2018年12月21日

12月22日〜 熊本市動植物園は全面開園です☆先駆けた内覧会に行ってきました☆

明日 12月22日(土)から「熊本市動植物園」は全面開園になります! 2016年4月14日の熊本地震から2年8か月、園内の復旧工事が完了していよいよ全ての動物が見れるようになりました。

20181216 kumamotozoo 01.jpg

全面開園に先駆けて、12月15日、16日に復興応援サポーターは内覧会に招待がありました。私は15日に行かせていただきました。

20181216 kumamotozoo 02.jpg
正面玄関
まだこちらからは入園できず、南入口まで歩きました。

20181216 kumamotozoo 07.jpg

部分開園では土、日の営業で、見れる動物のエリアが限られていました。工事の進捗で徐々に展示エリアが広がっていったようです。

20181216 kumamotozoo 03.jpg
ゾウ舎

20181216 kumamotozoo 06.jpg

アフリカゾウ、マリーとエリの雌ゾウ2頭がいます。3月に来園した時は工事中で、2頭は寝室にいました。
熊本市動植物園のアフリカゾウ、マリー&エリ(2018年3月19日記事)

20181216 kumamotozoo 23.jpg

シマウマのエリアが最後の砦、この先に新しい施設が作られて、猛獣たちに会えるようになりました。

20181216 kumamotozoo 17.jpg
猛獣舎

20181216 kumamotozoo 14.jpg

「おかえり」、声をかけていたお客さん言葉が心に残りました。震災後は他の動物園に移動していた猛獣たち。ファンはどれだけ会いたかったでしょうか。

20181216 kumamotozoo 15.jpg
ユキヒョウ

20181216 kumamotozoo 16.jpg
ライオン
雌ライオンがお客さんにサービスしていました。



 


猿類、熊舎も新しくなっています。

20181216 kumamotozoo 18.jpg

めずらしい猿さんたちがいました。

20181216 kumamotozoo 12.jpg
えりまきつねざる

20181216 kumamotozoo 19.jpg
マンドリル
名前はコタロウ、お尻の色が美しいです。

20181216 kumamotozoo 21.jpg

資料館に新聞の記事が展示されていました。震災、復旧工事の間動物たちのストレス、飼育員さんたちのご苦労をあらためて知りました。

20181216 kumamotozoo 22.jpg


穏やかな晴天の日で、動物たちはゆっくりくつろいでいました。

20181216 kumamotozoo 27.jpg
フンボルトペンギン

20181216 kumamotozoo 24.jpg
日本猿

20181216 kumamotozoo 26.jpg
カピバラ

20181216 kumamotozoo 11.jpg
ホッキョクグマ
マルルはとても楽しそうのプールで遊んでました。

20181216 kumamotozoo 09.jpg
サイ

20181216 kumamotozoo 10.jpg
カバ
カバは雌が2頭います。モモコとソラです。



  


明日から全面開園です。本当におめでとうございます!! たくさんイベントもあるようです。とても楽しみですね

熊本市動植物園
熊本県熊本市健軍5丁目14−2
ホームページ

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 13:22| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

札幌、円山動物園にアジアゾウ4頭到着(2018年11月30日 HTBニュース)

札幌の円山動物園にアジアゾウ4頭がミャンマーから到着した、というニュースを見ました。うれしい、ぜひ観に行きたいです

円山動物園で11年ぶり ゾウ4頭到着
HTBニュース 2018/11/30(金) 23:15 掲載


  

札幌の円山動物園には、11年ぶりとなるアジアゾウ4頭が、30日夜、ミャンマーから到着しました。
ミャンマーからの貨物機で新千歳空港に到着したアジアゾウ4頭は、空港内で通関や検疫の手続きが行われました。円山動物園にゾウが来るのは、死んだ「花子」以来11年ぶりです。トラック3台で札幌に向かったゾウは、30日午後9時ごろに相次いで動物園に到着し、新設されたゾウ舎に収容する作業が行われています。健康状態に問題はないということです。4頭のゾウは新たな環境に慣れるまでしばらく時間をかけ、来年、2月から3月ごろの一般公開を目指すということです。
ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 01:37| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

オランダ、アウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) アフリカゾウ編

オランダ、レーネンのアウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) にはアフリカゾウがいます。

20181016 zoo oli1.jpg

象舎の入口。オランダ語で象のことは「オリファント」と言います。

20181016 zoo oli2.jpg

寝室は新しい設備で、夕ご飯が置かれていました。

20181016 zoo oli3.jpg

干し草、野菜、ブラウンのパン。とてもヘルシーそうです。
象の紹介があり、全部で3頭いるかと思いました。

20181016 zoo oli4.jpg
Aja、1971年生まれ

20181016 zoo oli6.jpg
Tembo、1990年生まれ

20181016 zoo oli5.jpg
Duna、1996年生まれ

象舎と運動場は繋がっているのですが、運動場の見学場所は象舎と離れたところになります。

20181016 zoo oli7.jpg

雌が3頭いると思ったら、雄象もいました! 合計4頭です。

20181016 zoo oli10.jpg
Tooth、25歳、雄。

20181016 zoo oli11.jpg

雄のToothは、Temboと同居中でした。隣にAjaとDunaがいます。

20181016 zoo oli12.jpg

Toothは隣のDunaに鼻を伸ばしています。

20181016 zoo oli13.jpg

Dunaは22歳、一番若い雌象です。

20181016 zoo oli15.jpg

Toothと同居中のTemboは28歳。

20181016 zoo oli16.jpg
Tembo

20181016 zoo oli18.jpg

寝室に戻る時間が迫っているようで、ToothもTemboも寝室の入口前で待機してました。

20181016 zoo oli20.jpg

一番年上のAjaは47歳。若いDunaと一緒です。

20181016 zoo oli19.jpg
Aja
Ajaは水飲み場に行きます。

20181016 zoo oli14.jpg

美味しそうに飲んでいました。

アウエハンツ動物園のことを調べていたら、動物園のニュースを見つけました。2018年1月にDunaが出産した女の子が、3日後に亡くなりました。3年間の人工授精の試み後に妊娠し、2年間にわたって専門チームが携わってきた出産で、ヨーロッパでは初めての人工授精に成功した事例でした。母親のDunaが急変し、子供を攻撃しはじめ、チームは3トンもある母から子供を救うことができませんでした。脊髄を損傷した赤ちゃんは、安楽死させられました。
なんて残念な話でしょうか。象を一頭無事に出産し、育てることは本当に難しいことなんだと痛感してます。
記事:Pasgeboren olifantje overleden

20181016 zoo oli19 foto.jpg
写真:Ouwehands Dierenparkのサイトから

Ouwehands Dierenpark
Grebbeweg 111, 3911 AV Rhenen
ホームページ
ラベル:ぞう オランダ
posted by jirokayo at 01:26| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

オランダ、アウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) パンダ編

2018年10月16日にオランダ、レーネンのアウエハンツ動物園 (Ouwehands Dierenpark) を訪れました。こちらにパンダがいる、とTwitterのお友達に教えていただき、急遽行くことに決めました。この日はユトレヒト郊外にある軍事博物館を訪れるためにドライバーを頼んでいたので、その延長で行っていただきました。

20181016 zoo 1-1.jpg

Ouwehands Dierenpark、動物園の入口

20181016 zoo 1-2.jpg

「シン・ヤ」と「ウー・ウェン」が迎えてくれました。

20181016 zoo 1-3.jpg

マップでパンダと象のエリアを確認しました。

20181016 zoo 1-4.jpg

パンダ御殿? に到着。

20181016 zoo 1-5.jpg

2つの建物に分かれていて、奥がウー・ウェンの住まいで、2階にパンダショップがあります。

20181016 zoo 1-10.jpg

観覧側からウー・ウェンの住まいは見下げるようになります。

20181016 zoo 1-11.jpg

動き回っていて、お顔が見えませんでした。

20181016 zoo 1-7.jpg

シン・ヤの住まいは見やすくて、良いところで寝ていました。

20181016 zoo 1-8.jpg

室内の装飾が可愛すぎて、シン・ヤも縫いぐるみかと思いました。

20181016 zoo 1-9.jpg

動いた! ので本物とわかりました。

20181016 zoo 1-12.jpg

回廊を上り、ショップに回るようになっています。

20181016 zoo 1-13.jpg

2017年4月にシン・ヤとウー・ウェンは来園しました。

20181016 zoo 1-14.jpg

ウー・ウェン側の建物から撮影です。

20181016 zoo 1-15.jpg

パンダづくしのショップでした。

20181016 zoo 1-16.jpg

かわいい!?

20181016 zoo 1-6.jpg

入口の反対側も立派な門がありました。

Ouwehands Dierenpark
Grebbeweg 111, 3911 AV Rhenen
ホームページ
ラベル:パンダ オランダ
posted by jirokayo at 10:47| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

オランダ、エメン動物園にズゼの兄弟がいます☆

先月オランダのエメン動物園に行きました。こちらに神戸王子動物園の雌象、ズゼの異母兄弟がいると、お友達から教えていただいたからです。

20181102 blog zuze.jpg
(ズゼ 28歳:2018年11月2日撮影)

ズゼはラトビアのリガ動物園の生まれで、6歳の時に神戸に来ました。ズゼの母、Zitaはズゼを出産後3か月、すい臓がんのために亡くなりました。1996年10月、ズゼが神戸に発った年にリガ動物園はズゼの父、Radzaのパートナーにデンマークから雌象、Rupaを迎えます。が、2003年にRadzaはオランダのエメン、Rupaはオランダのアーネムに移動し、リガ動物園の象は居なくなりました。

20181103 zuze fa.JPG
(ズゼの父、Radza)

Radzaはエメンで14頭の子を作り、2013年10月に亡くなりました。
現在のエメン動物園(Wildlands)に10頭の象がいて、5頭がズゼの異母兄弟、11歳の妹、9歳、8歳、4歳、4歳の弟4頭がいます。ほかに雌象が2頭、雄の赤ちゃん象が2頭いて、Radzaの死後に来た雄象、Mekongとの間に今年生まれた子供たちです。
以下の写真は2018年10月17日撮影のものです。

20181017 zuze 5 Ravi5.jpg

象の展示場所は広く、外と室内の2か所にあり、2つのグループに分かれています。雌象3頭と赤ちゃん2頭、それに4歳の男の子が一緒にいます。

20181017 zuze 1 Shwe Zin 3.jpg
Shwe Zin 11歳(ズゼの妹)
母親はHtoo Kin Aye、2012年に亡くなっています。8歳の弟 Einga-Thaは雄のグループにいます。

20181017 zuze 1 Shwe Zin 4.jpg

雌は3頭だけで、まだ子供のいないShwe Zinは、群れから少し離れているように見えました。

20181017 zuze 5 Ravi2.jpg
19歳のMa Ya Yeeと子供たち、4歳のRavi(ズゼの弟)、4か月のManoa
第一子、9歳のEin She Minは雄のグループにいます。

20181017 zuze 5 Ravi6.jpg
Ravi
弟の世話をしているのか? でもまだまだ母親に甘えたい様子でした。

20181017 zuze 5 Rav5.jpg
26歳のMingalor Oo、6か月の子供、Mauk
他に4頭の男の子を生み、4歳のRadza juniorは雄のグループにいて、その他の3頭は他の動物園に移りました。

20181017 zuze 5 Ravi4.jpg
ManoaとMauk
----------------------------------------------------------------

20181017 zuze 2 Ein Shie Min 1.jpg

雄のグループ、4頭は室内にいました。

20181017 zuze 6 Mekong 1.jpg
Mekong 36歳
立派な牙を持ち、雄グループのリーダー。Mekongが入ってくると、餌場に居た雄たちが出て行きました。

20181017 zuze 2 Ein Shie Min 4.jpg
MekongとEin She Min
9歳のEin She MinがMekongに挑んでいるようでした。

20181017 zuze 2 Ein Shie Min 2.jpg
Ein She Min 9歳(ズゼの弟)、母親はMay Yee

20181017 zuze 3 Einga-Tha 1.jpg
Einga-Tha 8歳、 Radza junior 4歳(ズゼの弟たち)

20181017 zuze 3 Einga-Tha 2.jpg
Einga-Tha 8歳、Hloo Kin Ayeが母親。Shwe Zin が姉。

20181017 zuze 4 Radaza jonior1.jpg
Radza junior 4歳、Minglor Ooが母親

20181017 zuze 2 Ein Shie Min 5.jpg

室内の餌場は見下ろすようになっていました。
雄が7頭もいるエメン、どのように飼育しているのか興味津々でした。雄象は移動させられると思うので、今のメンバーが見れて幸運でした。
エメン動物園はドイツに近く、私達はユトレヒトからエメン、その後ドイツのハーメルンに車移動、ドライバーを頼みました。
エメン動物園 Wildlandsのホームページ:オランダ語とドイツ語のみです。

夫が撮影した動画



ラベル:オランダ ぞう
posted by jirokayo at 02:35| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする