2019年07月19日

スコットランド唯一のアフリカゾウ、Mondula−Blair Drummond Safari & Adventure Park A (2019年6月20日)

スコットランド、スターリングのBlair Drummond Safari & Adventure Park にアウリカゾウがいます。Mondula、雌、48歳、1998年にドイツのエアフルトから来ました。愛称はMonday、スコットランド唯一のアフリカゾウです。

20190620 mondula 01.jpg

外に広いゾウの放飼場、グランドがあるのですが、ごはんの時間でMoundulaはゾウ舎にいました。

20190620 mondula 02.jpg

広くて立派なゾウ舎です。

20190620 mondula 10.jpg

雨の多いスコットランドなので室内の設備を十分に整えているのでしょうか。

20190620 mondula 11.jpg

ゾウ舎の説明。

20190620 mondula 04.jpg

Moudula、左の耳がおれています。

20190620 mondula 05.jpg

大きな木を2本、柵ごしにもらって中に入れていました。

20190620 mondula 03.jpg

Moudulaと一緒に20年を過ごした2頭、Estrella(2013年死亡)、 Toto(2016年死亡)がいました。2年前にTotoが亡くなった後に孤独なゾウ、同居相手を探している、という報道が流れました。Sanctuary call for 'lonely elephant' at Blair Drummond Safari Park(BBC記事)

20190620 mondula 06.jpg

Moudulaの一緒に暮らせる仲間を探していますが、出身地、年齢、Moudulaがストレスなく過ごせる相手を見つけるのは難しいそうです。Moudulaを他の園に移動させるのは、48歳の高齢なので出来ないとパークの記事に載っていました。



  

Moudulaが木を取って食べている動画です。

20190620 mondula 07.jpg

ごはんを全部食べないで、Moudulaは外に出ていきました。

20190620 mondula 09.jpg

広い敷地、サッカーボールを蹴っている写真がありましたが。。

20190620 mondula 08.jpg

ここでひとりは寂しいですね。

20190620 mondula 12.jpg

この柵には窓がついていて、ゾウさんの健康チェックためのものです。

20190620 mondula 13.jpg
ケアの内容

20190620 mondula 14.jpg
足のケア

20190620 mondula 15.jpg
スキンケア

20190620 mondula 16.jpg

口の中は病気の兆候、症状がでるのでチェックするのはとても大切。同時に歯も見ます。

20190620 mondula 17.jpg

耳から採血ができます。

20190620 mondula 18.jpg

Moudula、とても大切にお世話してもらっています。

20190620 mondula 19.jpg

この立派な施設にMoudulaの仲間が来ることを心から願います。長く元気で過ごしてね、Monday!!

ブレア・ドラモンド・サファリ・パークのMoudulaの記事です。
Finding out about Moudula: Meet Mondula, our female African elephant...
ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 01:14| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

スコットランドのサファリ-Blair Drummond Safari & Adventure Park @ (2019年6月20日)

スコットランド、スターリングの郊外にあるサファリパーク、Blair Drummond Safari & Adventure Park に行きました。1970年の開園で、約350種類の動物がいます。サファリなので車で周る方が良いのですが、バスでいきました。バス停から10分足らず歩くと入場ゲート、チケット売り場が見てきました。

20190620 safari2.jpg

チケット購入時に「車がない」と言うと、「ドライブサファリバスがあるから」とドライバーを呼んでくれました。

20190620 safari4.jpg

「ドライバーはすぐに来る」と言われたのに来ないので不安になり確認に行きましたが、間もなく来られました。

20190620 safari5.jpg

ドライバーは気さくな方で笑顔で園内の説明をしてくれました。ドライブサファリエリアは4つ、アフリカゾーン、ライオンゾーン、モンキーゾーン、アジアゾーンに分かれています。平地に緑が広がる美しいサファリパークです。

20190620 safari7.jpg

最初にアフリカゾーン。 動物が近くにいれば止まって説明してくれます。

20190620 safari8.jpg

白サイは雄、雌の3頭は違う場所にいるそうです。

20190620 safari10.jpg

次はライオンのゾーン。入る前に「窓を閉めないとね」、と言われました。

20190620 safari11.jpg

8頭のライオンがいます。真ん中の雄ライオンの子供たちが右側の3頭、白っぽい色だと教えてもらいました。

20190620 safari12.jpg

こんなに広いのに8頭かたまって寝ていて、不思議な感じでした。

20190620 safari25.jpg

次はモンキーゾーン。あちこちにいます。

20190620 safari13.jpg

運転も気をつけないといけません。

20190620 safari14.jpg

かわいい〜、と見ていると

20190620 safari15.jpg

バスの上にのってきました!

20190620 safari16.jpg

最後はアジアゾーン。中国や中東からの動物がいます。

20190620 safari17.jpg

勉強不足で動物の単語が分からないこともありましたが、楽しかったです。



  

短い動画。サファリの雰囲気です。

20190620 safari24.jpg

ドライバーさん。「日本から来た」と言うと「Lovely people」と言って、丁寧にいろいろ教えてくださいました。ありがとうございました!

20190620 safari26.jpg

ウォーキングサファリ。ゾウを見に行く途中で白サイを見ました。

20190620 safari18.jpg

ドライバーが言われていたとおり、3頭の白サイがこの放飼場にいて、飼育員さんが子供たちに説明していました。



  

フォーカスが白サイから外れていて残念ですが。。
この後ゾウを見に行きましたが、別記事に書きます。

20190620 safari22.jpg

ボートサファリ。「チンパンジーの島があるからボートに乗って見にいって」、とドライバーに教えてもらいました。

20190620 safari21.jpg

ボートに乗るのは気持ち良いですが、チンパンジーは網で見難かったです。スタッフがチンパンジーの説明をいろいろしてくださいましたが、あまり理解できなかったか、覚えてなくて残念です。

20190620 safari23.jpg

ボートからはお城の建物が見えました。

20190620 safari3.jpg

6月下旬なのに涼しい風が吹く日でした。お昼から行ったので時間が足りなかったですが、とても楽しくBlair Drummond Safari の見学ができました。ありがとうございました!!

Blair Drummond Safari & Adventure Park
ホームページ

posted by jirokayo at 01:42| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

神戸王子動物園の雄ゾウ、マックが27歳になりました☆(2019年6月13日)

今日、6月13日は神戸王子動物園の雄ゾウ、マックの27歳の誕生日です。お昼前に王子に行き、マックの写真や動画を撮りました。

20190613 f mac2.jpg

11時過ぎ、妊活で滞在中のみどりちゃんと同居していました。マックは半分寝ている様子でほとんど動きませんでした。

20190613 f mac3.jpg

マックはスイスのラッパーズヴィル、クニーズキンダー動物園の出身、お父さんはチューリッヒ動物園のマクシィです。若い時のお父さんとマックはよく似ていると思いますが、身長はマックの方が高いです。お母さんのクローディアさんに体形は似ているように思います。

20190613 f mac5.jpg

常連の方がマックに合図を送ると、チロっとこちらを見てくれました。11時半の健康チェック前にみどりちゃんがパドックに移動して、マックも目が覚めたようでした。



 

マックの健康チェック。
足を水で洗っています。この間に運上場に飼育員さんがお昼ごはんを置きにいきます。マックは人と直接触れない間接飼育を取られています。

20190613 f mac6.jpg

お昼ごはんは柵越しのズゼと向かいあって食べていました。ズゼは1996年にリガ動物園(ラトビア)より、マックのお嫁に来ました。マックは2つ年上のズゼが大好きで、とても相性が良く、今まで4頭の子共をもうけています。3頭が死亡、4頭目の結希は市原ぞうの国で育ててもらっています。

20190613 f mac4.jpg

息子の結希は昨日、6月12日に5歳になりました。結希は足が長く、体形はマックに似ています。

20190613 f mac11.jpg

午後、13時半過ぎ、みどりちゃんとマックと再同居になりました。

20190613 f mac.jpg

みどりちゃんがシャワーを出すと、マックが水を取りに行っていました。
  


  

みどりちゃん、18歳。宮崎フェニックス自然動物園から妊活のため、2018年7月11日に来園しました。この6月で宮崎に帰る予定だったのですが、最長9月ごろまで延長することになりました。
みどりちゃんのパートナー「たいよう」くんが2014年1月に13歳で亡くなり、宮崎ではひとりです。

20190613 f midori1.jpg

14時半のトレーニング前、みどりちゃんはパドックに戻りました。
  


  

14時半のマックのトレーニングです。

20190613 f zuze2.jpg

15時半ごろ、ズゼの💩をするとマックが柵ごしに一緒懸命、鼻を伸ばしていました。

20190613 f zuze1.jpg

ズゼ。阪神淡路大震災の後、神戸の子共たちを励まそうと姉妹都市のリガ市が寄贈してくれた、大切なゾウさん。震災を知らない世代が増えていうえに、園内のズゼの紹介にもそのことは書かれていません。残念に思います。

20190613 f mac8.jpg

16時、マックが運動場の扉を超えて寝室に戻ります。

20190613 f mac7.jpg

ズゼが残した青草をつまみながら、楽しそうな足取りでした。



  

16時、寝室に戻ってきました。
誕生日なので「ぶどう」が置いてありました。先に食べてしまったようです。王子の食事は普段からご馳走とのことです。食パン、りんご、バナナ、ニンジン、カボチャ、干草、青草などがメニューです。おやつに他の動物のお残しの竹などをもらっています。

20190613 f mac13.jpg

お誕生日おめでとう! マック! 健康で日々穏やかに過ごせることを祈っています。

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 21:54| Comment(2) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

神戸にドイツ、ライプツィヒからアムールトラが来ました!(2019年6月6日)

神戸王子動物園にアムールトラがドイツ、ライプツィヒから来園しました!

20190606 2 reyna.jpg
写真:王子動物園のTwitterより
名前はレーニャ、メス、2歳です。

昨年7月にトラのヤマちゃんが旅立ってからずっと淋しかったので、レーニャの来園はとても嬉しいです。しかも有名なライプツィヒ動物園から来てくれて感激です。
レーニャのことをライプツィヒが発信していないか調べてみました。動物園の記事ではないですが、レーニャと双子の姉妹の名前を公募中のものと、投票で名前が決まった時の記事を見つけました。

Etliche Namensvorschläge für Tigerbabys eingetroffen
StN 26.04.2017
20190606 reyna 20170425.jpg
Die zwei kleinen Amurtiger-Zwillinge mischen den Leipziger Zoo auf und erweitern den Bestand ihrer Art. (Foto: dpa)
Der Leipziger Zoo sucht immer noch nach Namensvorschlägen für ihre Tiger-Zwillinge. Indes hält auch anderer Raubtiernachwuchs hält den Leipziger Zoo auf Trab. 全文を読む

レーニャたちの誕生日は2017年2月24日、2か月後には1000を超える名前が提案されていました。

Zwillings-Taufe in Leipzig: So heißen die Amurtiger-Babys!
TAG24 25.05.2017 07:27
20190606 reyna 20170525.jpg
Die beiden Töchter von Bella und Tomak bekamen am Donnerstag ihre Namen.
..略..Die beiden Amurtiger hören von nun an auf die Namen Akina und Lenya. Akina ist Japanisch und bedeutet "Frühlingsblume". Lenya ist ein russischer Name und heißt so viel wie "die Strahlende".
Der Name Akina gewann mit 1804 Stimmen deutlich. Für Lenya stimmten immerhin 1272 Teilnehmer.
全文を読む

名前はAkina(アキナ)とLenya(レーニャ)に決まりました。Akinaは日本人で春の花を意味します。 Lenyaはロシア語の名前で、「輝くもの」のような意味です。Akinaの名前は1804票で断トツで選ばれました。1272人の参加者がLenyaに投票したそうです。

お母さんはBella、お父さんはTomak、立派なんだろうとライプツィヒ動物園のホームページを見ました。
ライプツィヒ動物園、アムールトラの紹介
https://www.zoo-leipzig.de/unsere-tiere/tier-details/amurtiger

レーニャが一般公開される日が楽しみです!レーニャちゃん、神戸に来てくれて、ありがとう!!

ラベル:神戸 ドイツ語
posted by jirokayo at 10:44| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

4月28日は「象の日」☆姫路市動物園のゾウさん、姫子ちゃん

今日 4月28日は「象の日」。1729(享保14)年4月28日、交趾国(現在のベトナム)からの献上品として清の商人により初めて日本に渡来した象が、中御門天皇の御前で披露されました。その記念日が「象の日」と定められました。

20190327 himeji8.jpg
姫路市動物園、姫子
3月27日に姫路セントラルパークに行く前、姫路市動物園に寄った時に撮った写真です。

20190327 himeji4.jpg

姫路城の敷地の中に動物園があります。

20190327 himeji1.jpg

姫子の家から姫路城が良く見えます。桜が満開の時はとても美しいそうです。

20190327 himeji2.jpg

42歳の姫子ちゃんに会うのは3度目ですが、見る度に可愛く見えてきます。

20190327 himeji3.jpg

象がいない動物園が増えています。近くに象さんがいて本当に幸せです。



  

4月17日の夕方、加古川に行ったついでに姫路に寄りました。姫子ちゃんは夕ごはんを食べていました。動画の後半はその時のものです。
姫子ちゃんにまた会いに行こうと思います。

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 23:24| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする