2019年04月28日

映画 「アベンジャーズ エンドゲーム」

映画「アベンジャーズ エンドゲーム」を観ました。夫が好きなシリーズなので公開初日に行かなければ! と慌ててHAT神戸の映画館のチケットを買いました。

20190427 film1.jpg

詳しすぎ、長い文で夫が記事を書いています。二郎余話「映画・アベンジャーズ/エンドゲーム」

20190427 film4.JPG

このシリーズを全部映画館で観ているのですが、ストーリーをあまり覚えていません。アクションシーンが凄いなぁ、俳優がかっこ良いなぁ、という印象はいつも残るのですが。。前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」はアクションシーンが長すぎて、寝てしまいました。今作も182分、3時間の長さでした。が、眠りに落ちることなく最後まで楽しめました。

20190427 film2.JPG

前作で宇宙最強の敵サノスに立ち向かい、ヒーローたちを含めた全人類の半分を一瞬で消し去られてしまいました。シリアスな話かと思うとコメディな部分多数で笑えます。主要キャラクターが多いのに、それぞれにエピソードを織り込んでいます。

20190427 film3.JPG

東京が舞台になるシーンがあり、真田紀行がアクションを演じてました。意味不明の驚きでした。
スカーレット・ヨハンソンとクリス・ヘムズワースが好きな俳優です。今作でふたりとも以外な面を見せていました。悲しいのと面白いのが混ざっています。

公式サイト:アベンジャーズ エンドゲーム

posted by jirokayo at 00:42| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

4月25日は「世界ペンギンの日」☆熊本市動植物園のフンボルトペンギン

今日、4月25日 「世界ペンギンの日」です。南極ではこの頃に秋から冬に変わる時期を迎えます。毎年、この日の前後にアデリーペンギンがアメリカの南極基地に現れたことから、基地の科学者たちが「ペンギンの日」として祝ったことが始まりとのことです。
昨年12月、熊本市動植物園が全面開園した時に撮ったフンボルト・ペンギンの写真です。

20190425 pingouin2.jpg

冬だったから? 水の中に入っていませんでした。

20190425 pingouin5.jpg

こちらには20頭のペンギンがいたと、今はじめて知りました。

20190425 pingouin3.jpg

一頭づつ名前がついていて、ちゃんと認識できるのですね。

20190425 pingouin4.jpg

分かりやすい案内、動物への愛を感じます。

20190425 pingouin1.jpg

神戸王子動物園にもフンボルト・ペンギンがいます。
6月にペンギンで有名なエジンバラ動物園に行ければ良いなと思っています。
posted by jirokayo at 22:59| Comment(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

神戸三宮の高架下

神戸三宮駅の高架下にたくさんのお花、飲み物が供えてあります。

20190423 sannomiya2.jpg

辛すぎる事故現場、言葉なく、みなさんされているように手を合わせました。

20190423 sannomiya3.jpg

4月21日の14時過ぎ、この現場から700m北の停留所でバスを待っていました。消防車、救急車が何台も南に向かって走っていきました。何が起きたか分からず心配でしたが、王子動物園へいくバスに乗りました。バスの中でドライバーに道路状況を知らせるアナウンスが刻々と入っていました。それで三宮駅付近で起こった火事だと思いました。まさか市バスの事故だったとは。。


posted by jirokayo at 23:08| Comment(0) | 神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

ディズニー映画「ダンボ」、ティム・バートン監督作品 2019年

ティム・バートン監督作品のディズニー映画、「ダンボ」を昨夜ひとりで観にいきました。1941年制作のオリジナルのアニメ「ダンボ」を、ゾウが好きになった2年ほど前に偶然飛行機の中で観ました。コウノトリが飛んでゾウさんに子供が宿る、ゾウさん達の会話などファンタジーであり、現実的でもあり面白いと思いました。空を飛ぶダンボをどのような実写化しているか、ストーリーはどうなのかと楽しみに映画館に向かいました。

20190420 film4.jpg

オリジナルストーリーをベースにしていますが、違うお話しのように思いました。
写真より映像のダンボは可愛かったです。サーカスのパフォーマンスをダンボの瞳に映し、ワクワクしているダンボが見れました。ダンボを調教した子供たちは賢くて美しかったです。

20190420 film2.jpg

ダンボを守るためにお母さんが暴れてしまい、閉じ込められた時にダンボがお母さんに会いにいって、お互い鼻を伸ばして触れ合うところはオリジナルと同じで感動するシーンでした。

20190420 film3.jpg

ラストは今、現在を象徴していました。ダンボとお母さんは生まれ故郷のアジアへ帰り、ゾウの群れと出会います。サーカスは動物を檻に閉じ込めない、1941年ではない動物への敬愛が描かれていました。
コリン・ファリル、エヴァ・グリーン、マイケル・キートン、ダニー・デヴィートの俳優陣が作品に厚みをつけています。エヴァ・グリーンの美しさ、存在感は印象に残りました。

ダンボの公式サイト


ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 13:41| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

神戸、一宮神社にお参り☆手水場におもてなしの心

神戸、北野にある一宮神社にお参りに行きました。こちらの神社はうちから一番近くて、小さなお社のたたずまいが落ち着き、温かさを感じます。お正月にはお神酒をいただいて、神戸の街やイチロー選手のお話しを宮司さんからお聞きしたことがあります。

20190418 ichinomiya4.jpg

参拝させていただいたのは、入院しているお友達のご回復を祈念させていただくためです。

20190418 ichinomiya5.jpg

拝殿に向かう前に手水場に行きました。

20190418 ichinomiya1.jpg

そこに「お手水の紙」が置かれてあり、驚きました。横には紙入れ箱もあり、箱の底には大きな葉がひかれています。

20190418 ichinomiya3.jpg

観光客が多いこの地区、おもてなしの心でしょうか、と感心して手を洗いました。

20190418 ichinomiya2.jpg

少しの心遣いが人を幸せにするのだと思わせていただきました。またお参りさせていただきたいです。ありがとうございました。



posted by jirokayo at 22:15| Comment(5) | 神社仏閣・教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする