2022年09月03日

Zuze's 26th anniversary of coming to Kobe, a tribute to her curator and my teacher (September 3rd, 2022)

*今日 9月3日 神戸王子動物園のアジアゾウ、ズゼが来園して26年になります。ズゼの故郷ラトビアの方にも読んでいただきたいので、先に英文で書きました。後日日本語訳を追記させていただきます。

September 3rd is the anniversary of the arrival of the Asian elephant, Zuze at Kobe Ojizoo. She came from Rega city, the capital of Latvia with her curator Gunars Schauers in 1996. It was 26 years ago and Zuze was only 6 years old.

2022021120blog9.jpg
03.09.1996

Zuze and Mr.Schauers left Rega Zoo on August 24th, and their journey took 10 days by ferry, airplane and a large truck. Zuze was donated by Riga city (sister city of Kobe) to encourage children wounded in the 1995 great Hanshin Awaji earthquake.

20220903 zuzechan.jpg.png
Zuze anc Mac:02.09.2022

Zuze has a chubby body looks cute and has a little playful and gentle character. She is very much loved by her partner, Mac who is the biggest male Asian elephant in Japan. Of course, she is loved by many people in Kobe, and there are fans who come from far away to meet her.
I would like to express my sincere gratitude to the people of Riga, Latvia, for giving us the pleasure of meeting Zuze in Kobe, and adding joy to our lives.

I sometimes wrote about Zuze on my blog since I had met Zuze on July 7th 2017. It was very special for me to meet Zuze. I was not interested in animals and zoos until I heard about an elephant living in Kobe from a local guide while sightseeing in Riga city in June 2017.
After returning to Japan, I visited Oji Zoo because I wanted to meet the elephant who came to Japan from such a small and peaceful European country next to Russia.

20170616_pe2.jpg
Riga city, June .2017

I clearly remember the day I first met Zuze and my impression of her was of a big, gentle elephant. But strangely, after going to meet her, I wanted to meet her again. Gradually my visits to the zoo increase and now I go to meet Zuze every day. I don’t know why, but I’ve been drawn to Zuze.

My husband and I were planning our first trip to Europe in June 1995. But after the Hanshin Awaji earthquake in January, my husband who was working in construction, became so busy that he was unable to travel. I also gave up on going to Europe.
The next year I went to a university to take a course on “European affairs” in Himeji. Professor Nakamura had worked in Belgium and knew a lot about Europe, especially paintings, so he was planning to take his students to Europe. I had no intention of participating but an old lady, Mrs.Murakami who was taking the class with me asked me to go to Europe with her. She needed someone to share a hotel room with, and she said it would be her first and last chance to go to Europe.
I was worried about my husband who was busy with work, but I decided to go to Europe with Professor Nakamura, Mrs Murakami and 10 other people in August 1996.
We boarded Lufthansa plane and the flight ended in Brussels via Munich. On the way back we arrived in Osaka form Paris via Frankfurt.

thumbnail_IMG_4286.jpg
Paris North Station: 23.08.1996

I enjoyed visiting Belgium and Paris very much for first time Europe, and this trip changed my life. Beautiful landscapes, historical buildings, museums, language, food, I fell in love with everything. It's a faraway place that I can only go to once or twice a year, but Europe has always been somewhere in my heart.

My busy husband was finally able to go to Europe in 2000 and since then his goal has been to visit all European countries.
So we went to Latvia in June 2017. In Riga, Kobe's sister city, we heard about Zuze, the elephant who had come to Kobe. Riga is a beautiful city has a lot of historic places and is famous for Art Nouveau buildings. The people are very kind as well.

After 1996, when Professor Nakamura went to Europe, I was allowed to accompany him. He taught me many things, such as how to travel in Europe, about paintings, and the French language. I am very grateful to him.

My trip in August 1996 is still very moving to me.
Zuze and the curator Mr.Schauers left Riga on August 24th, they took a ferry down the river from the port of Riga to Frankfurt, Germany.

1996082320zuze1.jpg
23.08.1996 :(by Mr.Chichagov)

I found out about it because Mr. Chichagov, who had worked for Riga Zoo, posted photos on Facebook.

199008 zuze.jpg
Mr.Chichagov and Zuze, August, 1990 (by Mr.Chichagov)
Zuze was born on April 5th,1990. She is four months old in this photo.

2022082420kayo.jpg
24.08.1996

I was in Paris on August 24th. I remember that day very much. After visiting the Eiffel Tower, we went to Orsay Museum. I was really excited by Impressionist paintings, Renoir, Monet, Van Gogh..etc. There were many masterpieces that I had admired. Mrs.Murakami was also very glad to seeing “Tahitian Women on the Beach” by Paul Gauguin.
It was the most enjoyable day of this trip and one of the best days in my life when Zuze was leaving Riga.
And I returned to Osaka from Paris via Frankfurt on 27th August. I still have my boarding pass.

thumbnail_processed-3c8753ce-f1d1-4ab4-ba3e-27b568d24590_oi1WhGjq.jpg

Zuze took a plane from Frankfurt to Tokyo on September 1st. What a coincidence that Zuze was going to Japan from the same airport just five days after.

1996090120zuze4.jpg
01.09.1996 :(by Mr.Chichagov)

The thought that I was there when Zuze and Mr.Schauers, were on their way to Japan is indescribable for me.
Zuze lost her mother three months after she was born. Mr. Schauers, who took care of Zuze, came to Kobe with her.
(The story of Zuze and Mr.Schauers came from Riga to Kobe, "I love Zuze-chan," has become a book by former Oji Zoo director Mr.Gondou. The story is fictionalized.)

2021031320zuze20book-0cc03.jpg
I love Zuze-chan

Professor Nakamura passed away in January 2022 this year. Mr.Schauers also passed away on February 1st of this year at the age of 86. He was about the same age as Mr. Nakamura.

1996090520zuze4.jpg
Mr.Schauers and director Mr.Gondou. :(by Mr.Chichagov)

This year 2022 is Zuze's 26th anniversary of coming to Kobe.
I would like to thank the people in Riga again for donating Zuze to Kobe. Your precious Zuze is beloved very much in Japan.
Thank you Professor Nakamura, Mrs.Murakami for giving me the opportunity to go to Europe.
Thank you Mr.Schauers for looking after Zuze and accompanying her to Kobe.
I am really happy to meet Zuze. I love her very very much.

20220903 zuzechan.jpg
Zuze, 25.07.2022

posted by jirokayo at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園・動物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月30日

「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」☆神戸市立博物館 (2022年8月24日)

先週 8月24日、神戸市立博物館で開催中の「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」 を観にいきました。

20220824 blog1.jpg

神戸でエディンバラ、スコットランド国立美術館の絵が観れるなんて、なんて幸せなんだろう!とこの展示会の案内を見た時に感激でいっぱいになりました。

20220824 blog2.jpg

エディンバラは今まで3回行ったことがあり、スコットランド国立美術館は2度訪れました。忘れられない名作が神戸に来ています。

20220824 blog3.jpg

ラファエロ、エル・グレコ、ベラスケス、レンブラント、ブーシェ、ルノワールなど、ルネサンス期から19世紀後半までの西洋絵画史を彩る巨匠たちの作品を展示します。ヨーロッパの巨匠たちによる芸術に触発されて生まれた、ゲインズバラ、レノルズ、コンスタブルらによる英国絵画、特に、レイバーン、グラントなど、スコットランド出身の画家たちの珠玉の名品も多数出品。合わせて87件89点の作品のうち、75点が日本初出品のものです。(神戸市立博物館のサイトより)

20220824 musee3.jpg
ホールの写真、スコットランド国立博物館です。

DSCF3377.JPG
2014年7月 スコットランド国立博物館で撮影

220830124717283.JPG
図録を買いました。

220830125402210.JPG
エディンバラ、プリンスズ・ストリート・ガーデンズとスコットランド国立美術館の眺め
1883年、ジェームス・パレル・スミス

130年前のエディンバラの風景は今と随分違いますが、この時にもう美術館が存在していました。

20220824 muse4.jpg
卵を料理する老婆
ディエゴ・ベラスケス:1618年


DSCF3348.JPG
卵を料理する老婆、2014年7月 スコットランド国立博物館で撮影
ベラスケスの絵が大好きです。

20220824 muse3.jpg
サルバトール・ムーディ(世界の救い主)
エル・グレコ:1600年


DSCF3344.JPG
サルバトール・ムーディ(世界の救い主)、2014年7月 スコットランド国立博物館で撮影
エル・グレコの絵は夫が大好きです。

20220824 kayoko musee1.jpg
図録が入ったトートバックと一緒に記念撮影
平日の午前中でしたが、たくさんの方が熱心に観ておられました。
スコットランド国立美術館は他のヨーロッパの大美術館に比べるとこじんまりしていますが、各時代の大作家の作品があり、地元スコットランドの作家の作品からはスコットランドの歴史、文化、生活がわかります。大好きなポップグループ、ベイシティローラーズの出身地であり、私にはスコットランドを観ることは大きな喜びです。神戸に巡回していただいて、感謝します。

2014年のブログ記事:エジンバラ、スコットランド国立美術館

スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
会期: 2022年7月16日(土曜)〜9月25日(日曜)
神戸市立博物館
神戸市中央区京町24番地
078-391-0035
公式サイト


posted by jirokayo at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月28日

iPhone 11 から AQUOS R7 になりました。

昨日 携帯の機種変更をしました。「iPhone 11」 からアンドロイド、スマホ 「AQUOS R7」です。
2012年3月にiPhone 4 から10年以上、iPhone ユーザーだったので、アンドロイドに機種変更をすることすら思いつきませんでした。が、写真の色合いがもうひとつ好みではなかったので、誕生日祝い?に思い切ってカメラのよいスマホに変えることにしました。日本メーカー、シャープの製品を選びました。AQUOS R7はドイツ、ライカカメラ社との共同開発したレンズと新センサー搭載しています。

20220827 sumaho.jpg
左がiPhone 11。右がAQUOS G7。

20220827 sumaho2.jpg

レンズです。デジカメにスマホ機能がついているようです。
アンドロイドははじめてなので、まだ設定も十分できていませんが、慣れていきたいと思います。またいろいろと教えていただければ助かります。よろしくお願いいたします。

posted by jirokayo at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 機器設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月25日

Shang-A-Lang Radio Show 2014年1月15日 再放送☆ベイシティローラーズ特集(2022年8月28日 24時〜)

ベイシティローラーズ特集、DJ DizzyことDaveさんのShang-A-Lang Radio Show の2014年1月15日が再放送されます!
スタジオのDaveさんはAnneさんとValerieさんが一緒でした。レスリーがロンドン行きの飛行機に乗る前に電話出演しているそうです。

イギリス時間で8月28日(日) 16〜18時、日本では24時〜26時になります。
放送局:2 bays radio www.2baysradio.co.uk
ストリーミング:http://falcon.shoutca.st:8570/stream 
https://twobaysradio.radioca.st/stream

20220828 BCR.jpg

Daveさんのメッセージ
Next Sunday the 28th there will be a Shang-a-lang Radio Show from 15th January 2014 On 2 Bays Radio. I was joined in the studio that day by Anne Esson and Valerie Hutton and we even managed a chat with Les before he caught his flight back to London. The show will be on from 4pm - 6pm UK time . Spread the word www.2baysradio.co.uk
posted by jirokayo at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月22日

神戸さんちか 「宇治園」☆かき氷抹茶宇治金時 アイス付き

神戸三宮のさんちか「宇治園」でかき氷抹茶宇治金時 アイス付き をいただきました。

20220822 kakigoori1.jpg

小豆に練乳がかかっていて、美味しいです。 白玉、抹茶玉がついていて、抹茶アイスは別もりです。甘さがたりなかったらと白みつが添えられました。

20220822 kakigoori2.jpg

氷の中にも小豆がありました。温かいほうじ茶飲みながらいただきました。ひと夏に一度ぐらい豪華なかき氷食べてもよいですよね。


宇治園の公式サイト
https://www.uji-en.co.jp/

posted by jirokayo at 21:33| Comment(9) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする