2018年10月11日

ブルガリア国立歌劇場「カルメン」☆兵庫公演は2018年10月13日 です☆

ブルガリア国立歌劇場が3年ぶりに来日してます。兵庫では西宮芸術文化センターで、10月13日 17時〜 「カルメン」が上演されます!!

20181011 sofiia opera.jpg

2015年の「イーゴリ公」も素晴らしかったです。
その時の記事:感動!!ブルガリア国立歌劇場オペラ 「イーゴリ公」(2015年10月)

今回の「カルメン」は、劇場総裁カルターロフが、ギリシャ古典劇と日本の「能」に着想を得たという新演出版。現地ソフィアで2017年秋に初演され、人気沸騰、異例の追加公演の連続となった注目のプロダクションとのことです。
“声の王国”ブルガリアの「カルメン」はどんな舞台になるか、今からとても楽しみです

明治ブルガリアヨーグルト スペシャル ブルガリア国立歌劇場 2018年公式サイト
10月11日以降の公演スケジュール
10月11日(木)<三重> 三重県文化会館 「トゥーランドット」 [問] 059-233-1122
10月12日(金)<福岡> アクロス福岡 『カルメン』 [問] 092-725-9112
10月13日(土)<兵庫> 兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール 『カルメン』 [問] 0798-68-0255
10月14日(日)<岩国> シンフォニア岩国 『カルメン』 [問] 0827-29-1600
10月16日(火)<越谷> サンシティホール 「トゥーランドット」 [問] 048-985-1112
10月17日(水)<水戸> 茨城県立県民文化センター 『カルメン』 [問] 029-241-1166
ラベル:ブルガリア
posted by jirokayo at 17:29| Comment(0) | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「英国フェア2018」のお写真送っていただいました☆

大阪、阪急百貨店で開催されている「英国フェア2018」にmiyaさんが早速行かれて、お写真送ってくださいました。ありがとうございます!!
青字はmiyaさんのお話しです。

DSC_1060.JPG

英国フェア行って来ました。
と言っても今年も時間が取れずに約30分。
小走りで一周してきました。

DSC_1054.JPG

今年のテーマは「英国ファンタジー」ハリーポッターや、ピーターラビットのお庭の再現はとっても可愛かったです。

DSC_1058.JPG

ちょうど、バッキンガム宮殿の本場のトランペット演奏を聴くことが出来ました。

DSC_1032.JPG

DSC_1036.JPG

エジンバラにあるハリーポッターゆかりのザ・エレファントハウスのパンケーキ、イギリス国民食と言われていると言う、リッシュマンズのソーセージロール、ほかにも有名なお店のフィッシュ&チップスやスコーン等などは、長蛇の列で時間がなくて買えず泣く泣く次の予定に向かいました。

DSC_1071.JPG

来年こそは、ゆっくり時間を作って、いっぱい食べたいです(笑)

DSC_1067.JPG

勿論、タータンをあしらったカバンやマフラー、色々可愛いいアクセサリーや小物類、紅茶やクッキー等々イギリスで溢れている今年も盛りだくさんで楽しめる英国フェアだと思いました。


DSC_1055.JPG

posted by jirokayo at 17:10| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

大阪・阪急百貨店の「英国フェア2018」が開催中です☆10月10日〜16日

10月10日〜16日 大阪、梅田阪急百貨店で「英国フェア2018」が開催されています。
今日郵便で案内が届きました。なんで大阪からこの案内が来たのか? 私の趣味がわかるのか?と考えました。神戸そごうが阪急の経営に変わり、そごうの顧客に送っているのだと気が付きました。

20181010 hankyu1.jpg

阪急の英国展は毎秋の大イベントです。人であふれます。

20181010 hankyu4.jpg

タータンのボタン付きのスカーフ、素敵です☆

20181010 hankyu2.jpg

ハリーポッターに因んだお店のコーナーがあります。

20181010 hankyu3.jpg

今回は忙しいので私は行けませんが、英国好きな方にはたらまらいイベントです。


posted by jirokayo at 14:56| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

堤 剛&仲道郁代 デュオ・リサイタル@兵庫県立芸術文化センター(2018年10月8日)

10月8日 「堤 剛&仲道郁代 デュオ・リサイタル」が兵庫県立芸術文化センターで催されました。

20181009 concert.jpg

チェロ: 堤 剛
ピアノ: 仲道郁代

プログラム
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第4番
ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ
シューマン:アダージョとアレグロ op.70 
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第3番
アンコール
ショパン:チェロ・ソナタ 第3楽章


堤剛氏は古典から現代音楽まで幅広いレパートリーを誇り、常に音楽の新しい地平を開拓し続ける日本クラシック界の重鎮。仲道郁代さんは2017年にデビュー30周年を迎えられ、リサイタルやメディアを通してピアノの魅力を伝え続けて来られました。お二人は今年の3月に初共演され、これが3度目のリサイタルになるそうです。「たくさんの方に来ていただいて、ありがとうございます。連休の最終日がつまらないものにならないように、頑張りました」、と堤氏は最後に挨拶されました。「堤先生と演奏していて音楽をやっていて幸せだな、と思う瞬間が何度もありました。本当に感謝しております」、と仲道さんが言われました。

ピアノとチェロのデュオコンサートは初めてでした。チェロの低く深い響き、ピアノの豊かな音色が前に出たり下がったり、どちらかが伴奏になったり、輪唱のように続いていくパート、お互いを生かし合う素晴らしい演奏だと思いました。ベートヴェン、ショスタコーヴィチ、シューマン、ショパン、それぞれの作曲家の特色がよく出ているプログラムで、とても楽しめました。ありがとうございました。


posted by jirokayo at 08:39| Comment(3) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

ヴィッセル神戸vs長崎ファーレン、観てきました☆2018年10月6日

10月6日 ノエビアスタジアムで、ヴィッセル神戸vs長崎ファーレン戦がありました。前日にチケットをいただいて、急遽観戦に行くことになりました。

20181006 football1.jpg

キックオフは19時。バックスタンドの自由席なので、席取りのために17時には並んでスタジアムに入りました。

20181006 football2.jpg

台風通過の余韻かスタジアムの中は結構な風が吹いていました。
18時20分ごろ、練習のために選手がでてきました。ヴィッセルの応援席に挨拶に行ってました。私達は反対側に座っていたので遠かったですが、夫のデジカメのおかでで写真が撮れました。(このカメラはキャノンの最新機種で先日淀橋カメラで購入、そのために古いカメラを売りました)

20181006 football8.jpg

イニエスタ選手は髪型でわかるので、見つけやすいです。

20181006 football9.jpg

長崎ファーレンもたくさんの応援が来ています。長崎ファーレンの応援歌「こんな俺達でも」は「Can't Help Falling In Love With You 」が原曲で、良い歌です。ヴィッセル神戸の「神戸賛歌」は「愛の賛歌」がオリジナルです。

20181006 football7.jpg

試合は1-1で前半を折り返しました。

20181006 football3.jpg

後半にイニエスタ選手が登場!

20181006 football4.jpg

後半はヴィッセルのゴールがこちら側、イニエスタ選手が近くに!

20181006 football5.jpg

初めてピッチでプレイするイニエスタ選手を見ました。ヒールパス、素晴らしい!! もう大興奮です。

20181006 football6.jpg

帰りの混雑を避けたかったので試合終了前に帰りました。結果は引き分けでしたが良い試合を観戦できました。ありがとうございました

11月10日のサガン鳥栖戦はチケット先行発売日に買いました。12時過ぎにはホーム側に思う席がなくて、アウエィ側になりましたが、イニエスタvsトーレスを見るのがとても楽しみです!!

posted by jirokayo at 08:58| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする