpg

アジアゾウのズゼとマック。座っているのはズゼです。
-------------------------------------------------

20230117 kobe14.jpg

午後に王子動物園に行きました。

20230117 kobe15.jpg

旗が半旗になっていました。

20230117 kobe1.jpg

ゾウ舎は入園口のすぐ近くにあります。半旗の旗がはためいていて、ズゼが歩いてきたところです。

20230118 aoo2.jpg

パンダ館です。現在タンタンは療養中で観覧することができませんが、そこにいてくれることが沢山の方の励みになっています。


20230117 kobe2.jpg

フラワーロードから見えるKOBEに、1.17の文字が添えられていました。

posted by jirokayo at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月17日

阪神淡路大震災から27年、前日の東遊園地(2022年1月16日)

今日 1月17日で阪神淡路大震災から27年たちました。神戸三宮の東遊園地で「1・17のつどい」が催されます。昨年同様にコロナ感染予防で密を避けるため、前夜の16日 17時46分から灯篭が灯されました。

20220117 yu1.jpg

私は17時すぎに東遊園地に行きましたが、もう灯篭への点火が始まっていました。

20220117 yu5.jpg

東遊園地は再整備のために工事中です。

20220117 yu4.jpg

「希望の灯り」は机の上におかれていました。
被災10市10町を巡って運んだ種火と47都道府県から寄せられた種火を一つにした灯りが灯されています。

20220117 yu8.jpg

隣には募金箱があり、つどいの資金を募っていました。

20220117 yu6.jpg

竹灯籠が並んでいます。竹灯籠の部分は1.17を描いています。

20220117 yu7.jpg

ペットボトルの灯篭は「忘」と模られました。

20220117 yu2.jpg

1・17の「・」の部分です。

20220117 yu3.jpg

目が奪われました。ふたつの灯篭の文字が「結希」と書かれています。結希は王子動物園のアジアゾウ、マックとズゼの息子の名前です。4頭生まれた子どもの中で唯一生存しています。結希が希望をつないでくれますように。心から祈ります。

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 20:43| Comment(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

阪神淡路大震災から26年目、東遊園地の「1・17」つどい

今日 1月17日で阪神淡路大震災から26年になりました。毎年この日には神戸三宮の東遊園地では「1.・17」のつどいが催されます。今年はコロナウイルス感染予防で密を避けるために、前夜 16日から灯篭に灯りが灯されました。

20210117 kobe2.jpg

8時過ぎに東遊園地に行きました。

20210117 kobe3.jpg

アルコールと募金箱が置いてありました。消毒もし募金もしました。

20210117 kobe5.jpg

例年見る竹灯籠で、「1・17」が描かれています。

20210117 kobe4.jpg

今年はコロナで竹灯籠が集まらないため、紙灯篭が用いられました。「がんばろう」と模られています。

20210117 kobe15.jpg

「ば」の文字です。紙灯篭はメッセージが書かれた紙をラミネートをして丸めています。

20210117 kobe6.jpg

「ろ」の文字です。

20210117 kobe8.jpg

私もロウソクをもらい、「ろ」の文字に灯りを灯しました。

20210117 kobe9.jpg

「後世や亡くなった方にぼくたちの思いが届きますように」、というメッセージが書かれていました。胸が熱くなりました。

20210117 kobe10.jpg

「アトリエ太陽の子 1・17を語り継ごう。子供達と共に」というテントがありました。

20210117 kobe13.jpg

地震の後の写真です。

20210117 kobe14.jpg

思い出しました。

20210117 kobe11.jpg

子供達の絵が素晴らしいです。

20210117 kobe12.jpg

語り継がれていかなければならないと思いました。

20210117 kobe1.jpg
堂徳山電飾「KOBE」の下に「1.17」の文字
東遊園地からの帰り道に見えました。


posted by jirokayo at 03:32| Comment(2) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

メリークリスマス! 神戸、北野の青いサンタさん

神戸北野のサンタさん、今年は青色で登場です。 医療従事されている皆さまに感謝の思いをこめて。

20201223 kitano5.jpg

英国館のサンタさんはビールを持っています。

20201223 kitano6.jpg

北野通りには英国館、フランス館、ベンの家が並んでいます。

20201223 kitano7.jpg

ベンの家には大きなサンタさん、屋根に添っていました。

20201223 kitano8.jpg

いつもなら観光客で賑わっているのですが、昨日は静かでした。

20201223 kitano1.jpg

異人館の中でも有名な「うろこの家」のサンタさんは、こちらから操作してリモートで登場しています。

20201223 kitano2.jpg

うろこの家に行きたかったのですが、時間が遅かったので後日行きます。

20201223 kitano3.jpg

サンタさんの側にはふたりの天使。

20201223 kitano4.jpg

「風見鶏の館」前の北野町広場。ジャズ奏者は赤の衣装を着ていました。

20201223 kitano9.jpg

ジャズがどこでも流れている街、神戸です。 早く賑わいを取り戻せますように。

20201223 kitano10.jpg

よいクリスマスをお過ごしください。

posted by jirokayo at 09:16| Comment(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

光の装飾〜想いをつなぐために〜☆(神戸ルミナリエ代替えイベント 2020年12月4日〜13日)

「光の装飾〜想いをつなぐために〜」、神戸ルミナリエの代替えイベントが12月4日〜13日まで開催されています。

20201213 kobe7.jpg

ホームページより)
開催趣旨:阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を長く後世に語り継ぐとともに、今年度 中止となった神戸ルミナリエの次回開催への期待をこめて実施します。
会  場 :東遊園地 (神戸市中央区)
作  品 :カッサ・アルモニカ 光の聖堂及び周辺樹木の電飾
点灯時間 :夕方から21時頃まで


20201213 kobe1.jpg

園内にある「1.17 希望の灯り」に、イタリアの制作会社から新たに寄贈された装飾作品「希望のアーチ」が設置されています。

20201213 kobe6.jpg

20201213 kobe3.jpg

神戸市のマークがデザインされています。

20201213 kobe4.jpg

希望の灯りの側に1月17日にも使う竹灯篭がともっていました。メッセージを書いた紙を使って、灯された光が背景にたくさんありました。

20201213 kobe5.jpg

ルミナリエは阪神淡路大震災で亡くなった方の鎮魂のため、傷ついた人々を励ますためのものであるのだと改めて思いました。

20201213 kobe2.jpg

震災を知らない若い方々がボランティアをされていて、継承されていることの嬉しさを感じました。ありがとうございます。



posted by jirokayo at 12:11| Comment(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

阪神淡路大震災から25年、2020年1月17日の東遊園地

昨日 2020年1月17日、阪神淡路大震災から25年が経ちました。神戸三宮の東遊園地にたくさんの方が訪れていました。

20200117 kobe5.jpg

東遊園地は神戸市役所の南側です。

20200117 kobe1.jpg

市役所からみた東遊園地、神戸の港も見えます。

20200117 kobe2.jpg

「1.17 きざむ」 竹灯篭の文字です。

20200117 kobe6.jpg

昨年に比べてたくさんの人で驚きました。震災から25年、4半世紀の区切りの年にないます。

20200117 kobe8.jpg

20200117 kobe9.jpg

竹灯篭の中には様々な言葉が書かれていました。

20200117 kobe10.jpg

献花は水の中に。。

20200117 kobe11.jpg

被災地へのメッセージでお花が作られていました。

20200117 kobe3.jpg

20200117 kobe4.jpg

東北大震災、熊本大震災、広島、四国、昨年の台風19号。。大きな災害が日本を襲っています。被災地の痛みが少しづつでも癒えることを心から祈る一日でした。

posted by jirokayo at 10:38| Comment(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

「KOBE 1・17」-六甲山系、堂徳山の電飾

今日三宮駅方向から帰る時に見ました。「KOBE 1・17

20200114 kobe 0117.jpg

六甲山系の山麓電飾に「1・17」 神戸
(神戸新聞NEXT 2020/01/10)
阪神・淡路大震災から17日で25年となるのに合わせ、神戸市は10日、市街地から見える六甲山系の堂徳山の電飾に「1・17」の文字を加えた。普段は、北前船の図柄2種類と「KOBE」の文字が入れ替わるが、17日夜までは「KOBE」のみに固定し、その下に「1・17」と点灯する。
震災の記憶の継承・発信を目的に、昨年に続き実施される。。点灯時間は10〜15日と17日は日没から午後11時まで。16日のみ、日没から翌朝の日の出(17日午前7時ごろ)まで点灯を続け、震災が発生した17日午前5時46分にも眺められるようにする。



posted by jirokayo at 01:29| Comment(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

神戸ルミナリエ 2019年 ☆「希望の光に導かれて、25年」☆

神戸ルミナリエを見にいきました。12月6日〜15日まで開催されています。
2019年のテーマは「希望の光に導かれて、25年」です。

20191207 lumi2.jpg

作者からのメッセージ(神戸ルミナリエ公式サイトより)
25年目となる今年もまた、この神戸は賑わいます。
通りを埋め尽くす人々、空を見つめ、点灯の鐘の音を待つ人々。
25年前の記憶と、失った人々の思い出を胸に。
私たちの子供や、次の世代を担う若者に、私たちの物語、そして私たちの夢と希望を伝えるために。
震災から復興したこの神戸を、誇りに思うために。
兵庫、日本、そして全世界に向け、神戸ルミナリエの灯火が、今年も点灯します。
この光は皆さん一人ひとりの献身、努力、そして愛の象徴です。このルミナリエの光が、私たちの心に永遠に輝き続け、世界への希望のメッセージとなりますように。
ダニエル・モンテベルデ


20191207 lumi11.jpg

7日、土曜日は大変な人でした。最寄り駅の元町で降りたのに、反対方法の花隈まで歩き、折り返して元町まで戻ってきて会場に向かうようになっていました。大丸の東の通りに着くまで40分ぐらいかかりました。

20191207 lumi12.jpg

立ちどまって写真を撮らないように言われ、また人が多いので撮影は簡単にはいきません。

20191207 lumi4.jpg

来年のルミナリエのために100円の寄付金をつのっていました。

20191207 lumi13.jpg

通りを抜けて、東遊園地に着くと驚きました。

20191207 lumi3.jpg

フィレンツェのドームと鐘楼を思い出しました。

20191207 lumi15.jpg

まもなく震災から25年ということで、特別なのでしょうか。

20191207 lumi8.jpg

1月17日のための竹灯篭に文字を書くことができました。

20191207 lumi9.jpg

良い言葉が思い浮かばなくて、また後日行きたいと思います。

20191207 lumi10.jpg

震災からともされている「希望の灯り」も飾られていました。

20191207 lumi7.jpg

公園の南側に花時計が移転しています。そこにはステージがあり、その上に豪華なルミナリエがあります。

20191207 lumi5.jpg

ステージの演奏に合わせて、イルミネーションが動く、変化していきます。

20191207 lumi6.jpg

露店や屋台がたくさんでていて、とても賑わっていました。
20191207 lumi14.jpg

市役所に上り、上からも見ました。美しかったです。

20191207 lumi1.jpg

15日まで神戸から光が放たれます。

posted by jirokayo at 02:50| Comment(4) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする