2019年03月17日

良寛詩集ー日本の禅語録 第二十「 良寛」より

義父の残した書籍を一冊、日本の禅語録 第二十「 良寛」、なにげなく開いてみました。そのページに書いてあった詩、なんて本当のことなんだろう、と感じ入りました。
良寛は1758-1831、江戸時代後期の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家です。

20190318 book1.jpg

心という木はなんと澄みきっていることか
その水面を眺めわたしても涯は見えぬ
しかしそこにちらりと一念が起こったとたん
あらゆる像が眼前に畳なわる
人はそれに執われて有の見を生じ
それに乗っかって永久に本心に戻らない
嘆かわしや 迷妄の人は
ついに十纏にまといつかれる

※十纏(じつてん):衆生の心にまといついて修繕を妨げる十種の宿命的な迷妄


20190318 book2.jpg

生前、義父は禅を組みにお寺に行っていると話してくれました。退職後は禅関連の難しい本を早朝から正座して読んでいた、と義母から聞きました。

20190318 book3.jpg

本の終わり頁の裏に日付が書いてあります。おそらく義父が読み終えた時に書きこんだものだと思います。
実家のものを整理しなければいけないのですが、思い切るのに躊躇います。だからと言って、義父の本を全て読むのは読書の苦手な私にはとても無理です。今日実家でたまたま開いた本の一節、義父がここを読みなさい、と言ってくれたようでした。

posted by jirokayo at 23:50| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

焼きたてフワさっくりワッフル☆神戸大丸「UCCカフェプラザ」

先日神戸大丸の「UCCカフェプラザ」でワッフルをいただきました。

20190316 cafe1.jpg

厚みがあって、ふわっとして、さっくりしていました。クリームはカボチャとクリームチーズ。甘くなくて、美味しかったです。

20190316 cafe2.jpg

スタッフのスマートで丁寧なサービスにも居心地がよく、くつろぐことができました。

ラベル:神戸 グルメ
posted by jirokayo at 11:02| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

阪急 夙川駅の桜、待ち遠しいです。

阪急沿線の夙川は桜美しくて有名です。

B348BD81-CDC6-4AF6-9CF2-CB9BB7F0D914.jpeg

今日はまた寒が戻って寒いです。

66D6CD26-D536-4FED-92E8-C7A780FDE4C9.jpeg

桜のツボミはまだ固そうでした。美しい花を咲かせてね🌸
季節の変わり目、どうぞご自愛してお過ごし下さい。



posted by jirokayo at 12:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

レスリーがラジオ出演! Andy Snowden 105 Calon FM(2019年3月9日)

レスリー(ベイシティローラーズ)がラジオ番組にインタビュー出演しました。
録音がYouTubeにアップされています。お友達のAkemiさんが教えてくださいました。ありがとうございます
Andy Snowden 105 Calon FM (2019年3月9日)



  
posted by jirokayo at 23:58| Comment(3) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

ドイツ、シュツットガルト「ヴィルヘルマ動物園」のアジアゾウ(2018年10月)

2018年10月にドイツ、シュツットガルト「ヴィルヘルマ動物園」Wilhelma zoo に行きました。ここにはPama(53歳)とZella(52歳)、2頭のアジアゾウがいます。
王子動物園のズゼのお父さん、Radzaが1968年から3年間、この動物園にいました。

201810 wilhelma 01.jpg

シュツットガルトはドイツの南、フランスに近いです。車産業、ワイン生産が盛ん、芸術文化面でもレベルが高く、クリスマスマーケットで有名な街です。
ヴィルヘルマ動物園にはメルセデスベンツ博物館からタクシーで行きました。

201810 wilhelma 02.jpg

ハロウィンに因んだ飾りつけがあちこちにありました。

201810 wilhelma 03.jpg

ヴィルヘルマ動物園内のマップ。細長い園内で、象のエリアは入口から離れています。

201810 wilhelma 04.jpg

ヴィルヘルム国王の夏の離宮だったので、このように美しい庭園・植物園があります。

201810 wilhelma 06.jpg

象舎はまだか?と案内を見ながら進んでいきました。坂道を登って行ったところに、象舎がありました!
すごく広くはないですが、水浴び場もあるし、木の配置や遊び道具が凝っています。

201810 wilhelma 07.jpg

ちょうど、おやつの時間でした。

201810 wilhelma 08.jpg

若いキーパーさん達が、2頭のゾウさんに大きな葉っぱをあげていました。

201810 wilhelma 09.jpg

2頭は50歳を超えた、おばさんゾウさんたちでした。

201810 wilhelma 10.jpg
Pama、53歳 (1966年生まれ)

201810 wilhelma 11.jpg
Zella、52歳(1967年生まれ)

動画です。


 


象舎の中です。

201810 wilhelma 13.jpg

隣に並んでいるのはサイの寝室です。

201810 wilhelma 20.jpg

PamaとZellaの名前と生まれ年が書いてあります。時計が4時15分、お風呂(水浴び)とごはんの時間のようです。

201810 wilhelma 14.jpg

サイの寝室。Brunoという名です。

201810 wilhelma 16.jpg

プールがあります。

201810 wilhelma 19.jpg

外にいたサイがBruno、だと思います。

201810 wilhelma 17.jpg

中の展示。骨格標本。

201810 wilhelma 12.jpg

象舎前に貼ってあった記事。辞書を引きながら読んでいますが、この象舎ができた時の記事のようです。

201810 wilhelma 18.jpg

象舎前の広場にゾウさんをかたどった遊具がありました。さすがドイツ! 木が大好きな国です。

ヴィルヘルマ動物園は14頭のゾウを飼育するための象舎を新たに作るそうです! 2020年に着工、完成は2024年の予定です。素晴らしい計画に感動です!
Für 14 Elefanten soll ein Gehege gebaut werden

Pama、Zellaはとても大切にされていると思いました。長く生きて、ぜひ新しい象舎で過ごして欲しいです。シュトゥットガルトにはお友達がいるので、私も元気でいて、ぜひ2024年に完成する象舎を見にいきたいです。

ヴィルヘルマ動物園
Wilhelma 13, 70376 Stuttgart, ドイツ
ホームページ

ラベル:ぞう
posted by jirokayo at 14:03| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする