2019年04月13日

ゾウの小椅子!?

先程三宮のOPA2で見つけました。ゾウさんの椅子です。

C4E4B9F9-1C27-473C-BE46-74136ED5220B.jpeg

収納できます。

C49B5BE1-C42C-4831-9B05-444C2F609340.jpeg

カバさんもあります。

2436ECF9-E258-4D5F-B79A-FCF2FE11F159.jpeg

また肌寒い日が続いています。どうぞお気をつけてお過ごしください。
ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

あしながチャリティーソング「Thank you for the song」K★Bオールスターズ

「あしなが育英会」を支援を続けています。「あしなが育英会」は病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。
売上の一部があしなが育英会への寄付となるK★Bオールスターズによる楽曲「Thank you for the song」が、2019年3月20日(水)にポニーキャニオンより発売となりました。 YouTubeで聞くだけでも寄付になります。どうぞよろしくお願いいたします。



  
posted by jirokayo at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

「ベルリン放送交響楽団」公演@兵庫県立芸術文化センター(2019年3月24日)

3月24日 ベルリン放送交響楽団のコンサートが兵庫県立芸術文化センターで開催されました。

20190324 concert.JPG

首席指揮者/芸術監督: ウラディーミル・ユロフスキー
ピアノ: レイフ・オヴェ・アンスネス
管弦楽: ベルリン放送交響楽団
プログラム
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調K.467 
ベートーヴェン:交響曲第7番(マーラー編曲版)
アンコール(ピアノ)
フェデリコ・モンポウ:「街はずれ」から 第1曲


ドイツの名門オーケストラ・ベルリン放送交響楽団が新たな芸術監督と共の公演、欧州を席巻するウラディーミル・ユロフスキー。1972年モスクワ生まれのユロフスキーは、95年に英国ロイヤル・オペラにデビュー。その後も、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場など世界の主要オーケストラ、歌劇場に客演という素晴らしい経歴の持ち主です。
ピアノの レイフ・オヴェ・アンスネスはノルウェー出身、強力なテクニックと綿密な解釈で国際的な名声を獲得しています。

指揮者とソリストが長身でスマート、美しいビジュアルに加えて個性的な印象深いモーツァルトの演奏を披露してくれました。ベートヴェンの交響曲第7番のマーラー編曲版は初めて聞きました。強いロマン派主義のベートヴェンを聴いたような気がしました。オーケストラの演奏、圧倒的な弦演奏に管楽器の音色が絡む、素晴らしい演奏でした。ブラボーの声が飛びかっていました。

当初ピアノ協奏曲はブラームスを予定していたのですが、モーツアルトに変更になりました。主催者からハガキで連絡が来ていました。ブラームスも聴きたかったですが、モーツアルトも名曲で良かったです。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 23:13| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

「思い出いっぱい! 象いっぱい展!!」☆大阪天王寺動物園☆2019年4月7日まで

大阪天王寺動物園で「思い出いっぱい! 象いっぱい展!!」が催されています。2頭のゾウ、春子さん、ラニー博子さんが過ごした象舎まわりに、一般の方が撮影された写真が展示されています。

20190407 tennoji 1.jpg

2018年1月25日、ラニー博子さんが旅立ってから、天王寺に象はいません。

20190407 tennoji 3.jpg

タイをイメージした立派な象舎です。

20190407 tennoji 2.jpg

ここにいた2頭のゾウさんたち、春子さんとラニー博子さんは仲が悪かったそうです。

20190407 tennoji 4.jpg

春子さん、2014年 66歳で他界 。ラニー博子さん、2015年1月 48歳で他界

20190407 tennoji 13.jpg

ここのガラス面からゾウさんが見えました。

20190407 tennoji 14.jpg

春子さんの66歳を祝うケーキ。

20190407 tennoji 15.jpg

「天王寺おばあちゃんゾウ 春子 最後の夏」、ドキュメンタリー映画であったシーンです。

20190407 tennoji 16.jpg

飼育員さんに敬われ愛されていました。

20190407 tennoji 7.jpg

ラニー博子さんが過ごした象舎。水浴び場所があります。

20190407 tennoji 11.jpg

象の寝室。ラニー博子さんが倒れた瞬間にカーテンが閉められたそうです。

20190407 tennoji 12.jpg

足の傷がずっと辛かった博子さん。最後の数日、鼻で柵を持たないと立つことが困難でした。

20190407 tennoji 17.jpg

ごはんを食べるために鼻を柵からはなすと、お尻が後ろに流れていきました。

20190407 tennoji 18.jpg

天王寺にはユリ子さんという象さんもいて、3頭が暮らしていました。

20190407 tennoji 9.jpg

貴重な写真が展示されています。

20190407 tennoji 10.jpg

4月7日の今日までということで、明日の休園日に写真は撤去されます。象さんファンの方、お友達もお手伝いをされておられます。
天王子の気丈なゾウさんたちのお写真を見せていただいて、胸が一杯になりました。本当にありがとうございました。

ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 12:01| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

欧州文化首都ブルガリア、プロヴディフで福間洸太朗さんが演奏

2019年1月1日から プロヴディフ(ブルガリア)とマテーラ(イタリア)の2都市が欧州文化首都となりました。ブルガリア第2の都市プロヴディフは同国初の欧州文化首都として、”Together(一緒に)”をモットーに300件以上のプロジェクトを企画しているそうです。
2012年にプロヴディフを訪れた時、ガイドのマリアさんが「この街を欧州文化首都にしたい」と言っていました。小さなギャラリーや教会のある素敵な街でした。二郎余話:ブルガリア3日目、プロヴディフ市内観光、聖処女教会、ギャラリー

ピアニスト、福間洸太朗さんのコンサートがあり、着物姿で演奏されたそうです。現地には行けないけれどブルガリアも福間さんのピアノも大好きなので、ニュースを聞いただけでとても嬉しかったです。

Кадри от потапящия в медитативна атмосфера концерт на Котаро Фукума, изпълнен с неповторими мигове на деликатна...

ppIANISSIMO FESTIVALさんの投稿 2019年4月2日火曜日
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 02:53| Comment(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする