2019年08月28日

「奇蹟の芸術都市 バルセロナ展」☆姫路市立美術館

姫路市立美術館で9月1日まで「奇蹟の芸術都市 バルセロナ展」が開催されています。今日行ってきました。

20190828 painting8.jpg

お城が見えるレンガ作りの美術館、陸軍の倉庫として建物が使われています。コレクションとしてベルギーなどの近現代美術があり、常設展で見ることができます。

20190828 painting7.jpg

バルセロナ展は1888年の万博から近代を6章のテーマ決めて展示されています。
第1章:都市の拡張とバルセロナ万博
第2章:コスモポリスの光と影
第3章:パリへの憧憬とムダルニズマ
第4章:「四匹の猫」
第5章:ノウサンティズマ―地中海へのまなざし
第6章:前衛美術の勃興、そして内戦へ


20190828 painting4.JPG
アウゼビ・アルナウ《バルセロナ》1897年
ブロンズ・砂岩(ムンジュイック産)、カタルーニャ美術館蔵


20190828 painting3.JPG
ランセスク・マスリエラ《1882年の冬》1882年
油彩・カンヴァス、カタルーニャ美術館蔵


20190828 painting2.JPG
ジュアン・リモーナ《読書》1891年
油彩・カンヴァス、カタルーニャ美術館蔵


20190828 painting6.JPG
ジュアキム・ミール《貧しき者の大聖堂》 1898年
油彩 キャンバス、 カタルーニャ美術館蔵


20190828 painting1.JPG
ルマー・リベラ《夜会のあとで》1894年頃
油彩・カンヴァス、カタルーニャ美術館


20190828 painting5.JPG
リュイス・マスリエラ《女性の横顔のペンダント》1908年頃
金・ダイアモンド・真珠・エナメル(プリカジュール、バスタイユ)、カタルーニャ美術館


他に印象的な作品がいくつもありました。重いので購入しませんでしたが、素晴らしい図録がありました。やはり買えば良かったと後悔しています。アールヌーボーの建造物の設計図や、椅子などのオブジェ、ミロの大阪万博に出展した作品などバラエティーに富んでいて楽しめました。バルセロナ芸術が社会的背景で変わっていったことがよくわかりました。

姫路市立美術館
奇蹟の芸術都市 バルセロナ展
会期:2019年06月29日〜2019年09月01日
ホームページ

posted by jirokayo at 20:56| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵文字の瓦饅頭☆亀井堂本家

神戸そごうで可愛い瓦饅頭を見つけました。

92144F15-CEAD-44F7-887C-FFFCC10DABC1.jpeg

絵文字が押されてます!

68B0F177-2B8C-420C-9B8B-D1565984D612.jpeg

全6種を買って、お友達にもあげました。

7B30C4A6-3DCD-4F48-8AEA-84189A12C03E.jpeg

亀井堂本家の瓦せんべいは小麦粉、卵、砂糖を使った洋風せんべい。日本の洋菓子発展に貢献したお菓子です。
神戸そごうは10月から阪急百貨店に変わります。亀井堂本店売り場は6月にそごうから無くなっていますが、催事で出店されるようです。三宮ではさんちかに店舗があります。

posted by jirokayo at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

ゴッホが描いた麦畑、オーヴェル=シュル=オワーズ(2019年7月3日)

前回の旅行最終日、7月3日 フランスのオーヴェル=シュル=オワーズを訪れました。ゴッホはこの村で70点もの作品を描き、最後をむかえました。

20190701 gogh6.jpg

ゴッホが眠る墓地まわりは工事をしていました。

20190701 gogh4.jpg

ゴッホと弟のテオのお墓が並んでいます。

20190701 gogh5.jpg

2003年にお参りした時はお花を買わなくて後悔しました。近くのカルフール(スーパー)でブーケがあったので買えば良かったですが、気持ちに余裕がありませんでした。素晴らしい絵をありがとう、とお参りさせていただきました。

20190701 gogh3.jpg

お墓の周りに畑が広がっています。暑かったですが少し歩いてみました。

20190701 gogh2.jpg

男性ふたりが案内をみていました。ボンジュール、と挨拶。フランスは知らに人にも挨拶する習慣です。

20190701 gogh1.jpg

「カラスがいる麦畑」Champ de blé aux corbeaux、ゴッホがここで描いたかと思うと感動でした。



  

麦畑の風景です。
ヨーロッパ旅行を続けてきましたが、この小さな村の滞在はとても豊かな体験、思い出になりました。

posted by jirokayo at 11:50| Comment(6) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

ベルギー動物園、Pairi Daiza B 20頭のアジアゾウ (2019年7月1日)

ベルギーの動物園、Pairi Daiza にはアフリカゾウ 2頭、アジアゾウ20頭がいるヨーロッパで最大数のゾウを所有しています。先にミニ電車に乗って5頭のアジアゾウファミリーを見ましたが、他の15頭はどこにいるのでしょうか。早く見たくて急ぎました。

20190701 elephant 02.jpg

暑い中、坂道を登っていきました。すれ違ったシカ?(動物がわからなくて。すいません)のお散歩、王子のロバ、ブンちゃんを思い出しました。

20190701 elephant 03.jpg

インドの宮殿のような建物があり、その両側が放飼場になっています。

20190701 elephant 04.jpg

向かって右側はゾウはいませんでした。

20190701 elephant 01.jpg

ゾウの紹介です。全部で21頭、今年の6月に生まれたLunaはまだ書かれていません。
Pairi Daizaは増築して今のゾウ舎になったようです。2014年にKhaing Hnin Hninファミリー、2018年にSayangファミリーをハノーファー動物園から迎えました。この二つのファミリーの子供たちほとんどの父親はNikolaiです。

20190701 elephant 06.jpg

宮殿建物の向かって左側です。アジアゾウ、11頭いました。

20190701 elephant 14.jpg

奥から散水場所に向かって早足で向かってきたゾウさんが、Aye Chan May、2013年に来園、ここでは古株です。

20190701 elephant 16.jpg

子供はMalee、2019年2月生まれです。母親を一生懸命おいかけてきました。



  

Aye Chan MayとMaleeが散水場所に来るところ、Maleeが不器用に土浴びしている動画です。

20190701 elephant 17.jpg

Khaing Hnin Hninの子供たちが散水場にきました。水遊びがしたいようです。



 

全景、遠くのゾウも映っています。

20190701 elephant 18.jpg

Aye Chan Mayは長く水を浴びてましたが、場所を空けました。Khaing Hnin Hninの子供たちを威嚇して立ち去っていきました。Aye Chan Mayはベルギーの小象 Saunk を救うために献血した3頭のうちの1頭です(下段に詳細をリンク)

20190701 elephant 21.jpg

Khaing Hnin Hninの子供たち、次女Soraya、三女Malay、男の子Ta Wan が水浴びをはじめました。

20190701 elephant 19.jpg

すると長女のFarina(2003年生)が自分の子共たちを連れてきました。Farinaは16歳ですが、初産が7歳ですでに4頭の子供の母親です。子供たちはAmithi(2012年生), Nang Faa(2015年生), Luna(2019年6月生)

20190701 elephant 20.jpg

Luna、今年6月に生まればかり、父親はPairi DaizaのPo Chinです。ふたりの姉がここにいますが、Farinaと一緒にLunaを守っているのは下のNang Faaのようでした。



  

次女のSorayaが水を独占、下の子たちに譲りませんが、お姉ちゃんのFarinaには場所をゆずっていました。ゾウのグループには序列があるのだと思いました。

20190701 elephant 23.jpg

離れていたのはFarinaの長女のAmithiかと思います。

20190701 elephant 26.jpg

2012年からいるMala(1964年生)、だと思います。

20190701 elephant 24.jpg

Khaing Hnin Hnin(1982年生)が末っ子のTa Wan(2017年生 父親 Po Chin )を寝かしています。

-----------------------------------------------------------------------------
宮殿建物の側の放飼場以外に、広大なゾウのエリアがあります。雄ゾウがいるところは区切られています。それ以外は雌のグループが使っていて、14時の子の時間は隠居組、高齢のJana(1975年生) Praya(1976年生)がいました。



  

ミニトレイン、ゾウのエリアで止まるようになっています。

20190701 elephant 13.jpg

遠くにいた雄ゾウ、Chamundi(1992年生)、牙が一本だけです。2014年に来園、子供はまだいません。

20190701 elephant 10.jpg

JanaとPrayaは2017年にフランス、アミアンから来ました。何園も移動してきて、今ここでゆっくりしています。

20190701 elephant 11.jpg
Praya

20190701 elephant 12.jpg
Jana

-----------------------------------------------------------------------------

ミニトレインに乗った12時過ぎはSayang一家がこのエリアにいいました。

20190701 elephant 08.jpg

Sayang一家は5頭、昨年2018年にハノーファーから移ってきました。

20190701 elephant 09.jpg

Sayang(1996年生)、Saphira(2010年生)、Sitra(2013年生)、Thambi(2016年生)SAPHIRの子、Ravi (2017年生)

20190701 elephant 25.jpg

ひとり離れていたのは誰でしょう。



  

フランス語、オランダ語(フラマン語)で説明がありました。

アフリカゾウのエリアにはたどり着けませんでした。が、ヨーロッパ一のゾウを所有するPairi Daiza に来れて幸せでした。名前の通り、ゾウの楽園でもありますように!

関連記事
オランダの小ゾウ、Saunkがベルギー(Pairi Daiza)のゾウ達のおかげで、ヘルペスから救われました! (2019年02月17日)
ドイツ、ハノーファー動物園(Erlebnis Zoo Hannover)、インド宮殿のゾウさんたち☆☆ (2019年01月15日)
posted by jirokayo at 12:42| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

イチロー選手引退メモリアルフレーム切手セット

昨日郵便局に行って見つけました。「イチロー選手引退メモリアルフレーム切手セット」

AE490464-78F8-4551-9229-0660F54DFD85.jpeg

もうすぐ申し込み期間が終了するので、すぐに申し込みしようと思います。


posted by jirokayo at 10:24| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする