2019年01月07日

ウィーン・サロン・オーケストラ ニューイヤーコンサート2019

1月6日 神戸文化ホールで「ウィーン・サロン・オーケストラ ニューイヤーコンサート2019」が開催されました。三ツ星ベルト株式会社が100周年コンサートでした。

20190106 alt-wien.JPG

管弦楽:ウィーン・サロン・オーケストラ
コンサートマスター:ウド・ツヴェルファー
ピアノ:久元祐子
ソプラノ:ヘーゲ・グスターヴァ・チョン
テノール:クレメンス・ケルシュバウマー
バレエ:ズザーナ・フィクローヴァ ウラジミール・スニチェック

演奏曲
J.シュトラウスU:皇帝円舞曲  
W.A.モーツァルト:ピアノ協奏曲 第26番 ニ長調KV537「戴冠式」
休憩
J.シュトラウスU:オペレッタ「こうもり」より序曲
ジャック・オッフェンバック:オペレッタ「天国と地獄」よりカンカン (バレエ)
フランツ・レハール:オペレッタ「ロシア皇太子」よりソーニャの歌「いつの日が誰かが来るでしょう」 (ソプラノ)
ヨハン・シュランメル:行進曲「ウィーンはいつもウィーン」
フランツ・レハール:オペレッタ「ジュディッタ」よりオクタヴィオのアリア「友よ、人生は生きる価値がある」 (テノール)
J.シュトラウスU:トリッチ・トラッチ・ポルカ 作品214 (バレエ)
フランツ・レハール:オペレッタ「メリー・ウィドウ」よりハンナとダニーロの二重唱「閉ざした唇に」
J.シュトラウスU:ワルツ「美しき青きドナウ」
【アンコール】
J.シュトラウスU:雷鳴と稲妻
成田為三:浜辺の歌
ヨハン・シュトラウスT世:ラデツキー行進曲


ウィーン・サロン・オーケストラは1994年、ウド・ツヴェルファー氏のもとウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のメンバーらにより結成。世界中からウィーンを訪れる人々に本物のウィーンの音楽を本場の雰囲気で、一流の音楽家たちによる演奏で提供する狙いで設立されました。
中ホールということもあったのですが、23名の演奏で、これだけ音、質感をだせるものかと感激しました。指揮者がいないし、コンサートマスターが大きなアクションを取っているようにも見えないのに、まとまった素晴らしい演奏、楽しく力強く、音楽の国の音楽家のレベルはとても高いのだと実感しました。ウィーンに行く機会があれば、どこかのコンサートに足を運ぶべきだと思いました。
モーツアルトのピアノ協奏曲、久元祐子さんの演奏も良かったです。ピアノはウィーンのベーゼンドルファー社のModel 280VC、華やかで軽やかな音色、新春に相応しく明るい気持ちになりました。
ソプラノのヘーゲさん、テノールのクレメンスさんの歌も気品と情感がこもって、素晴らしかったです。
バレエのお二人は3回出演、踊りも衣装もとても素敵でした。
アンコールの「浜辺の歌」はチェロがリード、旋律を取る編曲で、美しく心の中まで響いてきました。
ラベル:ウィーン 音楽
posted by jirokayo at 11:27| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

「太陽の塔」の内部見学、miyaさんが行かれました☆

「太陽の塔」の内部をmiyaさんが見学されて、お写真と説明を送ってくださいました。とても美しく神秘的です!! miyaさん、貴重なお写真送っていただいて、ありがとうございます
以下はmiyaさんのお話しです。

DSC_2097.JPG

岡本太郎氏プロデュースの太陽の塔は、4つの顔を持ち、前上部から未来「黄金の顔」前中心部、現在「太陽の顔」後ろの過去「黒い太陽」そして内部の人間の精神世界「地底の太陽」で、それぞれの世界を象徴しているそうです。

DSC_2203.JPG

内部の「地底の太陽」は、当時博覧会終了後の撤去作業の際に行方不明になり、今も見つからないそうで、同じように作られたレプリカだそうです。

DSC_2218.JPG

DSC_2219.JPG

DSC_2220.JPG

撮影は、再生された「生命の樹」の1階部分からのみOKで、2階3階と説明を受けながら登り、アメーバから魚、爬虫類、恐竜などから人類へと進化の過程が表されていて、とても神秘的でした。

DSC_2234.JPG

DSC_2232.JPG

DSC_2231.JPG

太陽の塔の両腕部分まで上れて、腕の内部も見学でき、おそらく当時は見られなかったであろう内部の再生を見れて感動し、改めて岡本太郎氏の偉大さを実感しました。

DSC_2238.JPG

DSC_2252.JPG



posted by jirokayo at 23:59| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

ゾウのみどりちゃんが書初め☆神戸王子動物園(2019年1月3日)

1月3日 神戸王子動物園でアジアゾウ、みどりちゃんが書初めを披露しました。

20180103 f midori ji 1.jpg

宮崎より倍ぐらいのお客さんだったそうで、みどりちゃんも緊張したかもしれませんが、「亥」「神」「戸」の3枚を上手に書きました。
みどりちゃんが事前に書いた「亥」を30人の方にプレゼントされました。

20180103 f midori ji 4.jpg

背の高い夫に撮影してもらったビデオです(後半で交代しましたが)。


  


宮崎からサトウキビがお年玉で届きました。これは象使いさんが現地で栽培しているそうです。

20180103 f midori ji 6.jpg

美味しそうに食べてます。

20180103 f midori ji 7.jpg

みどりちゃんは妊活のために、宮崎市フェニックス自然動物園から王子に短期滞在中のゾウさんです。専属のタイの象使いさんが一緒で、いろいろなパフォーマンスができるそうです。

20180103 f midori1.jpg
みどりちゃんが象使いさんを乗せるところ

20180103 f midori2.jpg

みどりちゃん、頑張ったね。素敵なイベントをありがとうね

posted by jirokayo at 04:30| Comment(7) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

神戸、生田神社の巨大絵馬「猪突猛進」

今年の神戸、生田神社の巨大絵馬は「猪突猛進」。北山義明さんが描かれたアクリル画です。

20190103 ikuta1.jpg

神戸ポートタワーなど神戸の夜景を背景に、六甲山の母猪とうり坊5匹が仲良く生田神社へお参りに向かう様子が描かれています。

20190103 ikuta 2.jpg

私は今年も好きなことに向かって「猪突猛進」です😃
ラベル:美術 神戸
posted by jirokayo at 11:42| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

明けましておめでとうございます☆

新年明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になり、ありがとうございました。
みなさまのご健康とご多幸をお祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年賀状候補2-b.jpg
2018年5月 スペイン、バスク地方 ゲタリアで

posted by jirokayo at 08:05| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする