2019年04月15日

仲道郁代 ピアノ・リサイタル @兵庫県立芸術文化センター(2019年4月12日)

4月12日 兵庫 芸術文化センターで仲道郁代さんのピアノリサイタル「悲哀の力」が開催されました。

20190412 concert.JPG

プログラム
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」
ブラームス:8つのピアノ小品 op.76
シューベルト:ピアノ・ソナタ第19番 D958
アンコール
ショパン:ノクターン 第20番<遺作>
エルガー:愛の挨拶


西宮市にある兵庫県立芸術文化センターは震災復興のシンボルとして建てられた施設、仲道さんは何度もこのホールで演奏されておられます。今回のプログラム「悲哀の力」はこのホールにふさわしい、と決められたそうです。ベートヴェン、ブラームス、シューベルトは悲哀の先にある光を見つめていた、というお話しを聞かせていただきました。ブラームスの「8つのピアノ小品 op.76」の最後の曲は「悲哀の力」にそぐわないので、「6つのピアノ小品op.118 第2曲」(聞き間違えていたら申し訳ありません)に特別に変更して演奏されました。ブラームスのピアノ小品を聞くのは初めてでしたが、最後の旋律が耳に残りました。シューベルトの「ソナタ19番」はベートヴェンの「悲愴」を意識した作品で、とてもよく似ているパートがあると解説がありました。「シューベルトはベートヴェンでもなく、モーツアルトでもなく、突き抜けた世界感を持たなければ弾けないイメージがあり避けていたけれど、これからも弾き続ける勇気を今日いただきました」、と仲道さんが言われました。寒い中、暗い中来ていただいて、ありがとうございます、とアンコールの2曲目にエルガーの「愛の挨拶」を弾いてくださいました。仲道さんのコンサートの帰りはいつも、心穏やか、優しい気持ちになります。ありがとうございました。
ラベル:音楽
posted by jirokayo at 12:29| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

神戸王子動物園「飼育の日」イベント開催☆突然! ゾウさん達と撮影会ありました☆(2019年4月14日)

4月14日(日)、神戸王子動物園で「飼育の日」のイベントが開催されました。「飼育の日」は2009年に(公社)日本動物園水族館協会が創立70周年を記念し、「419(しいく)」の数字にちなんで定められ、王子では14日に飼育に関する理解を深める目的で、各種イベントが催されました。

20190414 blog.JPG

イベントに特別関心なく、午前中に用事で車を出したついでにズゼ(メスのアジアゾウ)に会いたくなって王子に寄りました。

20190414 blog 18.jpg

あいにくの雨で来園者が少なくて、11時からマック(雄ゾウ)の餌やり体験の整理券がまだ残っていました。子供さん対象だったのに、やらせていただくことになりました。

20190414 blog 2.jpg

長い棒を使って、マックにおやつの果物をあげます。不器用な私はうまくできなくて、カットしたリンゴが届かず落としてしまいました。飼育員さんが特別にと、バナナ一本を付けてくれました。少し重たかったですが、マックがお鼻を伸ばして吸うように受け取ってくれました。

20190414 blog 14.jpg

マック、たくさんのお客さんから果物をもらいましたが、お昼ごはんの時間です。

20190414 blog 17.jpg

ズゼのお昼ごはんを見ていたら、マックの餌やり体験に参加された方から話かけられました。ズゼが大好きとお聞きしたので、ズゼの誕生日記念に作った粗品をお渡ししたくなりました。一度家に帰って、その方が13時半から参加されるイベント開始前に王子に戻ることにしました。

20190414 blog 13.jpg

13時半前に王子に戻ると、みどりちゃんとの写真撮影会の整理券が配られていました。これは告知されていない「ゲリライベント」でした!

20190414 blog 1.jpg

午前にマックの餌やり体験をしたので、撮影会は遠慮させていただこうと整理券はご辞退しました。が、同時刻のイベントに行かれている方が多いのと、雨降りでお客さんが少ないので遠慮しない方が良いことに気がつきました。
ゾウ舎の中、寝室での撮影です。いつも外から見ている廊下で順番を待ちました。

20190414 blog 3.jpg

王子のゾウ舎は園内で一番古く、列車のレールで作られていて頑丈だという説明がありました。ゾウさんたちの寝室をより近くに見れて、嬉しかったです。

20190414 blog 4.jpg

順番を待つ間、飼育員さんがゾウについて話をしてくださいました。持っておられるのが、ゾウの爪です。ゾウは歩かないと爪が伸びるそうです。以前いた諏訪子さん、雄ゾウの太郎が亡くなってから、歩くことがあまり出来なくなって爪がよく伸びたそうです。

20190414 blog 5.jpg

歯を見せていただきました。ゾウは歯が5回生え変り、だんだん前に歯が平行移動して奥に新しい歯が生えるそうです。写真の右側、まだ小さい、乳歯です。

20190414 blog 6.jpg

ゾウの尻尾の毛で作った指輪を見せていただきました。全部が毛でできているそうで、タイの方は本当に器用だなと感心しました。

20190414 blog 10.jpg

ズゼが寝ている時の写真、横になって5,6時間寝るそうです。

20190414 blog 7.jpg

マックは牙があって横になれないので立って寝ます。牙が重たいので、寝る時は少しでも楽なように牙を置くように休んでいるそうです。

20190414 blog 8.jpg

マックが子供時代、寝ている様子です。目をあけて安心して眠っていたそうです。

20190414 blog 9.jpg

お話しを聞いていたら、順番がまわってきました。みどりちゃんとお写真撮っていただきました。みどりちゃん、ありがとう〜

20190414 blog midori kayo.jpg

みどりちゃんの撮影会が終わって、しばらくしたらズゼのトレーニングがありました。雨で見学者は少なかったのですが、ボランティアさんがトレーニングの説明をしてくださいました。写真は伏せをしています。

20190414 blog 16.jpg

トレーニングが終わり、飼育員さんが「ズゼと一緒に写真撮りたい方おられますか?」、と言われました。とても驚きましたが、手が反射的に上がっていました! みどりちゃんは「ゲリライベント」でしたが、ズゼは「超スーパーゲリライベント」です! ズゼのお鼻を握り、鼻に抱きつきそうになりました。ズゼの肌は想像よりずっと柔らかかったです。

20190414 blog zuze kayo.jpg

今年のゾウの飼育の日は、みどりちゃんが滞在しているということ、雨の日でお客さんが少ないということで、特別なイベント内容だったと思います。成り行きで参加させていただけて、とても幸運でした。本当にありがとうございました。王子の動物たち、ゾウさんたちの元気な様子を見れることに心から感謝いたします。
ラベル:ゾウ ズゼ
posted by jirokayo at 21:40| Comment(9) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

ゾウの小椅子!?

先程三宮のOPA2で見つけました。ゾウさんの椅子です。

C4E4B9F9-1C27-473C-BE46-74136ED5220B.jpeg

収納できます。

C49B5BE1-C42C-4831-9B05-444C2F609340.jpeg

カバさんもあります。

2436ECF9-E258-4D5F-B79A-FCF2FE11F159.jpeg

また肌寒い日が続いています。どうぞお気をつけてお過ごしください。
ラベル:ゾウ
posted by jirokayo at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

あしながチャリティーソング「Thank you for the song」K★Bオールスターズ

「あしなが育英会」を支援を続けています。「あしなが育英会」は病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。
売上の一部があしなが育英会への寄付となるK★Bオールスターズによる楽曲「Thank you for the song」が、2019年3月20日(水)にポニーキャニオンより発売となりました。 YouTubeで聞くだけでも寄付になります。どうぞよろしくお願いいたします。



  
posted by jirokayo at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

「ベルリン放送交響楽団」公演@兵庫県立芸術文化センター(2019年3月24日)

3月24日 ベルリン放送交響楽団のコンサートが兵庫県立芸術文化センターで開催されました。

20190324 concert.JPG

首席指揮者/芸術監督: ウラディーミル・ユロフスキー
ピアノ: レイフ・オヴェ・アンスネス
管弦楽: ベルリン放送交響楽団
プログラム
モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調K.467 
ベートーヴェン:交響曲第7番(マーラー編曲版)
アンコール(ピアノ)
フェデリコ・モンポウ:「街はずれ」から 第1曲


ドイツの名門オーケストラ・ベルリン放送交響楽団が新たな芸術監督と共の公演、欧州を席巻するウラディーミル・ユロフスキー。1972年モスクワ生まれのユロフスキーは、95年に英国ロイヤル・オペラにデビュー。その後も、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場など世界の主要オーケストラ、歌劇場に客演という素晴らしい経歴の持ち主です。
ピアノの レイフ・オヴェ・アンスネスはノルウェー出身、強力なテクニックと綿密な解釈で国際的な名声を獲得しています。

指揮者とソリストが長身でスマート、美しいビジュアルに加えて個性的な印象深いモーツァルトの演奏を披露してくれました。ベートヴェンの交響曲第7番のマーラー編曲版は初めて聞きました。強いロマン派主義のベートヴェンを聴いたような気がしました。オーケストラの演奏、圧倒的な弦演奏に管楽器の音色が絡む、素晴らしい演奏でした。ブラボーの声が飛びかっていました。

当初ピアノ協奏曲はブラームスを予定していたのですが、モーツアルトに変更になりました。主催者からハガキで連絡が来ていました。ブラームスも聴きたかったですが、モーツアルトも名曲で良かったです。

ラベル:音楽
posted by jirokayo at 23:13| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする