2021年04月05日

神戸王子動物園のアジアゾウ、ズゼが31歳になりました☆(2021年4月5日)

今日 4月5日で神戸王子動物園のアジアゾウ、ズゼが31歳になりました。ゾウ舎まわりの桜は美しいのですが、昨日の雨でほとんど散ってしましました。先週の暖かさから、今日は平年の気温に戻りました。ズゼの誕生日、朝から王子に行く予定だったのですが、気温差で不調になり、14時ごろに動物園に行きました。それまでの撮影はお友達のNekomimiさんがして下さいました。ありがとうございます。Nekomimiさんの撮影と、4月2日 午前中、マックとズゼが同居中の撮影を掲載していきます。

20210405 zuze birthday13.jpg
北側で(4月2日)
朝9時過ぎに笹をもらって食べていました。

20210405 zuze birthday10.jpg
南側で(4月2日
ゾウ舎の中央に扉付きの柵があり、マックとズゼの同居期間中は開かれています。ふたりの同居期間は約1か月で、その後別居期間は約2ヵ月を繰り返しています。今回の同居は3月7日〜4月2日でした。

20210405 zuze birthday8.jpg
マックとズゼ(4月2日)
お鼻をつないでいます。ふたりはとても仲が良いです。得にマックはズゼが大好きで、同居の時はズゼの後ろをついてまわっています。

20210405 zuze birthday9.jpg
北側で(4月2日)
ズゼは丸太を触っています。丸太の表面を少しづつ剥がして食べているそうです。別居の期間中は北側にマックが居るので、ズゼは同居中に丸太を触ることができます。桜の花が舞っていました。

20210405 zuze birthday11.jpg
ズゼとマックの紹介
ズゼは1990年4月5日 ラトビア共和国の首都、リガで生まれました。生後3か月でお母さんが膵臓がんで亡くなり、ズゼは人工保育で育ちました。ズゼは大切に育てられましたが、1996年に6歳でズゼは神戸のマックのお嫁さんに出すことになりました。リガの人たちは大反対でしたが、阪神淡路大震災で傷ついた子供達を励ますため、姉妹都市の神戸のためにズゼを手放す決断をされたのです。

********************************************
11時半にマックとズゼはお昼ごはんをもらいます。間接飼育のマックが寝室で健康チェックを行っている間に、運動場に枝や青草が運ばれます。


お昼ごはん
4月5日はズゼのいる南側の設備の点検があったようで、ズゼは北側に移動してからごはんをもらいました。食べている途中で、南側へ戻ってきました。珍しいことです。

20210405 zuze birthday4.jpg
シャワーのスイッチをタッチ
13時前にパネルを触れて、シャワーを出してお水を飲んでいました。


シャワー
13時前、14時前のお水を飲んでいるところです。


トレーニング
ズゼは14時半過ぎにハズバンダリートレーニングを行います。

20210405 トレーニングの目的.jpg
トレーニングの目的
3月11日にゾウ舎に大きな掲示板が2つできました。そこに書かれています。

20210405 zuze birthday5.jpg
ショップ、パンダプラザ
お友達から教えてもらいました。オリジナルグッズが発売されたと。Happy Birthday Zuze と書いています。

20210405 zuze birthday6.jpg

限定商品、竹タオルです。ピンクとブルーがあります。ゾウさんが2頭の刺繍入りで、ズゼとマックのようです。どちらも購入しました。

20210405 zuze birthday2.jpg
ズゼの夕ごはん
お誕生日特別メニューがあるかな、とズゼの寝室に見にいきました。向かって左側がいつものメニュー、右側にバースデーメニューがセットされていました。

20210405 zuze birthday1.jpg
バースデーメニュー
食パン、リンゴ、サツマイモ、ニンジン等を使って、ケーキやゾウさんが作られていました。ブドウにトマトの山もりが2つもありました。ご馳走です! ズゼは何から食べるのでしょうか。


誕生日の夕ごはん
ズゼが寝室に戻ったところ、ご馳走を食べているところです。右側のバースデーメニューを先に食べていたのですが、左側、カメラ方向を向いて通常メニューを食べ始めたので撮影を止めることができず、長い動画になっています。ズゼがこちらを向いていた時、「おめでとう!」の言葉が飛んで、胸が一杯になり泣き出しそうになりました。28歳から4回の誕生日を見てきました。今日はこんな豪華なお祝いをしてもらって、たくさんの人に祝ってもらって、なんて良いお誕生日なのでしょうか。「ズゼちゃん、おめでとう」と私も声がでました。私たちを癒し幸せにしてくれるズゼに感謝しています。そしてズゼの健康と幸せを心がら願っています。 ズゼの誕生日をこれからも欠かさず、長くお祝いできますように。ズゼちゃん、みなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

20210405 zuze birthday7.jpg
北側の水飲み場前で(4月2日)
ズゼはお鼻を伸ばしました。おはよう!と言っているみたいでした。ありがとう〜、ズゼちゃん


ズゼ 31歳の誕生日 お祝い動画
ズゼの生まれ故郷、リガ大聖堂少年合唱団の歌、アヴェ マリア(ラトビアの作曲家 R.Dubra) 1番を使わせていただいています。

posted by jirokayo at 23:59| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

美都さん、50歳 おめでとうございます! 京都市動物園A(2021年3月28日)

2021年3月10日、京都市動物園でアジアゾウ、美都さんの50歳のお祝いがありました。美都さんは1977年にマレーシアで捕獲され、2年後の1979年に京都に来園しました。正確な誕生日がわからないので、3月10日を「みと」の日と決めて毎年誕生日をお祝いされるそうです。今年は50歳のくぎりの年。コロナ対策で盛大なお祝いは控えて、当日9時からお祝いの様子がライブ映像で発信されました。そして4月4日まで、ゾウ舎のプール前にポスター展「美都のこれまで そしてこれから」が催されています。

20210328 1-6.jpg

美都さんにお祝いを言いたくて、このポスター展を見たくて京都に来ました。

20210328 1-12.jpg
美都さん
お会いするのは初めてで、姿を見つけた時、ドキッとしました。美しいゾウさんです! ゾウさん好きの方々から美都さんのお話しはよく聞いていました。

20210328 1-1.jpg

プール前の柵に美都さんのことを詳細に説明されたポスターが何枚も掲げられています。

20210328 1-3.jpg

美都さんは京都に来園して40年以上、一緒にいた年下のゾウさん、古都ちゃん、友ちゃんと仲良くしていたのに、どちらにも若くで亡くなってしまいました。13年以上ひとりでいたのですが、2014年11月にラオスから小ゾウが4頭来園しました。仲間が急に増えたのです。その1か月前、10月20日に新ゾウ舎に美都さんは引っ越しをしました。引っ越しと新しいお部屋、小ゾウさんたちの来園が続いたこと、大きく環境が変わったことが原因で美都さんは2年間、引きこもってしまい外に出ませんでした。

20210328 1-2.jpg

美都さんの経歴、来園の経緯が書かれています。

20210328 1-5.jpg

「美都の性格がよくわかる話」です。熱心に読みました。美都さん、見かけによらずイタズラ好きなのですね。

20210328 1-4.jpg

「健康で長生きするために」、ゾウの寿命は60年と言われ、推定50歳の美都さんは高齢期に入ってきました。健康で長生きできるように、美都さんにあった健康管理がなされています。

20210328 1-8.jpg

ゾウ舎前の美都さん型のボードです。

20210328 1-7.jpg

裏には心のこもった美都さんへのメッセージがたくさん貼られていました。

20210328 1-9.jpg

美都さん、柱のをかじるようなポーズを取っていました。「美都さん、はじめまして! 50歳、おめでとうございます! 日本に来ていただいて、ありがとうございます。これからも元気で過ごしてくださいね」、と心の中で美都さんに話しかけました。

20210328 1-13.jpg

美都さんの前にはプールがあり、小ゾウさんたち3頭が楽しそうに遊んでいました。

20210328 1-18.jpg

2014年11月にラオスから来園したゾウさんたちは、春美カムパート、夏美ブンニュン、秋都トンカム、冬美トンクンです。日本名にはそれぞれが美都さんのお名前から一文字をいただいています。

20210328 1-11.jpg
冬美トンクン
小ゾウさんたちのリーダーです。プールには入っていませんでした。

20210328 1-15.jpg
春美カムパート、夏美ブンニュン
プールが好きで楽しそうに入っていました。プールから出てもふたりで遊んでいました。仲が良くて、いつも一緒で見分けがつかないのですが、右耳に裂けめが入っているのが夏美ブンニュンです。

20210328 1-14.jpg
秋都トンカム
まだ幼さが残る雄ゾウです。プールに入っていましたが、すぐにあがりました。

20210328 1-17.jpg

プールに入って楽しそうです。



美都さんは後ろで土かけをしていました。小雨が降っていました。



夏美ブンニュンが先にプールに入っているところです。



プールで足をバシャバシャさせる夏美ブンニュン、春美カムパート。気持ち良くプールに入っています。美都さんは柱をくわえるようなポーズをしていました。



春美カムパートが夏美ブンニュンの背中にお鼻をのせています。どうなるかと思ってい見ていました。



美都さんと冬美トンクンがお鼻を合わせていました。後半は春美カムパートと夏美ブンニュンです。

20210328 1-28.jpg

ゾウ舎のまわりを歩きました。こちら側は将来雄ゾウ、秋都トンカムの放飼場になる予定です。

20210328 1-29.jpg

説明が書かれています。

20210328 1-31.jpg

1923年に建てられた、旧ゾウ舎のレリーフが残されて紹介されています。

20210328 1-20.jpg

寝室よりの建物、コンタクトコーナーでしょうか。壁にレリーフがあります。

20210328 1-21.jpg

秋都トンカムの姿が見えました。

20210328 1-22.jpg

寝室が見たかったです。お部屋には16時前に戻るのでしょうか。

20210328 1-24.jpg

寝室のマップ。1-4が雌で5が雄です。水飲み場もあり、エサかごもあります。

20210328 1-26.jpg

夕ごはんが準備されていました。

20210328 1-23.jpg

「日々のトレーニングを通して快適な生活をささえます」

20210328 1-25.jpg

ハズバンダリートレーニングについての説明も分かりやすく書かれています。

20210328 1-35.jpg

4頭の小ゾウさん達はこれから繁殖を目指していきます。

20210328 1-12.jpg

美都さんはリーダーとして、成長を続ける小ゾウさんたちを見守っていただきたいと思いました。美しい京都の四季を40年以上を過ごしてきた美都さん、お会いできて本当に嬉しかったです。これからもどうぞお元気で過ごしてください。また来させていただきます。ありがとうございました。

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 13:34| Comment(2) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めての京都市動物園@(2021年3月28日)

先週 3月28日に京都市動物園を初めて訪れました。神戸から車で約1時間半、お昼前に着き、動物園の近くの岡崎公園の駐車場に車を置きました。周りには平安神宮、南禅寺、美術館があります。

20210328 zoo1.jpg

動物園の場所はすぐわかりました。高さのない茶系のシックな建物で、チケット売り場もエントランスも建物の中にあります。チケットは自動販売機で購入し、スタッフにスタンプを押してもらいました。「再入園の際はこのチケットをお持ちください」、と言われました。

20210328 zoo41.jpg

トラとシロテテナガザルの写真入りチケット、日付も入っていて記念になります。

20210403 kyoto.jpg

園に入ると、桜の木の側にマップがあります。向かって右手の建物にレクチャールーム、2階に剥製の展示室、レストランがあります。

20210328 zoo2.jpg

夫が参加する「動物園DEサイエンストーク 」は14時から始まるので、それまで園を周って、食事をする予定です。

20210328 zoo4.jpg

平地で歩きやすく、建物の色、地面に敷かれているタイルから、閑静な住宅地を歩いているような感じがしました。

20210328 zoo5.jpg

ゾウの森を目指しました。途中に慰霊塔が見えました。

20210328 1-19.jpg

ゾウが見えました! 5頭のアジアゾウがいます! ゾウさんのことは別記事に書かせていただきます。

20210328 zoo7.jpg

ゾウの森から進むと東エントランスがあり、そこから琵琶湖疎水が見えます。

20210328 zoo6.jpg

桜が美しく咲いていました。あいにくの雨ですが、趣がありました。

20210328 zoo8.jpg

風景に見とれていたのですが、ゴリラのおうちに来ました。

20210328 zoo11.jpg

モモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウ、キンタロウの4頭がいます。こちらでは個体の名前が数か所に表示してあり、分かりやすいです。

20210328 zoo9.jpg

横になっているのはお父さんのモモタロウ? 長男のゲンタロウ?

20210328 zoo10.jpg

お母さんのゲンキさんとキンタロウちゃん。かわいいです。

20210328 zoo12.jpg

マンドリルです。ゴリラ舎の側にサル舎が並びます。ワオキツネザル、テナガザル等に会えました。

20210328 zoo13.jpg

アカゲザルの放飼場は円形です。

20210328 zoo14.jpg

毛づくろいをしていました。アカゲザルはここに12頭いて、高齢の3頭は別のお部屋にいました。

20210328 zoo18.jpg

猛獣ワールドに戻ってきました。コロナ対策で近づいて見ることができないのですが、パリから来園したオオヤマネコのお顔もチラッと見えました。

20210328 zoo16.jpg

トラのオク、雄です。京都市動物園生まれ、今年11歳になります。

20210328 zoo19.jpg

ジャガーのアサヒ、天王寺動物園生まれ、6歳です。

20210328 zoo17.jpg

ジャガーのミワ、神戸王子動物園生まれ、7歳。お父さんは王子のアトスです。

20210328 zoo23.jpg

レッサーパンダ舎、野外の展示場は高い木があります。この日はコトがでているはずでした。

20210328 zoo21.jpg

もうひとつの展示場にいた、ウーロン。

20210328 zoo24.jpg

有名なヤブイヌに会いました!

20210328 zoo25.jpg

現在はデンマルとダイモンの2頭がいます。

20210328 zoo26.jpg

ロバのハルです。

20210328 zoo27.jpg

オオバタンのオージロー。

20210328 zoo28.jpg

キバタンのオキバ、美しいです

20210328 zoo29.jpg

ミーアキャット、お部屋にいました。

20210328 zoo33.jpg

フラミンゴは3種類。

20210328 zoo34.jpg

中には50歳を超えたご長寿もおられます。

20210328 zoo30.jpg

そしてキリン舎、上からも見れます。2月10日にキリンの赤ちゃんが誕生しました。お母さんはメイさんです。

20210328 zoo32.jpg

近い! 間近にお顔が見えて感激です!

20210328 zoo31.jpg

ミライさんは神戸王子動物園の嵐くんのお母さんです。

20210328 zoo35.jpg

東エントランスにある「ミライショップ」はキリンのミライさんをリスペクトしたショップと想像しました。こちらには職員さんが描いたイラストで作ったグッズがあると教えていただきました。

20210328 zoo36.jpg

お土産を買いました。生八つ橋はこちらのショップオリジナルとのことです。オオヤマネコはお顔が見えなかったので、マグネットを買いました。

20210328 zoo40.jpg
レトロな観覧車

20210328 zoo38.jpg
剥製の展示室

20210328 zoo39.jpg

レストランのアイスクリームにゾウさんもある?

20210328 zoo3.jpg
貯水池
1903年の開園当時からあるそうです。

雨のためお部屋に入っている動物もいました。傘をさしていてうまく撮影できなかったですが、たくさんの動物、鳥たちに会えました。お友達に見どころを教えていただきました。ありがとうございました。バリアフリーで美しく、愛らしい動物が揃っている京都にまた来たいと思いました。今度はもっと時間を取って周りたいです。

posted by jirokayo at 06:29| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

ボルネオゾウのふくちゃん☆福山市立動物園A (2021年3月18日)

3月18日に福山市立動物園に行きました。ボルネオゾウのふくちゃんに会いに福山を訪れたのは4回目になります。今回は神戸から新幹線、タクシーを利用したので午前中に動物園に着きました。

20210318 fukucha0.jpg

10時半過ぎ、園に着くとふくちゃんへのお土産をもぎりの職員さんにお渡しして、すぐにゾウ舎に向かいました。ふくちゃんは前でおやつを食べていました。

20210318 fukucha9.jpg

ふくちゃんの運動場に「ごろごろローラー」があります。これは2018年にクラウドファンディングで集まった資金で作られた、エンリッチメントアイテムです。運動不足やストレスを解消するためのものです。2015年に結核を発症し、1年半の薬の投与期間があり、辛い治療をを乗り越えて今元気に過ごしています。封じ込めている結核菌がまた暴れださないように、退屈して免疫力が下がらない対策のひとつで、このローラーは作られました。


ごろごろローラー
国内でゾウの大型のエンリッチメントアイテムの開発は初めてで、アメリカの例を参考に試行錯誤をして、ふくちゃんに合うものが作られました。
今回初めておやつを入れているところ、ふくちゃんが遊んでいるところを見ました。おやつを仕込んでいる飼育員さんは、ふくちゃんの様子を見ながら急ぎならでも慎重でした。ごろごろとローラーを転がして、中のおやつを出して食べるふくちゃんはとても楽しそうでした。

20210318 fukucha8.jpg

ごろごろローラーが終わって、ふくちゃんが歩きだすと、飼育員さんがサイコロを渡します。このサイコロは折ったホースでできていて、間におやつが入っています。ふくちゃんはお客さんの前に持ってきて食べてくれました。


サイコロおやつ 正面
今度は飼育員さんが前にサイコロを持ってきてくださいました。ご挨拶していただき、後でお土産のお礼を言っていただきました。こちらこそ、ありがとうございます。今回車ではなかったので、重くない落花生と黒砂糖にしましたが、ふくちゃんが日頃から食べているものばかりでした。

20210318 fukucha2.jpg

ふくちゃん、タイヤマッサージをしていました。土浴びをしながら、気持ち良さそうでした。
タイヤマッサージの動画

20210318 fukucha4.jpg

ふくちゃんは機嫌が悪くなると柱にお尻をこすりつけて吠えるような声を出します。柱には電気が流れているのですが。。


パトカーの音
14時半過ぎ、サイレンが聞こえて、ふくちゃんは不安な様子になり唸りだしました。すぐに飼育員さんが出て来られて、運動場に黒砂糖を投げました。ふくちゃんがパトカーの音から気がそがれるように。大きな音がする中、ふくちゃんは黒砂糖を食べ始めました。

20210318 fukucha5.jpg

15時前にふくちゃんはつめのお手入れをしてもらっています。柵に足をのせている姿が微笑ましいいです。
足のお手入れの動画


>
飼育員さんとタイヤ遊び
14時半前、飼育員さんとタイヤの引っ張りあいこをしていました。タイヤにホースを通して飼育員さんは引っ張りますが、ふくちゃんは力持ち、勝って嬉しそうにタイヤをくわえていました。

20210318 fukucha6.jpg

15時、ふくちゃんのトレーニングと帰り仕度が始まりました。芸をさせているのではなく、体のバランス、健康状態を見ています。


伏せ
伏せをしている時に背中の土を取ってもらっています。体重測定、胴回りの測定、水浴び、お顔、体を洗うことが続いていきます。それぞれ動画を撮影しています。
リフトの動画
体重測定の動画
水浴びの動画
胴回りの測定の動画
顔を洗う動画
お湯を飲む動画
体を洗う動画
クリームをぬってもらう動画


バイバイ
ふくちゃんはトレーニングを終えて、お部屋に戻る前にお客さんに挨拶をしてくれます。

20210318 fukucha10.jpg

バイバイ、 ふくちゃん、今日もありがとう!! 笑顔のご挨拶、うれしいです!

20210318 fukucha11.jpg

ご挨拶が終わると、飼育員さんの手とふくちゃんのお鼻を繋いで、お部屋に入っていきました。
幸せいっぱいの気持ちになりました。ふくちゃんは本当に大切にされている、幸せなゾウさんだと思いました。良い日を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
ふくちゃんは2001年4月28日 推定3歳で来園しました。日本で唯一のボルネオゾウです。ふくちゃんが来園した後、ボルネオゾウの輸出が禁止になりました。今月4月で来園20年になります。誕生日が不明なので、来園した4月28日を誕生日としています。
ずっと元気で幸せに暮らしてね。また会いに行きます。

posted by jirokayo at 03:01| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

70回目の開園記念日、神戸王子動物園(2021年3月21日)

今日 3月21日、神戸王子動物園の70回目の開園記念日でした。”70周年 ありがとう ” "これからも よろしく" 、と掲げてありました。

20210321 zoo32.jpg

入園する前に体温を計り、鳥インフルエンザ対策でマットを踏んで、アルコールで手を消毒します。入場無料でしたが、あいにく朝から強い雨が降って、お客さんは多くありませんでした。

20210321 zoo1.jpg

ゲートをくぐると正面に花壇があり、パンダが描かれています。フラミンゴがいて、本物か? と目を疑う時があります。向かって左には本物のフラミンゴがたくさんいます。

20210321 zoo11.jpg

王子動物園の印象はフラミンゴ、という友達が多いです。ベニイロフラミンゴ、ヨーロッパフラミンゴの2種類、鮮やかで目を引きます。

20210321 zoo13.jpg

フラミンゴ北側に広場があり、奥に動物の慰霊碑があります。

20210321 zoo33.jpg

お花が供えてありました。今日はお彼岸、私も手を合わさせていただきました。

20210321 zoo15.jpg

久しぶりに「どうぶつとこどもの国」に行きました。

20210321 zoo14.jpg

カピバラが3兄妹、ソウ、パピコ、モナカ、ぬれていました。

20210321 zoo16.jpg

ふれあいが出来る動物、みんな穏やかで優しいお顔をしています。

20210321 zoo18.jpg

ふれあいゾーンを出で、カワウソ、レッサーパンダ、コアラがいるエリアに行きました。

20210321 zoo19.jpg

コアラは室内にいます。8頭いて、みんな寝ていました。

20210321 zoo21.jpg

今日の開園記念日は感謝の思いで、たくさんの動物に会いたいと思い園を周りました。
15時半、子ザルさんたちはもうお部屋に戻っていました。

20210321 zoo34.jpg

クマさんたちはお部屋に戻る前でした。

20210321 zoo20.jpg

猫長屋、真ん中の展示場にいるシベリアオオヤマネコのアルです。ラトビアのリガ動物園から来園しました。

20210321 zoo22.jpg

オオアリクイさんたち、久しぶりに会えました。

20210321 zoo23.jpg

カバ池、今日は出目男さんがお外にいました。

20210321 zoo24.jpg

北園にきました。カンガルーがたくさんいます。

20210321 zoo25.jpg

ダチョウさんも久しぶりです。

20210321 zoo27.jpg

雨が降ってきたので、キリンさんも中に入ったのかな?と思ったら、ひょっこりお顔が見えました。

20210321 zoo17.jpg

北園のアイドル、ロバのブンタくん、ナズナちゃんには散歩に出ていて、偶然会うことが出来ました。

20210321 zoo30.jpg

16時過ぎ、アシカはごはん、魚を貰っていました。

20210321 zoo31.jpg

16時過ぎ、ペンギンは水から上がっていました。

20210321 zoo28.jpg

円形猛獣舎、トラ、ライオン、ヒョウ、ジャガーがいます。

20210321 zoo29.jpg

アムールトラのレーニャです。2019年6月にドイツ、ライプツィヒ動物園から来園しました。

20210321 zoo2.jpg

円形猛獣舎の隣はゾウ舎です。アジアゾウのマックとズゼ、現在同居期間中です。

20210321 zoo3.jpg

パンダのタンタンは昨年中国に帰る予定でしたが、コロナで飛行機の便が手配できなくて、うれしいことに今現在も王子に滞在しています。土日、祝日はタンタンの見学は予約制になっていて、私は今日会うことができませんでした。

20210321 zoo4.jpg

資料館で「ありがとうタンタン」展が開催されています。

20210321 zoo7.jpg

資料館の中に図書館があり、動物関連の本が並んでいます。

20210321 zoo8.jpg

先日発売された「ズゼちゃん 大好き」や「はじめまして カバです」がありました。

20210321 zoo10.jpg

「はじめまして カバです」は元職員の川上博司さんの生前の手記を、お母様が追悼集として出版されました。震災後の動物園の状況が書かれてあります。私は図書館で借りましたが、読ませていただいて本当に良かったと思いました。

20210321 zoo5.jpg

「アジアゾウ 子ゾウたちのものがたり」、がありました。

20210321 zoo6.jpg

これは2019年の展示「あかちゃん物語」をA4の本にしたものです。内容がとても良かったので、本にするか、デジタル化してたくさんの人に見ていただきたい、と園にお願いしていました。デジタル化を検討すると聞いていたのですが、本ができていて驚きました。見やすくてうれしいです。

20210321 zoo35.jpg

開園70周年の特別展、はく製展「王子動物園で活躍した動物たち」が催されています。ひとりひとり動物の話が聞こえるような紹介文になっています。「王子にいてくれて、ありがとう。どうぞ王子のみんなを見守ってください」、という気持ちになりました。

20210321 zoo36.jpg

王子動物園は隣接する王子スタジアム等のスポーツ施設と一緒にリニューアルする予定です。21年度中に基本計画をがでるそうで、どのようになるのか全く分かりませんが、楽しみにしています。
開園 70周年、誠におめでとうございます!! これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 20:02| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

福山市立動物園@ ヒョウのラムちゃんに再会(2021年3月18日)

3月18日、福山市立動物園に行きました。2019年12月から4度目の福山で、今回は新幹線とタクシーを利用して、午前中に動物園に着きました。
自動販売機で切符を買い、もぎりのところで、ボルネオゾウのふくちゃんへのお土産を預けました。

20210319 zoo1.jpg

ペンギンが迎えてくれます。良いお天気です。
まずゾウ舎へ向かいましたが、ゾウ ふくちゃんのことは別記事に書かせていただきます。次に猛獣ゾーンへ行きました。

20210319 zoo2.jpg
猛獣舎
昨年12月、アムールヒョウのラムが神戸王子動物園から福山に移動しています。久しぶりにラムちゃんに会える、と楽しみにしていました。

20210319 zoo4.jpg

アムールヒョウはピン、ラムの2頭います。ピンはラムのおばあちゃんの姉妹になります。神戸に出張中のアニュイはラムのお父さんです。
展示場にはピンが奇数日、ラムが偶数日に出ています。段ボールの貼り紙にラムのことが書かれています。「ラムちゃん くびのうしろがかゆいみたいで毛がぬけています」

20210318 ram3.jpg

「こんにちは〜、ラムちゃん!」。美しいラムちゃん、神戸にいた時から大人気でした。会えてうれしい。ヒョウの展示場は2階まで吹き抜けになっていて、岩の上 2階にいました。

20210319 zoo5.jpg

首の後ろの毛がぬけています。飼育員さんがおられたのでお話しを聞きました。前夜にかいかいができて、後ろ足で触っていたそうです。お薬を飲ませて様子を見ていくと言われました。

20210318 ram2.jpg

きれいなお顔を見せてくれました。この後、ラムちゃんは一階に下りていきました。

20210319 zoo6.jpg

11時半前、お薬が入った鶏肉を飼育員さんがあげようとしたのですが、私たちが見ている時は食べませんでした。

20210318 ram1.jpg

13時、14時前、15時半、16時半前 とラムちゃんを見に行きました。ずっと寝ていました。最後だけ起きて1階にいて、これからお部屋に戻るところでした。


ラム お部屋に戻る
最後にお見送りができて良かったです。ラムちゃん、ありがとう、お疲れ様でした。痒いのが早くおさまりますように。
--------------------------------

20210319 zoo10.jpg

トラのアズミは2020年4月に長野から福山に来ました。まだ1歳の時で、両親は既に亡くなっていました。新しい環境に馴染めず、展示場に出て来れるようになったのは、今年になってからでした。

20210319 zoo11.jpg

13時15分からアズミちゃん、それまでは雄のアビが展示場に出ていました。アズミちゃんが出てくる前に鶏肉がセットされました。一度食べ終わってから、一旦アズミちゃんを通路に入れて、また鶏肉がセットされました。これが合計3回あり、その度に飼育員さんがお客さんに丁寧に説明してくださいました。


アズミちゃんのごはん
アズミちゃんはまだ細い川の向こうを渡ることができません。後ろ足を残し体を伸ばして、川の向こうのお肉を取っていました。アズミちゃん、ゆっくり頑張ってね。

20210319 zoo9.jpg

猛獣舎の2階には サーバルとカラカルがいます。

20210319 zoo8.jpg

カラカルのカールとカーラの子供が姫路市動物園にいます。

20210319 zoo13.jpg

ピューマの展示場も2階までの吹き抜けで、午後は雌のマロンが出ていました。

20210319 zoo16.jpg

午前中は雄のビンカーンが出ていました。

--------------------------------
猛獣ゾーンを離れて小動物ゾーン、鳥ゾーンに行きました。

20210319 zoo15.jpg

ボタンインコはたくさん!います。

20210319 zoo23.jpg

フラミンゴ、王子よりたくましく見えました。

20210319 zoo24.jpg

レア、ベルギーから来たカップルです。

20210319 zoo25.jpg

特徴が書いてあって、分かりやすいです。

20210319 zoo17.jpg

オニオオハシ、2羽が寄り添っていました。

20210319 zoo20.jpg

サルゾーンも充実しています。細長い展示場にワオキツネザル、ニホンザル、マンドリル、マントヒヒ、シロテテナガザル。。種類が多いです。

20210319 zoo21.jpg

エリマキキツネザル、2頭いました。

20210319 zoo22.jpg

キリンの「はっさく」ちゃん。前回来た時はお母さんの「かりん」さんと同じ部屋でしたが、今は自分の部屋ができました。

20210319 zoo19.jpg

ミゼットポニーのクロくん。ふれあい動物ゾーンにいます。

今回は午前に動物園に着いたので、いろいろな動物に会えました。良かったです。また会いたい動物が増えました。もちろん、ボルネオゾウのふくちゃんにも。(次の記事につづきます)


posted by jirokayo at 02:14| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月13日

「ズゼちゃん大好き」が発売されました!!

神戸王子動物園のアジアゾウ、ズゼの本が出版されました。「ズゼちゃん大好き〜ラトビアからやってきたゾウと飼育員の物語」。
https://ecatpub.stores.jp/items/604042876e84d5714659f7a3

20210313 zuze book.jpg

ズゼちゃんは北欧の国、ラトビアで生まれたアジアゾウの女の子。
阪神・淡路大震災の翌年にはるばる神戸市立王子動物園にやってきました。今では同園の人気者です。
本書は王子動物園元園長の筆者が自身の挿絵とともに、ズゼちゃんが遠く日本までやってくるまでの日々を感動の物語として描きました。
小学校中学年向け読み物。
CATパブリッシングサイトより)

2017年にラトビアのリガを訪れて、現地のガイドさんからズゼが神戸にいることを聞きました。静かで穏やか、優しい北欧の国から日本に渡ったゾウ、姉妹都市、神戸のために来てくれたゾウ、ズゼに会いたくて王子動物園を訪れました。
この本はズゼの生い立ち、神戸に来園する経緯が書かれています。ズゼとラトビアの国のことをたくさんの方に知っていただくことが、ズゼを贈ってくれたラトビアの人たちへの恩返しになると思います。約3年半、ズゼを応援してきた私は、大変うれしく感謝の思いで一杯です。

ラベル:ゾウ ズゼ #ズゼ
posted by jirokayo at 13:44| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

ボルネオゾウ、ふくちゃんと再会☆福山市立動物園(2020年12月5日)

昨年 12月5日、ボルネオゾウのふくちゃんに会いに福山市立動物園に行きました。初めて行かれるお友達、お二人と一緒でした。神戸から車で、途中で休憩、昼食を取ったので、現地には13時半前に着きました。

20201205 zoo1.jpg

切符を自動販売機で買って、もぎりにおられた職員さんにふくちゃんへのお土産をお預けしました。3人それぞれに名前を聞いて下さいました。少し前にふくちゃんは体調を崩していたので、お土産を持って行っても良いか?と前日に電話でお尋ねしていました。

20201205 zoo2.jpg

ペンギンさん、キリンさん、シマウマさんの前を通って、ゾウ舎に向かいました。

20201205 fuku13.jpg
(夕方のゾウ舎)

20201205 fuku15.jpg

ふくちゃん! こんにちは〜!

20201205 fuku3.jpg

ふくちゃんは運動場を歩いていました。

20201205 fuku4.jpg

もぎりにおられた職員さんがお土産をゾウ舎に持って来られて、飼育員さんに渡してくださいました。私たちにも記念品を持ってきてくださいました。「神戸から来た」とお話しすると、姫子ちゃんのお悔やみを言われました。姫路のアジアゾウの姫子ちゃんが亡くなって、1か月が経っていました。「姫路には福山からカラカルが行っています」、と教えていただきました。「知りませんでした。いつもゾウ舎に張り付いていたので、また会いにいきます」、とお話ししました。丁寧に親切、気さくにお話しいただいた職員さんは、なんと園長であったと後で知りました。恐縮です。本当にありがとうございました。


ふくちゃんの紹介
飼育員さんが落花生を持って来られて、ふくちゃんの紹介、ボルネオゾウの特徴をお話しくださいました。トレーニングの説明もあり、とても良く分かりました。


足のケアをしてもらうところ
ふくちゃんは日本で唯一のボルネオゾウです。ふくちゃんが来園した時に手違いがあって、もう一頭来園する予定だった雄ゾウが来れなかったそうです。その後にボルネオゾウの輸出が禁止されてしまいました。。
「一頭なのに広くて立派なゾウ舎ですね」と言うと、「繁殖ということを考えていましたので」と園長さんが言われました。


おやつを食べるふくちゃん
ふくちゃんは2015年に結核を発症しました。つらい治療を乗り越えて元気になりました。体に残っている結核菌が暴れないように、ふくちゃんの元気と免疫力を保つことを努力されています。


お湯を飲むふくちゃん
ふくちゃんは夏場でもお湯を飲んでいるそうで、ホースからじかに飲んでいます。飲んでいる時間を測って記録されていました。

20201205 fuku10.jpg

お友達にふくちゃんをお任せして、他の動物を見にいきました。15時前にゾウ舎の側面のぞき窓から見たら、ふくちゃんがタイヤの片付けをしていました。


タイヤ片付け
そして間もなく、トレーニングが始まりました。


トレーニング
飼育員さんたちはヘルメットをかぶり、フック等の道具をベルトにつけています。

20201205 fuku6.jpg

横たわっているところ。背中の土を掃ってもらいます。トレーニングでふくちゃんの動き、体のバランスを見ておられます。

20201205 fuku8.jpg

ふくちゃんの足の裏、なんてふっくらしているのでしょう!

20201205 fuku7.jpg

気持ち良さそうに動いていました。

20201205 fuku12.jpg

お顔、目のまわりを洗ってもらっています。

20201205 fuku5.jpg

最後にお湯を長い間飲んでいました。
間に体重測定、胴回りの測定、足洗いがありました。
動画:ふくちゃんの体重測定
動画:胴回り測定、 足洗、 水飲み

20201205 fuku2.jpg

最後にお客さんにお別れのバイバイをしてくれます!


ふくちゃんのバイバイ
ふくちゃん、バイバイ! 今日もありがとう! また会いに来るからね!
15時半すぎにふくちゃんはお部屋にもどりました。
その後、猛獣舎や他の動物を見ました。

20201205 zoo8.jpg
アムールヒョウのピンちゃん
王子動物園からラムちゃんが来園しています。

20201205 zoo4.jpg
カピバラさん
今は3頭です。しろとりさん、体が大きくて有名です。

20201205 zoo16.jpg
キリンの親子
お母さん、かりんさんと一緒のはっさくちゃん。

最後にお土産を買いました。かわいいものがあるのですが、ふくちゃんのものは売り切れ続出でした。また補充をお願いいたします。
とても楽しかった福山市動物園の滞在でした。本当にありがとうございました。

福山市立動物園
広島県福山市芦田町福田276−1
084-958-3200
ホームページ

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 13:37| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

姫子ちゃんにお花を手向けにいきました☆姫路市立動物園(2021年1月9日)

昨日 1月9日 アジアゾウ、姫子ちゃんにお花を手向けにお友達と一緒に姫路市立動物園へ行きました。

20210109 himeji1.jpg

今は献花台がなくなり、姫子ちゃんの家の中に祭壇が置かれいるので、先に事務所にお花を預けに行きました。

20210109 himeji2.jpg

姫子ちゃんが来園した当時から26年間お世話をされた河野係長が事務所におられて、丁重にお礼をいただきました。職員の方に私達を案内し、お花を祭壇の良いところに置いてもらうように、と頼んでくださいました。

20210109 himeji16.jpg

鍵を開けていただいて、ゾウ舎に入り、姫子ちゃんのお写真の前に置かせていただきました。

20210109 himeji6.jpg

ふっくらと可愛い姫子ちゃん、このお写真はそんな昔のものでなく、ここ数年のものと聞きました。
姫子ちゃんは昨年10月24日、43歳で亡くなりました。

20210109 himeji7.jpg

昨年12月6日に献花台が撤去され、12月18日にお別れ会が催されました。それ以降、祭壇の生花は少なくなっているようです。子供たちのお手製のお花、ありがとうのメッセージがお部屋を明るく元気にしています。

20210109 himeji8.jpg

柵の向こうに姫子ちゃん等身大に作られた、ゾウさん形のボードに姫子ちゃんへのメッセージが貼られています。これが3体あります。作るのに大変な手間がかかっただろうと思っていたのですが、みんなで作業したのでそれほどの時間ではなかったそうです。

20210109 himeji9.jpg

姫子ちゃんがいたお部屋に入り、姫子ちゃん立っていたところを見ると、鮮明に姫子ちゃんの姿が思い出されました。

2020102320himeji7.jpg
2020年10月23日 お昼前の姫子ちゃん、亡くなる前日。
お部屋の左側に立って前、お客さんを見ていました。翌 24日の朝、職員さんが来られた時、姫子ちゃんは倒れていたそうです。

20210109 himeji10.jpg

姫子ちゃんの写真展が1月末まで開催されています。

20210109 himeji21.jpg

春、夏、秋、冬のシーズンに毎、カテゴリーでまとめた姫子ちゃん。

20210109 himeji11.jpg

夏の姫子ちゃん。

20210109 himeji12.jpg

日常の姫子ちゃん。

20210109 himeji14.jpg

節分のイベント、姫子ちゃんが可愛いです。

20210109 himeji13.jpg

後ろ足を薬浴。姫子ちゃんは足の病気が原因でした。

20210109 himeji17.jpg

河野係長の姫子ちゃんとの26年の思い出。何回でも読ませていただきたいです。


20210109 himeji15.jpg

寒波が到来、この日は姫路城のお堀は凍っていました。水道管の破裂たあったり、水が凍結してトイレが使えませんでした。

20210109 himeji18.jpg

表に出ている動物もいれば、お部屋から出てこない動物もいました。

20210109 himeji20.jpg

写真展の期間中、姫子ちゃんの缶バッチを販売しています。

20210109 himeji4.jpg

春、秋、夏、冬、Smileの5種類があります。1人2セット、合計10個が上限で、同じものを2個以上は選べません。
郵送でも購入できます。詳細は姫路zooブログ【ありがとう「姫子」展を開催しています(姫子缶バッジ販売中)

20210109 himeji3.jpg

姫子ちゃんの写真展は1月末迄開催予定ですが、コロナで変更になる可能性があります。兵庫に緊急事態宣言が再発令されれば、動物園もしばらくの間閉園になるかもしれません。その前にもう一度写真展を見たい、姫子ちゃんにお花を手向けたいと急遽姫路を訪れました。お世話になり、ありがとうございました。おかげで姫子ちゃんに会えました。心落ち着けて、また姫路を訪れる日が早く来ますように。。

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 04:45| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

名古屋、東山動植物園の4頭のアジアゾウに会いました☆(2020年11月27日)

先月、名古屋の東山動植物園に行きました。4頭のアジアゾウがいるので楽しみにしていました。ゾウの展示場「ゾージアム」は入口に近いところにあります。

20201127 ele 1.jpg

スリランカの民家をイメージした2階建て建物が見え、その向こう側に展示場と象の寝室が細長い形であります。

20201127 ele 5.jpg

見えてきたのはワルダーさん。

20201127 ele 3.jpg

スリランカの民家風建物の2階から見たゾウの放飼場、側面から見下げるようになります。

20201127 ele 2.jpg

4頭のゾウの紹介です。
ワルダー(1971年生 メス)、1973年1月19日来園
アヌラ (2001年10月20日生 メス) スリランカ出身 2007年7月28日に来園
コサラ (2004年5月11日生 オス)スリランカ出身、アヌラと一緒に来園
サクラ (2013年1月29日生 メス)東山動植物園で誕生

20201127 ele6.jpg
ワルダーさん(49歳)
手前の放飼場でひとりでいました。柵越しにアヌラ、サクラと触れ合っています。

20201127 ele 4.jpg
アヌラ(19歳)、サクラ(7歳)
広い放飼場に親子ふたりでいました。とても良く似ています。


(アヌラ、サクラ、ワルダー)
サクラちゃんが遊んでいて、だんだん興奮してきて、アヌラさんが寄り添っているように見えました。ワルダーさんも走っていました。


(アヌラ、サクラ、ワルダー)
アヌラが走りだすとサクラもついていきました。枝を持って戻ってきたアヌラはワルダーさんに枝をおすそ分けしていました。

20201127 ele7.jpg
コサラ(16歳)
アヌラとサクラの放飼場の奥にいて、お客さんからは遠いです。



(コサラ)
アヌラとサクラと三頭で同居する時があるそうです。

20201127 ele11.jpg

お昼前に3頭がお部屋に入りました。あわてて中に見にいきました。
ゾウ舎の中は設備が整っています。広い通路、飲み水。。立派だなと感心します。


(爪のお手入れ)
かけたロープの上に足を載せさせて、爪のお手入れをしています。おやつをあげる人、お手入れする人と2人の飼育員さんがケアされていました。


(お昼ごはん)
爪のお手入れが終わると、外にでてごはんを食べていました。複数個所に草が置かれています。

20201127 ele9.jpg
サクラ
もうすぐ8歳になるサクラちゃん、成長しています。


(サクラとアヌラ)
クマを見に行って戻ると、サクラちゃんが飼育員さんと歩いていました。号令を聞いて動いていました。その間部屋の中にいる飼育員さんがアヌラさんを引き付けていました。そしてアヌラも号令を聞き動きました。

20201127 ele8.jpg
アヌラ
ワルダーさんにもサクラにも優しく、賢いお母さんです。

20201127 ele16.jpg
ゾウのトレーニングの説明がありました。

20201127 ele17.jpg

これは良いと思いました。トレーニングの意味が良く分かります。

20201127 ele wr1.jpg
ワルダーさん
夕ごはん、ワルダーさんはお茶目爆発。お鼻を何度も上げて、枝を頭の上に載せていました。

20201127 ele wr2.jpg

もうすぐ50歳のワルダーさん、性格が可愛い。アヌラさんもサクラもそんなワルダーさんが好きなんだと思いました。


(夕ごはん)
ワルダーさんのお茶目ぶり、後ろのサクラちゃんが映っています。

20201127 ele14.jpg

東山動物園のアジアゾウの歴史やスリランカのゾウについて紹介するコーナーがあります。

20201127 ele15.jpg

2D、3Dを組み合わせて展示しています。うまいな〜と思いました。

20201127 ele12.jpg

4頭の体重が書かれています。体重計は展示場のワルダーさんの近くにありました。

20201127 ele13.jpg

飼育員さんのお仕事内容が紹介されていて、ゾウの飼育を理解することに繋がります。

20201127 ele18.jpg

ゾウはいつやってきたの? こちらの展示は見ませんでした。戦時中に殺処分せずにゾウを守ったこと、サクラちゃんを日本人スタッフだけで出産させたこと、東山動物園への尊敬の念はつきません。立派なゾウ舎に負けない志を持たれて、ゾウの飼育をされているのだと思いました。またぜひ行かせていただきたいです。ありがとうございました。

posted by jirokayo at 02:57| Comment(2) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする