2021年04月04日

初めての京都市動物園@(2021年3月28日)

先週 3月28日に京都市動物園を初めて訪れました。神戸から車で約1時間半、お昼前に着き、動物園の近くの岡崎公園の駐車場に車を置きました。周りには平安神宮、南禅寺、美術館があります。

20210328 zoo1.jpg

動物園の場所はすぐわかりました。高さのない茶系のシックな建物で、チケット売り場もエントランスも建物の中にあります。チケットは自動販売機で購入し、スタッフにスタンプを押してもらいました。「再入園の際はこのチケットをお持ちください」、と言われました。

20210328 zoo41.jpg

トラとシロテテナガザルの写真入りチケット、日付も入っていて記念になります。

20210403 kyoto.jpg

園に入ると、桜の木の側にマップがあります。向かって右手の建物にレクチャールーム、2階に剥製の展示室、レストランがあります。

20210328 zoo2.jpg

夫が参加する「動物園DEサイエンストーク 」は14時から始まるので、それまで園を周って、食事をする予定です。

20210328 zoo4.jpg

平地で歩きやすく、建物の色、地面に敷かれているタイルから、閑静な住宅地を歩いているような感じがしました。

20210328 zoo5.jpg

ゾウの森を目指しました。途中に慰霊塔が見えました。

20210328 1-19.jpg

ゾウが見えました! 5頭のアジアゾウがいます! ゾウさんのことは別記事に書かせていただきます。

20210328 zoo7.jpg

ゾウの森から進むと東エントランスがあり、そこから琵琶湖疎水が見えます。

20210328 zoo6.jpg

桜が美しく咲いていました。あいにくの雨ですが、趣がありました。

20210328 zoo8.jpg

風景に見とれていたのですが、ゴリラのおうちに来ました。

20210328 zoo11.jpg

モモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウ、キンタロウの4頭がいます。こちらでは個体の名前が数か所に表示してあり、分かりやすいです。

20210328 zoo9.jpg

横になっているのはお父さんのモモタロウ? 長男のゲンタロウ?

20210328 zoo10.jpg

お母さんのゲンキさんとキンタロウちゃん。かわいいです。

20210328 zoo12.jpg

マンドリルです。ゴリラ舎の側にサル舎が並びます。ワオキツネザル、テナガザル等に会えました。

20210328 zoo13.jpg

アカゲザルの放飼場は円形です。

20210328 zoo14.jpg

毛づくろいをしていました。アカゲザルはここに12頭いて、高齢の3頭は別のお部屋にいました。

20210328 zoo18.jpg

猛獣ワールドに戻ってきました。コロナ対策で近づいて見ることができないのですが、パリから来園したオオヤマネコのお顔もチラッと見えました。

20210328 zoo16.jpg

トラのオク、雄です。京都市動物園生まれ、今年11歳になります。

20210328 zoo19.jpg

ジャガーのアサヒ、天王寺動物園生まれ、6歳です。

20210328 zoo17.jpg

ジャガーのミワ、神戸王子動物園生まれ、7歳。お父さんは王子のアトスです。

20210328 zoo23.jpg

レッサーパンダ舎、野外の展示場は高い木があります。この日はコトがでているはずでした。

20210328 zoo21.jpg

もうひとつの展示場にいた、ウーロン。

20210328 zoo24.jpg

有名なヤブイヌに会いました!

20210328 zoo25.jpg

現在はデンマルとダイモンの2頭がいます。

20210328 zoo26.jpg

ロバのハルです。

20210328 zoo27.jpg

オオバタンのオージロー。

20210328 zoo28.jpg

キバタンのオキバ、美しいです

20210328 zoo29.jpg

ミーアキャット、お部屋にいました。

20210328 zoo33.jpg

フラミンゴは3種類。

20210328 zoo34.jpg

中には50歳を超えたご長寿もおられます。

20210328 zoo30.jpg

そしてキリン舎、上からも見れます。2月10日にキリンの赤ちゃんが誕生しました。お母さんはメイさんです。

20210328 zoo32.jpg

近い! 間近にお顔が見えて感激です!

20210328 zoo31.jpg

ミライさんは神戸王子動物園の嵐くんのお母さんです。

20210328 zoo35.jpg

東エントランスにある「ミライショップ」はキリンのミライさんをリスペクトしたショップと想像しました。こちらには職員さんが描いたイラストで作ったグッズがあると教えていただきました。

20210328 zoo36.jpg

お土産を買いました。生八つ橋はこちらのショップオリジナルとのことです。オオヤマネコはお顔が見えなかったので、マグネットを買いました。

20210328 zoo40.jpg
レトロな観覧車

20210328 zoo38.jpg
剥製の展示室

20210328 zoo39.jpg

レストランのアイスクリームにゾウさんもある?

20210328 zoo3.jpg
貯水池
1903年の開園当時からあるそうです。

雨のためお部屋に入っている動物もいました。傘をさしていてうまく撮影できなかったですが、たくさんの動物、鳥たちに会えました。お友達に見どころを教えていただきました。ありがとうございました。バリアフリーで美しく、愛らしい動物が揃っている京都にまた来たいと思いました。今度はもっと時間を取って周りたいです。

posted by jirokayo at 06:29| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

やっぱり兵庫のバームクーヘン!?@バームクーヘン博覧会 神戸阪急(2021年3月31日〜4月5日)

神戸阪急百貨店で開催されているバームクーヘン博覧会、昨日も行ってきました。全国47都道府県のバームクーヘンが並んでいます。

20210402 クーヘン1.jpg

どれも美味しそうなので、どれを買ったらよいかわかりません。

20210402 クーヘン2.jpg

本場ドイツで修行を重ねたマイスターたちの紹介です。

20210402 クーヘン5.jpg

神戸ユーハイムのマイスターのレシピ。「マジパンの入ったしっとり濃厚な生地にバニラビーンズとすりおろしたレモンを加え、職人の手で一層一層丁寧に焼き上げました。神戸元町本店とオンラインショップだけの販売です」。 これを読んで、手が伸びて、かごにはいりました。

20210402 クーヘン4.jpg

そして、「エレファント リング」 、兵庫県芦屋市のお店です。

20210402 クーヘン3.jpg

「笑顔をつなぐ しあわせのバウムクーヘン」象は遠い昔から、神の使いとして愛され続けてきました。ELEPHANT RINGは、象の鼻でできる輪のことで、その輪を見た人は幸せになれると言われているそうです。私たちが作るバウムクーヘンが、美味しさと健康と幸せをみなさまに届けられますように、願いを込めて名前をつけました。長い歳月をかけて築き上げたレシピを受け継ぎ、お店で1本1本職人が手作業で焼いています。(お店のホームページより)

20210402 クーヘン6.jpg

大好きなゾウのパッケージが嬉しいです!
兵庫県三田市の「エス コヤマ」のバームクーヘンもいつものようにお買い上げで、しばらくバームクーヘンづくしです

posted by jirokayo at 12:55| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

バームクーヘン博覧会、 47都道府県のご当地バウム@神戸阪急(2021年3月31日〜4月5日)

神戸阪急百貨店で「バームクーヘン博覧会2021」が開催されています。47都道府県のバームクーヘンが集められていて、食べ比べもできます。

20210401 kuchen6.jpg

バームクーヘンの一覧です。

20210401 kuhen.JPG

この催事をいつも楽しみにしています。今年は食べ比べをしてみました。

20210401 kuchen1.jpg

好きなバームクーヘンを5つ選びます。

20210401 kuchen2.jpg

コーヒーも一緒にオーダーしました。

20210401 kuchen3.jpg

神奈川 「菊野屋製菓舗」
千葉 「見波亭」
長崎「ボンソワール」
島根 「ままたまご」
山口「バームクーヘン&カフェ ラ・クチーナ」
を選びました。

20210401 kuchen5.jpg

みんなそれぞれ美味しかったです。食べ終わったお皿を見たら、バームクーヘンの材料名がドイツ語で書かれていました。2019年に日本でバームクーヘンが作られて100年になりました。
バームクーヘン博覧会、開催日から2日連続で行きました。明日も行く予定です。


posted by jirokayo at 02:47| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

ボルネオゾウのふくちゃん☆福山市立動物園A (2021年3月18日)

3月18日に福山市立動物園に行きました。ボルネオゾウのふくちゃんに会いに福山を訪れたのは4回目になります。今回は神戸から新幹線、タクシーを利用したので午前中に動物園に着きました。

20210318 fukucha0.jpg

10時半過ぎ、園に着くとふくちゃんへのお土産をもぎりの職員さんにお渡しして、すぐにゾウ舎に向かいました。ふくちゃんは前でおやつを食べていました。

20210318 fukucha9.jpg

ふくちゃんの運動場に「ごろごろローラー」があります。これは2018年にクラウドファンディングで集まった資金で作られた、エンリッチメントアイテムです。運動不足やストレスを解消するためのものです。2015年に結核を発症し、1年半の薬の投与期間があり、辛い治療をを乗り越えて今元気に過ごしています。封じ込めている結核菌がまた暴れださないように、退屈して免疫力が下がらない対策のひとつで、このローラーは作られました。


ごろごろローラー
国内でゾウの大型のエンリッチメントアイテムの開発は初めてで、アメリカの例を参考に試行錯誤をして、ふくちゃんに合うものが作られました。
今回初めておやつを入れているところ、ふくちゃんが遊んでいるところを見ました。おやつを仕込んでいる飼育員さんは、ふくちゃんの様子を見ながら急ぎならでも慎重でした。ごろごろとローラーを転がして、中のおやつを出して食べるふくちゃんはとても楽しそうでした。

20210318 fukucha8.jpg

ごろごろローラーが終わって、ふくちゃんが歩きだすと、飼育員さんがサイコロを渡します。このサイコロは折ったホースでできていて、間におやつが入っています。ふくちゃんはお客さんの前に持ってきて食べてくれました。


サイコロおやつ 正面
今度は飼育員さんが前にサイコロを持ってきてくださいました。ご挨拶していただき、後でお土産のお礼を言っていただきました。こちらこそ、ありがとうございます。今回車ではなかったので、重くない落花生と黒砂糖にしましたが、ふくちゃんが日頃から食べているものばかりでした。

20210318 fukucha2.jpg

ふくちゃん、タイヤマッサージをしていました。土浴びをしながら、気持ち良さそうでした。
タイヤマッサージの動画

20210318 fukucha4.jpg

ふくちゃんは機嫌が悪くなると柱にお尻をこすりつけて吠えるような声を出します。柱には電気が流れているのですが。。


パトカーの音
14時半過ぎ、サイレンが聞こえて、ふくちゃんは不安な様子になり唸りだしました。すぐに飼育員さんが出て来られて、運動場に黒砂糖を投げました。ふくちゃんがパトカーの音から気がそがれるように。大きな音がする中、ふくちゃんは黒砂糖を食べ始めました。

20210318 fukucha5.jpg

15時前にふくちゃんはつめのお手入れをしてもらっています。柵に足をのせている姿が微笑ましいいです。
足のお手入れの動画


>
飼育員さんとタイヤ遊び
14時半前、飼育員さんとタイヤの引っ張りあいこをしていました。タイヤにホースを通して飼育員さんは引っ張りますが、ふくちゃんは力持ち、勝って嬉しそうにタイヤをくわえていました。

20210318 fukucha6.jpg

15時、ふくちゃんのトレーニングと帰り仕度が始まりました。芸をさせているのではなく、体のバランス、健康状態を見ています。


伏せ
伏せをしている時に背中の土を取ってもらっています。体重測定、胴回りの測定、水浴び、お顔、体を洗うことが続いていきます。それぞれ動画を撮影しています。
リフトの動画
体重測定の動画
水浴びの動画
胴回りの測定の動画
顔を洗う動画
お湯を飲む動画
体を洗う動画
クリームをぬってもらう動画


バイバイ
ふくちゃんはトレーニングを終えて、お部屋に戻る前にお客さんに挨拶をしてくれます。

20210318 fukucha10.jpg

バイバイ、 ふくちゃん、今日もありがとう!! 笑顔のご挨拶、うれしいです!

20210318 fukucha11.jpg

ご挨拶が終わると、飼育員さんの手とふくちゃんのお鼻を繋いで、お部屋に入っていきました。
幸せいっぱいの気持ちになりました。ふくちゃんは本当に大切にされている、幸せなゾウさんだと思いました。良い日を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
ふくちゃんは2001年4月28日 推定3歳で来園しました。日本で唯一のボルネオゾウです。ふくちゃんが来園した後、ボルネオゾウの輸出が禁止になりました。今月4月で来園20年になります。誕生日が不明なので、来園した4月28日を誕生日としています。
ずっと元気で幸せに暮らしてね。また会いに行きます。

posted by jirokayo at 03:01| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

映画 「Away」☆ラトビア新進クリエイター作品を観ました。

映画『Away』、ラトビアの新進クリエイター、ギンツ・ジルバロディス氏がひとりで監督・製作・編集・音楽を手掛けた作品です。神戸、新開地のアートビレッジセンターに観にいきました。

20210324 film1.jpg


3年半の歳月をかけて完成させた長編アニメーション。飛行機事故で島に不時着した少年が、さまざまな土地をオートバイで駆け抜けていく姿を描いたロードムービー。全編にわたりセリフは一切なく、絶望から不安、孤独、そして希望をめぐる哲学的なメタファーに満ちた冒険の旅を、美しい映像でつづっていく。
映画comより)

20210324 ffilm3.jpg

登場人物はひとり。セリフはなし。巨人、鳥たち、猫、ゾウ、カメ、キツネ、ウサギ、タカ。。が登場します。それぞれシーンを鮮明に覚えているのは、それだけ迫ってくるものがあったから。セリフがないので、一生懸命に映像を見ていたのだと思います。幻想的なアニメの世界に入りました。

20210324 film2.jpg

大好きなゾウがでてきました。水の上を歩いていました。ぬくもりのあるフォルムで描かれています。単調であるようで、景色が変わっていき、夜空の美しさに感動しました。

20210324 film4.jpg

オートバイで平原を走る、深い谷にかかる崩れそうな木の橋を渡る、最後は高い山を登るシーンがありました。倒れた時に助けてくれたのは、青年が助けた鳥でした。
各国で高い評価を受けている作品だと納得しました。
エンディングにギンツ・ジルバロディス氏の挨拶が表示されました。「自分が影響を受けた日本で作品が公開されて、うれしいです」と書かれていました。

映画 「Away」の公式サイト

ラベル:ラトビア
posted by jirokayo at 23:45| Comment(2) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする