2019年08月11日

ラグビーワールドカップの【スコットランド v サモア】戦のチケット届きました☆

来月から開催されるラグビーワールドカップ、神戸でも4試合が行われます。ラグビー好きな夫とお友達と一緒に観戦にいく申し込みをした試合は、9月30日 【スコットランド v サモア】戦です! カテゴリーAを申し込み、抽選でカテゴリーBのチケット購入となりました。

20190811 ticket4.jpg

チケットのデザインがとても良くて感動です。浮世絵チックにラグビーの絵が描かれています。

20190811 ticket1.jpg

当日はスコットランドの旗を持って行きたいです
posted by jirokayo at 11:08| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

北アイルランド、ベルファスト動物園A アジアゾウ (2019年6月26日)

北アイルランド、ベルファスト動物園は2頭のアジアゾウがいます。ゾウはキリンと同じエリアで、屋内展示場はひとつの建物です。

20190626 elephant 06.jpg

1934年開業のベルファスト動物園はゾウの飼育も長年の実績があります。園内に歴史を紹介したコーナーがありました。

20190626 elephant 07.jpg

映画「Zoo」のモデルになった Elephant Angelのお話しもありました。関連記事:映画 「Zoo」☆ベルファスト動物園のゾウを救った物語

20190626 elephant 08.jpg

ゾウの放飼場は半円を描くように土地を掘ってあり、石壁が柵になって、お客さんは上からゾウを見るようになっています。

20190626 elephant 16.jpg

周りには木が植えてあるところもあるので、ゾウが見れるのは2方向からになり、ゾウさんが居る場所によっては見えないこともあります。

20190626 elephant 15.jpg

ゾウさん頭だけ見えて、正面にはキリンがいます。

20190626 elephant 03.jpg

2頭のアジアゾウの紹介です。

20190626 elephant 13.jpg

YettoとDhujaです。

20190626 elephant 04.jpg
Dhuja
1973年生まれ、ほとんどドイツのサーカスで過ごしました。1998年に健康状態の悪化でサーカスからハノーバー動物園に移されました。サーカス生活の中で十分な食事がないこと、鎖に繋がれいたことで、後ろ足が変形しています。精神面での影響があり、揺れたり跳ねるような動作が見られます。2009年4月にJenny(2013年死亡)と一緒にベルファストに来ました。

20190626 elephant 05.jpg

Dhujaはずっとこの場所にいたので、正面からお顔をみることができませんでした。



  


もう一頭のYettoです。

20190626 elephant 01.jpg
Yetto
1977年、ビルマで生まれ。お尻に星と番号の焼き印があります。1980年ドイツのKrefeld動物園に移り、イベントやサーカスに貸し出されました。Krefeld動物園で他のゾウからのいじめられ、それをさけるために1日14時間、床から鎖につながれていました。気分転換に頭を横から横に動かす習慣がついてしまいました。今も時々見られますが、ベルファストの飼育員さんたちのケアのおかげでなくなりつつあるそうです。

20190626 elephant 02.jpg

Yettoのお尻の焼き印。星形と番号です。ビルマのゾウは焼き印をされると王子の元園長さんから聞きました。王子のズゼのお父さんはビルマゾウです。農耕で働くので、広範囲を移動することがないので、頭が大きく足が短いのが特徴だそうです。



 

こちらを見てくれたので、大きく手を振り、「元気でいてね!」って言いました。

20190626 elephant 10.jpg

時間もないので戻ることにしました。ゾウ舎と反対側のVisayan warty pig、猪の仲間? を見ながら歩きました。

20190626 elephant 11.jpg

先ほどいた場所の反対側にきてゾウの放飼場を振り返ってみると、なんとYettoがこちら側に来ていました!



  

お別れを言いに来てくれたような気がしました。「会えてとっても嬉しいよ〜!」っと言いました。ゾウは賢い動物、きっと私の気持ちが通じたんだ、と思い感激しました。

20190626 elephant 12.jpg

2頭のゾウさん達は傷んだ心と体をこの自然豊かな動物園で癒されいます。簡単に行けない場所ですが、いつまでも元気で幸せに過ごして欲しいです。
ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 10:21| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

北アイルランド、ベルファスト動物園@ (2019年6月26日)

6月26日、北アイルランドのベルファスト動物園に行きました。先日記事に書いた映画「Zoo」を観て、ベルファスト行きを決めました。
記事:「Zoo」☆ベルファスト動物園のゾウを救った物語

20190626 zoo 1-01.jpg

22haの広大な敷地に1,200頭に及ぶ140種類の動物たちがいるイギリス、アイルランドでも数少ない地元自治体運営の動物園。アイルランド島の自然の豊かさを利用し、なるべく動物たちにとって自然に近い生息地を整えることに力を入れていて、その活動が評価され幾度も賞を取っています。他のヨーロッパ各国とも協力をし、絶滅危機にある動物たちの保護や繁殖にむけて貢献をしていることでも知られています。(歴史、自然、建築あり、北アイルランドの首都ベルファストのおすすめ厳選21選!より)

20190626 zoo 1-03.jpg

ベルファスト中心地からバスに乗りました。Bellevue(フランス語で美しい景色)というバス停で降ります。Google mapの経路案内ではバス停から徒歩1分のですが、動物園は丘の上で、坂道をひたすら上り10分弱かかったように感じました。晴天で暑い中、足が痛い夫にひどく怒られました。

20190626 zoo 1-04.jpg

園内に入っても坂道です。何でも良いので動物を早く見たかったです。夫は入口のベンチで休むというので時間を決めて、私だけ回ることになりました。

20190626 zoo 1-02.jpg

熊がいました!

20190626 zoo 1-07.jpg

ローラ、アリス

20190626 zoo 1-09.jpg

可愛い名前ですが、どちらがどちらかわかりません。

20190626 zoo 1-08.jpg

マップを見ながら、ゾウのエリアに急ぎました。

20190626 zoo 1-10.jpg

キリンとシマウマ! ゾウも同じエリアにいるはず

20190626 zoo 1-12.jpg

キリン側の展望台から美しい風景が見えました。この隣にゾウのエリアがあります。

20190626 zoo 1-13.jpg

ゾウが2頭います! ゾウは別記事で書きます。
キリンとゾウの寝室(室内展示場)はひとつの建物です。小さなキリンと大人が室内にいました。

20190626 zoo 1-14.jpg

ごはんを食べている動画です。



  


違うエリアにいきました。

20190626 zoo 1-17.jpg

アシカが寝ていました。

20190626 zoo 1-16.jpg

美しい水の色。

20190626 zoo 1-18.jpg

20190626 zoo 1-19.jpg

ペンギンは餌やりをしていました。

20190626 zoo 1-20.jpg

広くてのびのびしています。

20190626 zoo 1-21.jpg

赤ちゃんに餌をやっているペンギン!

20190626 zoo 1-22.jpg

ペンギンに餌やりをしている動画です。





ペアリードック。

20190626 zoo 1-29.jpg

沢山です! いきいきと動いていました。

20190626 zoo 1-23.jpg

かむかもしれないから気をつけて、と書いてありました。

20190626 zoo 1-24.jpg

坂道を登って、やっとライオンのエリアに着きました。

20190626 zoo 1-27.jpg

4頭はいました。

20190626 zoo 1-25.jpg

雄は一頭だけでした。

20190626 zoo 1-26.jpg

時間がなくて、ライオンが最後でした。ゴリラやワオキツネザルのエリアも映画にはあり見たかったのですが、とにかく広いので時間がかかります。自然に恵まれた動物には素晴らしい環境だと思いました。

ベルファスト動物園
ホームページ


posted by jirokayo at 02:48| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

みなとこうべ海上花火大会(2019年8月3日)

8月3日、みなとこうべ海上花火大会が開催されました。19時半から1時間です。ポートアイランドのイケアに行った帰り道、ぞくぞくと人が花火見学する場所へ行くのを見ました。私も体力があれば行きたかったですが、マンションから見ることにしました。

20190803 hanabi2.jpg

高く上がったものは撮影できました。

20190803 hanabi3.jpg

お天気で良かったです。

20190803 hanabi4.jpg

カメラ撮影の勉強をしようと思いながら、また一年が過ぎました。

20190803 hanabi1.jpg

フィナーレ、美しいしだれサクラのように花火が続きました。

20190803 hanabi6.jpg


20190803 hanabi5.jpg


最後は動画をとりました。



  

今年も花火が見れて幸せです。


posted by jirokayo at 00:08| Comment(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

デレクへの手紙(2018年8月)

昨年8月、アランが出演予定だったショー、"And I ran with the Gang" に行かれたお友達に託したデレクへの手紙です。私の稚拙な文章を英語の先生がより美しい文にしてくださいました。英文を意訳しています。先月デレクと会うことができました。それはやはりひとつひとつを重ねてきたからだと思いました。この手紙を書かなかったら、今年6月にスコットランドに行ってなかったと思います。自分の記録に書かせていただきます。デレクに手渡してくださったお友達にも、英語の先生にも心から感謝します。

親愛なるデレク
アランが亡くなったことを聞き大変悲しんでいます。アランが急病にかかったニュースを見てからずっとアラン、あなた、そしてご家族のために祈ってきました。
2016年に奥さんのアイリーンと一緒に来日した時に、私は初めてアランに会いました。素敵なご夫妻に会えてとても嬉しく、そして翌年2017年にもアランは再来日を果してくれました。
あなたへの手紙を渡してもらうように頼んだ時の、アランの笑顔をはっきりと覚えています。どれだけあなたを愛し敬意をはらっているかを、アランの笑顔は語っていました。本当に優しい紳士でした。
私の友達、Kさんが間もなく始まるアランのショー、"And I ran with the Gang" を観に行く予定にされています。私も行きたいですが、今回はエジンバラに行く段取りが取れませんでした。アランの急死で、あなたがショーに出演し、観客と質問コーナーを行うと聞いたので、この手紙を書こうと思いました。
ローラーズがどんなに大きな影響を私達の人生に及ぼしているか、知っていただきたいです。幸せな時はより楽しく、辛い時は寄り添ってくれました。ローラーズの曲がたくさんの友達の繋がりを作ってくれた、Kさんもそのおひとりです。私がローラーズのことをブログに書いたことがきっかけになり、とても良いお友達になりました。あなたとアランが作ったグループのおかげで、心から感謝しています。
アランが亡くなり、言葉が見つかりません。友達であり、パートナーであるお兄さんを失ったあなたの悲しみ、想像することもできないでしょう。ただ心からのお悔やみを申し上げます。きっとアランは天国からあなたに笑いかけていますね。アランのレガシーとベイシティローラーズの音楽は永遠です。どうかアランが安らかに眠れますように。
永遠のローラーズファン
かよこ
posted by jirokayo at 01:54| Comment(9) | Bay City Rollers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする