2024年05月07日

唐川真さんの「サウンド見聞録」で『ベイシティローラーズ Dedication』 そのA!☆(2024年5月7日)

唐川真さんの「サウンド見聞録」で『ベイシティローラーズ Dedication そのA』が放送されます!
初回は今夜!5月7日 20時半からです。
唐川さん、いつも本当にありがとうございます!!

唐川さんのブログから
https://karakawamakoto.themedia.jp/posts/52347418

いよいよ混沌のB面!
実は70年代当時から英米のレコード盤は違っていた!
ショックな内容…皆様も是非!

20240507 karakawasan.jpg

「サウンド見聞録」。
→★FMくしろ。http://www.fm946.com/
→★ネットでサイマルラジオ。http://www.simulradio.info/asx/FmKushiro.asx
→★スマホ(リスラジ)。http://www.fm946.com/listening/

posted by jirokayo at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月06日

チェコ、オストラバ動物園に北アイルランド、ベルファスト生まれのゾウさんに会いに行きました☆(2022年10月13日)

2022年10月に3年ぶりにヨーロッパに行きました。ウィーンからスロバキアのガイドの邦子さんに同行してもらい、スロバキアとチェコの幾つかの街を周りました。チェコにぜひ訪れたい動物園がありました。オストラバ、ポーランド近くに位置する街です。

20231013 zoo 1-2.jpg
(2022年10月13日、オストラバ動物園)

※オストラバ動物園を訪れたかった理由は少し長くなります。
2018年10月にオランダから大阪に帰る便で、映画を観ました。
【詳細:映画 「Zoo」☆ベルファスト動物園のゾウを救った物語

20190728.jpg

第二次世界大戦の時、北アイルランド、ベルファスト動物園も政府の命令で猛獣たちは殺処分になりました。その時に飼育員さんが子ゾウを連れて帰りかくまって、子ゾウは殺処分を免れました。その事実をもとにこの映画『ZOO』が作られました。日本未公開の作品ですが、偶然にも飛行機の中で観てとても感動し、ベルファスト動物園に行ってみたいと思いました。

2019062620zoo201-01.jpg
(2019年6月26日、ベルファスト動物園)

翌年2019年6月にベルファスト動物園を訪れることができました。

2019062620elephant2016-32104.jpg
(2019年6月26日、ベルファスト動物園)
ここには2頭の年輩アジアゾウがいました。サーカスや動物園で働き、いじめ等の後遺症が残っているゾウさんたちでした。ベルファスト郊外の切り立った山の斜面にあり、海が見えて自然豊かな環境の動物園です。

2019062620elephant2001.jpg
(2019年6月26日、ベルファスト動物園)
ゾウさんたちの放飼場も広く、土が一杯あり、エンリッチメントも工夫されていました。若いゾウさんはいませんでしたが、幸せに過ごしている2頭のゾウさんに会えて、とても嬉しかったです。

北アイルランドの旅行から戻り、Twitterでベルファスト動物園をフォローし始めました。そこでベルファスト動物園で生まれた、アジアゾウが繁殖プログラムのためにチェコのオストラバに移動していたことを知ったのです。

20221013 ele ou2.jpg
(2022年10月13日、オストラバ動物園)
2008年4月、母Johti(Jody、1968年生まれ)子Vishesh(1997年生まれ)が一緒にオストラバに移動しました。

ベルファスト動物園はヨーロッパの繁殖管理、EAZA(the European Association of Zoos and Aquaria )に加盟しています。
※EAZAに加盟している動物園のゾウの飼育、役割分担
@繁殖可能な雌ゾウのグループ、成熟した雄ゾウ
A若い雄ゾウのグループ
B年配雌ゾウのグループ

ベルファスト動物園はJohti(40歳)とVishesh(11歳)の若い親子を転出し、翌年2009年に年輩のゾウを3頭受け入れました。直接ゾウを誕生させることはなくても、ヨーロッパのアジアゾウの繁殖計画をベルファスト動物園も担っています。
いつかベルファスト生まれのゾウ、Visheshとその母Johtiに会いにチェコに行くことが私の目標、願いになりました。
++++++++++++++++++++++++++++

そうして2022年10月、コロナで海外旅行の日本への入国処置が緩和されてすぐに願いは叶いました。

20231013 zoo 1-4.jpg

オストラバ動物園はとても広いです。広く乗り物に乗りたかったのですが、行きは乗せていない、帰りに乗るように言われました。

20231013 zoo 1-5.jpg

長い道のりを歩いていきました。

20231013 zoo 1-3.jpg

飼育されている動物はたくさんいて、とても周りきれそうにありません。
が、ライオン、ヒョウ、カバは見ることができました。

20231013 zoo 3-1.jpg
ゾウ舎を探しました。

20221013 ele ou3.jpg

ゾウの絵がありました。

20221013 ele ou1.jpg

ここか!と建物の中に入りました。

20221013 ele in 1-1.jpg

全5頭がゾウ舎の中にいて、ごはん中でした。

20221013 ele in 1-4.jpg

ゾウ舎の中は3つに区切られています。

20221013 ele in 1-5.jpg

大きな部屋はロープで区切られていて、それぞれに2頭がいました。

20221013 ele in 1-2.jpg

ゾウの紹介です。

20221013 ele in 1-3.jpg

Johti(1968年生まれ)
Vishesh(1997年 ベルファスト生まれ)
Rashmi(2011年 オストラバ生まれ)
Chandru(2017年 オストラバ生まれ)
Maxim(1998年 ロッテルダム生まれ)


20221013 ele zoo2.jpg
(2022年10月13日、左 娘Vishesh、右 母Johti)
北アイルランド、ベルファストからきた親子です!
母Johtiと娘Visheshはそれぞれの子どもと一緒でした。
こどもたちの父親はCalvin (Chanda) 、2009年5月にライプツィヒからオストラバに移動してきました。

20231013 el 1-3.jpg

Johtiは娘、Rashmiを2011年生まれ。Johtiは43歳で出産しました。

20231013 el 1-1.jpg
Johti
写真は2年前、54歳の時、若々しいです。

20231013 el 2-1.jpg
Rashmi
11歳の時、丸くふくよかです。

20231013 el 3-2.jpg
(VisheshとChandru)
1997年ベルファスト生まれのVisheshは息子、Chandru(2017年生まれ)と一緒にいました。
Visheshは2011年(Sethi)、2014年(Sumitra)を生みましたが、どちらもヘルペスウイルスで幼いうちに亡くなりました。

20231013 el 3-1.jpg
Vishesh
お母さんのJohtiと良く似ています。25歳の時です。

20231013 el 4-1.jpg
Chandru
5歳の時です。Visheshの3頭目の子どもです。上の2頭は亡くなりました。
Chandruの父親のCalvinは2015年10月に死亡していますので、ChandruはCalvinの忘れ形見になります。

20231013 el 5-1.jpg

区切られたところに、若い雄ゾウがいます。Maxim、1998年にロッテルダムで生まれました

20231013 el 5-2.jpg
Maxim
24歳の時です。お顔が大きくて迫力があります。



2022.10.13 チェコ、オストラバ動物園 アジアゾウ(5 elephants in Ostrava Zoo)
15時前後 5頭のアジアゾウがゾウ舎にいる様子です。

20221013 ele ou7.jpg

ガイドの邦子さんが飼育員さんに尋ねてくれました。
「ゾウさんは外に出ないのか?」「 15時に外に出るよ」
という事で、外にでて待っていました。

20221013 ele ou10.jpg

放飼場の見学するには上から見下ろすような構造になっています。まわりに草木がたくさんあり、ベンチもいくつもありました。

20221013 ele ou4.jpg

放飼場の前にある案内です。

20221013 ele ou5.jpg

オストラバ動物園の歴代のゾウの紹介です。

20221013 ele ou11.jpg

私は放飼場の見晴らしの場所でベンチに座って、お友達にメールをしました。JohtiとVishesh親子に会えたことが嬉しくてたまりませんでした。
そしてその間に雄ゾウのMaximとChandruが放飼場にでていました!全然気が付きませんでした。幸い夫が撮影してくれていましたが、夫がいることも気が付かない、草や木がいっぱいで座っていると見通しが良くありませんでした。



2022.10.13 チェコ、オストラバ動物園 アジアゾウ(2 elephants in Ostrava Zoo)
15時 2頭の雄のアジアゾウが放飼場にでてきました。
Maxim(1998年 ロッテルダム生まれ)
Chandru(2017年 オストラバ生まれ)

20231013 el 5-3.jpg
Maxim

20221013 ele 3-1.jpg
Chandru
Chandruは今年7月で7歳になります。2か月前にオストラバ動物園のゾウ舎にコンテナがトレーラーで降ろされました。若い雄ゾウは群れからでて行く時期がきます。Chandruはコンテナに入る練習を繰り返してして、移動に備えます。
EAZAのアジアゾウの繁殖計画の概要を読みました。若い雄ゾウ(数頭)は成熟した雄ゾウ(一頭)と一緒に暮らします。そこで成熟した雄ゾウから色々学ぶそうです。

20221013 ele 3-3.jpg
Chandru
オストラバ動物園もVisheshの3子目、可愛い雄ゾウ、Chandruを旅立たせる時がきました。
ベルファスト動物園から繁殖のために移動してきた親子は子孫を残し、繁殖に貢献しています。Chandruも後を繋いでいくでしょう。
どうかChandruの移動が無事に行われますように。

20221013 ele 2-2.jpg
Johti
Vishesh、RashmiとMaximの繁殖が順調に進むこと、高齢になったJohtiがすっと元気でいてくれることも心から願います。

20231013 zoo 1-1.jpg

2022年10月の動物園を訪れたことを今ごろになって記事にして、遅すぎるのですが、次の旅行までにどうしてもまとめておきたいと思いました。次は雄ゾウばかりがいる動物園にも行く予定です。ヨーロッパ全体でアジアゾウの繁殖を管理しているところを実際に見たいと思います。

ラベル:#ゾウ
posted by jirokayo at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園・動物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月30日

唐川真さんの「サウンド見聞録」で『ベイシティローラーズ Dedication』 その@!☆(2024年4月30日)

唐川真さんの「サウンド見聞録」で『サウンド見聞録「ベイシティローラーズ Dedication」その@』が放送されます!
初回は今夜!4月30日 20時半からです。
唐川さん、いつもありがとうございます!! とても楽しみです!

唐川さんのブログから
https://karakawamakoto.themedia.jp/posts/52347400

ベイシティローラーズ研究会。
最大の沼であるデディケーション大特集に突入!
3回に渡り英版米版CDを比較して聴いていきます。
じっくり掘っていきましょう!

20240430 karakawasan1.jpg

20240430 karakawasan2.jpg

「サウンド見聞録」。
→★FMくしろ。http://www.fm946.com/
→★ネットでサイマルラジオ。http://www.simulradio.info/asx/FmKushiro.asx
→★スマホ(リスラジ)。http://www.fm946.com/listening/


posted by jirokayo at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月29日

4月29日 5年ぶりにお誕生会! ふくちゃん、26歳おめでとうございます☆(2024年3月10日の撮影からお祝い)

今日 4月29日に福山市立動物園のボルネオゾウ、ふくちゃんのお誕生会が5年ぶりに開催されます!
ふくちゃんはボルネオ島で発見された孤児のため正式な誕生日は不明で、福山市動物園に来園した4月28日を誕生日としているそうです。
20240428 fukuchan BD x.jpg

ふくちゃん、26歳おめでとうございます!


福山市立動物園のお知らせ
ボルネオゾウふくちゃんのバースデーイベント及びグッズ販売のお知らせ

5年分のお祝いをしてもらってくださいね!
私もお祝いに行きたいのですが、色々と忙しいので今回は控えることにして、先月 3月10日に福山市立動物園を訪れた時のふくちゃんの様子をブログに掲載して、お祝い代わりにしたいと思います。

++++++++++++++++++++++++++++

2024年3月10日 キリンのハッサクくんの壮行会があり、お知り合いにお世話になって福山市立動物園に訪れました。福山駅から交通の便が良くないため、とても助かりました。ありがとうございます。

20240310 1-1.jpg

入園口のもぎりのところで、差し入れを預かっていただきました。ふくちゃんにはサツマイモ鳴門金時、千葉県産の落花生を持って行きました。良く晴れた暖かい日でした。

20240310 1127 fukuchan.jpg

昨年の8月19日 ナイトズーの時に夫と一緒に来て以来です。毎回ふくちゃんが見えると感激、わくわくします。

20240310 1123 fukuchan.jpg

ふくちゃん!こんにちは!
また後でゆっくり来るからね!
と言って、午前中にある他の展示場のガイドを聞きに行きました。



2024.03.10 12:33 ふくちゃん ガイド
12時半 ふくちゃんのガイドがありました。午後からキリンのはっさくくんの壮行会があるので、いつもより早い時間に行われました。ボルネオゾウのこと、ふくちゃんの紹介を聞かせていただきました。

20240310 1233  fukuchan.jpg

飼育員さんはふくちゃんにおやつをあげながら、上手く進行、お話されていました。

20240310 5-1.jpg

ハッサクくんの壮行会が終わって、ふくちゃんのところに14時半ごろ戻りました。
(記事:福山市立動物園@ アミメキリン ハッサクくんの壮行会☆(2024年3月10日)



2024.03.10 14:37 消防ホースのおやつ
14時半 ふくちゃんがおやつ、消防用のホースに入ったサトウキビを上手に取り出して食べていました。

20240310 1435  fukuchan.jpg

ボルネオゾウのふくちゃん、小柄でお鼻が短く、尻尾が長くて、お耳が大きいです。
ふくちゃんは2016年に結核であることが判明され、治療とその後の健康管理のためにクラウドファンディングが2018年に立ち上げられました。
(記事:福山市立動物園の結核にかかったゾウ「ふくちゃん」を救いたい!(クラウドファンディング)



2024.03.10 14:38-14:46 ふくちゃん サイレン音で不機嫌
14時半すぎ パトカーのサイレン音が聞こえ、ふくちゃんの表情が変わり鳴きました。飼育員さんが見えなくなると、お部屋の扉をドンドンと叩きにいきました。電柵が通っている柱にお尻を押し付けて、怒りに耐えているようでした。ひとつかみ土を取って柵のところに来て、半分をお客さん側に投げて、半分は自分の背中にかけました。

20240310 1446  fukuchan2.jpg

お客さんの方に土を投げたところです。

20240310 1446  fukuchan.jpg

自分に土をかけるところです。



2024.03.10 14:52-15:00 足洗い、お湯、片付け、おやつ
15時前 ふくちゃんが放飼場の奥側にいました。
@柵の上に足をのせて洗ってもらいました。爪まわり足裏パッドのチェックされていました。
Aホースでお湯を飲ませてもらいました。
B放飼場のタイヤを2本持ってきました。
C窓ガラスの前におやつを置いてもらい、ふくちゃんが食べにきました。

20240310 1448  fukuchan.jpg

左前足をチェック中。

20240310 1450  fukuchan.jpg

右後足を洗ってもらうところです。

15時すぎ、お部屋に戻る前にトレーニングと健康チェックが行われます。装備した飼育員さんが集まって来られました。



2024.03.10 15:18-15:43 ふくちゃん トレーニング、健康チェック
・足のチェック
・横になる、体のチェック
・足あげ、チェック
・お口の中のチェック
・体重測定(未完)
・足洗い
・お腹まわりを計る(3.55m)
・体を洗う
・クリームでケア
・お別れ、バイバイ

20240310 1526  fukuchan.jpg

伏せをしているところです。

20240310 1530  fukuchan.jpg

体重計に進もうとしているところです。途中で引き返して計るのをやめました。最近はふくちゃんが気が進んでいない時、無理をさせないそうです。

20240310 1534  fukuchan.jpg

胸囲を計ります。3m55と教えてくれました。
※神戸王子動物園のズゼは4m90 あります。

20240310 1543  fukuchan.jpg

足回りを洗ってもらっています。
スタッフ全員がヘルメット、マスク着用して、ハサミ等の道具を携帯されています。

20240310 fukuchan1.jpg

最後に「バイバイ」をして、お別れです。ふくちゃんはお部屋に入っていきました。

ふくちゃんのトレーニングと健康チェックにまた感動しました。封じ込めた結核菌が暴れることがないように、ふくちゃんの健康管理に細心の注意払われています。日本に一頭しかいないボルネオゾウのふくちゃん。一頭だけの生活で退屈して免疫が下がらないように、エンリッチメントも工夫されています。職員さん、スタッフ全員が一丸となってふくちゃんを守っておられます。
ふくちゃん、26歳のお誕生日おめでとうございます。これからもずっと元気で幸せに暮らしてください。絶対そうなると信じれる、福山市動物園です。ふくちゃん、また会いに行きます!よろしくお願いいたします。


posted by jirokayo at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園・動物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月23日

唐川真さんの「サウンド見聞録」で『ベイシティローラーズ US盤そのA!☆(2024年4月23日)

唐川真さんの「サウンド見聞録」で『サウンド見聞録「ベイシティローラーズ US盤」その2』が放送されます!
初回は今夜!4月23日 20時半からです。
唐川さん、いつも本当にありがとうございます!!

唐川さんのブログから
https://karakawamakoto.themedia.jp/posts/52324166

ベイシティローラーズ研究会!
サタデーナイト全米No.1大ヒットを受けて
制作された米版セカンド・アルバム!
ロックンロール・ラブレターというタイトルです。
果たして英国版やCDとの違いはあるでしょうか?
抜粋して聴いていきます!

20240423 karakawasan.jpg

抜粋して聴いていきます!
「サウンド見聞録」。
毎週火曜20時半〜。土曜15時半〜。
→★FMくしろ。http://www.fm946.com/
→★ネットでサイマルラジオ。http://www.simulradio.info/asx/FmKushiro.asx
→★スマホ(リスラジ)。http://www.fm946.com/listening/


posted by jirokayo at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする